振袖 帯揚げ。 着物のキホン「帯揚げ」振袖には総絞り?結び方やアレンジも

振袖の帯揚げの選び方 色や柄は?どんな結び方がある?

振袖 帯揚げ

振袖用の帯揚げとは 帯揚げといっても店先にはいろいろな帯揚げが売られています。 どのような帯揚げを使ってもいいのでしょうか? 振袖用の帯締め 振袖は柄や色は、派手で華やかです。 その華やかな振袖に合う帯揚げは、他の着物の帯揚げよりやはり派手で華やかです。 振袖用として多いのは総絞りの帯揚げです。 他の帯揚げと比べるとボリュームがあり、高級感、重厚感が感じられる帯揚げです。 絞り以外の帯揚げも売っていますが、振袖用として売っているのは、金糸などのつかった華やかな帯揚げです。 総絞りの帯揚げって振袖以外にも使える? 総絞りの帯揚げは訪問着や留袖といった礼装用には、使えません。 お洒落着として小紋などに合わせるのは自由ですが、総絞りは、ボリュームがあるので、合わないことが多いです。 使う機会が少ないのが残念です。 帯揚げの色は何色がいい? 振袖、帯に使われている色を使う 振袖は着物全体に柄がある場合が多く、色も一色だけでなくたくさんの色が使われています。 帯も同じで全体に柄があり、色も多色使われています。 あえて帯揚げを目立たせる必要がないなら着物に使われている色の帯揚げを使うことで、帯揚げは目立ちませんが、 着物は引き立ちます。 特に、いい着物、いい帯をしている場合、着物や帯を引き立てさせたいなら、着物や帯と同色系の帯揚げを使った方が着物や帯は引き立ちます。 振袖と帯が同色系ではっきりしないとき 振袖と帯が同じような色ではっきりしないなら、帯揚げ、帯締め、重ね襟等の小物をアクセントにして違う色を使うのもいいでしょう。 帯揚げで全体を引き締めたい、華やかにしたい もっと華やかに、派手に見せたい。 着物の雰囲気を変えたい場合は、振袖と違う色の帯締めを使い、着物の雰囲気を変えてもいいでしょう。 着物、帯とも色がはっきりしないなら、帯揚げに濃い色を使い引き締めます。 帯締めや重ね襟、半襟の色と合わせる 帯揚げと帯締めを同じ色にすると一体感、安定感があります。 セットで売られている場合も多く、選び方が難しいと思う方は、セットで同じ色を購入するのは無難な選び方といえます。 ただ、必ずしも同じ色にしないといけないわけではありません。 下の写真のように、少し地味目の振袖の場合、黄色の半襟、帯揚げ、帯締めを同じ色にすることで黄色が目立って素敵ですよね。 帯揚げの結び方 振袖の帯揚げ結びは、ほかの着物の帯揚げ結びと比べると多めに帯揚げを見せています。 帯揚げが非常に目立ちます。 では、どのような結び方をしているのでしょうか? 一文字結び 一文字結びとは、字のごとく、横に漢数字の一の文字と同じようにまっすぐ横に伸ばして帯揚げを見せます。 いりく 下の写真のような帯揚げの結び方をいりくといいます。 下の写真は帯揚げの片側を着物の上前の中に折り込んでいます。 これもいりくです。 本結び ごく一般的な結び方です。 振袖の場合はほかの着物と比べ多めに帯揚げをみせます。 変わり結び いろいろな変わり結びがあります。 動画でも変わり結びの仕方はいろいろアップされていますね。 下の写真のような花の形や蝶の形など。 かわいいですね。 まとめ 柄が多く。 色もたくさん使われている振袖に合う帯揚げを選ぶのは、結構悩んでしまうと思います。 無難に選びたいなら着物に使われている色と同色を使えば浮きません。 反対に振袖の雰囲気をあえて変えたいと思うなら、違う色の帯締めを選んで雰囲気を変えてみるのもいいと思います。 特にリサイクルの着物やママ振などを着る場合 帯揚げなどの小物を変えるだけでも着物の雰囲気が変わるので、試してみてください。

次の

振袖の帯揚げの選び方 色や柄は?どんな結び方がある?

振袖 帯揚げ

振袖と違う色の帯を選ぶ 帯は、着物を 引き締める効果があります。 振袖と同じような色の帯だと帯をしているのもわからない感じで引き締まりません。 振袖は着物が派手な為、 全く違う色で派手目の帯でないと帯が目立ちません。 同系色でまとめる場合は、 色の濃淡をはっきりさせてください。 振袖の色が薄い場合は濃い色の帯を合わせるとはっきりします。 帯の柄で着物が変わる 振袖と同じような柄の帯でもいいですが、全く違う柄の帯を持ってくることで、全体のイメージが変わってきます。 たとえば、 振袖 の柄が小さめの時、大柄の帯を締めることではっきりしますし、花柄のような 丸い形の模様の振袖に直線的な模様の帯を合わせることで振袖が引き締まります。 振袖がはっきりした色で柄もはっきりしている場合、帯の柄や色を抑えることで、派手さが抑えられます。 振袖が少し地味な場合は、派手目の帯を合わせることで華やかになります。 手持ちの帯が振袖とあっていないと感じる時 帯締め、帯揚げ、半襟、重ね衿の色を変える 手持ちの帯と振袖があっていないと感じる時は、帯締め、帯揚げ、もしくは半襟、重ね衿の色を変えることで全体の雰囲気が変わってきます。 帯と振袖が同色系ではっきりしないなら、帯揚げ、帯締め、重ね衿などは 全く違う色を合わせることではっきりします。 帯も振袖も派手めなら淡い色の帯揚げ、帯締め、重ね衿で抑えることで多少和らぎます。 コーデに重要な帯締め、帯揚げ、重ね衿、半襟 帯締め、帯揚げ、重ね衿、半襟の役目 洋服でいうと、ベルトやスカーフと同じような役目を果たす小物と考えていいと思います。 ブラウスとスカートが地味なので、スカーフで華やかさを出してみたとか ベルトでメリハリをつけたのと同じように 帯締めや帯揚げ、重ね衿、半襟で華やかにしたり、派手さを抑えたり、メリハリをつけたりと振袖の雰囲気を変えてくれます。 帯と着物のクッション役 帯と振袖が合わなくても、ある程度 帯締めや帯揚げでごまかすことはできます。 振袖を着る用途によって帯締め、帯揚げ、襟の色や着付け方を変えて楽しむのもいいと思います。 振袖に使える帯とは? 振袖に使える帯の種類 振袖に使用できる帯は礼装用の袋帯となります。 帯は 袋帯、名古屋帯、半幅帯などの種類があり、この中でも一番格の高い 袋帯を使います。 袋帯は、他の帯と比べ帯の長さが長く、4m20cm以上あります。 袋帯の中で振袖用として使える帯は限られている 袋帯は、礼装用 洒落用がありますが、礼装用の袋帯を使います。 洒落用は普段に使う帯なので使いません。 礼装用は、金糸が散りばめていて豪華です。 振袖の帯は、上の写真のような 作り帯(変わり結び)をするので、帯全体に模様がある全通(ぜんつう)もしくは帯の六割に模様がある六通(ろくつう)の帯でないと変わり結びができません。 太鼓柄と呼ばれる帯の場合、柄が少ないため 作り帯(変わり結び)ができないので注意が必要です。 留袖、色留袖、訪問着用の帯を利用してもいい 留袖、色留袖、訪問着に使う帯なら、礼装用の袋帯で柄もと六通以上の帯が多いので、振袖用として使える場合が多いです。 自宅で家族が持っている場合は、家族の帯を借りるという手もあります。 振袖と合わないと感じた時は、帯締め、帯揚げを変えてみて下さい。 振袖用として売られている帯に比べ、短かったり、全通や六通の帯でも模様によっては 変わり結びのできる種類に限りがある場合がありますが、結び方にこだわらないなら六通や全通の袋帯は、振袖用として利用できる場合が多いです。 帯を購入する場合の選び方 振袖用の袋帯の価格の違い 振袖用の袋帯は、手織りか機械織りかで価格が違ってきます。 手織りであれば、50万以上するものが多いですが、手作業で手間がかかるため、数も少ないです。 機械織りがほとんどです。 京都の西陣で織られているものが多く、織り方によって価格が違ってきますし、金銀糸箔や刺繍の仕方によっても価格が違ってきます。 糸も正絹かポリエステルかで価格が違ってきます。 帯全体に模様がある全通の帯と帯の六割に模様がある六通の帯では、全体に模様がある全通の帯の方が高くなります。 着回しできる帯を選ぶ 帯を購入する場合、振袖とのコーディネートはもちろんですが、振袖だけでなく、他の着物(訪問着、付下げ、留袖など)に合わせられる帯を購入することで長く使うことができます。 ただし、振袖用に売られている袋帯は柄が大きく派手なものが多いので、他の着物に合わない場合も多いため、購入時は、帯の柄を考える必要があります。 できるだけ、他の着物に合わせやすい帯を選ぶことで、着回しができます。 振袖は結婚すると着ることができませんが、帯は、他の着物に合わせて使うことができるので、フルセットで購入を考えているなら、長く使える帯を先に選び、帯に合わせて振袖を選ぶのもいいかと思います。 もし手持ちの帯が合わないと思っても帯揚げ等の小物を変えるなどして工夫してみて下さい。 帯を購入する場合、着回しを考えるなら、訪問着、留袖等にも合う帯を購入すれば、結婚後も使えます。 いい帯は、着物をワンランク上に見せてくれます。 素敵な帯を探してくださいね。 以上、振袖と帯のコーディネート 失敗しない袋帯の探し方でした。

次の

振袖の帯揚げの選び方 色や柄は?どんな結び方がある?

振袖 帯揚げ

振袖と違う色の帯を選ぶ 帯は、着物を 引き締める効果があります。 振袖と同じような色の帯だと帯をしているのもわからない感じで引き締まりません。 振袖は着物が派手な為、 全く違う色で派手目の帯でないと帯が目立ちません。 同系色でまとめる場合は、 色の濃淡をはっきりさせてください。 振袖の色が薄い場合は濃い色の帯を合わせるとはっきりします。 帯の柄で着物が変わる 振袖と同じような柄の帯でもいいですが、全く違う柄の帯を持ってくることで、全体のイメージが変わってきます。 たとえば、 振袖 の柄が小さめの時、大柄の帯を締めることではっきりしますし、花柄のような 丸い形の模様の振袖に直線的な模様の帯を合わせることで振袖が引き締まります。 振袖がはっきりした色で柄もはっきりしている場合、帯の柄や色を抑えることで、派手さが抑えられます。 振袖が少し地味な場合は、派手目の帯を合わせることで華やかになります。 手持ちの帯が振袖とあっていないと感じる時 帯締め、帯揚げ、半襟、重ね衿の色を変える 手持ちの帯と振袖があっていないと感じる時は、帯締め、帯揚げ、もしくは半襟、重ね衿の色を変えることで全体の雰囲気が変わってきます。 帯と振袖が同色系ではっきりしないなら、帯揚げ、帯締め、重ね衿などは 全く違う色を合わせることではっきりします。 帯も振袖も派手めなら淡い色の帯揚げ、帯締め、重ね衿で抑えることで多少和らぎます。 コーデに重要な帯締め、帯揚げ、重ね衿、半襟 帯締め、帯揚げ、重ね衿、半襟の役目 洋服でいうと、ベルトやスカーフと同じような役目を果たす小物と考えていいと思います。 ブラウスとスカートが地味なので、スカーフで華やかさを出してみたとか ベルトでメリハリをつけたのと同じように 帯締めや帯揚げ、重ね衿、半襟で華やかにしたり、派手さを抑えたり、メリハリをつけたりと振袖の雰囲気を変えてくれます。 帯と着物のクッション役 帯と振袖が合わなくても、ある程度 帯締めや帯揚げでごまかすことはできます。 振袖を着る用途によって帯締め、帯揚げ、襟の色や着付け方を変えて楽しむのもいいと思います。 振袖に使える帯とは? 振袖に使える帯の種類 振袖に使用できる帯は礼装用の袋帯となります。 帯は 袋帯、名古屋帯、半幅帯などの種類があり、この中でも一番格の高い 袋帯を使います。 袋帯は、他の帯と比べ帯の長さが長く、4m20cm以上あります。 袋帯の中で振袖用として使える帯は限られている 袋帯は、礼装用 洒落用がありますが、礼装用の袋帯を使います。 洒落用は普段に使う帯なので使いません。 礼装用は、金糸が散りばめていて豪華です。 振袖の帯は、上の写真のような 作り帯(変わり結び)をするので、帯全体に模様がある全通(ぜんつう)もしくは帯の六割に模様がある六通(ろくつう)の帯でないと変わり結びができません。 太鼓柄と呼ばれる帯の場合、柄が少ないため 作り帯(変わり結び)ができないので注意が必要です。 留袖、色留袖、訪問着用の帯を利用してもいい 留袖、色留袖、訪問着に使う帯なら、礼装用の袋帯で柄もと六通以上の帯が多いので、振袖用として使える場合が多いです。 自宅で家族が持っている場合は、家族の帯を借りるという手もあります。 振袖と合わないと感じた時は、帯締め、帯揚げを変えてみて下さい。 振袖用として売られている帯に比べ、短かったり、全通や六通の帯でも模様によっては 変わり結びのできる種類に限りがある場合がありますが、結び方にこだわらないなら六通や全通の袋帯は、振袖用として利用できる場合が多いです。 帯を購入する場合の選び方 振袖用の袋帯の価格の違い 振袖用の袋帯は、手織りか機械織りかで価格が違ってきます。 手織りであれば、50万以上するものが多いですが、手作業で手間がかかるため、数も少ないです。 機械織りがほとんどです。 京都の西陣で織られているものが多く、織り方によって価格が違ってきますし、金銀糸箔や刺繍の仕方によっても価格が違ってきます。 糸も正絹かポリエステルかで価格が違ってきます。 帯全体に模様がある全通の帯と帯の六割に模様がある六通の帯では、全体に模様がある全通の帯の方が高くなります。 着回しできる帯を選ぶ 帯を購入する場合、振袖とのコーディネートはもちろんですが、振袖だけでなく、他の着物(訪問着、付下げ、留袖など)に合わせられる帯を購入することで長く使うことができます。 ただし、振袖用に売られている袋帯は柄が大きく派手なものが多いので、他の着物に合わない場合も多いため、購入時は、帯の柄を考える必要があります。 できるだけ、他の着物に合わせやすい帯を選ぶことで、着回しができます。 振袖は結婚すると着ることができませんが、帯は、他の着物に合わせて使うことができるので、フルセットで購入を考えているなら、長く使える帯を先に選び、帯に合わせて振袖を選ぶのもいいかと思います。 もし手持ちの帯が合わないと思っても帯揚げ等の小物を変えるなどして工夫してみて下さい。 帯を購入する場合、着回しを考えるなら、訪問着、留袖等にも合う帯を購入すれば、結婚後も使えます。 いい帯は、着物をワンランク上に見せてくれます。 素敵な帯を探してくださいね。 以上、振袖と帯のコーディネート 失敗しない袋帯の探し方でした。

次の