2k20 マイ キャリア。 【マイキャリア】NBA2K20 序盤の攻略方法!

【NBA2K20】マイキャリア#005 ドラフトコンバイン参戦!あのザイオン・ウィリアムソンとチームアップ!

2k20 マイ キャリア

前回までのあらすじ 偉大なNBAプレーヤー「アンファニー・ハーダウェイ」を父に持つ(という勝手な設定)ペニー・ハーダウェイJr.。 1年生時から注目を集める期待の選手で順風満帆に思われた大学生活ですが、とある事件がきっかけで彼のバスケ人生は大きく狂い始めます。 正義感が人一倍強いハーダウェイJr. は、チームメイトに対して監督が下した決断に納得ができず、大事な試合をボイコットします。 結果チームは敗北。 メディアにもこの件は大きく取り上げられ、ハーダウェイJr. は大学にいられなくなります。 ついには母親に対して殺害予告が出るまでに事態は発展し、ハーダウェイJr. は実家に戻ることを決意したのでした。 ということで 002やっていくわけですが、まずはハーダウェイJr. が帰る先を選択します。 この選択でイベントが異なるようですが、今回はシカゴを選択しました。 どんなストーリが待っているのでしょうか。 ワクワクしますね!それではいってみましょう! アンソニー・デイビスの母校訪問 舞台はイリノイ州シカゴの学校「Perspectives Charter Schools」。 実はここは今季ロサンゼルス・レイカーズに移籍したNBAのスーパースター アンソニー・デイビスの母校なんです。 こういった 現実世界が舞台になっているのもNBA2Kシリーズを楽しむポイントですよね。 さて、話を本編に戻してハーダウェイJr. がPerspectives Charter Schoolsの屋外コートで練習をしていると背後から大男が近づいてきます。 なんとブルズとの試合でシカゴに訪れていた「アンソニー・デイビス」がやってきたのです。 しかも… 「ファンの様子を見ようと思ってな。 調子はどうだ?」 なんとアンソニー・デイビスはハーダウェイJr. のファンだとか。 どうやら仲間(ポーター)のために立ち上がったハーダウェイJr. のことを一目置いている様子。 まさかのアンソニー・デイビスと1on1 さて、雑談もほどほどにひょんなことからアンソニー・デイビスとの1on1が始まります。 アンソニー・デイビスといえば、あのコービーが「歴代ベストプレーヤーの一人」と太鼓判を押すほどの選手です。 ゴール下の選手とは言え、ミドルレンジ、3ポイント、ドライブイン、ディフェンス等全てで高いパフォーマンスを見せるまさに最強ビッグマン。 そんなデイビスとの1on1(7点先取)に鼻息を荒くするハーダウェイJr. ですが…。 デカくて、強くて、速い上に上手いデイビスを相手に全く成すすべがないハーダウェイJr.。 簡単にゴール下まで入られ、次々に得点を重ねられます。 この1on1は 点を取り続ける限りオフェンスが出来るルールなのですが、ハーダウェイJr. がオフェンスできた回数はたった1回。 それでもこのレイアップで1点取ることができたのはきっと今後の糧になるはずです。 【試合結果】 7-1(LOSE) アンソニー・デイビス(7点) ペニー・ハーダウェイJr. (1点) アンソニー・デイビスの代理人 試合終了後、ハーダウェイJr. のことを気にかけてくれているアンソニー・デイビスから提案があります。 「もし俺の代理人のとのコネが必要になったら、連絡くれ。 」 現役NBA選手、しかも超が付くほどのスーパースターからのとんでもないオファーに心躍る瞬間ではありますが、この時ふと彼女の顔が浮かびます。 そう、学生時代からアドバイザーを務めてくれている「Isa」の存在。 彼女のことを思うと簡単には承諾できなかった心優しいハーダウェイJr. は今回のオファーを断ります。 シグニチャースニーカーの話 アンソニー・デイビスとの1on1を終えたハーダウェイJr. はポーツマスにいました。 恐らく今後シカゴで行われるNBAドラフトコンバインの前に、ここポーツマスで毎年行われている ポーツマス・インビテーショナル・トーナメントに参加するためでしょう。 このトーナメントは有望選手たちがバージニア州ポーツマスに集まり、NBAのスカウトの前で腕試しする毎年恒例のイベントで、まさにNBAへの第一関門とされています。 日々の練習に励んでいたある日、Isaからある人物を紹介されます。 Israel Baconと名乗るこの男。 (何なんだこの名前…。 )なんとまだ何者でもないハーダウェイJr. に対して「シグネチャースニーカー」のオファーを持ってきます。 またとないチャンスに心躍るハーダウェイJr. ですが、話を聞いていくとどうもおかしい。 この信頼性が全ての会社において、教養も発信力もある若いアスリートにこのプロジェクトを推奨してほしいと。 そしてあわよくばハーダウェイJr. にエンジェル投資家になってほしいと。 恐らく、今後NBA選手になり、莫大な富を得る可能性のあるハーダウェイJr. と今のうちから関係性を作っておきたい。 そんな感じでしょうか。 そのことに感づいたハーダウェイJr. はキッパリとこの話を断り、その場をあとにします。 そして、これをきっかけにIsaに対しても不満・不信感が生まれ、とある人物へ連絡を取ります。 そう、先日1on1をしたばかりのアンソニー・デイビスへ 「まだ代理人を紹介してくれる気はあるか?」 Zack Beighleyとの出会い アンソニー・デイビスからの紹介でZac Beighleyという男に出会います。 想像よりも若いこの男に対して戸惑いつつも彼の話に耳を傾けるハーダウェイJr.。 今回のハーダウェイJr. の事件を受けて、NBAスカウト達のドラフト基準も変わってきており非常に厳しい状況に立たされているという現実を突きつけられます。 そして、ZackはアドバイザーIsaに対して不信感を抱いており 「俺と一緒にNBAを目指すのであれば俺以外の指示に耳を傾けるな。 」 と言ってきます。 Isaとの別れ Zackからのアドバイスを受け入れたハーダウェイJr. は、Isaを呼び出し、代理人Zackと会ったことを伝えます。 そして、思いの丈を伝えます。 元々1年生の頃からプロになるチャンスが有ったハーダウェイJr.。 学校に残ったことで一体どれだけのお金を無駄にしたのか。 今回のポーターの事件も、もっと早くプロになっていたら起こらなかったかもしれない。 そう、ハーダウェイJr. は 今のこの現状をIsaのせいにしようとしているのです。 これに対してIsaは 「あなたに協力したのは事実だけど、全部あなたが決めたことでしょ。 」 と正論で返すものの、ハーダウェイJr. は 「なんで止めてくれなかった?」 この一言で呆れてしまったIsa. 静かに部屋を出ていきます。 「自分を貫きなさい。 」と一言だけを残して。 といったところで2K20マイキャリア 002はここまで! やー、まるで映画を見ているような気分になるくらいストーリー・映像が秀逸です。 あのアンソニー・デイビスからの紹介で強力な代理人が見つかったものの、学生時代から良くしてくれていたIsaと別れてしまったハーダウェイJr.。 これからどうなっていくのでしょうか。 ドラフト予測は変わらず2巡目後半。 次回はいよいよNBAへの第一関門ポーツマス・インビテーショナル! NBAスカウトが見ている中、ハーダウェイJr. は結果を残せるのでしょうか! お楽しみに!それでは!.

次の

NBA2K20で99.9に到達! SpeedBoost&コンタクトダンク&3Pプレイヤー爆誕!【マイキャリア Season2 #19】ハイライト #PC版 #Celtics #OVR99.9

2k20 マイ キャリア

Contents• マイキャリア1シーズン終えてみて (芸術的なヘディングを決めました) さてさて、マイキャリアで1シーズン終えた訳ですが、シーズンが進むにつれてプレイはしやすくなりますね! 何て言ったって最初はレート60の最弱状態でNBAをプレイしている訳ですから、そりゃ誰相手でもボコすかやられますよ。 でもシーズンが進んで行ってVCをそこそこ稼ぐ事が出来れば能力が上げられますから、徐々にプレイはしやすくなる。 自分の場合はめちゃくちゃ幸運があって、ちょっと飛躍する事が出来たのですが、それはまた後程。 そして1シーズン終わるころには、デリックローズのような最年少MVPクラスのキャラクターが出来上がっているという訳でした。 ちなみにステータスがある程度行くまで、服とかモーションとかは買わない方が良いかなと個人的には思います。 最初はステータスにVCを全力注入した方が試合中良い評価に繋がるので。 そうすれば自然とVCが稼げるようになるから、最初は見た目気にせずステータス全振り! ドッチボールで1位を取ると、、 さて、先ほどめちゃくちゃ幸運があったと言ったのがコレです! 初参加のドッチボールで1位を獲得する事が出来ました!! といっても時間帯の影響なのか参加者が5人(笑) (上の画像は違う時のドッチボールなので人たくさんいます) 自分は2人倒して優勝、、(笑) まあ、優勝は優勝なので良いです(笑) そして優勝して貰えたのが何と!!25,000VC!! これ普通に課金して買おうとしたらだいたい700円くらいはします。 自分はこのVCのおかげでシーズン途中に飛躍的に能力を上げる事が出来ました。 なのでみなさんもスケジュール見てドッチボールとかその他のイベントとかに参加した方がいいですよ!ドッチボールなら最初隠れてるのもアリですしね(笑) ただ、操作感がとても変というか特殊なので大変です。 ウォリアーズ強すぎ、、 着実に力をつけてシーズンを順調に突破しました。 レイカーズだからリーグ首位はウォリアーズいるしまあ無理ですけど、プレイオフには順当に進みました。 プレイオフ一回戦の相手は強敵ロケッツ!! クリスポールとジェームスハーデンにはレギュラーシーズンめちゃくちゃ苦しめられたので、かなり苦手意識ありました。 ってかジェームスハーデンスリーポイント入りすぎだから。 とか思っていたのですが、無事スウィープ。 (4連勝) プレイオフ2回戦の相手がウォリアーズ。 とても強敵だけど、まあロケッツ倒したしそれなりに自信はありましたよ。 無事スウィープ。 (4連敗) カリー、チートすぎ。 チェックしてるのにスリー決めてくる。 ウォリアーズだけゲームバランスおかしくない? シーズン途中から導入したドリブルムーブが抜けすぎる シーズンの途中からスタンディングサイズアップコンボをALLEN IVERSONに変えました! デフォルトのが全然使えないし、個人的に全く好きなムーブじゃなかったので。 ALLEN IVERSONのサイズアップコンボは一番最後の大きな振りのクロスオーバーがめちゃくちゃ抜けます! ドリブル全然抜けなくて困ってるという方は一度試してみてください! トレードがあっさりしすぎてる 1シーズン終わったのでレイカーズを出る事にしました。 自分は関心度97%のラプターズに移籍しました! だってラプターズ、レナード入ったし、たぶん今のレイカーズより良い結果残せるもん。 (あとウォリアーズとカンファレンス逆だから。 トラウマだから) そんな感じでトレード要求をだしたら、あとは数試合プレイして待つだけ!(シミュレートでも可) そしたらスマホに返事が来てトレード成立。 君は今からラプターズの一員だ!! (おじさんがメールでめっちゃデレてくる) って、え!?なんかもっと契約書にサインして、記者会見開いて、GMとサラリーのお話して、とか無いの!?!?!? あっさり過ぎない!?地元で有名の塩ラーメンよりあっさり過ぎない!? せめてサラリーの交渉くらいはあると思ってただけに、非常にあっさりのトレードに若干拍子抜けでした。 つまり関心度の高いチームなら難なく入れます。 みなさんお気軽にトレードを。 ドフリーで欲しいところでも無視されるので、ちょっと悲しい。 スポンサーリンク あとがき マイキャリアを1シーズン終わってみてのレビューでしたが、全体的にとても楽しいです。 欲を言えばネイバーフットでの試合の動作をもう少しスムーズにしてくれると、もっともっと良いかな?って感じですね。 あとは、個人タイトルとチャンピオンを目指して新天地トロントで爆発してみせます! このブログではマイキャリアの他の事や、マイチーム、マイGMなど他のモードについても記事を書いていきたいと思います。 ここまで読んで頂きありがとうございます。 やぎっち.

次の

「マイキャリア」に関するQ&A

2k20 マイ キャリア

前回までのあらすじ 偉大なNBAプレーヤー「アンファニー・ハーダウェイ」を父に持つ(という勝手な設定)ペニー・ハーダウェイJr.。 1年生時から注目を集める期待の選手で順風満帆に思われた大学生活ですが、とある事件がきっかけで彼のバスケ人生は大きく狂い始めます。 正義感が人一倍強いハーダウェイJr. は、チームメイトに対して監督が下した決断に納得ができず、大事な試合をボイコットします。 結果チームは敗北。 メディアにもこの件は大きく取り上げられ、ハーダウェイJr. は大学にいられなくなります。 ついには母親に対して殺害予告が出るまでに事態は発展し、ハーダウェイJr. は実家に戻ることを決意したのでした。 ということで 002やっていくわけですが、まずはハーダウェイJr. が帰る先を選択します。 この選択でイベントが異なるようですが、今回はシカゴを選択しました。 どんなストーリが待っているのでしょうか。 ワクワクしますね!それではいってみましょう! アンソニー・デイビスの母校訪問 舞台はイリノイ州シカゴの学校「Perspectives Charter Schools」。 実はここは今季ロサンゼルス・レイカーズに移籍したNBAのスーパースター アンソニー・デイビスの母校なんです。 こういった 現実世界が舞台になっているのもNBA2Kシリーズを楽しむポイントですよね。 さて、話を本編に戻してハーダウェイJr. がPerspectives Charter Schoolsの屋外コートで練習をしていると背後から大男が近づいてきます。 なんとブルズとの試合でシカゴに訪れていた「アンソニー・デイビス」がやってきたのです。 しかも… 「ファンの様子を見ようと思ってな。 調子はどうだ?」 なんとアンソニー・デイビスはハーダウェイJr. のファンだとか。 どうやら仲間(ポーター)のために立ち上がったハーダウェイJr. のことを一目置いている様子。 まさかのアンソニー・デイビスと1on1 さて、雑談もほどほどにひょんなことからアンソニー・デイビスとの1on1が始まります。 アンソニー・デイビスといえば、あのコービーが「歴代ベストプレーヤーの一人」と太鼓判を押すほどの選手です。 ゴール下の選手とは言え、ミドルレンジ、3ポイント、ドライブイン、ディフェンス等全てで高いパフォーマンスを見せるまさに最強ビッグマン。 そんなデイビスとの1on1(7点先取)に鼻息を荒くするハーダウェイJr. ですが…。 デカくて、強くて、速い上に上手いデイビスを相手に全く成すすべがないハーダウェイJr.。 簡単にゴール下まで入られ、次々に得点を重ねられます。 この1on1は 点を取り続ける限りオフェンスが出来るルールなのですが、ハーダウェイJr. がオフェンスできた回数はたった1回。 それでもこのレイアップで1点取ることができたのはきっと今後の糧になるはずです。 【試合結果】 7-1(LOSE) アンソニー・デイビス(7点) ペニー・ハーダウェイJr. (1点) アンソニー・デイビスの代理人 試合終了後、ハーダウェイJr. のことを気にかけてくれているアンソニー・デイビスから提案があります。 「もし俺の代理人のとのコネが必要になったら、連絡くれ。 」 現役NBA選手、しかも超が付くほどのスーパースターからのとんでもないオファーに心躍る瞬間ではありますが、この時ふと彼女の顔が浮かびます。 そう、学生時代からアドバイザーを務めてくれている「Isa」の存在。 彼女のことを思うと簡単には承諾できなかった心優しいハーダウェイJr. は今回のオファーを断ります。 シグニチャースニーカーの話 アンソニー・デイビスとの1on1を終えたハーダウェイJr. はポーツマスにいました。 恐らく今後シカゴで行われるNBAドラフトコンバインの前に、ここポーツマスで毎年行われている ポーツマス・インビテーショナル・トーナメントに参加するためでしょう。 このトーナメントは有望選手たちがバージニア州ポーツマスに集まり、NBAのスカウトの前で腕試しする毎年恒例のイベントで、まさにNBAへの第一関門とされています。 日々の練習に励んでいたある日、Isaからある人物を紹介されます。 Israel Baconと名乗るこの男。 (何なんだこの名前…。 )なんとまだ何者でもないハーダウェイJr. に対して「シグネチャースニーカー」のオファーを持ってきます。 またとないチャンスに心躍るハーダウェイJr. ですが、話を聞いていくとどうもおかしい。 この信頼性が全ての会社において、教養も発信力もある若いアスリートにこのプロジェクトを推奨してほしいと。 そしてあわよくばハーダウェイJr. にエンジェル投資家になってほしいと。 恐らく、今後NBA選手になり、莫大な富を得る可能性のあるハーダウェイJr. と今のうちから関係性を作っておきたい。 そんな感じでしょうか。 そのことに感づいたハーダウェイJr. はキッパリとこの話を断り、その場をあとにします。 そして、これをきっかけにIsaに対しても不満・不信感が生まれ、とある人物へ連絡を取ります。 そう、先日1on1をしたばかりのアンソニー・デイビスへ 「まだ代理人を紹介してくれる気はあるか?」 Zack Beighleyとの出会い アンソニー・デイビスからの紹介でZac Beighleyという男に出会います。 想像よりも若いこの男に対して戸惑いつつも彼の話に耳を傾けるハーダウェイJr.。 今回のハーダウェイJr. の事件を受けて、NBAスカウト達のドラフト基準も変わってきており非常に厳しい状況に立たされているという現実を突きつけられます。 そして、ZackはアドバイザーIsaに対して不信感を抱いており 「俺と一緒にNBAを目指すのであれば俺以外の指示に耳を傾けるな。 」 と言ってきます。 Isaとの別れ Zackからのアドバイスを受け入れたハーダウェイJr. は、Isaを呼び出し、代理人Zackと会ったことを伝えます。 そして、思いの丈を伝えます。 元々1年生の頃からプロになるチャンスが有ったハーダウェイJr.。 学校に残ったことで一体どれだけのお金を無駄にしたのか。 今回のポーターの事件も、もっと早くプロになっていたら起こらなかったかもしれない。 そう、ハーダウェイJr. は 今のこの現状をIsaのせいにしようとしているのです。 これに対してIsaは 「あなたに協力したのは事実だけど、全部あなたが決めたことでしょ。 」 と正論で返すものの、ハーダウェイJr. は 「なんで止めてくれなかった?」 この一言で呆れてしまったIsa. 静かに部屋を出ていきます。 「自分を貫きなさい。 」と一言だけを残して。 といったところで2K20マイキャリア 002はここまで! やー、まるで映画を見ているような気分になるくらいストーリー・映像が秀逸です。 あのアンソニー・デイビスからの紹介で強力な代理人が見つかったものの、学生時代から良くしてくれていたIsaと別れてしまったハーダウェイJr.。 これからどうなっていくのでしょうか。 ドラフト予測は変わらず2巡目後半。 次回はいよいよNBAへの第一関門ポーツマス・インビテーショナル! NBAスカウトが見ている中、ハーダウェイJr. は結果を残せるのでしょうか! お楽しみに!それでは!.

次の