坐骨 神経痛 漢方薬。 痛くて辛い、坐骨神経痛にはツムラの漢方薬がおすすめ

痛くて辛い、坐骨神経痛にはツムラの漢方薬がおすすめ

坐骨 神経痛 漢方薬

坐骨神経痛の治療で通院した場合には、内服薬を処方されることが多いでしょう。 ただし、一般の病院で処方されるような薬が体質に合わない・あまり好きではないという方にとって、力強い味方になってくれるのが「漢方薬」です。 漢方薬とは、中国で生まれてから日本に伝来し、日本独自の発展を遂げてきた伝統医学とされています。 「病気を治す」ことはもちろんですが、自然治癒力を高めることを目的としています。 漢方薬には患者の体質を考慮し、さらにその人に合わせた薬を処方してくれるというメリットがあります。 2種類以上の生薬を組み合わせて作られている漢方薬。 もちろん、分量はしっかりと決まったものを使用しており、その効果はたしかなものです。 この記事の目次• 坐骨神経痛に効果的な漢方薬は、普通の薬とどう違う? 西洋で生まれた薬はひとつの病気に効果的なのに対し、漢方薬は複数の生薬を組み合わせているため、いろいろな病気に効果があります。 「慢性的に腰に痛みを感じる」「下肢全体が痛い」といったような、坐骨神経痛の症状にも効果的です。 もちろん、漢方薬は安全ではありますが、副作用はあります。 ですが、西洋薬よりはその副作用は軽いとも言われています。 食欲不振や発熱、発疹、体のむくみやほてり、動悸・息切れ、血圧が上がるなどの副作用が存在しますが、あまりにひどい場合には我慢せずに医師に相談しましょう。 注意しておきたいのは、いくら効果が高い漢方薬を飲んだとしても、痛みの根源の治療にはなっていないということです。 坐骨神経痛の原因の治療は、また別で行わなければいけません。 医師や専門家に相談したうえで、治療を行いましょう。 漢方薬における、坐骨神経痛が起こりやすくなる原因 坐骨神経痛は漢方の世界において「血の巡りが悪くなっている」「水分で体がむくみ、気の流れが停滞している」というイメージで語られることが多いようです。 また、「体の冷え」が進行してしまっているせいで、血行の流れが悪くなり、体に水分がたまりやすくなっているという話もあります。 それを改善するために、漢方薬では「血の巡りが良くなる」「体の余計な水分を体外に排出する」「体を温める」効果がある漢方薬を使用することになるでしょう。 また、坐骨神経痛の方は腰の痛みや下肢のしびれのせいで、便秘になる人も多いとされています。 そのため、便秘対策の漢方薬を処方されることもあります。 それでは、坐骨神経痛でたびたび使用される漢方薬についてご紹介していきましょう。 腰痛の改善のために使用されることが多い漢方薬です。 それ以外に便秘にも効果がありますが、高血圧の方にありがちな頭痛やめまい、肩こりにも効果があります。 それ以外にも、不安やイライラを鎮める役目もありますし、女性の生理不順や月経痛にも効果があるそうです。 疎経活血湯(そけいかっけつとう) Sponsord Links 血の巡りを良くする漢方薬です。 坐骨神経痛以外にも、筋肉や関節の痛みや炎症などにも使用されることが多いでしょう。 どんな世代の人でも安心して使える漢方薬です。 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) こちらも血液の巡りに関係している漢方薬です。 坐骨神経痛にはもちろん、月経痛や更年期障害にも効果的とされています。 それ以外にも「めまいがする」「肩の筋肉がこりやすい」「のぼせの症状があるのに、冷え症でもある」という方も改善の見込みがあります。 坐骨神経痛の治療にはよく使用される薬であり、こわばった筋肉や神経への障害からくる痛みをほぐす効果があります。 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 女性に使用されることが多かったとされる漢方薬です。 体が弱い方、冷え症や貧血といった症状に悩まされている方に処方されることが多いそうです。 疲労がたまっているせいで腰痛になった人には効果が出やすいとされています。 まとめ 坐骨神経痛に効果がある漢方薬は「桃核承気湯」をはじめとして、血行を良くする役割があるものが多いでしょう。 漢方薬は「自然治癒力を高める」目的があり、体全体の調子を整えるためにはいい効果をもたらすでしょう。 それぞれの患者さんの症状に合わせて処方されるため、効きやすいというメリットもあります。 漢方薬で血行を良くして冷えをとり、体のなかにたまった水分を追い出しましょう。 ただし、坐骨神経痛の根源となっている病気の治療にも同時に取り組むことが大事です。 なお、漢方薬についてはその時の体調によって処方される薬が変わってきます。 症状に変化がなくとも、その時の体調で処方される薬が変わっていくことがあります。 不安に思わず、しっかりと飲み続けるようにしましょう。 「足から腰、太もも、お尻にかけての激痛、痺れがひどくて毎日辛い。 」 「長時間歩くことができず、歩行困難な状態。 」 「コルセットやサポーター、湿布、痛み止めの薬が手放せない。 」 坐骨神経痛の痛み・痺れは一時的に良くなっても、再発しやすい症状ですので、 やはり根本改善をしていくべきだと思います。 「長期間マッサージをしているけど一向に良くならない。 」 「湿布や痛み止めの薬を服用しているけど、あまり効果が感じられなくなってきた。 」 これらは、一時的な効果しかないのが原因だと考えられます。 そこでぜひ一度お試しいただきたいのが、こちらの坐骨神経痛に特化したストレッチです。 にも多数の体験談がございます。 併せてご覧ください。 \ SNSでシェアしよう! / 坐骨神経痛治療 専門サイト|ザコナビの 注目記事を受け取ろう•

次の

坐骨神経痛と漢方薬

坐骨 神経痛 漢方薬

坐骨神経は腰椎下部と仙骨の神経からはじまり、骨盤からお尻の筋肉の下や太ももの裏側を通り、足の先まで伸びている長い神経です。 お尻から太ももの裏側にかけて痛みやしびれを感じるケースが多いのですが、人によりかかとや足先まで広範囲に症状が出ることもあります。 若年者の坐骨神経痛の原因として多く見られます。 腰部脊柱管狭窄症 背骨には脳からの神経の通り道である「脊柱管」という隙間があります。 この脊柱管が老化による骨の変形などが原因で狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれ、麻痺などが起こります。 高齢者の坐骨神経痛の原因となることが多い病気です。 腰椎すべり症 腰椎が前や後ろに「ずれて」しまい脊柱管が狭くなる病気で、腰や下肢の傷みやしびれといった脊柱管狭窄症と同様の症状が出ます。 女性の閉経に伴う骨粗鬆症が原因で起こることが多いです。 梨状筋症候群 梨状筋とはお尻の奥にあって、仙骨と大腿骨の付け根の部分をつなぐ筋肉です。 梨状筋が原因で生ずる痛みを梨状筋症候群と言い、梨状筋の圧迫による坐骨神経痛もこれに該当します。 原因としてはお尻の打撲などのケガや、スポーツによる筋肉の使い過ぎ、長時間のデスクワークでお尻を圧迫し続けることなどがあります。 その他筋肉の緊張を和らげる薬や、血流を改善する薬を症状緩和の目的で使用することもあります。 ・神経ブロック療法・・・局所麻酔薬を用いて痛みが神経を伝わるのをブロックします。 神経やその周辺に局所麻酔薬を注射する方法や、痛みを引き起こすポイントになっている筋肉に直接注射して痛みをとる方法があります。 ・リハビリテーション・・・痛みを取り除き、身体機能を向上させてQOL(日常生活の活動性)の改善をはかるための療法です。 ストレッチや筋力を強くするための運動のほか、痛みを和らげるための温熱療法、痛みを伝える神経の働きを抑える電気刺激療法などがあります。 ・外科的療法・・・手術以外の治療であまり改善が見られない場合などに、神経の圧迫を取り除く手術が検討されることがあります。 坐骨神経症に対する効果的な漢方薬治療と対策 漢方では坐骨神経痛は、「血の巡りが悪い」「水や気の停滞」「冷え」が原因と考えられます。 また冷えが血行を悪くし水をたまりやすくするなど、一つの原因が他の原因を引き起こしていることもあります。 ・・・・血の停滞(お血)を改善し、気や水の巡りを良くして神経痛などを改善します。 夜間など冷えや湿気があると痛みが出やすい場合に効果的です。 特に腰から下の傷みに効果がある漢方薬で、坐骨神経痛の他腰痛などにもよく使われます。 ・・・・体にたまった「気・血・水・寒・食」の五つの病毒(五積)を治すことから名前が付けられた漢方薬です。 体が冷えて気血水の流れが悪くなる痛みや胃腸の不調を改善します。 また足は冷えるが頭はのぼせるという症状(冷えのぼせ)にも効果的です。 胃腸が弱い人の関節痛や神経痛によく使われる漢方薬です。 ・・・・血の巡りを良くする作用があり、お血が原因の坐骨神経痛やしびれを改善します。 女性の更年期障害に伴う痛みや冷えのぼせにも効果的です。 比較的体力がある人に向いています。 ・・・・体を温める作用を強めた配合になっていて、気血の流れを良くし、冷え性に伴う諸症状を改善する代表的な漢方薬です。 特に腰から下肢の冷えが強く痛みを訴える坐骨神経痛に効果的です。 ・・・・筋肉の緊張を緩和する効果があり、つっぱるような痛みがある場合によく効くといわれています。 即効性があるので、急な強い痛みに頓服で使用することもあります。 足のむずむず感や痒みにもきいてくるため、坐骨神経の痛みと足のムズムズ感、痒み(かゆみ)を伴っている場合などに向いています。 ・・・・高齢の人で疲れやすく、腰や四肢の冷えがあり腰や坐骨神経が痛む場合に効果的です。 腰と関係が深い「腎」の働きを補う作用があり、坐骨神経痛の他にも高齢者の様々な腰痛に使われる漢方薬です。 地黄・山茱萸は滋養強壮作用があり、沢瀉・ 苓は浮腫改善作用をもつとされ、地黄・牡丹皮は微小循環の改善効果があります。 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の

坐骨神経痛のための漢方薬3種類とは【漢方医が解説】

坐骨 神経痛 漢方薬

タグ 葛根湯 麻黄湯 桂枝湯 麻黄附子細辛湯 香蘇散 五苓散 半夏厚朴湯 柴胡加竜骨牡蠣湯 桂枝加竜骨牡蠣湯 抑肝散 防風通聖散 帰脾湯 大柴胡湯 防己黄耆湯 黄連解毒湯 三黄瀉心湯 温胆湯 加味帰脾湯 竹筎温胆湯 酸棗仁湯 猪苓湯 呉茱萸湯 桃核承気湯 加味逍遥散 苓桂朮甘湯 半夏白朮天麻湯 真武湯 当帰芍薬散 二朮湯 桂枝茯苓丸 女神散 四物湯 抑肝散加陳皮半夏 桂枝加竜骨牡蛎湯 甘麦大棗湯 小柴胡湯 十全大補湯 半夏瀉心湯 平胃散 安中散 人参湯 四君子湯 六君子湯 柴胡桂枝湯 茯苓飲 小建中湯 治頭瘡一方 消風散 補中益気湯 越婢加朮湯 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 疎経活血湯 八味地黄丸 連珠飲 炙甘草湯 竜胆瀉肝湯 八味帯下方 清心蓮子飲 五積散 温経湯 大黄牡丹皮湯 柴胡加竜骨牡蛎湯 釣藤散 小青竜湯 麦門冬湯 甘草附子湯 大青竜湯 柴胡桂枝乾姜湯 竹葉石膏湯 四逆湯 桂枝茯苓丸加薏苡仁 三物黄芩湯 桂枝加苓朮附湯 麻杏甘石湯 苓甘姜味辛夏仁湯 木防已湯 大黄附子湯 芍薬甘草湯 桂枝加黄耆湯 十味敗毒湯 清上防風湯 荊芥連翹湯 【疎経活血湯の症状】• 坐骨神経痛• 水毒(むくみ)• 筋肉痛• 関節痛• 神経痛 疎経活血湯は 血行、水分代謝を改善する漢方薬です。 東洋医学では血行障害、水分代謝障害を 瘀血、水毒といいます。 血の汚れ、血行不良、水分の停滞で生じる坐骨神経痛に効果が期待できます。 水毒はむくみの有無と舌の状態で判断できます。 むくみがある、舌が水っぽい、水分を多く含んでいる感じがする場合は水毒です。 瘀血も舌で判断できます。 舌の色がピンクではなく、 暗いピンク、暗い紫、暗い赤、という風に、 暗い感じがする場合は瘀血の可能性が高いです。 また、 舌の裏側に紫色の静脈が浮き出ていれば瘀血と判断します。 主な構成生薬【疎経活血湯】• 芍薬(しゃくやく) 筋痙攣、腹痛、疼痛、腹部膨満 血管収縮作用 筋緊張緩和作用 鎮痛作用 鎮痙作用• 当帰(とうき) 貧血、血燥、虚労 駆瘀血作用 鎮痛作用 鎮静作用 補血作用 強壮作用• 川芎(せんきゅう) 貧血、更年期障害、頭痛 駆瘀血作用 補血作用 強壮作用• 地黄(じおう) 貧血、虚労、疲労 補血作用 強壮作用 解熱作用• 蒼朮(そうじゅつ) 水分代謝異常 健胃作用 整腸作用 利尿作用 発汗作用• 桃仁(とうにん) 下腹部痛、月経不順 消炎作用 鎮痛作用 駆瘀血作用• 茯苓(ぶくりょう) 動悸、めまい、胃内停水、筋痙攣 利尿作用 健胃作用 鎮静作用• 牛膝(ごしつ) 脚気、腰痛、中風 駆瘀血作用 利尿作用 まとめ 疎経活血湯は 瘀血と水毒が原因の坐骨神経痛に効果的です。 瘀血と水毒の有無は舌で判断できます。 舌が赤黒い、暗い感じ、舌の裏に青紫の静脈が浮き出ている場合は瘀血と判断します。 舌が膨れていて、水っぽい場合は水毒です。 また、 体にむくみがあれば水毒です。

次の