アクセス解析 資格。 全国・オンライン開催で人気のWeb解析・アクセス解析講座 ランキングTOP20【最新】|ストアカ

アクセス解析の完全な初心者です。何からやるべきですか?

アクセス解析 資格

ウェブ解析士の資格とは まずは、ウェブ解析士の資格について、どのような資格なのか確認していきましょう。 ウェブ解析士の資格概要 ウェブ解析士(WACA)は、3つのレベルで構成されており、以下の様なランクがあります。 ウェブ解析士• 上級ウェブ解析士• ウェブ解析士マスター これらはそれぞれの資格ごとに学ぶ知識も異なりますが、まずはウェブ解析士から取得することが一般的です。 主催者 一般社団法人ウェブ解析士協会 受験費用 受験料は17,600円(税込)となっており、受験する際には「公式テキスト」が必要です。 公式テキストの費用は4,400円(税込)となるため、総額は22,000円(税込)となります。 試験日・会場 試験日や会場は自由です。 試験日はほぼ毎日のように毎年実施されており、 ウェブを利用して受験が可能なため、自宅でも受験できます。 申し込み方法や流れ 公式テキストを購入し、講座を受講する場合には、認定講師による認定講座の申し込みをします。 その後、認定試験に申し込みをして、受験します。 ウェブ解析士試験の難易度 ウェブ解析士の試験の難易度は、そこまで高くありません。 決して簡単ではありませんがテキストを見ながらでも受験をすることができるため、公式テキストを理解すれば、試験で出てくる内容も公式テキスト内から出題されることがほとんどですので、ポイントを抑えてしっかり勉強すれば合格できるでしょう。 はこちら ウェブ解析とは? そもそもウェブ解析とはどんなことをするのでしょうか。 ウェブ解析ができるようになれば、自社のサイトの解析だけではなく、Webサイトを構築したいクライアントへも提案したり、運用を指導して育成したりすることもできます。 ウェブ解析士の勉強で学べること 次に、ウェブ解析士で学べることを確認していきましょう。 ウェブマーケティングを学べる ウェブ解析士では、ウェブマーケティングについて学ぶことができます。 ウェブマーケティングとは、デジタルマーケティングの中でも「Webサイト」を利用して集客や認知を高め、問い合わせや来店に繋げて企業の売上向上を行うマーケティングです。 ウェブマーケティングにおいて重要な知識の一つに「解析」があります。 ウェブマーケティングの強みは、定量的なデータを解析して集客や売上向上のために課題を見つけ、仮説を立てて施策を実行し、さらに検証して改善していくというPDCAサイクルを回しやすいということがあります。 この強みを活かすためには、定量的なデータを解析するところからスタートするため、ウェブ解析士を学ぶことによって、これらの能力も身に付くでしょう。 KPIや計画について学べる ウェブ解析士では、Googleアナリティクスを利用したアクセス解析を元に、KPIや目標設定、施策の計画立案についても学ぶことができます。 そのため、社内のウェブマーケティングを実践していく上で必要となる知識を学ぶことができます。 また、ウェブ解析士の教材による解説や説明により、ウェブ解析に必要な ツールや、コンバージョンなどの 専門用語についても理解することができます。 ウェブ解析士の資格はマーケティングに役立つ? マーケティング担当になったからには、この資格は取っておいた方が良いのでしょうか。 ウェブ解析士の勉強はウェブマーケティングに役立つのでしょうか。 結論、役立ちます。 ウェブ解析士の資格を取得することで、それまで学んだ内容をWebサイトの運営や、ウェブマーケティングに活かすことができるからです。 メリットとしては、ウェブマーケティングに必要とされる ウェブ解析の知識や、企画立案、目標設定、レポート作成、ウェブを構成する要素などを学ぶことができるため、社内のウェブマーケティングを行う上で最低限必要な知識を学ぶことができます。 また、ウェブ解析士マスターを取得している方が講師を務める『ウェブ解析士に関するセミナー』や講座が、各地域で開催されています。 これを受講することで、さらに スキルアップすることもできます。 ウェブマーケティングをうまく進める方法は? 実際に社内のウェブマーケティングを実践していく上では、ウェブ解析士の資格の知識は十分役立てることができますが、効果的にウェブマーケティングを実践していくには、社内での実施よりも社外のプロフェッショナルな専門家の力を借りる方が効果的と言えるでしょう。 結局 専門家に外注するなら、資格を取る意味がないのでは? そう思うかもしれませんが、そうではありません。 ウェブ解析士の資格を取得し知識を得ることは、自分自身でウェブマーケティングを実践していくだけではなく、社外にマーケティングを外注した際にも、自分自身がしっかりと理解して外部の協力者と運営していくことができるため無駄な知識にはならないのです。 まとめ ウェブ解析士の資格で学べるウェブマーケティングの知識についてご紹介してきました。 ウェブマーケティングの担当者になったとき、外注することも含めて ウェブ解析士は学習すべき資格として資格取得することがオススメです。 現代のビジネスにおいて、ウェブマーケティングは 重要な役割をもっているため、ウェブの改善策や改善手段、流れや考え方の認識を持つことは重要と言え、それらを習得している方は、 良い成果を上げることができるでしょう。 効果的なウェブマーケティングの実践に必要な知識や実務を身に付け、社内のマーケティングに役立てて活躍してください。

次の

アクセス解析を無料で!オススメのツール5選を紹介

アクセス解析 資格

MOSとは、Microsoft Office Speciaristの略です。 マイクロソフト社が認定した資格です。 履歴書で 「アクセス(Access ができます」とか 「エクセル(Excel)やワード Word ができます」 と書いても、どのレベルなのか、どのくらい使いこなせるのかわからないですね。 このマイクロソフトオフィススぺシャリスト(MOS)は、マイクロソフト社が、Microsoft Office マイクロソフト オフィス)の利用能力を端末操作での実技試験で認定する試験です。 科目は、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックです。 エクセルとワードにはエキスパートレベル(高度なレベル)があります。 これは、ペーパーテストではないのでく実際の端末を使っておこないます。 世界各地で実施されています。 合格認定証は世界で通用します。 企業でもオフィス部門で働く人に、マイクロソフトオフィススぺシャリスト(MOS)の資格取得を勧めています。 実際に端末を使って行いますので実際に使える証明になります。 実技試験のみです。 筆記試験はありません。 問題数と試験時間は次のようになっています。 Access 2013:50分• Access 2010:20〜45問、50分• Access 2007:20〜35問、50分• エクセル、ワード、パワーポイント、アクセス、アウトルックの科目があります。 エクセルとワードにはエキスパートの科目が追加されています。 バージョンごとに試験があります。 例えばアクセスですと アクセス2013、アクセス2010、アクセス2007ごとに試験があります。 試験は、随時認定された場所で行われています。 全国一斉試験もあります。 受験料は 受験料は、バージョンごとに次のようになっています。 Access 2013 10,584円• Access 2010 10,584円• Access 2007 12,744円 アクセスは、バージョンごとに1種類です。 アクセスの合格率は、公表されていませんが高いようです。 などです。 受験料がちょっと高いですが、就職、転職のスキルアップなどのメリットと合格率を考えると取得しやすい資格です。 マイクロソフトオフィススぺシャリスト(MOS)はビジネスソフトが使えるという証明になります。 今から、アクセスを勉強するという方は、マイクロソフトオフィススペシャリストを目指すのもいいかも知れませんね。 現在、マイクロソフトオフィススぺシャリスト(MOS)のアクセスに関するいろいろな参考書が販売されています。 一番、手軽で安く勉強するには、市販の参考書を利用するのが良いと思います。 わかりやすくて、私がオススメなのは、次の参考書です。 以下は、アクセスの参考書です。 字が大きく実際の使い方を1つづつていねいに具体的に説明しています。 自分で勉強する場合に適しています。 「よくわかるMicrosoft Access2013 応用」 少し、難しくなります。 応用編です。 字が大きく実際の使い方を1つづつていねいに具体的に説明しています。 自分で勉強する場合に適しています。 かならず実際の問題をやっておいた方がよいです。 模擬試験のCDがついています。 マイクロソフトオフィススペシャリスト MOS を目指して頑張ってください!!• あなたの会社のアクセス Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか? アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。 アクセスのデータを共有したい。 セキュリティに不安がある。 などと、感じている方は!! SQL Server 2016 Expressバージョンです。

次の

Webマーケティングの資格一覧【目的別おすすめ資格10…|Udemy メディア

アクセス解析 資格

「テスト」 はてなは、わりとウェブ業界に勤めている人が多い。 また、アクセス解析に関する記事も多い。 そこで、アクセス解析に関する資格試験をまとめてみた。 またはてなブログはウェブ業界で働く人が非常に多いと言える。 アクセス解析担当者で無くても紹介する資格のテキスト1冊ぐらいは1度読んでみて欲しい。 特にウェブ業界で営業系なら1つぐらいは学ぶべきと言える。 ウェブ解析士認定講座 初級資格は持っており、上級も受けようと思っているが試験料が高額(86400円、更にマスターは324000円、初級は10800円)となっているため、まずはお金を貯める事から始めている(笑) ウェブ関係の仕事をする上で、アクセス解析やウェブマーケティングの基礎は把握しておいた方が何かと便利だ。 体系的にアクセス解析やウェブマーケティングを学ぶのなら、初級は受けても損では無い資格だ。 資格を受けないまでもテキストで学んでおくだけでも違うと言える。 というかウェブ業界で働くのに、このテキストぐらいの知識が無くてやっていけるの?と正直思う。 ウェブアナリスト検定 ウェブ解析士と何が違うのかよく解らないがサイトを見る限り同じように思われる。 協会が違うだけで資格商法と言われても致し方ない部分が見えてくる。 このJWSDAは他にも2つの検定を行っているが、詳細はよく解らない 協会的には、WACAの方が会員に著名人が多く安心感があるように思う。 IMA検定 より実務的なウェブマーケティング試験という事で比較的最近始まったもの。 試験問題を見たが、なんか偏りがあるように思えた。 GAIQ グーグルアナリティクスを扱う上でのグーグルが行っている認定資格。 問題はすべて英語なので、少しハードルが高い。 正直、問題が日本語なら(問題集を見た上で)、受かる自信はあるが英語だとかなり厳しい。 資格の注意点 上記の資格はすべて民間資格だ。 なので、アクセス解析を学ぶ上で必須では無い。 ただ、体系的に学ぶ事で自分の知識がどれくらいか確認は出来る。 しかし、上記の通りアクセス解析系、ネットマーケティング系の資格は次から次へと出てくる。 恐らく今後も増えてくると言える。 最近は、ネット系ウェブ系の事がかなり資格商法のターゲットとなっている。 また、これらの業界は無料セミナーも豊富だ。 セミナーで薦められたから・・・と安易に受ける事は止めた方が良いだろう。 恐らく、今後ウェブ系、ネット系の資格商法詐欺も出てくるのではないか?と思う。 ひょっとしたら、自分が知らないだけで既に被害が出ているのかもしれない。 また、アフィリイトでは既に資格では無いが商材で詐欺被害として告発されている例もある。 アフィリエイトもネットマーケティングでは覚えておくべき項目であるが、ドツボにハマる人も後を絶たない。 資格や資格商材はしっかりと考えて、調べた上で申し込んだり、購入して欲しい。 上記の中で薦められるのは経験上、ウェブ解析士と、GAIQとネットマーケティング検定だ。 通信講座 資格以外にも通信講座という手もある。 いろいろあるが実際に受けてみようか考えたのはこれくらいだった。 これを受けても良いかな?と思ったのは、講師陣だ。 松尾茂起さん 最近だと で有名な方だ。 SEOにかけてはかなりの知見を持っている。 トップクラスのアフィリエイターはそこら辺にいるウェブコンサルタントよりも遥かにウェブマーケティング・ウェブ解析の知識がある。 実践の中で生まれた知識だけにコンサルファーム出身の若手よりも遥かに実力があると言える。 アフィリエイトは怪しいという人が多いが、それを言ってしまうと、ウェブそのものが怪しいと言っているのと変わらないレベルだ。 アフィリエイトそのものはきちんとしたウェブマーケティングでありウェブ広告の手段だ。 問題は情報商材で詐欺行為に近い行為(既に詐欺と言えるものも)で儲けようとしている人がいる事だ。 少し話が脱線したが、ウェブ業界にいるのなら、アクセス解析とウェブマーケティングを体系的に学ぶのが良いだろう。 関連・追記エントリー ウェブ解析士認定講座とウェブコンサルタントの話 - 鈴木です。 suzukidesu23.

次の