ビジネス メール 確認 しま した。 相手を待たせ、確認後回答する場合の例文一覧

「質問メール」の書き方!件名や締めの言葉とビジネス例文も紹介

ビジネス メール 確認 しま した

(出典:) 相手を急がせる行為なので、場合によっては失礼に当たることを念頭において催促メールをしましょう。 午前中に送れば、日中の余裕がある時間に返信をもらえる確率があがります。 催促メールを終業時間ギリギリに送るのはマナー違反です。 場合によっては相手に残業を強いることになるので注意してください。 「お見積もりの件について」など、相手が催促内容に気づけるものがベストです。 要点を絞りつつ、相手への配慮も盛り込むと印象が悪くならずに済みます。 本文には3つの要素を入れてみてください。 ・前回「いつ」メールをしたのか ・催促したい用件はなにか(前回のメールの引用でもOK) ・入れ違いなどはないか配慮の言葉 以上4点の注意事項を踏まえた、催促メールの例文をご紹介します。 先日、御社の会社資料の送付をお願いさせていただきました。 ご快諾いただき、ありがとうございました。 誠に恐縮ですが、〇月〇日にメールでご送付いただけると伺っていたところ 本日現在、まだメールが確認できておりません。 何か行き違いがあったのではと思い 確認のためメールをお送りいたしました。 お忙しいところ、大変お手数をおかけしますが、お手配いただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 度々のお願いとなってしまい誠に恐れ入りますが、 〇月〇日に、再度、資料送付のお願いをさせていただきました。 ご担当者様より、送付済みとのご連絡をいただきお待ちしておりましたが 本日まで、到着が確認できておりません。 何度もご確認いただきお手数ではございますが、 配送状況をお知らせいただければ幸いです。 何かご事情などがあれば、ご教示いただけますでしょうか。 何卒よろしくお願い申し上げます。 〇月〇日に、下記のメールをお送りいたしましたが、ご確認いただけましたでしょうか。 お忙しいところ大変恐縮ですが、お返事いただけましたら幸いです。 引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。 〇月〇日に、プレゼンテーション資料のご確認をお願いするメールをお送りしておりました。 その後、ご確認いただけましたでしょうか。 お忙しいところ大変恐縮ですが、 今週末までに、修正点等と合わせてついてご返信をいただけましたら幸いです。 (すでにご返信いただいておりましたら、大変申し訳ございません) 念のため、同じプレゼンテーション資料を添付いたします。 お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

次の

「ご確認ください」のメールでの使い方とビジネスにおける例文、類義語

ビジネス メール 確認 しま した

「ご連絡いたします」は二重敬語? 「ご連絡いたします」は、二重敬語だから誤用なのでは?と考える人もいますが、結論をいうと「ご連絡いたします」の 謙譲表現「ご連絡」と「いたす」はそれぞれ独立しているため二重敬語ではありません。 二重敬語の定義は同じ種類の敬語を続けて使用することです。 ベテラン社員にとっては常識でも、使い方がイマイチよくわからない、使うタイミングに悩むこともあるでしょう。 そんな悩みを解消すべく、ここからは シチュエーションごとに使える「ご連絡いたします」の例文をご紹介します。 ・ご連絡いたします=連絡するね。 ・ご連絡差し上げます=連絡してあげるね。 こうして見比べると、「ご連絡差し上げます」は相手からの押しつけに感じますよね? 「ご連絡差し上げます」と敬語表現に言い換えたとしても、「連絡してあげるね」との意味になるため、上から目線と不快に感じる人も少なくありません。 むしろ丁寧な言葉になる分、相手の怒りを買うリスクが高くなります。 「ご連絡いたします」と「ご連絡差し上げます」の使い分け 使い分けとしては、こちらが相手に連絡することを伝える際には「ご連絡いたします」を。 相手に連絡をすることができなかった際の謝罪や、相手の対応に感謝するときには「ご連絡差し上げます」ではなく、「ご連絡差し上げる」に言い換えて使用しましょう。 ・I will email you the results after checking the documents. ・We will contact you againg after reviewing the matter whithin our company. ・I will contact you regarding the answer to your question from the other day. ・I will contact you regarding the consultation from the other day. 「ご連絡いたします」をビジネスシーンで正しく使おう! 「ご連絡いたします」は仕事やプライベートを問わず、あらゆる場所で使用される言葉です。 ビジネスシーンで正しく使いこなして、円滑にコミュニケーションを図りましょう!.

次の

「ご連絡いたしました」の使い方・例文|敬語/相手別/メール

ビジネス メール 確認 しま した

「ご確認ください」のビジネスメールでの使い方 ビジネスメールでは、1日に何度か目にすることもある「ご確認ください」について振り返ります。 書き残るメールの言葉は、特に気をつけましょう。 「ご確認ください」が敬語として正しい理由 「ご」・「お」+「~する(ください)」は、この場合には確認をするのは相手なので、尊敬語です。 したがって、この言葉は社外の人や目上の方に対して使っても、失礼ではありません。 しかし、確認を促すフレーズは、もっと丁寧な表現もあります。 そのため、「ご確認ください」が正しい敬語なのか不安に思う方もいるでしょう。 ビジネスメールでの使い方 「ご確認ください」は、よくメールのやり取りをする相手に使いやすい言葉です。 ビジネスメールでよく一番目にする使い方は、添付資料がある時でしょう。 」 「~の上」には、「~した後で」、「~の結果」など順序や前提を示している表現です。 何かをして、反応やなんらかの動作をお願いしたい時に使います。 丁寧で具体的な表現なので、顧客や社外の方、目上の方にも使えますが、「~の上」の後の文章に気をつけましょう。 「ご確認」の同義語と類似語 「ご一読」は、「ご確認」と同じようにビジネスメールで目にしたことだけでなく、会話でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。 「ご査収」も、「ご確認」と同じようにビジネスメールでよく使われます。 会話で耳にすることはほとんどない表現です。 「ご確認ください」と「ご一読ください」の違い 「ご一読」は、相手に文章に目を通してほしい時に使う表現で、ビジネスメールだけでなく口語でも使われます。 堅さはありませんが、ビジネスシーンで誰にでも使える丁寧さがある言葉です。 「ご確認ください」との使い方の違いは、「ご一読ください」は、一通り、またはざっと読んでほしい「文章がある時にだけ」使いましょう。

次の