ナチゾンビ 謎解き。 コール オブ デューティ ワールドウォーIIの協力プレイレビュー

面白い?【CoD:WW2】雑なレビュー&感想!良くも悪くもない”いつものCoD”だった

ナチゾンビ 謎解き

パックアパンチまでの謎解き攻略の行程 では、さっそくWW2のゾンビモードに関して、序盤の謎解き攻略を行っていきましょう。 以下、パックアパンチ(PAP)までの全行程になりますので、この行程をすべてこなして、パックアパンチを手に入れましょう。 【COD:WW2】パックアパンチまでの謎解き攻略• 最初の扉を開放し、バルブをすべて解除する• 電源をつける• 司令部内の3つの扉を開放• 下水道内に入り、ボタンを付ける• 3つのダストシュートをくぐり抜ける バックアパンチは6つ目の行程の「ダストシュートをくぐり抜ける」を達成することで、獲得することができます。 では、それぞれの行程に関して、謎解き攻略の方法を解説していきましょう。 2つ目のエリアには電源をつける場所が存在するのですが、その電源をつけるためには 「3つのバルブ」を開放することが重要となります。 画像の矢印の方向にバルブはあるので、 それらを見つけてバルブを開けていってください。 奥2つは同じエリアにありますが、手前の方向にあるバルブに関しては 「川辺」の扉を1000ジョルノを支払って開けなければなりません。 こちらはゾンビを倒しつつ、お金を貯めていくようにしましょう。 野良でバルブを開ける場合は、 ゾンビから十分に離れてからバルブを回してくださいね。 電源は画像の場所にありますので、こちらをONにしましょう。 そうすると火のゾンビたちが湧いてきますので、そちらを倒していきます。 ただ、ハンドガンだと倒しにくい場合もありますので、事前に 「百式機関短銃」などを購入しておくことをおすすめします。 火のゾンビたちを倒すことが出来たら、火が湧き出た場所に入ることができるようになっています。 その中に電源がありますので、そちらをONにしましょう。 そうすると、 「司令部」の扉を開放することが可能になります。 上の画像の右側にも一枚鉄の扉がありますね。 この3つの扉のうち、両サイドの2つの扉を開けて行きましょう。 2つの扉を開けることができたら、次はその2つの扉の中にある 「電気回路のスイッチ」を押して、電源を流します。 この電気回路を変えるスイッチに関しては、 制限時間内に2つのスイッチを押さないと変わらない仕組みになっているため、両方の電気回路を素早く変えていきましょう。 電気回路のスイッチはこれです。 パーティでやっている場合は、 両サイドに一人ずつセットして、時間差を気にせず押せると良いですね。 こちらのスイッチを押せると、パックアパンチのボタンを開放することもできるようになります。 そこを通っていくと、 パックアパンチ部屋にたどり着きます。 そこで、パックアパンチの装置のボタンを付け、次の行程に移ります。 パックアパンチのボタンに関してはかなり見つけづらいのですが、 MP40の武器のちょうど真正面にあるため、こちらの目印を頼りにボタンを押してください。 正面にあるのが、MP40を獲得できるポイントです。 こちらの画像の左端にあるものがボタンになります。 こちら、少々見つけづらいので、一つ一つ解説をしていきましょう。 3つの扉がある部屋が司令部となりますが、画像の位置にダストシュートがありますので、そちらをくぐり抜けましょう。 その後、目の前にあるボタンを作動させ、一つ目のダストシュートはOKとなります。 位置が説明しづらいので、詳しくは動画の方を見ていただきたいのですが、こちらに一つダストシュートがある形となっています。 こちらのダストシュートを抜けることが出来ましたら、同じくボタンを押して二つ目は完了です。 一番最初にあけた 「川辺」の扉のバルブを覚えていますか? そのバルブのすぐ横に「パブ」という扉があります。 ちょうど上の画像の 左側がバルブで、右側の扉がパブに入る扉となっています。 この扉を抜けて、真っ直ぐ行くと 「タワー」という扉があるので、そちらをあけていきましょう。 そこを進むと、文字通りタワーらしきものがあり、 その左側を進むと最後のダストシュートがあります。 正面がタワーですね。 このタワーの左側の通路にダストシュートがありますので、そちらを通ってきてください! ダストシュートをくぐり抜けたら、ボタンを押しましょう。 これで、バックアパンチを獲得することができますよ! バックアパンチの装置を開放すれば、 どの武器でも弾薬を購入することができるようになります。 謎解きには必須級に必要な要素なので、早めにバックアパンチの装置を開放し、武器を強化していきましょう。 WW2ナチゾンビ ジャガノ廃止の代わりに「アーマー」 最後に、従来までの必須アイテム 「ジャガノ」が廃止されているということについて解説を加えていきます。 ジャガノは総体力を上昇させるアイテムなのですが、今作のナチゾンビからはこちらが廃止されています。 代わりに、随所で 「アーマー」の購入が可能となるのですが、これがまた曲者。 アーマーを購入するたびに、 値段が上昇していくため、考えて購入しなければなりません。 このシステムに関しては賛否両論。 「あまりゾンビの攻撃が早くないから無くても良い」 「値段が上がっていくのが気に食わない」 このように、ジャガノが廃止されていることに対する意見は多数あります。 アーマーの購入頻度には気をつけて、しっかりと攻略を進めていきたいですね。 まとめ 今回は、WW2のゾンビモード「ナチゾンビ」に関して、序盤の攻略方法をまとめていきました。 歴代最恐と言われるだけあって、随所にびっくりさせられる要素があり、やっていて違うゲームに感じた気がします。 攻略に関しても謎解きが意外に難しく、バックアパンチの場所を見つけるのにかなり苦労しましたので、今回の記事で見つける手がかりにしていただければと思います。 バックアパンチは非常に重要な要素です。 ダストシュートで抜けることができる仕組みもありますので、そこから戻って弾薬を回収するというテクニックも使えます。 序盤の攻略は以上になります。 このあとも、WW2のゾンビ謎解き攻略を楽しんでくださいね!.

次の

コール オブ デューティ ワールドウォーIIの協力プレイレビュー

ナチゾンビ 謎解き

どうも、タカナです。 今回はCODWW2のナチゾンビでの 武器改造方法です。 ゾンビをやってないと画像だけでは 分かり辛いかもしれませんがご了承ください。 改造は下水道のこの場所で出来ます。 檻でしまっているので、近くにある このスイッチを押して テスラガンがある近くのココと 避雷針があるタワーのココと 下が鉄の通路、リロ時電撃攻撃があるココ のダストシュートに入り、 各自にダストシュートから出たところに スイッチがあるので、それを3箇所押すと 檻が空きます。 武器の改造は大体4000~6000 弾は改造前の武器があった所でも変えますが、 改造できるココでも買う事が出来ます。 値段は4000ジョルトです。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトの使用画像について 当サイトで使用している画像は全部自分で撮影したものです。 転載などしたい場合はコメントで一言と私のブログ出典って事を書いて下さい。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるタカナエンカウントが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

次の

面白い?【CoD:WW2】雑なレビュー&感想!良くも悪くもない”いつものCoD”だった

ナチゾンビ 謎解き

ゾンビ迷彩(武器スキン)• 師団パック(ユニフォーム)• 武器の永久アンロック• 経験値2倍ブースト シーズンパスの詳細はまだ発表されていないので、とりあえず通常版にしました。 現時点で発表されているシーズンパスの内容は、マルチプレイヤーの「追加マップ」と「ゾンビモード」を含めた、4つのDLCという事だけです。 CoDシリーズの、いつものシーズンパスって感じです。 キャンペーンモード まずはキャンペーンモードから。 第二次世界大戦と言えば、 「ノルマンディー上陸」。 ちなみに 収録されている言語は、 日本語音声、英語音声、日本語字幕です。 主人公とその他兵士のダベリが終わると、いきなり「D-Day」での戦闘が始まります。 これが今回の 「収集アイテム」。 いつもの収集アイテムは「機密ファイル」でしたが、今回は様々な形をしているので見つけるのが難しくなっています。 新要素としては「QTE」が面白かったです。 左スティックで照準を合わせポチッと。 あとはボタン連打などがありました。 良かった点• 新しい「QTE」• 「D-Day」が体験できた• ライフの自動回復を削除(回復にはアイテムが必要) 「QTE」がゲームプレイに変化を与えるので、戦闘が単調にならない事が良かったです。 またライフの回復にはアイテムが必要になったので、リアル感がましてこれもグッドだと思いました。 微妙だった点 まだ少ししかキャンペーンをプレイしていませんが、微妙だった点は特にありません。 むしろD-Dayの、 「ノルマンディー上陸作戦」や「塹壕戦」が体験できるので本当に楽しめます。 マルチプレイヤー お次はマルチプレイヤー。 懐かしの地上戦です。 壁を蹴ってピョンピョン飛び回れないので、最近のCoDとは違います。 特に真新しい事はないですが、 チームデスマッチではバリバリ撃ち合いを楽しむ事ができました。 その理由は「サプレッサー」を付けた人が少なかったからです。 「CoD:WW2」のマルチでサプレッサーは、「 空挺師団」の入隊特典にあるスキルがないと使えないっぽいです。 個人的にはサプレッサーがない方が、激しい撃ち合いができるので面白いからグッドです。 お次は師団を紹介しますが、「 師団」は全部で5つあります。 師団=クラスで、自分の戦闘スタイルに合った師団を選択する事ができます。 「歩兵」師団 入隊特典• 師団スキル:ショットガン焼夷弾• 師団トレーニング:派遣• 師団武器:機密 接近戦を専門とする「ベテラン兵士」向けのクラス。 「ショットガン」や近接武器で、特攻する人にオススメのクラスです。 「ヘッドクォーター」とか新要素とか 新要素としては、 「キルカメラをスキップ」できるようになっていました。 「キルカメラ」はどんな感じでキルされたか見る事ができるので便利でしたが、見たくない時もあるのでこれは良い新要素だと思います。 お次はここ。 発売前から話題だった 「司令部」(ヘッドクォーター)です。 ここではTPS(三人称視点)になるので、新鮮で面白いです。 対戦で1マッチを完了すると、ここに行けるようになりました。 ここにはいくつかの施設があるので、簡単に説明していきます。 「射撃場」 ここではFPS(一人称視点)に。 意味ないのに的ではなく、無駄にこちらを撃ってくる人が何人かいました。 「受取所」 ここでは特典のアイテムや、メッセージなどを受け取る事ができます。 「ハワード少佐」 ここでは様々な指令を受け取る事ができます。 対戦中に達成するチャレンジです。 指令をクリアすると、様々な報酬をもらう事ができます。 「補給将校」 ここでは、クレジットを消費し様々な契約を交わす事ができ、契約を達成するとサプライドロップなどの報酬をもらう事ができます。 「休憩所」 クレジットを使って、様々なミニゲームを遊ぶ事ができます。 インベーダーをはじめとした、「レトロゲーム」などがありました。 「ガンスミス」 武器のカスタマイズができます。 あと兵士の 「フェイス」、「ヘルメット」、「ユニフォーム」も カスタマイズできます。 「サプライドロップ」 ガチャみたいな感じで、何が出るのか分からないのでコレも楽しめますね。 ただ課金となると、お金を使うほどの物じゃない気がします。 あとは他プレイヤーと1対1で対戦ができる「1V1」や、全ての「スコアストリーク」を試せる場所がありました。 良かった点• 激しい撃ち合いができる• サプレッサーが自由に使えない• 古い時代だけどマシンガンとスナイパーライフルがある サプレッサーが全ての武器や全てのクラスで使えると、みんなステルスで対戦が面白くないんですよね。 「CoD:WW2」ではバリバリの銃撃戦が楽しめるので、サプレッサーに規制がかかったのは、かなり良いと思いました。 微妙だった点 微妙というより残念すぎるのが、 マルチプレイの「最大人数」が少なすぎる事です。 「公開マッチ」の全モードで確認しましたが、 マルチプレイに参加できる最大人数は12人で、ありえないぐらい少ないです。 他にもっと参加できるモードがあるんですかね? 「プレステ」のサイトと「マイクロソフト」のサイトには、1~2人(オンライン:最大18人)って書いてあるんですけどね。 それでも最大で18人って少ない気が。 まぁCoDは展開の速いFPSなんで、大人数を求めるものでもないんですけどね。 ただせっかくの「第二次世界大戦」なんだから、せめて24人ぐらいにはしてほしかったですね。 ゾンビモード 今ではCoDの恒例のモードとなった「ゾンビモード」。 ゾンビのデザインがよりグロくリアルなので、見た目は恐いですが。 あと 濃厚なストーリーがあると言っていましたが、 仕掛けを動かすとキャラが喋るので確かに物語が分かりやすくなっていると思いました。 ストーリーを簡単に説明すると、 貴重な美術品がナチスに盗まれたのでそれを奪還しに行く内容です。 今までのゾンビは謎解きが難しく、内容も複雑だったので多少は内容が理解しやすくなったかと。 また今回も「謎解き」があるみたいですが、ソロで攻略するには時間がかかりそうです。 キャラクターとロードアウト 選択できるキャラクターは4人。 今回も実在するハリウッドスターが登場します。 左から 「メインウェポン」は、ハンドガン、ライフル、スナイパー、ショットガン。 「ソーシャル(グレネード)」は、フラグ、粘着、遠隔起爆、マイン、投げナイフ。 銃のアタッチメントは4つ装備できて、レベルを上げる事でスロットと武器のパーツが解除されていきます。 ハンドガンのアタッチメントで「FMJ」を付けると、攻撃力がグンと上がります。 死亡して復活する時は便利ですが、序盤のポイント稼ぎができなくなるので、使い所が難しいですね。 迷彩、ペイント、レティクルもあります。 あと面白いのが武器に「バリアント」というのがあって、1つの銃で2種類の仕様が存在します。 仕様は標準と特別。 「M1ガーランド」標準仕様 「ルーキー」エピック M1ガーランド めちゃくちゃ短くなっています。 「リー・エンフィールド」標準仕様 「ラウンドアバウト」エピックリー・エンフィールド こちらも短くなっています。 「ジュピター」エピック 1911 ハンドガンでは、コレがカッコよかったです! 特別仕様の銃は、 「サプライドロップ」から入手できます。 あとはMODが入手できる 「レイブンリサーチ」。 「消耗品」なんてのもあります。 新要素や「なくなったもの」 「バリケード」の修復が削除されているので、ポイントを稼ぐ事ができなくなっていました。 ソロでダウンした時は、お決まりのアキンボ!銃の名前は 「ベーコンエッグ デュアル」でした。 まだ発見していませんが、 「パックアパンチ」もどこかにありそうです。 あと 「自己蘇生」ってのが追加されていて、 ダウン時に2回だけ自分で復活する事ができました。 ウォールバイ(壁武器)が絵ではなく、額縁に入っていて豪華になっていました。 「ミステリーボックス」もありました。 また セレクトメニューを押すと「目標」が表示されるので、何をすればいいのか迷う事もありません。 良かった点• バリケードの修復がなくなった• 近接攻撃がナイフではなく「シャベル」になった• 通常のサバイバルモードが欲しい バリケードの修復が削除されたので、序盤は少しジョルト(ポイント)を稼ぐのが難しくなっています。 ブラックオプスのゾンビみたいに、ただひたすらラウンドをこなすモードも欲しかったです。 まぁ縛りプレイで出来るので問題ありませんね。 あと ダウン時に出来た「近接攻撃」も削除され、倒れている時は銃撃しかできなくなっています。 ただ近年は未来物が多かったので、久しぶりに地上戦が楽しめたのは嬉しかったです。 一番ダメだと思ったのはやはり、マルチプレイの人数ですかね。 最大で12人って本当に少ないと思います。 CoD:WW2の感想を一言で言うと、 「安定した面白さがあるFPS」って感じです。 「MW」や「ブラックオプス」ほどの衝撃はありませんでしたが、時代設定が第二次世界大戦なのでこれだけでもやる価値がありました。 FPSが好きな方には問題なく遊べると思います。 ただ古い時代の銃や装備が好きじゃない方は、あまり楽しめないかもしれません。 時代設定が第二次世界大戦なので。 長くなりましたが、【CoD:WW2】レビュー&感想を終わります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の