ビット コイン 急落。 ビットコイン急落…SNSでトレンド入りした「サトシ」とは?

【暗号資産】ビットコイン96万円まで大幅下落!リップルも急落し18円台突入!

ビット コイン 急落

Bitcoinが大暴落!その理由と今後の予想を徹底解説! 2018年に入り、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨が大暴落していますね。 そんな中、仮想通貨ニュース. comには 「なんでビットコインの価格がこんなに暴落したの?」 「今後、ビットコインはどうなるの?」 という声がたくさん届きます。 毎年1月の中旬に価格が暴落するという歴史を辿ってきたビットコインが、今年も同じように暴落してしまいました。 さらに今年はコインチェックのNEM流出事件やZaifのエラーなど、多くの要因によって下落が止まりません。 そこで今回は、2018年1月から暴落しているビットコインの 原因や過去の歴史、今後どうなるのかという予想を徹底的に解説します! 最近仮想通貨への投資をはじめた方の中には、ビットコインが暴落して心配になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、 今回の 暴落の原因と今後について解説しますので、今後の投資方針を考えるきっかけとしていただけたらと思います。 ではまずはビットコイン価格の状況を簡単に見ていきましょう! 目次• 1月の価格急落で資金を減らす人が続出 ビットコインの価格は昨年2017年末から徐々に下落していましたが、 1月16日に30%という大きな暴落を記録しました。 この暴落が引き金になり、仮想通貨市場全体の価格が下落。 市場規模はなんと最大で80兆円から底値40兆円までに暴落したのです。 これにより、最近投資を始めた人の中で資産を半分ほどに減らしてしまった人もいるほど。 というのも最大200万円だったビットコインの価格が90万円と半分以下になってしまったのです。 この状況をみて 「このビットコインの暴落ってついにバブルの崩壊?」 と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、今後もビットコインへの投資を考えているという方は、 一度冷静にビットコイン市場の状況やビットコインの過去の歴史を見て、今後の予想をしてみましょう。 そこで、次は今回の価格の暴落原因を見ていきたいと思います。 ビットコイン価格の暴落の3つの要因 では、ビットコイン価格が暴落した大きな 3つの要因を解説していきたいと思います! 1.各国の規制強化で投資家がビットコインを売りはじめた 2018年に入り続いているビットコイン価格の暴落の引き金となったのが、韓国・中国を中心とした大きな仮想通貨市場をもつ国々が相次いで 規制強化に関する発表をしたことです。 韓国の規制強化 例えば1月11日、 韓国の規制当局が「仮想通貨取引を全面禁止」という発表を行ったことで、一時20%ほど仮想通貨市場の時価総額が急落。 この後、韓国政府は「仮想通貨取引の全面禁止は財務省が勝手に言ったことだ」ということを言っており、禁止をすることはないということが判明しましたが、大きな波紋を呼びました。 韓国の仮想通貨市場はとても盛り上がっていて、世界中のイーサリアムの10%、リップルの15%が韓国ウォンで取引されているほどです。 ちなみに日本円での取引高は、1%にも届きません。 韓国の人口は、日本の2分の1ほどということを考えると韓国での仮想通貨市場の盛り上がりはものすごいですね… その韓国市場が閉鎖されるかもしれないということで、仮想通貨の価格が下がったのです。 3月に入り韓国の仮想通貨規制はさらに激しさを増し、多くの規制強化案を発表してきました。 1月30日には、 「実名確認入出金サービス」を実施。 これによって口座認証が厳しく取り締まられることになりました。 しかしその後に話が一転。 韓国政府が仮想通貨取引を全面サポートすると発表し始めたのです。 何はともあれこれで安心と思いきや、2月21日には 韓国の公務員に限り仮想通貨取引を禁止すると発表したのです。 最近では以前から規制していたICOの規制を緩和する動きもあり、韓国政府の中でも仮想通貨に対する明確な法案や解決策を模索中なのだと感じますね。 いずれにせよ、韓国の動きはビットコインの価格に直結してくるので、注意が必要ですね。 今、中国国内では取引所(ネット)が利用できません。 ただ、相対でのビットコイン取引は行うことができるということで、香港まで足を運んでビットコインを売買する中国人がたくさんいるのです。 そんな中、中国国内でビットコインの相対取引さえ禁止されるというニュースがでました。 そして先日、韓国・中国に続いて日本の金融庁もICOへの規制に踏み切りました。 これを機に、日本もビットコインへの規制を強化してきそうなので要チェックです。 多額資金を持つ機関投資家がビットコインの価格操作をして、儲けようとしているというのです。 大量にビットコインを売りに出し、市場の価格を暴落させ、下がりきったところで買い占めるのです。 ビットコイン価格の下落に伴って、他の仮想通貨が一緒に下落してしまったという状況を見ると、仮想通貨市場全体の暴落もビットコインに大きな要因があることは間違いありません。 3.売りが売りを呼ぶパニック相場 また、ビットコインの暴落が長引いているのは、 新規参入したビットコイン投資家が、価格が下がりすぎてパニックになってしまったということです。 1月26日に起こったコインチェックでのNEM流出事件やZaifでのエラー事件などによって取引所・仮想通貨への信用が暴落。 「ビットコインは怖い」というネガティブなイメージが広まり、どんどんビットコインの売りが始まったのです。 さらに売りが売りを呼び、さらに売る人が増えるという悪循環が発生。 その間にも様々な好材料もありましたが、それでも暴落は止まりませんでした。 さてここまでビットコイン暴落の3つの原因をご紹介してきましたが、次は今までのビットコインの歴史で暴落した後どうなるのかということについて見ていきましょう! 過去から学ぶビットコイン価格下落の歴史 では、過去のビットコイン価格が暴落したときの歴史について簡単にみていきましょう。 実は、ビットコインの価格の暴落は毎年1月中旬に発生しており、今年も同じようなことが発生しました。 昨年の1月は、14万円ほどから8万円ほどまでビットコインの価格が急落。 要因は中国の仮想通貨取引所への立ち入り調査でした。 取引所へ中国当局が調査で入ったことで、当時仮想通貨取引の半分ほどを占めていた中国の取引ができなくなるのではないかという予想が回りました。 それによって、ビットコインが暴落。 ただ、数日で暴落は止まり、そこから1ヶ月ほどで元の14万円まで戻しています。 これがビットコインの過去の歴史です。

次の

ビットコイン、20分で1800ドル急落 システム障害発端か :日本経済新聞

ビット コイン 急落

Bitcoinが大暴落!その理由と今後の予想を徹底解説! 2018年に入り、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨が大暴落していますね。 そんな中、仮想通貨ニュース. comには 「なんでビットコインの価格がこんなに暴落したの?」 「今後、ビットコインはどうなるの?」 という声がたくさん届きます。 毎年1月の中旬に価格が暴落するという歴史を辿ってきたビットコインが、今年も同じように暴落してしまいました。 さらに今年はコインチェックのNEM流出事件やZaifのエラーなど、多くの要因によって下落が止まりません。 そこで今回は、2018年1月から暴落しているビットコインの 原因や過去の歴史、今後どうなるのかという予想を徹底的に解説します! 最近仮想通貨への投資をはじめた方の中には、ビットコインが暴落して心配になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、 今回の 暴落の原因と今後について解説しますので、今後の投資方針を考えるきっかけとしていただけたらと思います。 ではまずはビットコイン価格の状況を簡単に見ていきましょう! 目次• 1月の価格急落で資金を減らす人が続出 ビットコインの価格は昨年2017年末から徐々に下落していましたが、 1月16日に30%という大きな暴落を記録しました。 この暴落が引き金になり、仮想通貨市場全体の価格が下落。 市場規模はなんと最大で80兆円から底値40兆円までに暴落したのです。 これにより、最近投資を始めた人の中で資産を半分ほどに減らしてしまった人もいるほど。 というのも最大200万円だったビットコインの価格が90万円と半分以下になってしまったのです。 この状況をみて 「このビットコインの暴落ってついにバブルの崩壊?」 と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、今後もビットコインへの投資を考えているという方は、 一度冷静にビットコイン市場の状況やビットコインの過去の歴史を見て、今後の予想をしてみましょう。 そこで、次は今回の価格の暴落原因を見ていきたいと思います。 ビットコイン価格の暴落の3つの要因 では、ビットコイン価格が暴落した大きな 3つの要因を解説していきたいと思います! 1.各国の規制強化で投資家がビットコインを売りはじめた 2018年に入り続いているビットコイン価格の暴落の引き金となったのが、韓国・中国を中心とした大きな仮想通貨市場をもつ国々が相次いで 規制強化に関する発表をしたことです。 韓国の規制強化 例えば1月11日、 韓国の規制当局が「仮想通貨取引を全面禁止」という発表を行ったことで、一時20%ほど仮想通貨市場の時価総額が急落。 この後、韓国政府は「仮想通貨取引の全面禁止は財務省が勝手に言ったことだ」ということを言っており、禁止をすることはないということが判明しましたが、大きな波紋を呼びました。 韓国の仮想通貨市場はとても盛り上がっていて、世界中のイーサリアムの10%、リップルの15%が韓国ウォンで取引されているほどです。 ちなみに日本円での取引高は、1%にも届きません。 韓国の人口は、日本の2分の1ほどということを考えると韓国での仮想通貨市場の盛り上がりはものすごいですね… その韓国市場が閉鎖されるかもしれないということで、仮想通貨の価格が下がったのです。 3月に入り韓国の仮想通貨規制はさらに激しさを増し、多くの規制強化案を発表してきました。 1月30日には、 「実名確認入出金サービス」を実施。 これによって口座認証が厳しく取り締まられることになりました。 しかしその後に話が一転。 韓国政府が仮想通貨取引を全面サポートすると発表し始めたのです。 何はともあれこれで安心と思いきや、2月21日には 韓国の公務員に限り仮想通貨取引を禁止すると発表したのです。 最近では以前から規制していたICOの規制を緩和する動きもあり、韓国政府の中でも仮想通貨に対する明確な法案や解決策を模索中なのだと感じますね。 いずれにせよ、韓国の動きはビットコインの価格に直結してくるので、注意が必要ですね。 今、中国国内では取引所(ネット)が利用できません。 ただ、相対でのビットコイン取引は行うことができるということで、香港まで足を運んでビットコインを売買する中国人がたくさんいるのです。 そんな中、中国国内でビットコインの相対取引さえ禁止されるというニュースがでました。 そして先日、韓国・中国に続いて日本の金融庁もICOへの規制に踏み切りました。 これを機に、日本もビットコインへの規制を強化してきそうなので要チェックです。 多額資金を持つ機関投資家がビットコインの価格操作をして、儲けようとしているというのです。 大量にビットコインを売りに出し、市場の価格を暴落させ、下がりきったところで買い占めるのです。 ビットコイン価格の下落に伴って、他の仮想通貨が一緒に下落してしまったという状況を見ると、仮想通貨市場全体の暴落もビットコインに大きな要因があることは間違いありません。 3.売りが売りを呼ぶパニック相場 また、ビットコインの暴落が長引いているのは、 新規参入したビットコイン投資家が、価格が下がりすぎてパニックになってしまったということです。 1月26日に起こったコインチェックでのNEM流出事件やZaifでのエラー事件などによって取引所・仮想通貨への信用が暴落。 「ビットコインは怖い」というネガティブなイメージが広まり、どんどんビットコインの売りが始まったのです。 さらに売りが売りを呼び、さらに売る人が増えるという悪循環が発生。 その間にも様々な好材料もありましたが、それでも暴落は止まりませんでした。 さてここまでビットコイン暴落の3つの原因をご紹介してきましたが、次は今までのビットコインの歴史で暴落した後どうなるのかということについて見ていきましょう! 過去から学ぶビットコイン価格下落の歴史 では、過去のビットコイン価格が暴落したときの歴史について簡単にみていきましょう。 実は、ビットコインの価格の暴落は毎年1月中旬に発生しており、今年も同じようなことが発生しました。 昨年の1月は、14万円ほどから8万円ほどまでビットコインの価格が急落。 要因は中国の仮想通貨取引所への立ち入り調査でした。 取引所へ中国当局が調査で入ったことで、当時仮想通貨取引の半分ほどを占めていた中国の取引ができなくなるのではないかという予想が回りました。 それによって、ビットコインが暴落。 ただ、数日で暴落は止まり、そこから1ヶ月ほどで元の14万円まで戻しています。 これがビットコインの過去の歴史です。

次の

仮想通貨ビットコイン、一時14万円下落 半減期前に100万円割る

ビット コイン 急落

ビットコインの価格が100万円から、一時40万円台にまで急落しました。 今回のコロナ・ショックでは、米ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均(NYダウ)の大暴落が印象的でした。 特にFRB(米連邦準備制度理事会)が1. これはリーマン・ショック時の下げ幅を超える規模となりました。 さて、リスク回避の時に買われる代表的な金融商品と言えば、金(ゴールド)です。 当初は、リスク回避の動きから大きく買われたゴールドですが、最終的にはコロナ・ショックには勝てずに売られてしまいました。 参考:(J-CASTニュース 会社ウォッチ 2020年3月10日付) 半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が半分になってしまう時期のことを指します。 市場で売却されるビットコインの量が半減することで、価格は上昇しやすいと考えられており、過去2回の半減期の前後では大きく上昇しています。 また、過去の4~6月の上昇率が高いところも、安くなったところは買いやすい要因のひとつでしょう。 2016年から2019年のこの時期のビットコインの平均的な上昇率はなんと60%を超えます。 この背景には、マイニング市況の好転や、年に一度のブロックチェーン・仮想通貨関連の大規模イベントが行われるなどの要因があるためです。 参考:(J-CASTニュース 会社ウォッチ 2019年6月13日付) こういった材料も控えているため、仮想通貨業界の「大物」は、前向きな発言をしています。 世界最大規模の仮想通貨取引所のCEO(最高経営責任者)であるジャオ・チャンポン氏は、世界的な金融緩和と供給が限られているビットコインを比較して「まったく心配していない」とコメントしています。 また、仮想通貨投資企業のモルガン・クリーク・デジタル共同ソ業者のアンソニー・ポンプリアーノ氏は、コロナ・ショックに端を発する経済危機の中で、「ビットコインがあらゆる資産の中で最大のパフォーマンスとなる」とコメント。 今後2年間で、最低でも2万ドル(約220万円)最大で10万ドル(1100万円)に到達すると分析しています。 仮想通貨が外出禁止令のピンチを打破する? この二人の意見で共通しているのが、中央銀行がいくらでも紙幣を印刷されることに対して、ビットコインの供給量は変化しないという点です。 また、ビットコインはサブプライムやリーマン・ショックなどの金融危機のさなかに誕生したことから、価値の保管および決済手段としての信頼性が高まる、ともコメントしています。 そんななか、イタリアでは銀行がビットコインの取引を開始しました。 新型コロナウイルスが猛威をふるうイタリアでは、外出禁止令が出されており、銀行を利用する人は従来のようにお金を送ったり、受け取ったりすることが困難になっていると感じているようです。 このような事態は、多くの人がビットコインなどの仮想通貨を利用したサービスが困難な状況を打破すると考えられているようです。 またイタリア赤十字社は、コロナウイルス対策のため、仮想通貨で寄付を受け付けていることが明らかにしました。 金融危機の最中に誕生したビットコイン。 再び訪れた未曾有の事態に、その真価が問われることになります。 (ひろぴー) ひろぴー FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。 サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 2015年からは仮想通貨の可能性に注目。 仮想通貨への投資を開始した。 香港系プライベートファンドにも運用している。 仮想通貨Webサイト:も運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。 ・仮想通貨ブログ ビットコインFX: ・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト: ・Twitter:.

次の