容量 iphone。 【iPhone】容量は64GBで足りる?失敗しない容量の選び方【11/Pro/Max/SE】

iPhoneのバックアップが容量不足で出来ない!空き容量を増やすコツ!

容量 iphone

価格を抑えたいから64GBを選ぶってケースも結構あると思いますが「本当に64GBでも大丈夫か?」と不安になる人もいるかもしれませんよね。 なので……今回は、 iPhoneを64GBで長く使っていく方法をご紹介していきます。 64GBは価格と実用面でもかなりおすすめできる容量だと思うので、iPhoneの購入・買い替えを検討してる……という人はぜひ参考に! iPhoneの64GBで保存できる容量は? iPhoneの容量で64GBを選ぶ場合、 写真や動画、音楽やアプリをどのくらい保存できるのか?について、少しだけ理解しておいたほうがいいかもなので、簡単に解説しておきます。 8MB)で考えた場合、64GBだと 写真を約15,000枚くらい保存できると思っておいてOK。 写真や動画、アプリなど、 64GBのiPhoneで保存できるデータ容量について簡単な表を作ったので、データ別にiPhoneでどれくらいの容量を使うのか見ておきましょう! 64GBのiPhoneで保存できる容量(目安) — 64GBで保存できる容量 写真 1,200万画素 1枚 3. だいたいの目安になりますが、 iPhoneの64GBで保存できる容量はざっとこんな感じです。 また、iOSなどシステムで利用される容量(その他の容量)を考えると、 実際にiPhoneで使える容量は64GBより少ないということも覚えておきましょう。 システム領域は使う人により微妙な差があるかもですが、最大で10GB程度になることもあるため、覚えておくといいかもですね。 少ない容量のデメリット 256GBや 512GBは特に気にしなくても容量不足に陥ることは少ないですが、写真や動画、音楽、アプリやゲームなど、コンテンツが大容量化しつつある今、64GBという容量はそれなりに気を遣う必要があります。 64GBはiPhoneの価格を抑えられて、容量を無駄にしないというメリットがありますが、 容量を管理する必要があるというのが、唯一のデメリットかもしれません。 写真や動画は後述のクラウドストレージを活用すれば解決できますが、iPhone内に音楽やアプリ、ゲームをたくさん保存したいなら256GB以上の容量がおすすめです。 iPhoneの64GBで容量が大きくなるのは写真と動画 iPhoneを64GBで使い続ける場合、忘れてはならないのが Googleフォトを活用した写真・動画管理。 Googleフォトを使えば、iPhone内の写真・動画はすべてクラウドストレージで管理できるので、写真・動画で容量が足りない……と気にすることがなくなるんですよ。 Googleフォトでは、 1600万画素までの写真と 1080pまでの動画を 容量無制限で保存可能です。 1600万画素以内の写真であっても圧縮は自動でされてしまいますが、見て分かるような劣化はほぼないので、多少の圧縮が許容できるなら、iPhoneはほぼデメリット無しでGoogleフォトを使うことができます。 iPhoneのGoogleフォトを活用した写真・動画管理については、僕のメインブログでも紹介しているので要チェック!Googleフォトを活用すれば64GBのiPhoneでも容量がガラ空きになります。 基本的に、ダウンロードした音楽以外はWi-Fi環境のみで視聴することになりますが、64GBという限られた容量を圧迫することなく、たくさんの音楽が聴けるストリーミングサービスは音楽好きには必須。 Apple Musicや Line Music、 Spotifyなど、音楽ストリーミングサービスはたくさんあるので、自分にあったものを選べばOKです。 いっぱいアプリが入ってると管理するのも面倒ですが、これはiOS11から追加された「 非使用のAppを取り除く」を活用すればOK。 使用していないアプリを自動で取り除いてくれるので、足りなくなった容量を簡単に確保することが出来ます。 参考までに、僕はiPhone 7では 128GBを使用していましたが、アプリや写真、動画を管理するようになってから、 平均40GB〜50GBあたりをウロウロ。 アプリやゲーム、音楽、映画を気にせずiPhoneに保存していた時は、100GB程度の容量を使ってました。 現在は iPhone X 64GB を使っており、写真や動画、音楽やアプリを管理しつつ、30GB前後で安定してます。 あくまでも僕のiPhoneの場合ですけどね。 iPhoneで使用する容量は使う人しだいで大きく変わるため、あくまでも参考程度に。 よく、 iPhoneを電話くらいにしか使わない人には64GBがおすすめというのを見かけますが、そもそも、電話程度でしか使わないなら最新のiPhoneなんて必要ないし、容量で悩む必要もないと思うんですよ。 この記事を見ているということは、 iPhoneをよく使うから64GBでも大丈夫か気になってるという人のはずです。 256GBと比べると写真や動画、アプリ、音楽などの管理は必要になってきますが、 月々のコストを抑えたい場合や 自分でiPhoneの容量を管理できるよという人は 64GBを選んでもきっと後悔はしないはず。 データを頻繁に管理するのが面倒という人は 256GBを選んだ方が絶対後悔しないし、楽しく長くiPhoneを使えると思います。 自分のiPhoneで使用している容量は『 設定>一般>iPhoneストレージ』で確認できるので、 どれくらい必要ないアプリが入ってるのか、 写真や動画はどれくらい入ってるか、一番はじめにチェックしてみましょう! Source:.

次の

iPhoneの最適なストレージ容量の選び方を解説! おすすめの容量はどれか?

容量 iphone

iPhone バッテリー容量 mAh iPhone 初代 1400 iPhone 3G 1150 iPhone 3GS 1219 iPhone 4 1420 iPhone 4S 1420 iPhone 5 1440 iPhone 5C 1510 iPhone 5S 1560 iPhone 6 1810 iPhone 6 Plus 2915 iPhone 6S 1715 iPhone 6S Plus 2750 iPhone SE 1624 iPhone 7 1960 iPhone 7 Plus 2900 iPhone 8 1821 iPhone 8 Plus 2691 iPhone X 2716 iPhone XS 2658 iPhone XS MAX 3174 iPhone XR 2942 iPhone 11 3110 iPhone 11 Pro 3046 iPhone 11 Pro MAX 3969 iPhone SE2 1821 引用: 数字が大きいほどバッテリーの容量も大きいことを表しています。 ちなみに iPhone SE2のバッテリー容量は iPhone 8と全く同じ!! できればちょっと大きくして欲しかったところですが… やはり昔の iPhoneと比べると、最近のモデルはバッテリー容量がかなり増えてますね。 ただ、容量だけ見ても実際に使える時間がどのくらい増えたのかはわかりません。 ということで次は用途ごとに何時間使えるのかをまとめます。 歴代iPhoneのバッテリー利用時間 iPhone バッテリー容量 mAh 待受時間 h 通話時間 h ウェブ h 音楽 h ビデオ h iPhone 初代 1400 250 8 6 24 7 iPhone 3G 1150 300 5 6 24 7 iPhone 3GS 1219 300 5 9 30 10 iPhone 4 1420 300 7 10 40 10 iPhone 4S 1420 200 8 9 40 10 iPhone 5 1440 225 8 10 40 10 iPhone 5C 1510 250 10 10 40 10 iPhone 5S 1560 250 10 10 40 10 iPhone 6 1810 240 14 11 50 11 iPhone 6 Plus 2915 384 24 12 80 14 iPhone 6S 1715 240 14 11 50 11 iPhone 6S Plus 2750 384 24 12 80 14 iPhone SE 1624 240 14 13 50 13 iPhone 7 1960 240 14 14 40 13 iPhone 7 Plus 2900 384 21 15 60 14 iPhone 8 1821 - 14 12 40 13 iPhone 8 Plus 2691 - 21 13 60 14 iPhone X 2716 - 21 12 60 13 iPhone XS 2658 - 20 12 60 14 iPhone XS MAX 3174 - 25 13 65 15 iPhone XR 2942 - 25 15 65 16 iPhone 11 3110 - 25 15 65 17 iPhone 11 Pro 3046 - 25 15 65 18 iPhone 11 Pro MAX 3969 - 25 15 80 20 iPhone SE 2 1821 - 14 12 40 13 引用: iPhone 11などの新しいモデルや iPhone 11 Pro MAXといった大きいサイズのモデルは全体的に時間が伸びてきていますね。 特にビデオの時間は初代のiPhoneが7時間しか使えなかったのが、 iPhone 11 Pro MAXだと 20時間にまで増えてます。 iPhone 5までの通話時間は3G回線での通話可能時間をまとめてます• ウェブの時間はWi-fiにつないで使っている時間です• iPhone 7以降の通話と音楽、ビデオの時間はAirPodsなどの無線イヤホンを使った場合の時間なので、そうでない場合は時間が長くなる可能性があります ちなみに、 iPhone 6から通常のサイズと PlusやMAXと言った大きめのサイズのモデルが発売されました。 通常サイズと大きめのサイズではバッテリー容量の差が大きいので使用できる時間も大きく変わってきます。 ということで「普通サイズ」と「大きいサイズ」で表を分けて載せておきます。 普通サイズのiPhoneのバッテリー利用時間 iPhone バッテリー容量 mAh 待受時間 h 通話時間 h ウェブ h 音楽 h ビデオ h iPhone 初代 1400 250 8 6 24 7 iPhone 3G 1150 300 5 6 24 7 iPhone 3GS 1219 300 5 9 30 10 iPhone 4 1420 300 7 10 40 10 iPhone 4S 1420 200 8 9 40 10 iPhone 5 1440 225 8 10 40 10 iPhone 5C 1510 250 10 10 40 10 iPhone 5S 1560 250 10 10 40 10 iPhone 6 1810 240 14 11 50 11 iPhone 6S 1715 240 14 11 50 11 iPhone SE 1624 240 14 13 50 13 iPhone 7 1960 240 14 14 40 13 iPhone 8 1821 - 14 12 40 13 iPhone X 2716 - 21 12 60 13 iPhone XS 2658 - 20 12 60 14 iPhone XR 2942 - 25 15 65 16 iPhone 11 3110 - 25 15 65 17 iPhone 11 Pro 3046 - 25 15 65 18 iPhone SE 2 1821 - 14 12 40 13 大きいサイズのiPhoneのバッテリー利用時間 iPhone バッテリー容量 mAh 待受時間 h 通話時間 h ウェブ h 音楽 h ビデオ h iPhone 6 Plus 2915 384 24 12 80 14 iPhone 6S Plus 2750 384 24 12 80 14 iPhone 7 Plus 2900 384 21 15 60 14 iPhone 8 Plus 2691 - 21 13 60 14 iPhone XS MAX 3174 - 25 13 65 15 iPhone 11 Pro MAX 3969 - 25 15 80 20 バッテリー容量が大きくてもやっぱり心配 iPhoneのバッテリー容量は新しくなるごとに大きくなっていますが、やっぱり バッテリー切れになるのは怖いですよね。 なので念のために モバイルバッテリーを持っておく方が安心感があります。 Amazonとか調べるとすごい数の モバイルバッテリーが出てきますが、個人的にはこれ一択です。 最近、 バッテリーの減りが早いような気がする… iPhoneもそうですが、スマホの バッテリーは使っていればどんどん劣化していきます。 「自分の iPhoneはどのくらい バッテリーが劣化しているの?? 」というときに、以下の手順でチェックしてみてください。 iPhoneのバッテリーの状態をチェックする まずは「設定」アプリを開きます。 「設定」アプリの中から「 バッテリー」を選択します。 次は「 バッテリーの状態」を選択します。 すると、今の バッテリーの状態がわかります。 僕の iPhoneは残念ながら交換の時期ですね… バッテリーの状態は2種類 買ってすぐのときや状態が良いと「 ピークパフォーマンス」と表示されます。 これは特に使っていても問題無い状態、ということです。 しかし、僕のように「サービス」と表示されていると交換した方が良い、という状態です。 「サービス」だとどうなる?? これは僕の実体験から解説しますが、「サービス」状態だとこうなります。 動作が重くなる• 突然電源が落ちる!? この状態を放置するとさらに悪化する恐れがあるので、早めに交換するか、新しい機種にするのが良いでしょう。 歴代iPhoneのバッテリー容量まとめ ということで、 歴代iPhoneの バッテリー容量をまとめてみました。 もし「新しい iPhoneが欲しいけど、バッテリーはどのくらい増えたの?? 」と気になったときに少しでも参考になれば幸いです。 最新の iPhoneなら、バッテリー容量が大きくて長時間使える iPhone11がおすすめです。

次の

iPhoneの容量が足りないのでアップデートできない!

容量 iphone

iPhone バッテリー容量 mAh iPhone 初代 1400 iPhone 3G 1150 iPhone 3GS 1219 iPhone 4 1420 iPhone 4S 1420 iPhone 5 1440 iPhone 5C 1510 iPhone 5S 1560 iPhone 6 1810 iPhone 6 Plus 2915 iPhone 6S 1715 iPhone 6S Plus 2750 iPhone SE 1624 iPhone 7 1960 iPhone 7 Plus 2900 iPhone 8 1821 iPhone 8 Plus 2691 iPhone X 2716 iPhone XS 2658 iPhone XS MAX 3174 iPhone XR 2942 iPhone 11 3110 iPhone 11 Pro 3046 iPhone 11 Pro MAX 3969 iPhone SE2 1821 引用: 数字が大きいほどバッテリーの容量も大きいことを表しています。 ちなみに iPhone SE2のバッテリー容量は iPhone 8と全く同じ!! できればちょっと大きくして欲しかったところですが… やはり昔の iPhoneと比べると、最近のモデルはバッテリー容量がかなり増えてますね。 ただ、容量だけ見ても実際に使える時間がどのくらい増えたのかはわかりません。 ということで次は用途ごとに何時間使えるのかをまとめます。 歴代iPhoneのバッテリー利用時間 iPhone バッテリー容量 mAh 待受時間 h 通話時間 h ウェブ h 音楽 h ビデオ h iPhone 初代 1400 250 8 6 24 7 iPhone 3G 1150 300 5 6 24 7 iPhone 3GS 1219 300 5 9 30 10 iPhone 4 1420 300 7 10 40 10 iPhone 4S 1420 200 8 9 40 10 iPhone 5 1440 225 8 10 40 10 iPhone 5C 1510 250 10 10 40 10 iPhone 5S 1560 250 10 10 40 10 iPhone 6 1810 240 14 11 50 11 iPhone 6 Plus 2915 384 24 12 80 14 iPhone 6S 1715 240 14 11 50 11 iPhone 6S Plus 2750 384 24 12 80 14 iPhone SE 1624 240 14 13 50 13 iPhone 7 1960 240 14 14 40 13 iPhone 7 Plus 2900 384 21 15 60 14 iPhone 8 1821 - 14 12 40 13 iPhone 8 Plus 2691 - 21 13 60 14 iPhone X 2716 - 21 12 60 13 iPhone XS 2658 - 20 12 60 14 iPhone XS MAX 3174 - 25 13 65 15 iPhone XR 2942 - 25 15 65 16 iPhone 11 3110 - 25 15 65 17 iPhone 11 Pro 3046 - 25 15 65 18 iPhone 11 Pro MAX 3969 - 25 15 80 20 iPhone SE 2 1821 - 14 12 40 13 引用: iPhone 11などの新しいモデルや iPhone 11 Pro MAXといった大きいサイズのモデルは全体的に時間が伸びてきていますね。 特にビデオの時間は初代のiPhoneが7時間しか使えなかったのが、 iPhone 11 Pro MAXだと 20時間にまで増えてます。 iPhone 5までの通話時間は3G回線での通話可能時間をまとめてます• ウェブの時間はWi-fiにつないで使っている時間です• iPhone 7以降の通話と音楽、ビデオの時間はAirPodsなどの無線イヤホンを使った場合の時間なので、そうでない場合は時間が長くなる可能性があります ちなみに、 iPhone 6から通常のサイズと PlusやMAXと言った大きめのサイズのモデルが発売されました。 通常サイズと大きめのサイズではバッテリー容量の差が大きいので使用できる時間も大きく変わってきます。 ということで「普通サイズ」と「大きいサイズ」で表を分けて載せておきます。 普通サイズのiPhoneのバッテリー利用時間 iPhone バッテリー容量 mAh 待受時間 h 通話時間 h ウェブ h 音楽 h ビデオ h iPhone 初代 1400 250 8 6 24 7 iPhone 3G 1150 300 5 6 24 7 iPhone 3GS 1219 300 5 9 30 10 iPhone 4 1420 300 7 10 40 10 iPhone 4S 1420 200 8 9 40 10 iPhone 5 1440 225 8 10 40 10 iPhone 5C 1510 250 10 10 40 10 iPhone 5S 1560 250 10 10 40 10 iPhone 6 1810 240 14 11 50 11 iPhone 6S 1715 240 14 11 50 11 iPhone SE 1624 240 14 13 50 13 iPhone 7 1960 240 14 14 40 13 iPhone 8 1821 - 14 12 40 13 iPhone X 2716 - 21 12 60 13 iPhone XS 2658 - 20 12 60 14 iPhone XR 2942 - 25 15 65 16 iPhone 11 3110 - 25 15 65 17 iPhone 11 Pro 3046 - 25 15 65 18 iPhone SE 2 1821 - 14 12 40 13 大きいサイズのiPhoneのバッテリー利用時間 iPhone バッテリー容量 mAh 待受時間 h 通話時間 h ウェブ h 音楽 h ビデオ h iPhone 6 Plus 2915 384 24 12 80 14 iPhone 6S Plus 2750 384 24 12 80 14 iPhone 7 Plus 2900 384 21 15 60 14 iPhone 8 Plus 2691 - 21 13 60 14 iPhone XS MAX 3174 - 25 13 65 15 iPhone 11 Pro MAX 3969 - 25 15 80 20 バッテリー容量が大きくてもやっぱり心配 iPhoneのバッテリー容量は新しくなるごとに大きくなっていますが、やっぱり バッテリー切れになるのは怖いですよね。 なので念のために モバイルバッテリーを持っておく方が安心感があります。 Amazonとか調べるとすごい数の モバイルバッテリーが出てきますが、個人的にはこれ一択です。 最近、 バッテリーの減りが早いような気がする… iPhoneもそうですが、スマホの バッテリーは使っていればどんどん劣化していきます。 「自分の iPhoneはどのくらい バッテリーが劣化しているの?? 」というときに、以下の手順でチェックしてみてください。 iPhoneのバッテリーの状態をチェックする まずは「設定」アプリを開きます。 「設定」アプリの中から「 バッテリー」を選択します。 次は「 バッテリーの状態」を選択します。 すると、今の バッテリーの状態がわかります。 僕の iPhoneは残念ながら交換の時期ですね… バッテリーの状態は2種類 買ってすぐのときや状態が良いと「 ピークパフォーマンス」と表示されます。 これは特に使っていても問題無い状態、ということです。 しかし、僕のように「サービス」と表示されていると交換した方が良い、という状態です。 「サービス」だとどうなる?? これは僕の実体験から解説しますが、「サービス」状態だとこうなります。 動作が重くなる• 突然電源が落ちる!? この状態を放置するとさらに悪化する恐れがあるので、早めに交換するか、新しい機種にするのが良いでしょう。 歴代iPhoneのバッテリー容量まとめ ということで、 歴代iPhoneの バッテリー容量をまとめてみました。 もし「新しい iPhoneが欲しいけど、バッテリーはどのくらい増えたの?? 」と気になったときに少しでも参考になれば幸いです。 最新の iPhoneなら、バッテリー容量が大きくて長時間使える iPhone11がおすすめです。

次の