硬水 メリット デメリット。 軟水は健康的?得られる6つのメリットとは

軟水と硬水の違いとは?飲み分け方やメリット・デメリットを徹底解説

硬水 メリット デメリット

ヨーロッパは平坦な大地が広がるため地中滞在時間が長く、ミネラル分の多い石灰岩の地層が多いので、地層のミネラルを含んだ硬水が多くなります。 日本でもダイエット効果が期待できるということでヨーロッパのミネラルウォーターに人気が集まっていますが、実際ヨーロッパで暮らす人々はどのように硬水を活用しているのでしょうか。 さっそくヨーロッパの水事情についてご紹介します。 硬水はメリットとデメリットが表裏一体? ヨーロッパの多くの国の水道水は厳しい基準で管理されており、浄水設備も整っていますから、安心して利用することができます。 とはいえ水道水の水質が硬水であるため、硬水に含まれているカルシウムやマグネシウムが原因で生活上不便な点もあるようです。 赤ちゃんや家事には不向き 硬水にはマグネシウムが豊富に含まれているため、胃腸を刺激して活発化する作用があります。 そんなわけで便秘改善には効果が期待できる一方で、 臓器が発達していない赤ちゃんや成長期の子供、胃腸が弱い人が飲むと、マグネシウムの作用によって胃腸に負担がかかる可能性があります。 またマグネシウムには独特の苦味、風味、香りがあるため、軟水と比較した場合、料理にはあまり適していないといえます。 なぜならミネラル分が多いため、そのまま水を沸かすと下に石灰などのミネラル分がたまってしまったり、たんぱく質が固まってしまい、素材の旨み成分が溶けにくかったりするからです。 ほかにもミネラル分が多いせいで洗剤や石鹸がよく泡立たず、洗った食器を拭かないと白く跡が残る、せっけんが泡立ちにくい、水道管や食器洗浄機などに石灰質が付着して故障を引き起こしたり、洗濯したら白い衣類が灰色に変色してしまったなどのデメリットがあり、生活用水としては不便な面もあるようです。 硬水ならではの工夫から生まれたヨーロッパ料理 硬水のクセのある一面をここまでご紹介してきましたが、一方で、ヨーロッパでは硬水の長所を生かした家庭料理が浸透しているのも事実。 たとえば 「あく」を除きたい場合や煮くずれさせたくないときには、軟水より硬水を使うときれいに仕上がります。 硬水に多く含まれるカルシウムが肉を硬くする成分と結びついて「あく」として出るので除去しやすくなるからです。 ヨーロッパでポトフやビーフシチューといった肉を煮込むさまざまな料理が発達しているのは硬水によるところも大きいといえます。 また、肉が主体の西欧料理ではミネラルが不足しがちなため、硬水を使うことにより不足しがちなミネラルを補うこともできるのです。 また、赤ちゃんや胃腸の弱い人にはおすすめできない反面、スポーツ後のミネラル補給や、妊産婦さんのカルシウム補給には適していて、便秘解消やダイエットにも役立つといわれています。 ヨーロッパのミネラルウォーターは世界最高水準 ここまで水道水についてご紹介してきましたが、 ヨーロッパはミネラルウォーター先進国ともいえるほど、非常に高いナチュラルミネラルウォーターの品質基準をもっています。 ミネラルウォーターの品質基準として、殺菌の禁止・ミネラル分の基準値の設定・採水地周辺の環境保護などが義務付けられているからです。 ではどうしてヨーロッパではがミネラルウォーターの品質基準がここまで厳しく、かつ水道水が利用できるにも関わらずミネラルウォーターが多く消費されているのでしょうか? 日本人はミネラルウォーターを水道水の代用品と考えていますが、ヨーロッパ人は健康のために飲む水と考えているからです。 そしてヨーロッパの人々は、水道水をあまり信用していないようです。 ヨーロッパの水道水源の多くが河川水ですが、海のない内陸の国や都市では下水をそのまま水源である河川に流しています。 上流の下水の混ざった河川水を下流では水道に用い、また下水を流すというようなサイクルで、水道の質は次第に低下していく地域も存在するからです。 また、かつて大流行した、ペストやコレラなどの伝染病の感染源が河川水であった疑いがあり、河川水を水源とする水道水を信じていない風潮が現代でも残っているのです。 おわりに ヨーロッパの水道水の中には、スイスのように家の水道水から天然のミネラルウォーターが飲めるという国がいくつかあるそうなのですが、基本的には硬水が多く、ヨーロッパの人々はメリットとデメリットを熟知したうえで工夫して水道水とミネラルウォーターを使い分けています。 水は命にも関わるもの。 水道からいつでも飲めるという常識は海外では通用しない場合もあります。 海外旅行先としても人気のヨーロッパですが、ひとくちにヨーロッパといっても国によって水事情は微妙に違います。 旅行を考えるときはまず現地の水事情を確認してから行くことおすすめします。

次の

超軟水のメリット・デメリット。今さら聞けない軟水硬水

硬水 メリット デメリット

硬水を飲むと、美容や健康、ダイエットに効果的だ!という話を耳にして、普段の飲み水を硬水にしようと思われている方もいらっしゃるかと思う。 しかし、• 硬水を飲むと具体的にどのような効果があるのか?• 硬水にはどのようなデメリットがあるのか? と、硬水の効果について詳しくご存知ない方も多いだろう。 そこで今回は、『 硬水の効果-3つのメリットと4つのデメリットのまとめ』をご紹介する。 この記事を最後まで読めば、 硬水の効果効能がしっかりと理解でき、硬水のメリットとデメリットをすぐに把握することができる。 また、『 軟水の効果がすぐに分かる!5つのメリットとは?』についてもご紹介しておくので、硬水と軟水の効果効能を比較する際にご参考頂きたい。 1.硬水とは? まず最初に、硬水とはどのような水のことなのか?について簡単に説明しておこう。 水にはマグネシウムとカルシウムが含まれている。 このマグネシウムとカルシウムが多いか少ないかによって硬水と軟水に分類される。 具体的には、• 硬度120ml以上の水を硬水• 硬度120ml未満の水を軟水 となる。 硬水に関しての基礎的な知識は『 』のページで詳しく解説しているので、こちらをご参考頂きたい。 2.硬水の効果-3つのメリット さて、ここからが本題だ。 硬水を飲むとダイエット効果がある!という話はご存知の方も多いだろう。 なぜダイエット効果があるのか?というと、硬水を飲むと下記のような3つのメリットがあるからだ。 代謝が促進される• 脂肪の吸収を抑制する• 便秘が改善される では、順番に説明していこう。 2-1.代謝が促進される 硬水には、ミネラルが豊富に含まれている。 このミネラルには、代謝を促進させる作用がある。 つまり、 ミネラルが多く含まれている硬水を飲むことで基礎代謝量が上がり、自然と脂肪燃焼しやすい体質になることができる。 リバウンドすることなくダイエットを成功させるには、 基礎代謝量を上げることが必須である。 詳しくは下記のページで解説しているので、こちらをご参考頂きたい。 このカルシウムには、脂肪の吸収を抑制する作用がある。 従って、 カルシウムが多く含まれている硬水を飲むと、脂肪の吸収を抑制し、ダイエット効果が得られるというわけだ。 ある実験によって、 カルシウムにはBMI 肥満の指標 を小さくする働きがある!ということが実証されている。 詳しい実験内容については下記のページをご参照頂きたい。 ひどい便秘にお困りの方には硬水は非常にお勧めだ。 なぜ硬水を飲むと便秘改善の効果があるのかというと、硬水に含まれているマグネシウムには、• 胃腸を刺激して活発化する• 便を柔らかくする作用がある という2つの作用があるからだ。 詳しくは下記のページでご確認頂きたい。 代謝が促進される• 脂肪の吸収を抑制する• 便秘が改善される という3つのメリットがあるということがお分かり頂けたかと思う。 硬水にはダイエット効果がある反面、デメリットも存在する。 これらのデメリットも考慮した上で、軟水ではなく硬水を飲む必要があるのか?を判断すべきである。 具体的な硬水のデメリットとは、• 胃腸に負担がかかる• 下痢などの体調不良になる恐れ• 口当たりが硬くて飲みにくい• 独特の風味があるので料理などに適していない の4つである。 では、順番に詳しく解説していこう。 3-1.胃腸に負担がかかる 硬水にはマグネシウムが豊富に含まれているため、胃腸を刺激して活発化する作用がある。 従って、先ほども説明したように、硬水には便秘改善の効果があるわけだ。 しかし、• 普段から便秘ではない人• 臓器が発達していない赤ちゃんや成長期の子供• 胃腸が弱い人 が急に硬水を飲むと、マグネシウムの作用によって胃腸に負担がかかる可能性がある。 『 』のページでも説明しているが、日本人の体に最も適しているのは軟水である。 日本の水道水や国産のミネラルウォーターは、『 』のページで説明している通り、ほとんどが軟水だ。 つまり、私たち日本人は普段から軟水を飲み慣れているのである。 そこで、急にマグネシウムが多く含まれる硬水を飲んだりすると、体が順応できず、胃腸に負担がかかってしまうわけだ。 3-2.下痢などの体調不良になる恐れがある 硬水に含まれるマグネシウムには、• 胃腸を刺激して活発化する• 便を柔らかくする作用がある という2つのメリットがある。 従って、ひどい便秘にお困りの方には硬水は効果的だ。 しかし、 普段から便秘ではない人が急に硬水を飲んだりすると、マグネシウムの作用によって下痢などの体調不良になる可能性が高いので注意が必要だ。 ただ、硬水には魅力的なダイエット効果があるので、どうしても硬水を飲みたい!という方もいらっしゃるだろう。 そんな方のために、• 硬水で下痢になる原因• 下痢を未然に防ぐ2つの回避策 を下記のページでご紹介しているので、ご参考頂きたい。 逆に、軟水は口当たりが柔らかくて飲みやすい。 硬水と軟水で水の味が違う原因は、水に含まれるマグネシウムによるものだ。 マグネシウムには独特の• 香り があるため、軟水を飲み慣れている日本人は、硬水は飲みにくい!と感じることが多い。 水の味の違いが分からないといういるかもしれないが、硬水と軟水を飲み比べてみるとすぐに分かる。 ここで問題なのが、 硬水は飲みにくいと感じることが多いので、長続きしない!ということである。 美容や健康、ダイエットのために、水は毎日2リットル飲む必要がある。 毎日2リットルの水をこまめに飲む習慣を継続することで、様々なメリットを得ることができる。 しかし、 飲みにくいと感じる硬水を継続的に飲むことができるだろうか? 硬水が飲みやすい!と感じる方は硬水を継続的に飲むとよいだろうが、硬水の味が苦手で飲みにくい!という方は長続きしないだろう。 従って、硬水は口当たりが硬くて飲みにくいというのもデメリットの1つだ。 3-4.独特の風味があるので料理などに適していない 先ほど説明したように、硬水に多く含まれているマグネシウムには独特の、• 香り があるため、料理には適していない。 料理だけでなく、コーヒーや紅茶などを作る際も同じ理由で、硬水よりも軟水の方が適していると言われている。 特にこだわりがなければ、普段の飲み水や料理などに使う水は、硬水よりも軟水を選ぶとよいだろう。 ただ、硬水か軟水、どちらを飲んだらいいのか分からない!という方も多いだろう。 そんな方のために、『 軟水の効果がすぐに分かる!5つのメリットとは?』をご紹介しておく。 軟水のメリットは、• 体への吸収が良い• 胃腸に負担がかからない• 老廃物の排出• 美肌効果• 料理などに使うと風味が増す の5つで、硬水と違って、 特にデメリットがないことが特徴だ。 硬水と軟水、それぞれのメリットとデメリットを比較してみよう。 下記のページを参考にして、あなたに合った水選びをして頂ければ幸いだ。 代謝が促進される• 脂肪の吸収を抑制する• 便秘が改善される 硬水の4つのデメリット• 胃腸に負担がかかる• 下痢などの体調不良になる恐れ• 口当たりが硬くて飲みにくい• 独特の風味があるので料理などに適していない 硬水には魅力的なダイエット効果がある反面、デメリットも多く存在するので注意が必要だ。 特にひどい便秘でお困りの方には硬水は効果的だが、それ以外の方は軟水を飲む方が賢明だろう。 是非、あなたが水を飲む目的に合わせた水選びをして頂きたい。

次の

「硬水」と「軟水」どっちがいい?? 違いや選ぶメリットはあるの??

硬水 メリット デメリット

ヨーロッパは平坦な大地が広がるため地中滞在時間が長く、ミネラル分の多い石灰岩の地層が多いので、地層のミネラルを含んだ硬水が多くなります。 日本でもダイエット効果が期待できるということでヨーロッパのミネラルウォーターに人気が集まっていますが、実際ヨーロッパで暮らす人々はどのように硬水を活用しているのでしょうか。 さっそくヨーロッパの水事情についてご紹介します。 硬水はメリットとデメリットが表裏一体? ヨーロッパの多くの国の水道水は厳しい基準で管理されており、浄水設備も整っていますから、安心して利用することができます。 とはいえ水道水の水質が硬水であるため、硬水に含まれているカルシウムやマグネシウムが原因で生活上不便な点もあるようです。 赤ちゃんや家事には不向き 硬水にはマグネシウムが豊富に含まれているため、胃腸を刺激して活発化する作用があります。 そんなわけで便秘改善には効果が期待できる一方で、 臓器が発達していない赤ちゃんや成長期の子供、胃腸が弱い人が飲むと、マグネシウムの作用によって胃腸に負担がかかる可能性があります。 またマグネシウムには独特の苦味、風味、香りがあるため、軟水と比較した場合、料理にはあまり適していないといえます。 なぜならミネラル分が多いため、そのまま水を沸かすと下に石灰などのミネラル分がたまってしまったり、たんぱく質が固まってしまい、素材の旨み成分が溶けにくかったりするからです。 ほかにもミネラル分が多いせいで洗剤や石鹸がよく泡立たず、洗った食器を拭かないと白く跡が残る、せっけんが泡立ちにくい、水道管や食器洗浄機などに石灰質が付着して故障を引き起こしたり、洗濯したら白い衣類が灰色に変色してしまったなどのデメリットがあり、生活用水としては不便な面もあるようです。 硬水ならではの工夫から生まれたヨーロッパ料理 硬水のクセのある一面をここまでご紹介してきましたが、一方で、ヨーロッパでは硬水の長所を生かした家庭料理が浸透しているのも事実。 たとえば 「あく」を除きたい場合や煮くずれさせたくないときには、軟水より硬水を使うときれいに仕上がります。 硬水に多く含まれるカルシウムが肉を硬くする成分と結びついて「あく」として出るので除去しやすくなるからです。 ヨーロッパでポトフやビーフシチューといった肉を煮込むさまざまな料理が発達しているのは硬水によるところも大きいといえます。 また、肉が主体の西欧料理ではミネラルが不足しがちなため、硬水を使うことにより不足しがちなミネラルを補うこともできるのです。 また、赤ちゃんや胃腸の弱い人にはおすすめできない反面、スポーツ後のミネラル補給や、妊産婦さんのカルシウム補給には適していて、便秘解消やダイエットにも役立つといわれています。 ヨーロッパのミネラルウォーターは世界最高水準 ここまで水道水についてご紹介してきましたが、 ヨーロッパはミネラルウォーター先進国ともいえるほど、非常に高いナチュラルミネラルウォーターの品質基準をもっています。 ミネラルウォーターの品質基準として、殺菌の禁止・ミネラル分の基準値の設定・採水地周辺の環境保護などが義務付けられているからです。 ではどうしてヨーロッパではがミネラルウォーターの品質基準がここまで厳しく、かつ水道水が利用できるにも関わらずミネラルウォーターが多く消費されているのでしょうか? 日本人はミネラルウォーターを水道水の代用品と考えていますが、ヨーロッパ人は健康のために飲む水と考えているからです。 そしてヨーロッパの人々は、水道水をあまり信用していないようです。 ヨーロッパの水道水源の多くが河川水ですが、海のない内陸の国や都市では下水をそのまま水源である河川に流しています。 上流の下水の混ざった河川水を下流では水道に用い、また下水を流すというようなサイクルで、水道の質は次第に低下していく地域も存在するからです。 また、かつて大流行した、ペストやコレラなどの伝染病の感染源が河川水であった疑いがあり、河川水を水源とする水道水を信じていない風潮が現代でも残っているのです。 おわりに ヨーロッパの水道水の中には、スイスのように家の水道水から天然のミネラルウォーターが飲めるという国がいくつかあるそうなのですが、基本的には硬水が多く、ヨーロッパの人々はメリットとデメリットを熟知したうえで工夫して水道水とミネラルウォーターを使い分けています。 水は命にも関わるもの。 水道からいつでも飲めるという常識は海外では通用しない場合もあります。 海外旅行先としても人気のヨーロッパですが、ひとくちにヨーロッパといっても国によって水事情は微妙に違います。 旅行を考えるときはまず現地の水事情を確認してから行くことおすすめします。

次の