定年 メッセージ 再雇用。 「65歳以降再雇用制度」を導入 2020年3月24日 ニュースリリース サントリー

定年退職後の再雇用!挨拶状の恥ずかしくない書き方とは?

定年 メッセージ 再雇用

定年後の再雇用によって収入が減る、これは誰しもがイメージしやすい将来像だと思います。 しかし「実際にどれくらい賃金が減るのか」という具体的な数字をご存じでしょうか。 この 「給料減額率」を正確に知っておくことは、定年後の資金計画を立てるうえで非常に重要です。 今回は、公的データから定年後再雇用の給料減額率をお伝えしつつ、それに対処する3つの給付制度を紹介していきます。 賃金が減少した人にその減少率をアンケートした結果、次のような減額率を示しています。 定年再雇用制度によって長く働けることはメリットの1つではあるものの、その場合は収入がある程度少なくなることを覚悟しておく必要があるでしょう。 jil. pdf] pdf 定年後再雇用の減額に備えた3つの給付制度 定年後の再雇用によってある程度の収入が減ることは事実ですが、定年後再雇用の減額に備えた給付制度があります。 ここでは、 3つの給付制度について紹介していきます。 高年齢雇用継続給付金 高年齢雇用継続給付金とは、 定年後再雇用によって給与が減額になった場合に支給される給付金です。 60歳時点の賃金に比べて、 再雇用後の賃金が75%未満になった方が対象です。 給付金は再雇用後の賃金に対して最大15%までで、最長65歳まで受け取れます。 たとえば、再雇用後の賃金が20万円だとすると、支給額は最大3万円です。 高年齢再就職給付金 勤め先を1度退職し、再就職を目指す場合は失業給付金が受け取れます。 退職後に求職活動を行っていれば、離職した日の翌日分から1日単位で支給され、90~360日分の給付を受け取れます。 その失業給付金を受けていた60歳以上の方が再就職した場合に支給される制度が高年齢再就職給付金です。 先ほどの高年齢雇用継続給付と同じく、 60歳時点の賃金に比べて再雇用後の賃金が75%未満になった方に対して、再雇用後の賃金に対して最大15%までの支給を受けとれます。 ただし、 失業給付基本手当の給付日数が100日以上残っていなければならない点に注意してください。 再就職手当 失業給付基本手当の給付日数が3分の1以上ある場合、再就職手当を受け取れる可能性があります。 一定の条件に当てはまる人は、 基本手当日額の支給残日数分に対して60%の金額が一時金として受け取れます。 また、失業給付基本手当の 給付日数が3分の2以上ある場合、一時金は70%の金額です。 勤め先の再雇用制度を確認しよう 最近では、定年後再雇用の人も働きやすいよう、評価や賞与制度を見直す企業も増えています。 勤め先の再雇用制度がどのようになっているのか、まずは確認しておくことが大切です。 しかし、中には制度が整っていない会社も少なくありません。 そのため、定年後のリスクに備えるため、 今のうちに給付金の制度や老後の相談先を検討しておく必要があるでしょう。 (執筆者:柳本 幸大).

次の

そのまま使える!定年・退職祝いのメッセージ文例集

定年 メッセージ 再雇用

7割の人は現役時代の「5割以下~最低賃金ギリギリ」 キャリアカウンセラーの中村卓夫氏は「経営状況が厳しい時代であり、賃金をできるだけ抑えたいというのが企業の本音。 残ってほしい人でも現役時代の給与の6~7割ぐらいでしょう。 会社にとって重荷でしかない人も希望があれば雇わざるをえませんが、給与は5割を切る人も珍しくありません」と語る。 では会社が再雇用したい社員とはどういう人か。 「メーカーであれば匠と呼ばれる真似のできない職人技の持ち主。 たとえば特殊溶接やレンズの研磨に長けた熟練度の高い技能者だ。 社内外でその分野の第一人者と言われる専門技術者は手放したくない」(中村氏) 実際に技術の流出を防止する狙いもあり、現役時代と同じ給与を払う仕組みを設けている企業も多い。 しかし、そういう人材は1割にも満たない。 事務系では、グローバル事業で活躍できる人は貴重な存在だ。 中村氏は「外国の税務会計に通じた経理の経験者や労働争議対策など海外現地法人の人事の経験者は重用される。 海外事情に詳しく、語学ができる人は必要な人材」と指摘する。 こうした文系人材の再雇用後の給与は退職時の7割程度に下がる。 それでも1000万円をもらっていた人は700万円。 会社の企業年金を加えると800万円以上になり、公的年金がなくても十分に暮らしていける。

次の

そのまま使える!定年・退職祝いのメッセージ文例集

定年 メッセージ 再雇用

政府は「新しい生活様式」のモデルを示し、日常生活や家族関係から、働き方、余暇の過ごし方まで国民にライフスタイルの転換を求めている。 新しい社会に変われば、これまでの価値観や判断基準は通用しなくなり、従来の「勝ち組」と「負け組」の逆転が起きる。 それは定年後の働き方についても言える。 東京郊外のニュータウンで妻と2人暮らしのAさん(64)は、「脱サラしなくてよかった」と胸をなでおろしている。 同じ時期に家を買った隣家のBさん(63)とは同世代で家族ぐるみの付き合いだが、定年後、違う働き方を選んだ。 Aさんは雇用延長で会社に残り、給料は半分ほどに減った。 それに対してBさんは定年後、営業コンサルタントとして独立し、「自営業で保障はないけど収入は現役時代とほとんど変わらない」と自慢話を聞かされてきた。 夫婦でよく旅行に出かける姿を、Aさん夫婦は羨ましくも感じていた。 ところが、新型コロナの感染拡大で状況は一変。 現在、Aさんはテレワークとなっているが、給料は今まで通り出る。 最近、在宅勤務で通勤時間がなくなり、庭いじりの趣味ができた。 それに比べて、Bさんはコンサル契約を全部打ち切られて仕事を失った。 自営業で失業保険もおりないため、100万円の「持続化給付金」を申請中だ。 コロナの前後で定年後の働き方の選択基準が大きく変わろうとしている。 国会では感染拡大さなかの3月31日に改正高年齢者雇用安定法が成立。 来年4月からは、従来の65歳までの雇用延長期間の後も、企業に70歳まで社員の雇用機会を確保する努力義務が課せられる。 具体的な雇用確保の方法は、定年延長や契約社員としての継続雇用の他に、フリーランス契約、起業支援など、社員が70歳まで収入があるように企業が資金提供することを求められている。 コロナの感染拡大前は、人手不足が深刻で、中小企業にもシニア社員を積極的に雇用する余裕があり、勤めてきた会社を離れてもスキル次第で70歳まで稼げるケースが少なくなかった。 しかも、この法改正によって、制度的にも70歳まで多様な働き方で雇用が確保される社会になることから、今後はそれを見越してBさんのように定年後、早い段階で脱サラを選ぶサラリーマンが増えると予想されていた。 企業からも重宝される だが、コロナ後の先行きが見通せない状況に置かれたことで、Aさんのように「独立より会社に残ったほうがいい」という判断が結果的に得することになる。 高齢者雇用に詳しい人事ジャーナリスト・溝上憲文氏が指摘する。 「コロナの影響で自動車など基幹産業からインバウンド関連業種など広範囲に業績が悪化しており、今後はリストラが一層増えることが予想される。 とくにこの3月以降は、60代の非正規雇用の人が首切りにあうケースが増え、労働相談窓口にも高齢者が多い。 しかし、60代でも、それまで勤めていた会社で雇用延長している会社員ならば過度に心配する必要はない。 高年齢者雇用安定法では、定年後に再雇用や雇用延長している社員を狙い撃ちで解雇することはできなくなっています。 企業にとっても、リストラはまず非正規を減らし、正社員を人員整理する際にも、給料が低い雇用延長中の社員より、給料の高い現役世代の社員をリストラしたほうが人件費を減らしやすい。 そのため、高齢の社員は会社にしがみつきやすいといえます。 雇用情勢が好転するまでには時間がかかる。

次の