イタチ イラスト。 「イタチ」と「フェレット」の違いは?

イタチ駆除は素人でも可能!お金をかけずに駆除する5つのステップ

イタチ イラスト

分布 プロフィール クロアシイタチの顔は、強盗が「手をあげろ!」というときにつけているマスクのようで、目の周りがアザでも作ったように黒くなっている。 また、前脚、うしろ脚、しっぽの先も黒く染まっている。 クロアシイタチは単独で活動し、メスは5月または6月に1~6匹の子どもを産んで単独で育てる。 子どもたちは秋までに独り立ちする。 イタチ類独特の細長い体をしており、主要なエサであるプレーリードッグの巣穴を出入りできる。 リスなどの齧歯(げっし)類をたまに捕食することもあるが、主食はプレーリードッグだ。 食欲旺盛で、プレーリードッグの巣の中まで入り込んで狩りを行い、主のいなくなったところを自らのすみかとして利用する。 20世紀、プレーリードッグの数が激減し、生息地からその姿が消えた。 地下に広がる巣穴が畑や牧草地に悪影響を与えるといって、政府の支援を受けた農家や酪農家が、多数のプレーリードッグを駆除したのである。 その過程でクロアシイタチは絶滅しかけた。 そこで1987年、野生の18匹が捕獲され、人工繁殖が始められた。 それ以来、彼らの生息に適している西部の地にクロアシイタチを野生復帰させている。 野生復帰に向けた努力には、矛盾が生じた。 クロアシイタチの集団が生き延びるためには、十分な数のプレーリードッグが生息していることが必要だが、そうすると、イヌワシやフクロウ、コヨーテなどの捕食動物の脅威にも直面することになる。 野生復帰した動物はサバイバル能力に欠けているため、死亡率が高いのである。 また、プレーリードッグとその生息地を頼りに生きるクロアシイタチにとって、プレーリードッグの持つ病気も大きな脅威となる。 関連書籍・雑誌• 「PHOTO ARK 鳥の箱舟」絶滅から動物を守る撮影プロジェクト 色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。 本書の売り上げの一部がプロジェクトへ寄付されます。 「PHOTO ARK 動物の箱舟」絶滅から動物を守る撮影プロジェクト PHOTO ARKで撮影した動物たちの写真集。 1冊につき50円がプロジェクトへ寄付されます。 100年後も見たい 動物園で会える絶滅危惧動物 日本の動物園で見られる絶滅危惧種を、PHOTO ARKの美しい写真とともに解説。 動物たちの見どころや減少の理由、保護の取り組みなども紹介します。 パンダの赤ちゃんをあしらった特製クリアファイル付き。 ナショナル ジオグラフィック日本版 2019年10月号 かつて地球にぶつかった小惑星が大量絶滅をもたらしたように、今、人類が生き物たちの大量絶滅を引き起こしつつある。 私たちは何を知るべきなのか、今月は一冊まるごと「絶滅」を考える。 特製付録付き!塗り絵ブック「地球に生きる仲間たち」• ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年8月号 PHOTO ARKの写真で見る特集「海を渡った日本の動物たち」を掲載。 PHOTO ARKから動物100種を選りすぐった特製ポスター付き。

次の

見分けられる?「イタチ」と「テン」の4つの違い

イタチ イラスト

「 」とは、 イタチ科イタチ属に属する の総称です。 日本、 、 、南北 大陸に広く分布し、日本には のニホンイタチ、チョウセンイタチ、イイズナ、オコジョや、 のアメリカミンクなどが生息しています。 日本で単に 「イタチ」といった場合ニホンイタチを指すことが多く、 は で20~35cm、尾長7~15cm、 120~650g程度の個体が多いです。 や などの 、 、 、 、 、 、 、 、 の死骸などを食べる 性で、 や などの や を襲うことや、生ゴミを漁ることもあります。 住宅街では民家の床下や天井裏に棲み着いて することもあり、これらの食害や騒音被害、糞尿による悪臭、 ・ ・ の媒介になることなどから 扱いされることも多いです。 また、 「イタチ」の肛門付近には臭腺があり、自己防衛のために激臭のする液を出すことがあります。 「 」とは、食肉目イタチ科イタチ属に属する 「イタチ」の一種で、ペットとして されることもある小型の哺乳類です。 などに分布する の「ヨーロッパケナガイタチ」を 改良した家畜品種で、体長は成体で30~35cm、尾長12~15cm、体重700~1,000g程度の個体が多いです。 古くはウサギ狩りやネズミ退治などの や、狭所での配線や掃除などの労働利用、 目的で、近年では としても繁殖されています。 「フェレット」は、飼育が違法な国や地域もありますが、日本においては現在のところ、 や 、飼育、繁殖を制限する 等はなく、ペットとして飼育することが可能です。 なお、イタチ科の動物である 「フェレット」にも 「イタチ」同様の肛門腺がありますが、ペット用のものでは肛門腺の除去手術が行われた個体も流通しています。 「イタチ」…食肉目イタチ科イタチ属の哺乳類の総称 「フェレット」…ペットとして飼育されることもあるイタチの一種.

次の

クロアシイタチ

イタチ イラスト

このページの目次• 【1】生息地の違い 「イタチ」の生息地 「イタチ」が生息している範囲は広く、日本のほかにユーラシア大陸やアフリカ大陸、南北アメリカ大陸に生息しています。 日本に生息する「イタチ」を二ホンイタチといい、ユーラシア大陸に生息している「イタチ」をチョウセンイタチといいます。 アメリカには、「イタチ」の仲間のイイズナやミンクが生息しています。 「テン」の生息地 「テン」の生息地は、日本のほかにユーラシア大陸や北アメリカ大陸、インドネシアに生息しています。 日本に生息する「テン」は3種類に分けられ、本州・四国・九州に生息するホンドテン、対馬に生息するツシマテン、北海道に生息するエゾクロテンがいます。 【2】見た目の違い 「イタチ」の見た目 「イタチ」の見た目は、鼻と顔周りが黒っぽく、口の部分は白です。 「テン」の見た目 「テン」の見た目は、夏毛のときは顔が黒っぽく、冬毛のときの毛色は2種類に分かれ、夏毛と同じように黒っぽい色でオレンジの喉元のスステンと、顔が白で体の毛は黄色のキテンがいます。 上の画像がスステンで、下の画像がキテンです。 【3】大きさの違い 「イタチ」の大きさ 「イタチ」の大きさは、体長が20cm~30cmで、しっぽの長さが7cm~15cm、体重は120g~600gほどです。 「テン」の大きさ 「テン」の大きさは、体長が40cm~55cmで、しっぽの長さが15cm~20cm、体重は900g~1500gほどです。 【4】希少性の違い 「イタチ」の希少性 「イタチ」は日本各地に広く分布していて、農作物を荒らすことや、人の家に住み着いて子供を作ってしまうこともあるため、害獣として扱われることが多いです。 「テン」の希少性 「テン」の狩りに行くときは、争いになるかもしれないので、2人で行ってはいけないといわれるくらい、「テン」の毛皮は高級です。 日本の「テン」は毛皮のために乱獲をされたので、数が減ってしまい、エゾクロテンは絶滅危惧種に指定されています。 共通点 「イタチ」と「テン」の共通点は2つあり、1つ目は、実は「テン」も「イタチ」の仲間です。 2つ目は雑食性だということです。 そのため、小動物や魚、木の実など何でも食べます。 まとめ 以上、この記事では、「イタチ」と「テン」の4つの違いについて解説しました。 イタチ テン 生息地 日本・ユーラシア大陸・アフリカ大陸・南北アメリカ大陸 日本・ユーラシア大陸・北アメリカ大陸・インドネシア 見た目 鼻と顔周りが黒っぽく、口の部分は白 夏毛:顔が黒っぽい 冬毛 スステン :夏毛と同じように黒っぽい色でオレンジの喉元 冬毛 キテン :顔が白で体の毛は黄色 大きさ 比較的小型 イタチより大きい 希少性 害獣として扱われることが多い 毛皮は高級品 「テン」のほうが「イタチ」よりも大型であることや、「テン」には夏毛や冬毛があることが分かりましたね。

次の