アクサ 生命 ユニット リンク。 アクサ生命のユニットリンクって?投資型保険のメリット・デメリット

アクサ生命のユニットリンク(有期型)は投資初心者にオススメ!個人的に思うこと

アクサ 生命 ユニット リンク

お金・保険 アクサ生命のユニットリンクってどうですか? 今はJAのこども共済に入って… アクサ生命のユニットリンクってどうですか? 今はJAのこども共済に入ってます。 子供が産まれる前に入りました。 年払いです。 義母が農協に勤めてるのと旦那の知り合いがJAの保険の仕事をしてるということで勧められて加入しましたが、今思うと私の身内にも別の保険会社に勤めてる人がいるので、そっちの話やまた別の保険会社の話も聞いておけばよかったと思ってます😓 昨日旦那が保険の話を聞いてきたみたいで、学資保険解約していい?と言ってきました。 理由を聞くと、アクサのユニットリンクが返戻率がいいからということでJAを解約してそっちに変えたいそうです。 でも、ユニットリンクって学資保険とは違いますよね? ちょっと調べてみたら、資産運用に近いもので変動型?なんですか? 旦那は以前、SNSでたまに見かける投資とかの副業に興味を持って、実際に1度私に内緒でその説明を聞きに言ったことがあります。 結局自分ではいいのか悪いのか判断できなくて私に相談してきましたが、私がやめたら?と言ってもやろうとしてました。 うまくいくわけがないと思って説明の内容を教えてもらうとマルチ商法とかネズミ講に近いものだったので、そういうのを知ってるか聞くと知らなくて、自分で調べてもらってやっと説得できました。 今のこども共済は早めに加入したので、将来お金を受け取るタイミングが、例えば大学の入学金の支払いの時期ギリギリではなく、余裕を持って受け取れるようになってます。 年払いなので毎月払うより返戻率もいいはずです。 ただでさえそんなに余裕がなくて、今のこども共済も無理のない金額にしてるのに、将来どうなるかわからない保険にお金を使うのもあまり前向きには考えれないです。 アクサの話を聞くことになったのも、旦那と旦那の友達が一緒にご飯に行った時に友達の先輩 旦那は初対面 がいて、その人が保険の仕事をしてる人だったのがきっかけで、今度旦那の誕生日があるからお祝いも兼ねてまたご飯行こう!ついでにちょっと話聞いてみてよ!的な感じだったらしいんです。 先輩だから断れなかったからなのか、普通は誕生日のお祝いにまで知らない人なんて連れてこないですよね😅なので、向こうにそんな気がなくても私からしたら、確かに誕生日のお祝いだけど保険に入ってもらうために連れて来たんじゃないの?と思ってしまってます。 しかも、自分の親と知り合いがJAに勤めてるからといってJAに決めてたのにここに来て何を言ってるんだかって感じです😂 普段からお金ない!節約!って言ってるわりに、こういうことに関しては自分ではリスクを考えない人なので、ちゃんと話し合ってみます!• 6月29日 バビロン隊長.

次の

アクサ生命のユニットリンクに加入しました。ちなみに100%世界株式プラ...

アクサ 生命 ユニット リンク

さて、私のところへの相談でも非常に多いアクサ生命の「ユニット・リンク」 特に女性向けのマネーセミナーで無料相談に誘導し、契約を取っていることが多いようですが、たくさんの方が「貯蓄」を目的に契約したものの、後になって「え〜〜そうだったのぉ」(時にダマサれた)ということになっています。 それは、この商品は死亡保障のついた「保険」であって本来の「貯蓄」だけが目的であれば、とても非効率的な貯蓄をさせれれているからです。 しかし、そのことについてはFP(と言う名の保険屋さん)からはあまり説明を受けること無く契約している方が多く、トラブルになっていますね。 ところが、この「死亡保障」がついていることで、非常に有効活用できるのが、法人で「ユニット・リンク」を契約する『福利厚生プラン』の場合です。 福利厚生プラン 従業員の生存退職金・死亡退職金・弔慰金を備えるための養老保険を活用したプラン。 ソニー生命「変額個人保険」では、同じような仕組みにも関わらず、万が一の場合の保障(福利厚生)がない(正確には少しありますが)ので、全額資産計上になってしまいます。 通常の養老保険のように、解約返戻金や満期金は確定されたものではなく、運用次第となりますが、私ならキャピタル社の世界株式ファンド100%での運用を提案し、中長期ではそれほど悪い結果にはならないだろうとアドバイスしますし、なにより「インフレヘッジ」の目的としても有効です。 また、払込期間中で運用成績が良い場合であれば、そのタイミングに応じて「払済」にしておけば、洗替することなくホールドしておくことも可能です。 このブログで何度も皆さんにお伝えしていますが、すべての国内の保険が悪くて、海外の保険が良い、ということを言っているわけではありません。 海外の保険では、通年で損金参入できるような商品はありませんから、このような日本の税制も含めて、どの商品が皆さんにとってベストなのか?をアドバイスしています。 皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。 今日は『「節税保険」販売停止を受け各社の動き』につい 皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。 今回は、【第306回】事業リスク対策保険を取り扱うビジ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。 今日は『オリックス生命から「全損保険」2月4日販売再 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は『2018年2月19日販売開始@アクサ生命「フォ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は、『どっちが得?「手取りの収入から海外積立年金で 皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。 今日は『保険マンに言わせりゃ「損金算入の割合が小さく 皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。 今日は『年間30万円超「法人契約の短期払医療保険」の 皆さんこんにちは、保険アドバイザーの野村です。 最近、同業他者の方からよく相談があり前回モチベーション 保険アドバイザー 野村 元輝 <経歴> 神奈川大学経済学部卒業 大手宝飾品専門店に勤務後、生損保代理店で11年半勤務。 その傍らで、より顧客志向に立ったアドバイスがしたいと思い、2011年10月より海外投資のアドバイスを開始。 その後、弊社保険アドバイザー(国内外の保険相談)として2017年12月より勤務。 <趣味> ゴルフ(少々)、海外視察、草野球 <出身地> 神奈川県茅ヶ崎市 <自己紹介> 大学卒業後、東証一部上場の宝飾品会社にて販売営業に従事。 2006年6月に、とあるファイナンシャルプランナーとの出会いから、より顧客利益につながる仕事がしたいという想いで、飛び込みで生命保険の代理店に志願して転職。 独立系乗合保険代理店にて、生命保険のライフプランナーとして11年半勤務しました。 並行して、2011年10月より海外投資のアドバイスを開始。 弊社河合とは、同業者の紹介で知り合うことに。 国内海外問わずいいものはいい!悪いものは悪い!という投資スタンスよりクライアント志向に立った活動方針に共感しこれまでのキャリアを活かし、弊社保険アドバイザーとして2017年12月よりK2 Holdingsに参画しました。 国内外の保険や投資など幅広いアドバイスを得意とし、日々顧客利益のために活動中。 サイト内検索.

次の

相談事例:学資保険としてアクサ生命「ユニット・リンク」を提案されています。

アクサ 生命 ユニット リンク

この保険は積立金額、払いもどし金額および満期保険金額などが特別勘定資産の運用実績に応じて変動(増減)するしくみの変額保険です。 特別勘定資産の運用には、資産配分リスク、株価変動リスク、金利変動リスク、信用リスク、カントリー・リスク、流動性リスク、為替リスク、派生商品取引のリスクなどがあります。 これらのリスクはご契約者に帰属し、 ご契約者が損失を被ることがあります。 ご契約を解約した場合の払いもどし金額や満期保険金額などが 払込保険料総額を下回る場合があります。 (払いもどし金額および満期保険金額に最低保証はありません。 特別勘定における資産運用の結果がご契約者の期待どおりでなかった場合でも、アクサ生命または第三者がご契約者に何らかの補償・補填をすることはありません。 運用関係費は、主に利用する投資信託の信託報酬率を記載しています。 信託報酬のほか、信託事務の諸費用など、有価証券の売買委託手数料および消費税などの諸費用がかかりますが、これらの諸費用は運用資産額や取引量などによって変動するため、費用の発生前に具体的な金額や計算方法を記載することが困難であり、表示することができません。 また、各特別勘定がその保有資産から負担するため、基準価額に反映することとなります。 したがって、お客さまはこれらの諸費用を間接的に負担することとなります。 運用関係費は、特別勘定の廃止もしくは統合・運用協力会社の変更・運用資産額の変動などの理由により、将来変更される可能性があります。 「安定成長バランス型」および「積極運用バランス型」の運用関係費は、主な投資対象である投資信託の信託報酬率を基本資産配分比率で加重平均した概算値です。 各投資信託の信託報酬率はそれぞれ異なりますので、各投資信託の価格の変動などに伴う実際の配分比率の変動により、運用関係費も若干変動します。 「世界株式プラス型」で利用する投資信託は、他の投資信託証券を実質的な投資対象としており、投資対象における所定の信託報酬を含めてご契約者が実質的に負担する運用関係費の概算を表示しておりますが、 投資対象の実質組入比率は運用状況に応じて変動するため、ご契約者が実質的に負担する実際の運用関係費の率および上限額は事前に表示することができません。 「金融市場型」の運用関係費は、各月の前月最終5営業日における無担保コールオーバーナイト物レートの平均値に応じて毎月見直されます。 特に早期に解約された場合は、解約控除額が大きくなり、払いもどし金はまったくない場合もあります。 特に早期に変更を行った場合は、解約控除額が大きくなり、変更のお取扱いができない場合もあります。 基本保険金額を減額されたときは、減額分は解約されたものとしてお取扱いしますので、減額部分にも解約控除がかかります。

次の