高知 競馬 ライブ。 高知競馬場

高知競馬「一発逆転ファイナルレース」を徹底攻略する ~騎手編①~

高知 競馬 ライブ

当然ながら、お子たちが大好きな少年漫画雑誌にも、当たり前のようにスポーツ漫画が描かれております。 ところが、その少年漫画雑誌の雄であります"週刊少年ジャンプ"なのですが、人気バレーボール漫画であります"ハイキュー!! "が、来週発売分で連載終了することにより、スポーツ漫画がなくなってしまう可能性が高くなったんだとか。 うむ、マガジン派だった私も、キャプテン翼とか読みたさに、こっそりジャンプも読んだものですが、これも時代の流れなんですかねぇ。 こんな世相ですから、そのうちYouTuber漫画が爆誕するのは間違いありませんな。 って、もうあったりして...。 さて、今週の予想は日曜阪神神鍋特別で本命はコパノバルーガ。 前々走 京都ダート1400m は、先行2番手から直線ラスト1ハロンで楽に抜け出すと、ドウドウキリシマ その後、2勝クラス2着3回 以下を抑えて1勝クラスを勝ち上がり、昇級戦となった前走春待月賞 阪神ダート1400m では、前半3ハロン34秒2と澱みのない流れのなか、好位を追走して、直線では他馬とぶつかる不利がありながらも、しぶとく脚を伸ばして、勝ち馬からコンマ2秒差の5着と、早々にクラスのメドを立てたレースぶり。 今回は7ヵ月ぶりの実戦となりますが、体質が弱かった以前とは違い、調教でも一杯に追い切れるようになるなど成長が伺えるもの。 アオイツヤヒメ、タイガーインディなど、揉まれたくない先行タイプが多く、ハイペースとなりそうなのも好材料で、ここは互角以上の勝負が期待できます。 相手は、スリーグランド、ダンケシェーン、ガルヴィハーラ、ライトオブピース、タイガーインディ、バクハツの、3連複1頭軸ボックス。 ところで、お子の頃は"少年"漫画の表にして、なかに自販機で買った"大人"漫画をこっそり読んでいたらしい小塚アナ。 そんな小塚アナですが、"どうして、アナウンサーを主人公にした漫画がないのか?"と、常々、疑問に思っているそうな。 確かに見たことありませんねぇ。 で、ダービーを実況したことで、ひょっとしたら自分が主人公の漫画が出てくるのでは... 、と淡い期待をしているとか。 ま、男のお子たちはお〇品なギャグも大好きですから、人気にはなりそうですな。 ただ、女子からは、まるで小塚アナの私性活のように軽蔑されそう...。 前半3ハロン35秒8と澱みのない流れのなか、好位から競馬を進め、直線半ばで早めに抜け出すと、後続を寄せつけることなくコンマ3秒差をつけて快勝。 これまで気性面で幼いところがあって、安定した走りができなかったが、半兄マイネルファンロン 函館記念2着 がいる血統で、ディープキング ラジオNIKKEI賞3着 など、能力の高い牡馬と互角の勝負をしたことがあるように、能力は高いものを秘めている。 昇級戦となる今回は福島芝1800m戦となるが、血統から小回りコースの適性は高いはずで、逃げ馬こそ不在も先行馬が多く、極端なスローペースとはならない組み合わせだけに、折り合いをつけてレースができそう。 多少でも時計がかかる馬場もプラスといえ、牝馬限定戦のここならいきなりから狙って妙味あり。 相手は、ハートウォーミング、シンハリング、アカノニジュウイチ、オールステリーナ、セイウンヴィーナス、ホウオウエミーズの、3連複12番1頭軸、4、13、16、10、11、8のボックス。 前半3ハロン34秒7とハイペースの逃げもあって、残り1ハロンで後続馬に捕らえられてしまったが、休養明けに加えて、直線が長く左回りで外へ張る面を出してしまう東京コースだったことを考えると、数字以上に評価できるレースぶりといえた。 今回は初の函館となるが、昨夏猪苗代特別 福島ダート1700m で、澱みのない流れの逃げで2着に粘ったように、同じ右回りで小回りコースに替わるのは大きなプラス材料。 また、同型馬や途中で仕掛ける馬が多い組み合わせも、自身、ハイペースでも行き切ってしまえば能力を発揮できるタイプ。 さらに、現級で馬券になった2回ともに休養明け2戦と、叩いて確実に良化するだけに、ここは勝ち負けまで期待できる。 相手は、オメガレインボー、ソルトイブキ、レコンキスタ、ヤウガウ、ヴォカツィオーネ、プチティランの、3連複6番1頭軸、10、4、12、13、5、11のボックス。 睡眠不足でお悩みの人も少なくないかと。 そんななか、最近、公表された、総務省統計局が調査している"社会生活基本調査"のひとつ"睡眠時間たっぷり!? ランキング"によりますと、もっとも睡眠時間をとっていない都道府県は、我がふるさとであります埼玉県で、もっとも睡眠時間を取っている秋田県と比べて、0. 7時間も少ないんだとか。 うむ、埼玉県人は私のように繊細ですぐ悩んでしまうので、なかなか寝ることができない... 、と思いきや、都内で働いている人が多く、通勤で時間を要するぶん、自然と睡眠時間が削られているからなんだとか。 ま、よく考えたら、私は悩みがあっても寝苦しくても、すぐ熟睡してしまう鈍感な人でしたわ...。 確かに埼玉に次いで睡眠時間が短いのは、千葉県、神奈川県と、同じように東京近郊の県ですしね。 通勤は睡眠の敵といっても過言ではありませんな。 さて、今週の予想は日曜阪神シンガポールTC賞で本命はトロイメント。 昇級初戦となった前走六波羅特別 京都芝1600m は、開幕週で前半3ハロン36秒6でレースの上がり3ハロンタイムが33秒5と、上りの速い決着となるなか、大外枠もあり外々を回るロスがありながらも、直線では息長く末脚を伸ばし、勝ち馬からコンマ2秒差の4着と、クラスにメドを立てる内容。 今春の中京芝マイル戦で3、1着と好走した時は、ともに重馬場だったように、雨予報で道悪となりそうな今回はこの馬にピッタリの馬場となりそう。 また、オーマイガイの逃げなら極端なスローペースになることは考え難く、52kgのハンデなら末脚を生かして、勝ち負けまで期待できます。 相手は、サトノウィザード、オーマイガイ、エングローサー、アドマイヤシナイ、オールイズウェル、カワキタアジンの、3連複1頭軸ボックス。 ところで、秋田県に次いで睡眠時間が長い、青森県が生んだスーパーアナウンサーであります小塚アナ。 だからでしょうか、どんな大レースを実況する前夜でも、ぐっすり眠ることができるんだとか。 ま、寝ることで現実逃避しているともいえますが...。 ただ、余りにぐっすり寝過ぎてしまい、遅刻しそうになることもしばしば。 さらにそんな時に限って、エ〇い夢を見ていたのか、パンツが白濁液でしっとり...。 う~ん、"寝る子は育つ"とはいいますが、四十路にして、まだまだ育ちざかりなようですな。 下半身の息子さんは...。 ラジオNIKKEI藤巻.

次の

JRAライブ競馬中継スマホやネットで見る方法【映像・動画・音声】

高知 競馬 ライブ

当然ながら、お子たちが大好きな少年漫画雑誌にも、当たり前のようにスポーツ漫画が描かれております。 ところが、その少年漫画雑誌の雄であります"週刊少年ジャンプ"なのですが、人気バレーボール漫画であります"ハイキュー!! "が、来週発売分で連載終了することにより、スポーツ漫画がなくなってしまう可能性が高くなったんだとか。 うむ、マガジン派だった私も、キャプテン翼とか読みたさに、こっそりジャンプも読んだものですが、これも時代の流れなんですかねぇ。 こんな世相ですから、そのうちYouTuber漫画が爆誕するのは間違いありませんな。 って、もうあったりして...。 さて、今週の予想は日曜阪神神鍋特別で本命はコパノバルーガ。 前々走 京都ダート1400m は、先行2番手から直線ラスト1ハロンで楽に抜け出すと、ドウドウキリシマ その後、2勝クラス2着3回 以下を抑えて1勝クラスを勝ち上がり、昇級戦となった前走春待月賞 阪神ダート1400m では、前半3ハロン34秒2と澱みのない流れのなか、好位を追走して、直線では他馬とぶつかる不利がありながらも、しぶとく脚を伸ばして、勝ち馬からコンマ2秒差の5着と、早々にクラスのメドを立てたレースぶり。 今回は7ヵ月ぶりの実戦となりますが、体質が弱かった以前とは違い、調教でも一杯に追い切れるようになるなど成長が伺えるもの。 アオイツヤヒメ、タイガーインディなど、揉まれたくない先行タイプが多く、ハイペースとなりそうなのも好材料で、ここは互角以上の勝負が期待できます。 相手は、スリーグランド、ダンケシェーン、ガルヴィハーラ、ライトオブピース、タイガーインディ、バクハツの、3連複1頭軸ボックス。 ところで、お子の頃は"少年"漫画の表にして、なかに自販機で買った"大人"漫画をこっそり読んでいたらしい小塚アナ。 そんな小塚アナですが、"どうして、アナウンサーを主人公にした漫画がないのか?"と、常々、疑問に思っているそうな。 確かに見たことありませんねぇ。 で、ダービーを実況したことで、ひょっとしたら自分が主人公の漫画が出てくるのでは... 、と淡い期待をしているとか。 ま、男のお子たちはお〇品なギャグも大好きですから、人気にはなりそうですな。 ただ、女子からは、まるで小塚アナの私性活のように軽蔑されそう...。 前半3ハロン35秒8と澱みのない流れのなか、好位から競馬を進め、直線半ばで早めに抜け出すと、後続を寄せつけることなくコンマ3秒差をつけて快勝。 これまで気性面で幼いところがあって、安定した走りができなかったが、半兄マイネルファンロン 函館記念2着 がいる血統で、ディープキング ラジオNIKKEI賞3着 など、能力の高い牡馬と互角の勝負をしたことがあるように、能力は高いものを秘めている。 昇級戦となる今回は福島芝1800m戦となるが、血統から小回りコースの適性は高いはずで、逃げ馬こそ不在も先行馬が多く、極端なスローペースとはならない組み合わせだけに、折り合いをつけてレースができそう。 多少でも時計がかかる馬場もプラスといえ、牝馬限定戦のここならいきなりから狙って妙味あり。 相手は、ハートウォーミング、シンハリング、アカノニジュウイチ、オールステリーナ、セイウンヴィーナス、ホウオウエミーズの、3連複12番1頭軸、4、13、16、10、11、8のボックス。 前半3ハロン34秒7とハイペースの逃げもあって、残り1ハロンで後続馬に捕らえられてしまったが、休養明けに加えて、直線が長く左回りで外へ張る面を出してしまう東京コースだったことを考えると、数字以上に評価できるレースぶりといえた。 今回は初の函館となるが、昨夏猪苗代特別 福島ダート1700m で、澱みのない流れの逃げで2着に粘ったように、同じ右回りで小回りコースに替わるのは大きなプラス材料。 また、同型馬や途中で仕掛ける馬が多い組み合わせも、自身、ハイペースでも行き切ってしまえば能力を発揮できるタイプ。 さらに、現級で馬券になった2回ともに休養明け2戦と、叩いて確実に良化するだけに、ここは勝ち負けまで期待できる。 相手は、オメガレインボー、ソルトイブキ、レコンキスタ、ヤウガウ、ヴォカツィオーネ、プチティランの、3連複6番1頭軸、10、4、12、13、5、11のボックス。 睡眠不足でお悩みの人も少なくないかと。 そんななか、最近、公表された、総務省統計局が調査している"社会生活基本調査"のひとつ"睡眠時間たっぷり!? ランキング"によりますと、もっとも睡眠時間をとっていない都道府県は、我がふるさとであります埼玉県で、もっとも睡眠時間を取っている秋田県と比べて、0. 7時間も少ないんだとか。 うむ、埼玉県人は私のように繊細ですぐ悩んでしまうので、なかなか寝ることができない... 、と思いきや、都内で働いている人が多く、通勤で時間を要するぶん、自然と睡眠時間が削られているからなんだとか。 ま、よく考えたら、私は悩みがあっても寝苦しくても、すぐ熟睡してしまう鈍感な人でしたわ...。 確かに埼玉に次いで睡眠時間が短いのは、千葉県、神奈川県と、同じように東京近郊の県ですしね。 通勤は睡眠の敵といっても過言ではありませんな。 さて、今週の予想は日曜阪神シンガポールTC賞で本命はトロイメント。 昇級初戦となった前走六波羅特別 京都芝1600m は、開幕週で前半3ハロン36秒6でレースの上がり3ハロンタイムが33秒5と、上りの速い決着となるなか、大外枠もあり外々を回るロスがありながらも、直線では息長く末脚を伸ばし、勝ち馬からコンマ2秒差の4着と、クラスにメドを立てる内容。 今春の中京芝マイル戦で3、1着と好走した時は、ともに重馬場だったように、雨予報で道悪となりそうな今回はこの馬にピッタリの馬場となりそう。 また、オーマイガイの逃げなら極端なスローペースになることは考え難く、52kgのハンデなら末脚を生かして、勝ち負けまで期待できます。 相手は、サトノウィザード、オーマイガイ、エングローサー、アドマイヤシナイ、オールイズウェル、カワキタアジンの、3連複1頭軸ボックス。 ところで、秋田県に次いで睡眠時間が長い、青森県が生んだスーパーアナウンサーであります小塚アナ。 だからでしょうか、どんな大レースを実況する前夜でも、ぐっすり眠ることができるんだとか。 ま、寝ることで現実逃避しているともいえますが...。 ただ、余りにぐっすり寝過ぎてしまい、遅刻しそうになることもしばしば。 さらにそんな時に限って、エ〇い夢を見ていたのか、パンツが白濁液でしっとり...。 う~ん、"寝る子は育つ"とはいいますが、四十路にして、まだまだ育ちざかりなようですな。 下半身の息子さんは...。 ラジオNIKKEI藤巻.

次の

高知競馬場:ガイド:楽天競馬

高知 競馬 ライブ

当然ながら、お子たちが大好きな少年漫画雑誌にも、当たり前のようにスポーツ漫画が描かれております。 ところが、その少年漫画雑誌の雄であります"週刊少年ジャンプ"なのですが、人気バレーボール漫画であります"ハイキュー!! "が、来週発売分で連載終了することにより、スポーツ漫画がなくなってしまう可能性が高くなったんだとか。 うむ、マガジン派だった私も、キャプテン翼とか読みたさに、こっそりジャンプも読んだものですが、これも時代の流れなんですかねぇ。 こんな世相ですから、そのうちYouTuber漫画が爆誕するのは間違いありませんな。 って、もうあったりして...。 さて、今週の予想は日曜阪神神鍋特別で本命はコパノバルーガ。 前々走 京都ダート1400m は、先行2番手から直線ラスト1ハロンで楽に抜け出すと、ドウドウキリシマ その後、2勝クラス2着3回 以下を抑えて1勝クラスを勝ち上がり、昇級戦となった前走春待月賞 阪神ダート1400m では、前半3ハロン34秒2と澱みのない流れのなか、好位を追走して、直線では他馬とぶつかる不利がありながらも、しぶとく脚を伸ばして、勝ち馬からコンマ2秒差の5着と、早々にクラスのメドを立てたレースぶり。 今回は7ヵ月ぶりの実戦となりますが、体質が弱かった以前とは違い、調教でも一杯に追い切れるようになるなど成長が伺えるもの。 アオイツヤヒメ、タイガーインディなど、揉まれたくない先行タイプが多く、ハイペースとなりそうなのも好材料で、ここは互角以上の勝負が期待できます。 相手は、スリーグランド、ダンケシェーン、ガルヴィハーラ、ライトオブピース、タイガーインディ、バクハツの、3連複1頭軸ボックス。 ところで、お子の頃は"少年"漫画の表にして、なかに自販機で買った"大人"漫画をこっそり読んでいたらしい小塚アナ。 そんな小塚アナですが、"どうして、アナウンサーを主人公にした漫画がないのか?"と、常々、疑問に思っているそうな。 確かに見たことありませんねぇ。 で、ダービーを実況したことで、ひょっとしたら自分が主人公の漫画が出てくるのでは... 、と淡い期待をしているとか。 ま、男のお子たちはお〇品なギャグも大好きですから、人気にはなりそうですな。 ただ、女子からは、まるで小塚アナの私性活のように軽蔑されそう...。 前半3ハロン35秒8と澱みのない流れのなか、好位から競馬を進め、直線半ばで早めに抜け出すと、後続を寄せつけることなくコンマ3秒差をつけて快勝。 これまで気性面で幼いところがあって、安定した走りができなかったが、半兄マイネルファンロン 函館記念2着 がいる血統で、ディープキング ラジオNIKKEI賞3着 など、能力の高い牡馬と互角の勝負をしたことがあるように、能力は高いものを秘めている。 昇級戦となる今回は福島芝1800m戦となるが、血統から小回りコースの適性は高いはずで、逃げ馬こそ不在も先行馬が多く、極端なスローペースとはならない組み合わせだけに、折り合いをつけてレースができそう。 多少でも時計がかかる馬場もプラスといえ、牝馬限定戦のここならいきなりから狙って妙味あり。 相手は、ハートウォーミング、シンハリング、アカノニジュウイチ、オールステリーナ、セイウンヴィーナス、ホウオウエミーズの、3連複12番1頭軸、4、13、16、10、11、8のボックス。 前半3ハロン34秒7とハイペースの逃げもあって、残り1ハロンで後続馬に捕らえられてしまったが、休養明けに加えて、直線が長く左回りで外へ張る面を出してしまう東京コースだったことを考えると、数字以上に評価できるレースぶりといえた。 今回は初の函館となるが、昨夏猪苗代特別 福島ダート1700m で、澱みのない流れの逃げで2着に粘ったように、同じ右回りで小回りコースに替わるのは大きなプラス材料。 また、同型馬や途中で仕掛ける馬が多い組み合わせも、自身、ハイペースでも行き切ってしまえば能力を発揮できるタイプ。 さらに、現級で馬券になった2回ともに休養明け2戦と、叩いて確実に良化するだけに、ここは勝ち負けまで期待できる。 相手は、オメガレインボー、ソルトイブキ、レコンキスタ、ヤウガウ、ヴォカツィオーネ、プチティランの、3連複6番1頭軸、10、4、12、13、5、11のボックス。 睡眠不足でお悩みの人も少なくないかと。 そんななか、最近、公表された、総務省統計局が調査している"社会生活基本調査"のひとつ"睡眠時間たっぷり!? ランキング"によりますと、もっとも睡眠時間をとっていない都道府県は、我がふるさとであります埼玉県で、もっとも睡眠時間を取っている秋田県と比べて、0. 7時間も少ないんだとか。 うむ、埼玉県人は私のように繊細ですぐ悩んでしまうので、なかなか寝ることができない... 、と思いきや、都内で働いている人が多く、通勤で時間を要するぶん、自然と睡眠時間が削られているからなんだとか。 ま、よく考えたら、私は悩みがあっても寝苦しくても、すぐ熟睡してしまう鈍感な人でしたわ...。 確かに埼玉に次いで睡眠時間が短いのは、千葉県、神奈川県と、同じように東京近郊の県ですしね。 通勤は睡眠の敵といっても過言ではありませんな。 さて、今週の予想は日曜阪神シンガポールTC賞で本命はトロイメント。 昇級初戦となった前走六波羅特別 京都芝1600m は、開幕週で前半3ハロン36秒6でレースの上がり3ハロンタイムが33秒5と、上りの速い決着となるなか、大外枠もあり外々を回るロスがありながらも、直線では息長く末脚を伸ばし、勝ち馬からコンマ2秒差の4着と、クラスにメドを立てる内容。 今春の中京芝マイル戦で3、1着と好走した時は、ともに重馬場だったように、雨予報で道悪となりそうな今回はこの馬にピッタリの馬場となりそう。 また、オーマイガイの逃げなら極端なスローペースになることは考え難く、52kgのハンデなら末脚を生かして、勝ち負けまで期待できます。 相手は、サトノウィザード、オーマイガイ、エングローサー、アドマイヤシナイ、オールイズウェル、カワキタアジンの、3連複1頭軸ボックス。 ところで、秋田県に次いで睡眠時間が長い、青森県が生んだスーパーアナウンサーであります小塚アナ。 だからでしょうか、どんな大レースを実況する前夜でも、ぐっすり眠ることができるんだとか。 ま、寝ることで現実逃避しているともいえますが...。 ただ、余りにぐっすり寝過ぎてしまい、遅刻しそうになることもしばしば。 さらにそんな時に限って、エ〇い夢を見ていたのか、パンツが白濁液でしっとり...。 う~ん、"寝る子は育つ"とはいいますが、四十路にして、まだまだ育ちざかりなようですな。 下半身の息子さんは...。 ラジオNIKKEI藤巻.

次の