軽井沢 アウトレット。 軽井沢観光に行ったら絶対にやりたい15のこと!温泉にアウトレット、素敵なお土産も

軽井沢アウトレットとは|お勧めのお土産店5選と情報

軽井沢 アウトレット

7期目となる今回の増床工事により、約26万㎡の広大な敷地を活かし、ニューウエスト「芝生のひろば」部分を中心にショッピングエリアを約8,000㎡増床。 約50店舗を増設する過去最大規模の計画となり、増床後の総店舗数はなんと240店舗!! この「軽井沢 アウトレット」として人気の軽井沢駅前アウトレットモールは、正式名称を「軽井沢プリンス ショッピングプラザ」といいます。 純粋にはアウトレットではない、つまり、通常の正規品販売の店舗もあります。 しかしながら、入店する店舗のほとんどがアウトレット店舗です。 珍しいところでは、サマンサタバサ、シップス、ビームスなどの日系ブランドのアウトレットが入店しています。 2015年春には北陸新幹線が長野から金沢まで開通し、関東圏だけではなく北陸の方々にも注目をされています。 「3世代で快適に楽しく過ごせるショッピングモール」をテーマに、ウェスト・イースト間の回遊性を高めるとともに、ゆったりとお食事やご休憩いただけるフードコート 約500席 を導入するほか、軽井沢駅前に「プリンスグランドリゾート軽井沢」の玄関口となるインフォメーション機能等を有した新棟が建設されます。 また、新ショッピングエリアは、ラグジュアリーブランドやセレクトショップなどの高感度ファッションが充実しており、食品・ペット関連・ホビー等、ライフスタイルを彩る店舗も多数ございます。 都市型モールとは一線を画し、まわっているだけでリゾート気分を十分に満喫できます。 平坦な敷地の為、その広大な敷地を1日でまわりきるのは至難のワザ。 エリアマップなどで事前に「ここだけは絶対みたい!」ポイントをチェックしておくといいかもしれません。 敷地内はシャトルバスもございますので、便利に効率よくお買い物を楽しんでいただけます。 (店舗、混雑状況にもよりますが、1時間程で対応可能です) そして11月と3月に行われるプラチナバーゲンは最大級の割引率!最大80%引きになりますので、バーゲン情報は要チェックです。 詳しくはお問合せください。 TEL:0267-42-5211 休館日 不定休 店舗数 約220店舗 各エリア毎の特徴 ウエスト 【W】: お土産や雑貨・小物ショップが多い ニューウエスト 【NW】:ファッションショップが多い ツリーモール 【TM】: デザイナーブランドショップとペットエリアがある ガーデンモール 【GM】: デザイナーブランドショップが多い ニューイースト 【NE】: ファッションと雑貨のショップ イースト 【E】:スポーツショップ、アウトドアショップが多い 軽井沢 プリンスショッピング プラザ:駐車場の情報 料金 2時間まで300円、以後1時間ごと100円。 2,000円以上お買いあげで3時間無料。 30,000円以上お買いあげで終日無料。 バス(大型・中型・マイクロバス):1台1日500円 駐車場台数 約3,500台 ご注意 P1・P6の駐車場は一部高さ制限がございます。 車高2. 1m以上の車はご入場いただけません。

次の

2020年 軽井沢 プリンス ショッピングプラザへ行く前に!見どころをチェック

軽井沢 アウトレット

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 軽井沢町の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 軽井沢町の人気カテゴリ• 軽井沢町で検索数の多いキーワード• 空港周辺• 観光スポット周辺• ホテル周辺•

次の

軽井沢アウトレットの営業再開はいつから?新型コロナウイルスの影響で休業!

軽井沢 アウトレット

軽井沢観光に行ったら絶対にやりたい15のこと!温泉にアウトレット、素敵なお土産も 2019. 04 自然いっぱいの環境に、おしゃれな観光スポットやベーカリー、カフェなどが集まる「軽井沢」。 洗練された雰囲気も漂い、四季を問わず多くの人々を魅了します。 今回は憧れの軽井沢で楽しむための、絶対に訪れたいスポットをご紹介。 アウトドアや美肌温泉、アウトレットも楽しめ、リラックス派もアクティブ派もきっと満足できますよ。 旧軽井沢銀座をのんびり散策する 旧軽井沢銀座 旧軽井沢銀座 旧軽井沢銀座通りへはJR長野新幹線軽井沢駅からバス4分。 歩いて30分ほどの道のりです。 旧軽井沢銀座は歴史ある老舗をはじめ、おしゃれな飲食店や雑貨店、お土産店など、様々なジャンルのお店や観光施設が集まる定番スポットです。 昔から観光客や地元の人たちに親しまれ、多くの人が買い物や散策を楽しみに訪れます。 朝からにぎわいを見せる旧軽井沢銀座通りを歩き、お目当のお土産品を探してみたり食べ歩きを楽しんだり。 一軒一軒お店をのぞきながら、ぶらぶら歩くだけでワクワクします。 途中レンタサイクル店もあるので、ここを起点にサイクリングで町をめぐってみては? 周辺観光スポットへのお出かけにランチを買いこむのもおすすめですよ。 リゾート感あふれるアウトレットでショッピングする 軽井沢・プリンスショッピングプラザ 夏と冬は光り輝くライトが幻想的な世界を作り出すイルミネーションイベントを開催する「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」。 旅先で、ご当地ならではの特産品や加工品を見つけてお土産に買って帰るのも楽しみですが、軽井沢には洋服や雑貨などがお値打ちに購入できる、買い物好きにはたまらないショッピングモールもあるんです。 「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」は北陸新幹線「軽井沢駅」南口から徒歩3分。 自然豊かなロケーションが一気にリゾート気分を高めてくれます。 アウトレット、雑貨、グルメ…。 広大な敷地内に約240ものお店が並び、ウインドウショッピングだけでもワクワク感が止まりません。 8店舗が並ぶ「フードコート」。 飲食店はエリアごとに点在しており、食べることに事欠きません。 軽井沢の名所「白糸の滝」でマイナスイオンに癒される 白糸の滝 白糸の滝 幾重にも湧き水が流れ落ちる「白糸の滝」は、日頃のストレスや煩わしさから解放してくれる癒しの観光スポット。 湧き水が白い糸を垂らしたように見える、落差3m、幅70mの滝に癒されると評判です。 冬の雪景色、初夏の新緑、秋の紅葉など、四季の移りゆく自然とのコントラストが美しく、その風景はまるで絵画のよう。 どの季節に訪れても自然が満喫できますよ。 マイナスイオンいっぱいの滝を目の前にスーッと深呼吸すれば、終始おだやかな気分でいられるはず。 毎年12月と2月、3月は「軽井沢白糸の滝 真冬のライトアップ」、 7月~8月は「軽井沢白糸の滝 ライトアップアンドイリュージョン」など、イベントのある時期にお出かけするのもおすすめです。 「白糸の滝」へは駐車場から歩いて約5分で到着。 移動途中の自然も満喫してください。 軽井沢で暮らすような日常を気軽に楽しむ ハルニレテラス 16のショップやレストランが集まる「ハルニレテラス」。 軽井沢の別荘で過ごす人たちも多く訪れます。 周囲の自然と共生する「ハルニレテラス」は、暮らすように過ごせる洗練されたエリア。 100本を超える春楡(ハルニレ)の木をそのまま残して造られた小さな街です。 敷地内のお店には、毎朝店内で作るジェラート、自家製天然酵母のパン、ソムリエがセレクトする約 300種類のワイン、北欧雑貨など、どれも手に取りたくなるような商品が並びます。 おしゃれな品々を買い込んで、旅をワンランクアップさせたり生活のセンスアップを目指したりするのも良さそうです。 軽井沢星野エリアにあり、教会めぐりの途中や自然体験の後に立ち寄るのもおすすめ。 お気に入りのランチのお店や気の利いたお土産も見つけられそう。 ショッピングだけでなく自然を感じながらのんびりくつろげるスペースもあるため、時間を忘れてつい長居。 軽井沢高原教会で幻想的な光の森を楽しむ 軽井沢高原教会 広い中庭を望み、樹々に囲まれた「軽井沢高原教会」。 冬は白い雪が木々を覆い、初夏は太陽の光で緑がキラキラ輝く星野エリアの森。 小径をたどるとその先に軽井沢ウェディングの草分け的存在「軽井沢高原教会」が現れます。 一年を通して美しい景色が楽しめる「軽井沢高原教会」では、誰にでも開かれた教会という精神を受け継ぎ、一般の人でも教会行事に参加できます。 毎週日曜日には「ゴスペル礼拝」、8月は「サマーキャンドルナイト」、10月中旬~11月上旬は「紅葉ライトアップ」、12月は「クリスマスキャンドルナイト」が行われます。 教会を囲む木々は季節によって姿を変えるため、それぞれの時期で趣のことなった教会行事が楽しめます。 コンプリートしてみる!? 中庭に無数のキャンドル灯る幻想的な「サマーキャンドルナイト」。 目の前に美しすぎるロマンチックな世界が広がります。 「紅葉ライトアップ」は、中庭のモミジが紅色に染まり、あたたかな灯りに包まれる。 秋色に染まる夜の森を散策してみよう。 12月に入ると始まる「クリスマスキャンドルナイト」。 澄み渡る夜空の星、ランタンの光、ツリーの輝き…。 寒さを忘れ、心がほっと温まります。 木造りのあたたかみのある空間、正面の大きな窓から光が差し込む。 毎週日曜に「ゴスペル礼拝」を、4月21日には「イースター礼拝」を開催。 避暑地「軽井沢」発祥の地といわれる礼拝堂へ立ち寄る 軽井沢ショー記念礼拝堂 礼拝堂の前にあるショーの胸像が目印の「軽井沢ショー記念礼拝堂」。 「せっかく軽井沢へ行くなら、歴史にも触れてみたい」。 そんな軽井沢ヒストリーの扉を開けるなら、真っ先に「軽井沢ショー記念礼拝堂」へ。 こちらは1895年、カナダ人の宣教師A. ショーらが軽井沢に建立した軽井沢最古の教会です。 ショーが招いた宣教師たちがこの地に別荘を建て、それがもとで現在の軽井沢が生まれたといわれています。 そう、ここは避暑地「軽井沢」発祥の地でもあり、軽井沢の歴史を語る上で重要なスポットなのです。 礼拝堂の裏にあるショーハウス記念館で、ゆかりの品々が公開されています。 旧軽井沢銀座商店街を通り抜けた木立の中に建っているので、ぜひ散策で立ち寄ってみてくださいね。 日中は見学自由の礼拝堂。 温かみのある静かな空間に心が洗われます。 浅間山を間近に眺めて爽快にドライブする 鬼押ハイウェー 峰の茶屋ゲートから約2Km走って六里ヶ原休憩所へ。 雄大な浅間山の絶景に出会えます。 現地へ到着した後も、周辺の観光スポットをめぐりながらのドライブも楽しい! そんなドライブにかかせないのが「鬼押ハイウェー」です。 軽井沢から北軽井沢、嬬恋方面に向かう有料道路で、峰の茶屋~鬼押出し~鎌原間15. 6kmの区間を走ります。 標高2,568メートルの浅間山を眺めながら、天空ロードを走り抜けるドライブはとっても爽快!自然の大パノラマが出迎えてくれますよ。 また、ドライブ途中に観光で立ち寄りたいのが、溶岩石が広がる「鬼押出し園」です。 見どころも多くレストランも完備。 休憩にも便利です。 浅間山の麓を爽快にドライブできるのが鬼押ハイウェーの一番の魅力です。 1783年の浅間山噴火によって生まれた、溶岩の芸術「鬼押出し園(入園料大人650円)」。 通年オープンのアイスパークでカーリングを体験する 軽井沢アイスパーク 目の前に広がる「カーリングホール」を見ただけでワクワクドキドキ! カーリング女子選手の「もぐもぐタイム」などで話題になったカーリング。 軽井沢には誰でもカーリングが楽しめる「軽井沢アイスパーク」で、初めての人でも気軽にカーリング体験ができちゃいます。 しかも通年でプレイできるので、暑い夏はひんやりスポットに早変わり!お友達にも自慢できそうです。 初回は必ずレクチャー付きの体験が必要ですが、カーリングシューズを履いて氷に乗る方法や上手な転び方、ブラシの使い方に基本ルールまで、インストラクターが丁寧に教えてくれますよ。 基本動作は通常60分でマスターできるそうですが、本格的に挑戦したい、大人数の場合は90分コースを選びましょう。 一般予約は「3カ月前の同日」から受付。 予約は電話または受付で問い合わせが必要。 カーリングを眺めながら休憩や食事ができる「ふれあいホール」。 フリーWi-Fiも完備。 森の中を歩きながら四季折々の自然や生き物と出会う ピッキオ「野鳥の森 ネイチャーウォッチング」 年々高まるアウトドアブームで、もっと自然に繋がりたい人も多いはず。 ぜひ軽井沢へ行くなら自然観察ツアーに参加して、森を散策しながら自然を楽しんでみませんか?「ピッキオ」では「野鳥の森 ネイチャーウォッチング」を通年で開催しています。 料金は大人2,100円、4歳~小学生1,000円です。 野生動物や植物を知り尽くしたガイドが、緑いっぱいの森をご案内。 約2kmを歩きながら、リアルな生き物の姿が観察できますよ。 豊かな自然に囲まれた環境に身を置けば、木々の香りや透明感のある空気に包まれ、とっても癒されます。 3月~11月は「空飛ぶムササビウォッチング」も。 夕暮れの森を飛ぶ、かわいらしいムササビに90%以上の確率で出会えますよ。 ツアーの受付はピッキオの拠点「ピッキオ野鳥の森ビジターセンター」へ。 ケラ池の畔にカフェも併設。 ツアー前後の休憩にぴったりです。 ピッキオ野鳥の森ビジターセンターは入館無料 10. トンボの湯でリゾート感あふれる美肌温泉に浸かる 星野温泉 トンボの湯 桧と十和田石の湯船で美人の湯を満喫。 秋はりんご、冬は柚子など、季節の香りを楽しむ季節湯を定期的に開催しています。 1915年開湯の星野温泉。 リゾート地の温泉ですが、こちらのお湯は実力も兼ね備える名湯です。 湯船で湯の花が舞い、飲泉可能な湯が毎日注がれていることから、鮮度の高さがうかがえます。 北原白秋や与謝野晶子も入浴した古の湯の泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。 弱アルカリ性でやわらかく、肌触りはとろり。 「美肌の湯」としても評判です。 塩分も含むため、特に冷え性の人はよく温まるのも嬉しいですね。 開放感のある露天風呂。 春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色…。 季節で変化する四季折々の風情を眺めながら湯浴みが楽しめます。

次の