ポリゴン2 剣盾育成論。 【ポケモン鎧の孤島】ポリゴン2の育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】ギルガルドの育成論と対策

ポリゴン2 剣盾育成論

ポケモンソード・シールド(剣盾)でサニーゴはガラルの姿として出現します。 その ガラルサニーゴは天気など出現条件があります。 進化レベルや種族値・輝石サニーゴと人気が出ている強さについて記載していきます。 進化するとさらに形状が変化します。 出現条件:シールド限定・天気は曇り(太陽・雲マーク)が条件です。 サニーゴ・サニゴーン進化条件 太古のサニーゴ ガラルサニーゴから ガラルサニゴーンへの進化レベルは38です。 種族値 ガラルサニーゴ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 60 55 100 65 100 30 410 ガラルサニゴーン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 60 95 50 145 130 30 510 タイプ相性 倍率 タイプ ばつぐん 2倍) ゴースト・悪 いまひとつ 0. 5倍 毒・虫 無効 ノーマル・格闘 硬すぎ「輝石サニーゴ」(しんかのきせき育成論) サニーゴ(ガラル)の特防・防御は100となっており、 進化の輝石(入手場所:アラベスクタウン左から2番目の家)を持たせると1. 5倍になり 特防・防御は150になる。 ちからをすいとる(草)で相手の 攻撃数値だけHP回復し攻撃力ダウン効果。 あとは熱湯・鬼火で倒していく。 ポリゴン2並みの防御力と人気が出ているサニーゴです。 ガラルサニーゴとヒトイデ アローラとは違う ガラル地方のヒドイデはサニーゴの美味しさに気付いていない!あれだけアローラ地方では好んで食べていたのですが、姿が姿なので食べようと思わないのかもしれません。 サニーゴ・サニゴーンの説明書きでは、枝で人の生気を吸ったり、触れたら石のように動けなくなるというサニーゴが環境変化に耐えられなかったと人間のせいでこのような姿になったのかもしれませんね。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

【ポケモン剣盾】ポリゴン2の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポリゴン2 剣盾育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるポリゴン2の育成論と対策について掲載しています。 ポリゴン2のおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 5倍にすることができます。 HPだけでなく防御と特防も高水準なので 受け性能が高く、弱点が少ない点からも安定して受けることができるポケモンです。 トリルの始動やアタッカーとしても ポリゴン2は持ち前の耐久を活かして トリックルームの始動要員としても運用ができます。 また、特攻が高いので 技範囲を活かしてのアタッカー性能も高いです。 弱点技であっても耐えることができる強力な耐久性能と再生回復によって物理アタッカーを狩っていくポケモンです。 積み技に対してもイカサマによる追撃が可能で、ダイホロウを無効化できる点から突破されにくいポケモンと言えましょう。 特性について 特性はダウンロードとの選択となります。 運用方法的に後出しが基本となるので、いかくやちょすいなどの無効特性を奪いやすい現環境ではトレースをして困る場面が少ないため、有効に使いやすいトレースがおすすめです。 不利な特性は主にスキン系 ノーマル技のタイプ変更 やなまけ 妨害系 などが挙げられます。 調整について HPを最大まで振ってしまうと192となり、あらゆる定数ダメージに弱くなるため191にしておくようにしましょう。 基本的にスイッチトリル 試合の中盤以降にトリルにスイッチするパーティ での起用が多いので、通常時にも行動をしやすいように最遅にしない方が良いでしょう。 弱点を突けるかくとうタイプへのエスパー打点や、横のエースを倒しに来るポケモンに刺さる打点を持っておくと良いでしょう。 特性について 特性はトレースとの選択となります。 登場タイミングをずらせるためどちらでもある程度制御は可能です。 しかし、ダブルバトルではトレースする特性はランダムであり、天候始動系やフィールド展開系の特性をトレースした際にデメリットになる可能性もあるため、誤爆防止でダウンロードを選択しています。 一致技のトライアタックとじこさいせいを確定技として、残り2枠をパーティと相談しながら打点を決めていくと良いでしょう。 調整について HPを16n-1にもなる191まで伸ばしつつ特攻を11nに調整しています。 あまりを効率良く耐久へ、さらに素早さへ振ることで無振りアーマーガアの上が取れるようになります。 ポリゴン2のおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・Lvで習得 ・一致ノーマル技の安定した打点 ・で習得 ・苦手とするかくとうタイプへの打点 ・で習得 ・ダウンロードで攻撃が上がる相手への打点 ・で習得 ・ひこう、みずタイプへの打点 ・で習得 ・ドラゴンタイプへの打点 ・で習得 ・素早さ操作用 ・で習得 ・ゴーストタイプへの打点 ・特防下降の効果あり ・で習得 ・物理受けでの採用 ・積みアタッカーにも大ダメージ ・Lvで習得 ・再生回復技として採用 ・Lvで習得 ・素早さ操作用 ・上からの攻撃や回復が可能に ・で習得 ・素早さ操作用 ・稀に行動の妨害もできる ・で習得 ・行動順逆転による素早さ操作 ポリゴン2のおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 ・基本はこれ ・耐久を大幅強化可能 ・ちょうはつを嫌う場合に採用 ポリゴン2の対策 対策方法 型の見極めが重要 まずは型を極めることが重要になります。 アタッカー型であればダウンロードによる特攻上昇に気をつけながら有利対面を、サポート型であればちょうはつによる妨害が選択できるでしょう。 特性によってある程度の判断は可能ですが、どちらの特性も強力なため、パーティの並びや出し方に着目して対策していくのが基本です。 弱体化を狙う はたきおとすやこだわりトリックによって弱体化をさせるのも有効です。 耐久値を下げたり技を固定することで思うように動けない状態を作りましょう。 高火力かくとう打点 弱点を突くのが突破の基本となるため基本的にはかくとうタイプのアタッカーを出すのが有効です。 エスパー打点に気をつけながら対面を作っていきましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】アップグレードの入手場所【ポケモンソードシールド】

ポリゴン2 剣盾育成論

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【最強のデブ!15タイプを使う万能デブは強い】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はさまざまなキャラグッズも作られ、初代からずーっと人気のポケモンの一匹であるカビゴンについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 なんかこの体積がお父さん的な安心感ありますよね。 カビゴンは好きなポケモンで高めの順位でも使っているのでこちらもどうぞ。 「」 「」 カビゴンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【カビゴンの特徴1】怪物級の超耐久 カビゴンの第1の特徴はなんといってもHP種族値160、特防種族値110というまさに異常値の超耐久です。 その耐久力はたとえ無振りでもC252トゲキッスのダイフェアリーを確定3発にまで抑え込むほどです。 また、HPが160もあると防御に努力値をふることで物理方面に対しても強さを発揮します。 その防御性能はいのちのたまミミッキュが剣の舞を限界まで積んで攻撃6段階上昇させ、さらにダイマックスしてダイフェアリーをうった場合でも確定1発にできず高乱数1発が限界というレベルです。 【カビゴンの特徴2】物理攻撃も得意 カビゴンは耐久だけではなく、攻撃種族値も110もあります。 これはウインディと同じくらいの火力が出せるということを表しています。 H252バンギラス程度であればいじっぱりカビゴンはアームハンマーで確定1発圏内です。 【カビゴンの特徴3】非常に低い素早さ カビゴンは素早さ30族と全ポケモンの中でも屈指の遅さを誇ります。 一見デメリットにしか思えませんが、実はアーマーガアのはねやすめ後に地面について飛行タイプがなくなったあとにばかぢからを打ち込んで倒したり、ギルガルドが攻撃をしてブレードフォルムになったあとに下からじしんを打ち込んだりと、使い方によってはメリットにすらなります。 【カビゴンの特徴4】優秀な特性 カビゴンの特性は3つあります。 めんえき:毒にならない• あついしぼう:炎・氷半減• くいしんぼう(夢特性):HPが半分を切ると木の実を使う 環境に多いのはあついしぼうとくいしんぼうが半々くらいです。 あついしぼうはパルシェンのつららばりやヒヒダルマのつららおとしなどの氷、サブウェポンでほぼすべてのパーティで採用される炎タイプを半減で受けられるので相手のダメージ計算を狂わせ切り返すのに役立つことでしょう。 【カビゴンの特徴5】癖がなく使いやすいノーマルタイプ ノーマルタイプは弱点が格闘だけ、ゴーストは無効という非常にシンプルで使いやすいタイプです。 耐久力の高いカビゴンですから、等倍で受けられるということは一般的なポケモンでいうところの半減で受けられることとほとんど同じです。 いろいろなポケモンに後出しできるので、• クッション• ダイマックスの受け• 切り返し と、対策が十分でないポケモンに対する誤魔化しや、不利対面になったときの逆転の一手を狙うときにも役立ちます。 【カビゴンの特徴6】キョダイサイセイで木の実復活 キョダイマックスカビゴンはノーマルのダイマックス技がダイアタックではなくキョダイサイセイになります。 ダイアタックはすでに素早さが低いカビゴンにとっては後続をケアするくらいの意味しかないため、木の実採用型カビゴンの場合はキョダイサイセイがおすすめです。 参考: 【カビゴンの特徴7】非常に広い技範囲 意外と注目されることは少ないですが、カビゴンはフェアリー、飛行、虫の3タイプ以外の15タイプすべてのタイプの技を習得します。 ノーマル• ゴースト• エスパー• ドラゴン 一部の技は特殊だけだったり威力が低かったりと実用性が低いものの、ここまでのタイプの技を使えるポケモンは多くありません。 カビゴンの育成論と戦い方 カビゴンは初代からいるポケモンなので、ねむカゴ型、チョッキ型、のろいリサイクル型、はらだいこ型、あくび起点型などたくさんの型が考案されてきました。 ここでは初心者でも使いやすく多くのパーティに入れやすい型を紹介します。 【カビゴンの育成論1】チョッキ型カビゴン• 特性:あついしぼう• ダイマックス:通常• 個体値:C抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:のしかかり・ヘビーボンバー・ほのおのパンチ・かみなりパンチ ただでさえ高い特防耐久をとつげきチョッキでさらにあげることで、トゲキッスやニンフィアなどの特殊ポケモンに対して後投げからも強く出られるようになります。 ダイマックス・特性: 木の実採用型ではないためキョダイマックスである必要はありませんし、くいしんぼうも意味がないのであついしぼうです。 性格・努力値・個体値: カビゴンは防御種族値が非常に低いので、物理相手にも打ち合えるように防御に252ぶっぱします。 これによって、下図ダメージ計算のように襷型ようきルカリオのインファイトくらいなら耐えられるようになります。 攻撃種族値も高い方ではあるものの110族は無振りでは決定力にかけるのでいじっぱりA252ぶっぱが安定です。 Sに4ふることで性格補正なし30族を抜ける可能性が出てきますが、HやDに振ってもいいでしょう。 わざ: どれも選択技になります。 パーティに合わせてカスタマイズするのがいいでしょう。 ・のしかかり:タイプ一致。 麻痺狙いの勝ち筋を追うことも。 ・からげんき:鬼火を打たれやすい環境で逆手に取るときに。 ・すてみタックル(タマゴ遺伝):高威力タイプ一致技。 ・ヘビーボンバー:ミミッキュ・トゲキッス・ニンフィアといったトップメタフェアリーに。 ダイスチルで防御耐久をさらに上げることも。 ・アイアンヘッド:ヘビーボンバーがダイマックス相手には打てないのを嫌う場合に。 ・ほのおのパンチ:アーマーガア・ナットレイ・アイアントなどに。 ・ヒートスタンプ:ほのおのパンチでは威力が低いときに。 ・かみなりパンチ:ドヒドイデ・ラプラス・ギャラドスなどやあくび対策に。 ・ワイルドボルト:かみなりパンチでは威力が低いときに。 ・れいとうパンチ:サザンドラ・ドラパルトなどに。 ・じしん:ウインディ・ギルガルド・エースバーン・ドヒドイデなどに。 ダイアースで特防UPも。 ・ばかぢから:はねやすめアーマーガアやダイナックルで受けループ崩しを狙うときに。 ・アームハンマー:ばかぢからの攻撃・防御ダウンを嫌う場合に。 ・かわらわり:壁貼り対策に。 ・かみくだく:ゴースト打点+ワンチャン防御ダウンの崩し狙いに。 ・DDラリアット:ダイスチルやてっぺきで防御を積んだ相手に。 ・タネばくだん:ヌオー・トリトドン・ドサイドンなどに。 ・しねんのづつき:後続のためにダイサイコを打ちたいときに ・ダストシュート:毒は刺さりにくいですが一応覚えます。 ・げきりん:通りのいいドラゴン技。 ダイドラグーンで攻撃ダウン狙いも。 ・がんせきふうじ・いわなだれ:リザードンに ・じばく:最後の一撃や起点化されそうなときの自主退場として。 チョッキカビゴンの紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 【カビゴンの育成論2】ねむカゴ型カビゴン• 特性:あついしぼう• ダイマックス:キョダイマックス• 個体値:C抜け5V• もちもの:カゴのみ• わざ:ねむる・のろい・のしかかり・アイアンヘッド のろいを積んでねむって回復したあとに無双する型です。 キョダイサイセイによってカゴのみを回収できれば、ダイマックスが切れた後も再びねむるによって全回復してから戦うことができます。 ちなみにのろいはタマゴわざで、キョダイマックス個体にタマゴ技を教える場合はややめんどくさい手順を踏む必要があるため下記記事を参考にどうぞ。 (カチコールからのろいをタマゴ遺伝させた別の性別のカビゴンとキョダイマックスカビゴンを預けます。 ) 参考: 性格・努力値・個体値: のろいの試行回数を稼ぎ、ねむるによって回復できるチャンスを増やすためHB特化です。 特殊対面での性能を上げたい場合はHD特化もありです。 のろいを積むためわんぱくでもいいんですが、そうするとやや火力が足りないと感じる場面が多かったのでいじっぱりが個人的なおすすめです。 ただ、記事執筆時点の環境はトゲキッスやギャラドスにいのちのたまを持たせるなど超火力環境なので耐久よりの性格にするのもありですね。 わざ: ねむる、のろいは確定です。 その他の技は選択ですが、タイプ一致のノーマル技ともう1つはダイスチルで防御を上げられるヘビーボンバーなどの鋼タイプのわざか、ダイアースで特防を上げられるじしんなど地面タイプがおすすめです。 ねむカゴカビゴンを紹介している2桁順位の超上位トレーナーがいたのではっておきますね。 【カビゴンの育成論3】トリルはらだいこカビゴン• キョダイマックス• 特性:あついしぼう• 個体値:C不問S逆V他V• もちもの:オボンのみ• わざ:はらだいこ・アイアンヘッド・からげんき・ほのおのパンチ トリル要員と組んではらだいこからの相手パーティ半壊を目指す型で、いろんなポケモンを試してるうちに順位が下がりすぎたときはとりあえずこの構成で順位を上げたりしています。 一般的にトリックルームとはらだいこはなんだかんだ弱いと思われているので、ハマるときは意表をついて非常に強く、一気に順位が上がりますが反面でハマらないパーティにはとことんハマらないので一気に順位が下るギャンブルな型です。 詳しくは下記記事にまとめましたので良かったらどうぞ。 参考:「」 その他の育成論 カビゴンの育成論の動画を上げているトレーナーがいたのではっておきますね。 カビゴンの対策 唯一の弱点となる高火力物理格闘がカビゴン対策として優秀です。 ネギガナイト• ばかぢから• インファイト• とびひざげり カビゴンは99%物理アタッカーなので、物理受けポケモンでも受けられることが多いです。 サニーゴ• ただしどのポケモンに対する弱点技もカビゴンは覚えるので、環境に合わせて入れ替えるのがおすすめです。 カビゴンは非常に型が多く、初心者にとってはどれから対策したらいいのかわからないので、10戦くらいしてみて強いカビゴンがいたらそのカビゴンに対する対策をしてからランクマッチに再び挑むのがいいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【最強のデブ!15タイプを使う万能デブは強い】 いかがでしたでしょうか。 僕もカビゴンは好きなポケモンの一体で、このブログでもすでに何回か記事にしたり何個も型を育成して遊んでみたりしています。 パーティに一体いると安心なポケモンなのでぜひ育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 見てたんですが、クッションとかソファとかいろいろあって見てるだけでも面白いですね! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の