ハライチ 岩井 結婚。 ハライチ岩井と光浦靖子 芸能界結婚ラッシュを語る

ハライチ岩井が天才と言われる理由は?ネタ作り、文章、絵、歌、スポーツでも才能発揮!|ホッと一息

ハライチ 岩井 結婚

街ゆく人に「自慢したい人」を聞きこみ調査し、スゴイ人を発掘していく「自慢したい人がいます~拝啓 ひねくれ3様~」(毎週土曜 夜10時30分放送)。 番組MCは、"ひねくれ3"こと山里亮太(南海キャンディーズ)、岩井勇気(ハライチ)、小宮浩信(三四郎)、進行役は秋元真夏(乃木坂46)。 放送を振り返るとともに、残念ながらカットされた未公開トークもお届け。 ギネス世界記録を持つ老舗餃子店の女将 12月21日 土 の放送は、従兄弟が人間国宝だという人形町の老舗の店主や、東大駒場キャンパスで乃木坂46のコピーダンスをする人たちなどに、自慢したい人を聞き込み調査。 ハワイに700回行ったという人の自慢から、スタジオではハワイの話題に。 ハワイ未経験の小宮は「行ってみたい」とうらやましがるが、行ったことがあるという山里から「結局いい(ところ)。 でも、金持ってる人の街よ。 金なきゃ何も楽しくない。 ハンバーガー食っても2000円くらいかかる」と聞くと、「日本が一番だな」と思い直していた。 また、視聴者からの投稿で、ギネス世界記録に認定されているという「餃子荘ムロ」へ。 高田馬場にある昭和24年創業の老舗なのだが...... ギネスに認定されているのは店ではなく、2代目女将の岩室純子さん(84歳)。 金髪カツラ&サングラスにキラキラの衣装で"DJスミロック"として活躍しており、世界最高齢のクラブDJとしてギネスに認定されている。 NYのクラブに招待されるほど人気なのだそう。 DJもやっている岩井は、「すごい! かっこいい!」と絶賛。 岩井の場合は「どこでもアニソンかけちゃうから、めちゃくちゃシラケるときとかある」のだそう。 また、30代女性視聴者の「今まで付き合ってきた彼氏に一度もスッピンを見せたことがなく、風呂上がりでもスッピン風メイクをしている」という投稿から、スタジオでは女性のスッピンについてのトークに。 山里は、SNSにスッピン写真を「ごめん、ブスだ... 」のようなコメントとともにアップする"そんなことないよ"待ちの人に対して、「『本当だね』って返すことにしてんの」。 岩井も「いやいやいや、スッピンかもしれないけどイジちゃってるじゃん、て思う(笑)」と。 厳し~い! 小宮は、以前付き合っていた彼女のスッピンエピソードを披露。 彼女は小宮の前でずっとカラーコンタクトしていたため「結膜炎になった」と笑わせた。 この流れで、岩井に「奥さんのスッピンを見られるのは山里さんだけだから」とふられた山里は「ほとんど変わらないです」と大照れだった。 【未公開トーク】ひねくれ3の「今年の漢字」 ここからは未公開トーク! 今年最後の放送ということで、一年を振り返り"今年の漢字"を決めていくことに。 山里は「結」。 もちろん結婚のことかと思いきや、「やっぱり"ひねくれ3"を結成できたってことが一番」と小ボケを。 最後にさらっと「あと結婚」と付け足した。 秋元が「(結婚して)ちょっとかっこよくなりましたよね」と言うと、岩井と小宮は「変わってないよ」「背が高いだけなんだから」と完全否定。 山里自身は、CMの仕事がめちゃくちゃ増え、まさかのお父さん役まで回ってくるなど、結婚してからの変化に驚いていた。 岩井は「未」。 今年は芸人の結婚ラッシュのせいで「結婚しないんですか?」と聞かれることが増えたとのことで、「誰でも結婚がいいと思ってると思うなよ! 今年結婚したヤツ全員離婚してくれ!」と吠えた。 山里の相方しずちゃんも焦っているそうで、安藤なつ(メイプル超合金)と男運の無さについて話し盛り上がった一週間後に結婚を知り、「何であんなに隠してたんだろう」とショックを受けていたとのこと。 小宮は「脱」。 2人のようにビッグニュースはなかったという小宮は、三四郎を主役にした脱出ゲームができたことがうれしかった、というささやかな喜びを。 三四郎の脱出ゲームは、ニッポン放送のラジオブースから脱出するという内容。 岩井はTBSラジオの人と行ってきたそうで、小宮の声でヒントが流れるものの「フニャフニャ言ってて何言ってるかわかんなかった」と苦情を言うが、小宮は「それで5年間ラジオやってるから」と反論した。 【未公開トーク】秋元は"かわいすぎる"子!? 視聴者の「自分は"ザ・平均人間"だ」という投稿から、「平均に居続けることの難しさ」についてのトークに。 「普通に成り下がった」という言い方をする人がイヤという山里は、「自分の位置や努力は何も変わってないのに、人を『普通なんですね』っていうことで下げて、自分が上がろうとしているのはクソ人間」と憤る。 岩井も「これやっちゃうと、普通になっちゃうわ~」という、"普通"を下に見る傾向を嫌悪。 街中で「普通ですね」と声をかけられることが多いという小宮は、「こんなこと言うのも現金ですけど、カメラがないと」と本音をもらし、笑わせた。 自分も平均的だという秋元は、「芸能界に入ると不思議なことしてきた子のほうが注目される」と、普通ではないことへの憧れを。 岩井は、「(芸能界は)かわいすぎる子って有名になれなくない?」と言うと、秋元は「かわいすぎる子ですか?」と自身を指差し、3人は苦笑。 「めちゃめちゃ有名じゃん」と暗に"かわいすぎる子"ではないことを示すものの、秋元は意に介さず。 「特にアイドルは、手の届くくらいの普通さがいいんじゃない?」という3人に、「それでも高嶺の花でいたいです」と秋元。 すると3人は、昔のアイドルは手の届かない雲の上の存在だったけど、AKBグループらの"会いに行けるアイドル"になってから変わったと解説し、秋元に対し「よかったね、今で」「時代があってたんだね」と再び暗に気付かせるような発言を。 ようやくここで秋元も「(私は)高嶺の花じゃないって言われてます?」と気づき、山里は「高嶺の花ではないよ」と一刀両断したのだった。 この放送は現在で配信中です! 次回は、2020年1月4日 土 夜11時から放送。 熱海で"自慢したい人"探し! 懐かしのレトロゲーム収集家... インスタ映え宮司... シャッター商店街再生人。 ウナギで干物!? 熱海人が誇るハイパー干物クリエイターとは?.

次の

「今年結婚したヤツ全員離婚してくれ!」ハライチ岩井が芸人の結婚ラッシュにクレーム:自慢したい人がいま...|テレ東プラス

ハライチ 岩井 結婚

街ゆく人に「自慢したい人」を聞きこみ調査し、スゴイ人を発掘していく「自慢したい人がいます~拝啓 ひねくれ3様~」(毎週土曜 夜10時30分放送)。 番組MCは、"ひねくれ3"こと山里亮太(南海キャンディーズ)、岩井勇気(ハライチ)、小宮浩信(三四郎)、進行役は秋元真夏(乃木坂46)。 放送を振り返るとともに、残念ながらカットされた未公開トークもお届け。 ギネス世界記録を持つ老舗餃子店の女将 12月21日 土 の放送は、従兄弟が人間国宝だという人形町の老舗の店主や、東大駒場キャンパスで乃木坂46のコピーダンスをする人たちなどに、自慢したい人を聞き込み調査。 ハワイに700回行ったという人の自慢から、スタジオではハワイの話題に。 ハワイ未経験の小宮は「行ってみたい」とうらやましがるが、行ったことがあるという山里から「結局いい(ところ)。 でも、金持ってる人の街よ。 金なきゃ何も楽しくない。 ハンバーガー食っても2000円くらいかかる」と聞くと、「日本が一番だな」と思い直していた。 また、視聴者からの投稿で、ギネス世界記録に認定されているという「餃子荘ムロ」へ。 高田馬場にある昭和24年創業の老舗なのだが...... ギネスに認定されているのは店ではなく、2代目女将の岩室純子さん(84歳)。 金髪カツラ&サングラスにキラキラの衣装で"DJスミロック"として活躍しており、世界最高齢のクラブDJとしてギネスに認定されている。 NYのクラブに招待されるほど人気なのだそう。 DJもやっている岩井は、「すごい! かっこいい!」と絶賛。 岩井の場合は「どこでもアニソンかけちゃうから、めちゃくちゃシラケるときとかある」のだそう。 また、30代女性視聴者の「今まで付き合ってきた彼氏に一度もスッピンを見せたことがなく、風呂上がりでもスッピン風メイクをしている」という投稿から、スタジオでは女性のスッピンについてのトークに。 山里は、SNSにスッピン写真を「ごめん、ブスだ... 」のようなコメントとともにアップする"そんなことないよ"待ちの人に対して、「『本当だね』って返すことにしてんの」。 岩井も「いやいやいや、スッピンかもしれないけどイジちゃってるじゃん、て思う(笑)」と。 厳し~い! 小宮は、以前付き合っていた彼女のスッピンエピソードを披露。 彼女は小宮の前でずっとカラーコンタクトしていたため「結膜炎になった」と笑わせた。 この流れで、岩井に「奥さんのスッピンを見られるのは山里さんだけだから」とふられた山里は「ほとんど変わらないです」と大照れだった。 【未公開トーク】ひねくれ3の「今年の漢字」 ここからは未公開トーク! 今年最後の放送ということで、一年を振り返り"今年の漢字"を決めていくことに。 山里は「結」。 もちろん結婚のことかと思いきや、「やっぱり"ひねくれ3"を結成できたってことが一番」と小ボケを。 最後にさらっと「あと結婚」と付け足した。 秋元が「(結婚して)ちょっとかっこよくなりましたよね」と言うと、岩井と小宮は「変わってないよ」「背が高いだけなんだから」と完全否定。 山里自身は、CMの仕事がめちゃくちゃ増え、まさかのお父さん役まで回ってくるなど、結婚してからの変化に驚いていた。 岩井は「未」。 今年は芸人の結婚ラッシュのせいで「結婚しないんですか?」と聞かれることが増えたとのことで、「誰でも結婚がいいと思ってると思うなよ! 今年結婚したヤツ全員離婚してくれ!」と吠えた。 山里の相方しずちゃんも焦っているそうで、安藤なつ(メイプル超合金)と男運の無さについて話し盛り上がった一週間後に結婚を知り、「何であんなに隠してたんだろう」とショックを受けていたとのこと。 小宮は「脱」。 2人のようにビッグニュースはなかったという小宮は、三四郎を主役にした脱出ゲームができたことがうれしかった、というささやかな喜びを。 三四郎の脱出ゲームは、ニッポン放送のラジオブースから脱出するという内容。 岩井はTBSラジオの人と行ってきたそうで、小宮の声でヒントが流れるものの「フニャフニャ言ってて何言ってるかわかんなかった」と苦情を言うが、小宮は「それで5年間ラジオやってるから」と反論した。 【未公開トーク】秋元は"かわいすぎる"子!? 視聴者の「自分は"ザ・平均人間"だ」という投稿から、「平均に居続けることの難しさ」についてのトークに。 「普通に成り下がった」という言い方をする人がイヤという山里は、「自分の位置や努力は何も変わってないのに、人を『普通なんですね』っていうことで下げて、自分が上がろうとしているのはクソ人間」と憤る。 岩井も「これやっちゃうと、普通になっちゃうわ~」という、"普通"を下に見る傾向を嫌悪。 街中で「普通ですね」と声をかけられることが多いという小宮は、「こんなこと言うのも現金ですけど、カメラがないと」と本音をもらし、笑わせた。 自分も平均的だという秋元は、「芸能界に入ると不思議なことしてきた子のほうが注目される」と、普通ではないことへの憧れを。 岩井は、「(芸能界は)かわいすぎる子って有名になれなくない?」と言うと、秋元は「かわいすぎる子ですか?」と自身を指差し、3人は苦笑。 「めちゃめちゃ有名じゃん」と暗に"かわいすぎる子"ではないことを示すものの、秋元は意に介さず。 「特にアイドルは、手の届くくらいの普通さがいいんじゃない?」という3人に、「それでも高嶺の花でいたいです」と秋元。 すると3人は、昔のアイドルは手の届かない雲の上の存在だったけど、AKBグループらの"会いに行けるアイドル"になってから変わったと解説し、秋元に対し「よかったね、今で」「時代があってたんだね」と再び暗に気付かせるような発言を。 ようやくここで秋元も「(私は)高嶺の花じゃないって言われてます?」と気づき、山里は「高嶺の花ではないよ」と一刀両断したのだった。 この放送は現在で配信中です! 次回は、2020年1月4日 土 夜11時から放送。 熱海で"自慢したい人"探し! 懐かしのレトロゲーム収集家... インスタ映え宮司... シャッター商店街再生人。 ウナギで干物!? 熱海人が誇るハイパー干物クリエイターとは?.

次の

ハライチ岩井、岡村隆史が失言で矢部浩之に叱られて最終的に「もう結婚したら?」と言われる図式は「『男はつらいよ』の寅さんだった」

ハライチ 岩井 結婚

ハライチ岩井さんがに出演。 光浦靖子さん、大竹まことさんと2019年11月の芸能界の結婚ラッシュについて話していました。 (大竹まこと)でも今回は本を書いちゃったね。 (岩井勇気)そうなんですよ。 2ヶ月ぐらい前にエッセイ本を出しまして。 で、日常のことだけを書いたエッセイなんですけども。 それを出しました。 (大竹まこと)タイトルがいいよね。 (岩井勇気)『僕の人生には事件が起きない』っていうタイトルなんですけども。 (大竹まこと)すごいいいタイトルだよ。 (岩井勇気)ああ、本当ですか? まああんまり……テレビとかだと濃いエピソードとかばっかり求められるじゃないですか。 そういうのじゃないものを入れ込んだっていう。 (大竹まこと)ここに来た新人のお笑いの人とかもたくさんいるけども。 こっちも取っかかりがないから。 そうすると「どれだけ貧乏をしているんだ?」みたいな話がわかりやすいエピソードとして。 こっちもいろいろと知っていれば聞くんだけども、初対面だし。 だから必然的にわかりやすい話になっちゃうっていう。 (岩井勇気)でも、ないんですよね。 (大竹まこと)だけど、岩井は全然持っていない。 (岩井勇気)持っていないんですよね。 (光浦靖子)中流の家庭で。 (岩井勇気)僕、中流家庭で。 なんなら3年ぐらい前まで実家に住んでいて。 別にバイトもしなくていいし。 (光浦靖子)兄妹は? (岩井勇気)兄妹は妹だけですね。 (光浦靖子)ああ、妹がいそうな雰囲気。 (岩井勇気)ああ、そんな感じします? でもだから、その苦労エピソードみたいなのもないんですよ。 テレビに出れたのも割と早かったんで。 (大竹まこと)そうでしょう? 売れるのが早かったら下積みもないもんね。 (光浦靖子)貧乏な思いもない。 苦労をしたというエピソードはない (岩井勇気)で、テレビで求められるじゃないですか。 打ち合わせの時に「なんかないですか? 芸人さんなんだから」って。 でも、ないんで。 「全然ウソでもいいんで」みたいな感じで言われるんですけども。 いやいや、さすがにそれはないでしょう?っていう。 (大竹まこと)そうだよね。 まあ、思うんだけどもさ。 エピソードがある人は正直、うらやましいよね。 すごい、ねえ。 「外から雪が降り込んで、朝起きたら雪だらけ」みたいなエピソードとかされると、「いいなー!」なんて思って。 (岩井勇気)「芸人だ!」って思いますよね。 (大竹まこと)「電気がなかった」なんて聞いたら、なあ。 (岩井勇気)フフフ、めちゃめちゃ話になりますもんね。 (大竹まこと)だけど、思うんだけども。 そういうエピソードも含めて芸人になるようなやつらはみんな、欠けているわけじゃん。 だから、「どこが欠けているのかな?」ってみんな思うわけじゃん。 で、岩井はさ、欠落がないじゃん? (岩井勇気)ええっ、欠落がないですか?(笑)。 さっき「人相が悪い」とは言われてましたけども。 (大竹まこと)でも、自分じゃあどう思っているの? (光浦靖子)なにが欠落しているのか。 (岩井勇気)ああ、決定的な……別にコミュニケーション能力不足でもないですし。 (光浦靖子)そうだね。 挨拶できるもんね。 (岩井勇気)全然できますし、決定的になんか欠けてるみたいなことはないかもしれないですね。 (大竹まこと)だろう? だから、自分の心の中ではさ、この業界では欠落とかがあるやつが……いま、ど真ん中で売れている人を見ていても、欠落の塊みたいなやつらばっかりじゃん? 誰を見ても。 女は不幸なやつばっかりだし。 (岩井勇気)フフフ、そうですね。 芸人で言ったらそうですよね。 結構ね。 (大竹まこと)お前、光浦を前にしてなんということを……いまの俺の話には女芸人は入っていなかっただろう?(笑)。 (光浦靖子)そうじゃーん! 最近私、「自分が不幸だ」なんてこれっぽっちも思わないし。 だから感じないからちょっと「おっ、ヤバいゾーンになったな」って思ったの。 (岩井勇気)逆にそこに入っちゃったらヤバいっていう。 (大竹まこと)いや、俺は感じなくていいと思うけどね。 そんなところ。 (光浦靖子)違うのよ。 「彼氏がほしい」なんてこれっぽっちも思っていないの。 (岩井勇気)思わないんですか? (光浦靖子)全く思わないのよ。 (大竹まこと)だからそれでいいと思うよ。 (岩井勇気)それで、どうするんですか? (大竹まこと)お前、女もいないのに偉そうに……。 (岩井勇気)なんで俺が……俺のことはいいでしょう、彼女いないのは。 (光浦靖子)なんだよ、テメー! 彼女いんのかよ? (岩井勇気)いないです、いないです。 たしかに、「別にいいや」って思っている節もあるんですけども。 でも、すごい言われないですか? 結婚ラッシュ、あったじゃないですか。 (光浦靖子)あったあった。 (岩井勇気)その時に「いつなんですか?」みたいな。 「いま、いらっしゃらないんですか?」みたいな。 (光浦靖子)もうそんな質問もされなくなった。 ちょっと前にはそういうの、多かったよ。 「どうですか?」とか。 その時にはまだ自分にも「寂しいな」って思う時もあったわけ。 だから「彼氏がほしいな」とか「愛ってなんだろう?」とか。 憧れていたの。 でも、これっぽっちもないわけよ。 (大竹まこと)だからこの間のイッテQかなんかで「この中の誰かが結婚します!」みたいなのがあって。 みんな「(いとう)あさこだ、あさこだ!」って言っていて。 あさこは全然そんな気がなくて。 で、「みんなに『かわいそう』って言われた」って言うのね。 あさこは。 「だけど、私はかわいそうじゃねえよ! 私は楽しいんだ!」っていう。 (岩井勇気)フハハハハハハハハッ! そうですね。 「私が『結婚をしたいと思っている』なんて思うな!」っていうことですよね。 (大竹まこと)そうそうそう。 誰もが結婚をしたいわけではない (光浦靖子)それ、びっくりでしょう? 世間がさ、いい夫婦の日にさ、めちゃめちゃ結婚したじゃない? それを私、ネットニュースを全く見ていなくて。 黒沢から個人的に連絡があって知ったの。 「芸能人がいっぱい結婚しましたよ」って。 私、そこからも離れたところに1人で……それはヤバいなって思った。 (岩井勇気)フフフ、山の中とかに住んでいるんじゃないですか?(笑)。 (光浦靖子)「ああ、芸能ニュース、そうか。 2日ぐらい見てないわ」って思って。 (岩井勇気)僕がすごい言われるんですよ。 やっぱり相方が結婚をしてて、子供が3人いますし。 (光浦靖子)ああ、もう3人もいるの? あのパンダの赤ちゃんが? (岩井勇気)「パンダの赤ちゃん」って……澤部ですね。 パンダの赤ちゃんみたいな感じですけども。 (大竹まこと)名前はリンリンとかランランとかだろ? (岩井勇気)違いますよ。 本当のパンダの赤ちゃんじゃないですか。 (光浦靖子)パンダの赤ちゃんにそっくりだよね、澤部くん。 (岩井勇気)いや、だから澤部が結婚をしていますし、順風満帆みたいにみんな、世間的には見えるみたいで僕、すごい言われるんですけども。 それがすごい嫌で。 だから、もう世間に本当に「結婚をしないでくれ」って思っているんですよ。 (光浦靖子)世間に? (岩井勇気)「早く離婚をしてくれ。 『結婚はよくないものなんだ』って世間的に思わせてくれ」っていう。 俺は別に「結婚をしたい」とは思っていないんで、周りからそれがうるさいなって。 (大竹まこと)お前、橋本マナミにも早く別れてくれって思っているの? (岩井勇気)ああ、はい。 あのへん、みんな早く離婚してくれないかなって(笑)。 (大竹まこと)壇蜜とか。 早く別れろと。 (岩井勇気)全然思っていますね。 <書き起こしおわり>.

次の