インスタ アットマーク。 「???★www.styleawards.com」→「★をアットマークに変えてください。」……これ

インスタのストーリーにタグを付ける方法

インスタ アットマーク

インスタのプロフィールでメンションが青くならない! 2018年ごろ、インスタでは新たな機能がリリースされました。 それが、「 自己紹介のアカウントへのリンク」というもの。 要は、インスタの自己紹介欄に他のアカウントを@(メンション)で追加できるという機能です。 仲のいい友達を追加するも良し。 宣伝したい、自分の他のアカウントを追加するも良し。 好きな芸能人のアカウントをメンションするも良しです。 そうすることで、 メンションを押すと、自分のプロフィール欄から、他のアカウントのプロフィールに飛ぶことができます。 しかし、その メンションが青文字にならなくて困った。 そんな経験はありませんか? メンションが青文字になっていないと、リンクになっていないため、そのアカウントに飛ぶことはできません。 それでは、 なぜメンションが青文字にならないのでしょうか? インスタのメンションを青文字にする方法って? インスタのメンションが青文字にならない理由。 それは、「 空白を入れずに、詰めて書いてしまっているから」です。 画像付きで説明します。 まず、インスタの自己紹介欄はこの「プロフィールを編集」というボタンから編集できます。 「プロフィールを編集」を押すとこの画面になります。 この自己紹介という部分を押すと自己紹介が書き込めます。 ここに試しに「自己紹介です」という言葉と別のアカウントを記入したら……。 このように、青文字になりませんでした。 それは、「 自己紹介です」と@(メンション)の間に空白がないからです。 もう一度自己紹介の編集画面で、文章と@(メンション)の間に空白を入れると……。 このように、青文字になりました。 この青文字部分を押すと、このように別のアカウントに飛ぶことができました。 これでリンクが完璧に貼れました。

次の

インスタのストーリーにタグを付ける方法

インスタ アットマーク

Sponsored Links 一昔前までは@(アットマーク)の存在すら、認知されていませんでしたよね。 でも、インターネットや携帯電話が普及して以来みんなが知っている記号にはなったけれど、なんとなく使ってたりしませんか? どんな意味があるマークなのかを紹介していきます。 そもそもの由来は「at」じゃない! 英語の前置詞である「at」が語源じゃないの?って思っている人が大半ではないでしょうか。 でも、実は ラテン語の「ad」が語源といわれています。 ラテン語は現在では会話などに使われていない言葉なので、少し解説をしておくと「ad」は英語に訳すと「at、to、for」などの意味になります。 マーク自体は中世ヨーロッパの修道士が「a」の周囲に「d」の半周を書いたものが始まりなんて説もあります。 メールで使われるきっかけ でも、このマークがどうしてメールで使われるようになったのかというお話ですが、1971年にレイ・トムリンソンという人が2台のコンピュータ間で電子メールを送信するという実験を行った際に、Aという端末からBという端末にメッセージを送る際にAという端末に自分ではない端末という事を認識させるためにアットマークを使用しました。 アットマークの呼ばれ方 日本では「@」は何て呼びますか?って街頭調査をしたら、アットマークと答える人が大多数だと思いますが、この呼び方はあくまで通称で 正式名称は「単価記号」と呼ばれ、この 通称自体も全世界共通ではありません。 一般的に英語圏では「at sign」あるいは「at symbol」と呼ばれていますが、様々な俗称があるので、まとめてみました。 そんな使い方してるの?ってのもありますが、一般的に使われている使い方やちょっと変わった使い方を紹介していきます。 海外旅行の際には覚えておくと便利かも。 性別を表す これはスペイン語を話せる姉が教えてくれたんですが、スペイン語やポルトガル語では 性別をまとめて表すときに使います。 例えば、男の友達をamigos、女の友達をamigasというんですが、私の友達(男女含む)を表すときにamig sと表記します。 場所を表す atという意味で日本語のツイッターなどで使っている人も多いのが、「Aちゃんと一緒にご飯@新宿」のように今、新宿ですと 場所を表す使い方です。 期日を表す これは日本語の「あと1日」のように 期日までの時間を表すときにこの「あと」を@として表記します。

次の

インスタのプロフィールにハッシュタグやアカウントをリンク付けする方法

インスタ アットマーク

「 メンション(Mentions)」とは、インスタグラムに写真を投稿するときに、その写真のキャプションの文章の中に「@ユーザー名」を記載すると、投稿画面からそのユーザーのプロフィールに移動できるようになる機能のことです。 ストーリーズの写真に文字を貼り付ける機能を使って、その文字に「@ユーザー名」を入力しても、やはり投稿画面からそのユーザーのプロフィールに移動することができます。 Mentionは「 ~について言及する」という意味です。 つまり、インスタグラムのメンション機能は「 投稿した写真は〇〇さん(ユーザー)についてのものです」と周知しているのです。 「リンクボタン」と同じ機能 メンション機能は、ホームページの「 リンクボタン」と似ています。 ホームページ上のリンクボタンは、閲覧者をそのリンク先に誘導する機能です。 閲覧者がリンクボタンをクリックすると、わざわざホームページのURLを入力しなくても、リンク先のホームページに移動することができます。 インスタグラムのメンションもこれと同じで、投稿した写真のキャプション(写真説明)に「@ユーザー名」を記載すると、その「@ユーザー名」がリンクボタンになります。 その投稿写真を閲覧した人がキャプションの中の「@ユーザー名」をタップすると、そのユーザーのプロフィールに移動するのです。 メンション機能のメリットとは メンション機能のメリットを考えてみましょう。 メンションをすると(すなわち、キャプションに「@ユーザー名」を入力すると)、メンションされたユーザーに、メンションされたことの通知が届きます。 コミュニケーションが深まる メンションのメリットその1は、 コミュニケーションが深まることです。 メンションをすると、メンションされた人に通知されるようになっています。 インスタ上で同じ情報を共有することができます。 フォロワー同士でつながりが生まれる メンションのメリットその2は、 ある人を別の人に紹介することができることです。 投稿写真を閲覧した人がキャプションの中の「@ユーザー名」をタップすると、メンションされた人のプロフィールを見ることができます。 フォロワー同士を引き合わせることができ、新しいつながりが生まれるのです。 キャプションの入力方法 キャプションの書き方について解説します。 写真を撮ってその場でインスタグラムにアップするときは、投稿する手順の中にキャプションを入力するタイミングが現れるので、そのとき「@ユーザー名」を文章の中に書いてください。 ここで貼り付けた「@ユーザー名」のスタンプは、通常の投稿と同様にリンクになっています。 お気に入りの店をPRできる メンションを使うと、お気に入りの店をPRすることができます。 お気に入りの花屋で写真を撮り、その写真をアップするときにキャプションにその花屋のインスタグラムのユーザー名をメンションすれば、その写真の閲覧者は花屋のプロフィールを簡単に見ることができます。 まとめ~メンションされたくない人がいることに注意してください メンションはある知人を別の知人に紹介するときに便利な機能です。 ただ人によっては自分のプロフィールが拡散されることを好まないので、メンションする相手には十分気をつけてください。

次の