競輪 ネット ナビ。 競輪初心者が基礎を学ぶ

競輪初心者が基礎を学ぶ

競輪 ネット ナビ

この記事の目次• 競輪の3つの投票方法 「投票」とは競輪の車券を購入することで、「車券」とは自分の予想した番号を買ったときに手に入る券のことです。 買った車券が的中すると、 「オッズ」に応じて「払戻金」を受け取ることができます。 例えば車券を「1,000円分」買っていて、オッズ「2. 0」で「2,000円」の払戻金となります。 競輪の投票には、• 競輪場や場外車券売場で投票する• インターネットで投票する• 電話で投票する の 3種類の方法があります。 競輪投票サイトの選び方 競輪投票サイトの選ぶときには、• どの競輪場に投票できるか?• 出走表は見やすいか?• サービスが充実しているか? の 3つのポイントをチェックするようにしましょう。 自分に合った投票サイトを見つけることができれば、競輪の回収率アップにもつながりますよ。 どの競輪場に投票できるか? 競輪投票サイトの選び方の1つ目のポイントは、 どの競輪場に投票できるかをチェックすることです。 投票サイトによっては、全国43カ所の競輪場のうち、一部の競輪場にしか投票できないサイトも存在します。 自分が投票したい競輪場に投票できないと意味がないので、必ず確認するようにしましょう。 出走表は見やすいか? 競輪投票サイトの選び方の2つ目のポイントは、 出走表は見やすいかをチェックすることです。 出走表には「競走得点」「勝率や連対率」「B・H・S」などの予想に必要な情報が載っています。 それぞれの投票サイトごとに 載っている項目が違うので、自分が予想するときに使う情報が載っている投票サイトを選びたいですね。 ただし、 項目ごとの数値はどこの投票サイトで見ても同じなので、安心してください。 例えば、投票サイトAの「競走得点」と投票サイトBの「競走得点」の数値が違うということはありません。 ウィンチケット KEIRIN. (ドカント)」と 「通常車券」の2種類が存在します。 Dokanto! はインターネット投票限定の投票方法で、「Dokanto! 7」「Dokanto! 4two」の2種類があります また、通常車券には、競輪場や場外車券売場の車券と同じように「三連単」「三連複」「二車単」「二車復」「二枠単」「二枠複」「ワイド」の7種類があります。 競輪で勝ちたいなら、 通常車券での投票に慣れることが重要です。 Dokanto! (ドカント)とは? Dokanto! (ドカント)とは、 着順をコンピュータがランダムで選んでくれる投票方法で、全国の競輪場で開催されるG3以上のレースが対象となります。 インターネット投票限定の投票方法なので、競輪場や場外車券売場では投票することができません。 Dokanto! 7とDokanto! 4twoの違いについて、下の表にまとめました。 競輪の投票についてのよくある質問 ここからは、 競輪の投票についてのよくある質問をまとめました。 競輪投票はアプリでできる? KEIRIN. JPが昔は公式アプリを提供していましたが、サイトのリニューアルに伴い、 2017年4月4日にサービスが終了しました。 アプリはなくても、スマホ版のKEIRIN. JPにほとんどの機能があるので、スマホユーザーはそちらを利用するのがおすすめです。 競輪のインターネット投票の時間は? 競輪のインターネット投票の 開始時間は、投票サイトとレースごとに決まっているので、詳しくはそれぞれの投票サイトで確認しましょう。 また、投票の 締め切り時間は、レース開始の5分前のことが多いです。 【競輪投票サイト】まとめ 競輪投票サイトを正しく選ぶことは、 競輪で勝つことにつながります。 もう一度、 おすすめの競輪投票サイトについてまとめると、.

次の

DMM競輪

競輪 ネット ナビ

近年、インターネットで車券を購入し、 レースを楽しむことのできるサービスが展開され始めています。 競輪場が遠方にあり、なかなか車券を買えない人にとってはとても助かるサービスです。 そこで今回は、実際にインターネットで競輪の車券を買う(投票する)には どのようにすればいいのか、その方法について解説します。 競輪の車券をインターネットで買う(投票する)にはどうしたらいい? 競輪の車券をインターネットで買う(投票する)ためには、 競輪投票サイトに入会することが必要になります。 インターネットを通して競輪投票ができるサービスはいくつも存在します。 ここでは、競輪の車券をインターネットで買う(投票する)方法の一例をご紹介していきます。 あくまで例ですので、 場合によっては順番が前後しても問題ありません。 各サービスの特色を知る まずは、競輪の車券をインターネットで購入できるサイトを調べてみましょう。 サイトごとに、特色があり車券を買うだけでなく、 いろいろなサービスを受けることができます。 使い勝手も違ってきますので、 それぞれのサービスの特徴を確認した後に、使うサービスを決めるといいかもしれません。 実際にインターネットの検索で「競輪 ネット投票」などと検索をかけると、 ネットで車券を買うことできるサイトがいくつか表示されるはずです。 その中から、サービスの概観や内容を見てみましょう。 選んだサービスに入会する 利用したいサービスが決まったらさっそく入会してみましょう。 もしどの車券投票サービスに登録すべきか決めきれない場合は、 無理に一つに絞らず、複数のサービスに入会し、 実際に使ってみることで自分好みのサービスを見つけることもできます。 もちろん、複数のサービスを掛け持ちで利用することも可能ですので、 考え過ぎずにひとまず入会してみるのもいいでしょう。 インターネットの車券投票サービスでは、車券の購入や払戻金の受け取りには指定している銀行があります。 そのため、ネット投票サービスに登録するには、 各サービスが指定している銀行口座を開設していなければいけません。 もし、入会を考えているサービスの指定銀行の口座を持っていなければ、新たに口座を開設する必要があります。 指定した口座に入金し車券を購入する 車券購入サイトの会員登録を済ませたら、 さっそく指定口座に入金し、車券を購入しましょう。 インターネットで車券を購入できるサービスでは、レースの中継を動画で見ることができることが多いです。 レースの結果、もし購入した車券が的中していたら、 そのまま払戻金の受け取りを申請することもできます。 ここまで、インターネットで車券を買う方法について紹介しましたが、 実際は登録するサービスによって異なる場合があります。 サービスごとに車券購入から払い戻しの受け取りまでの流れを説明した案内があるかと思いますので、 詳しくはそちらを参考にするようにしましょう。 競輪の車券をインターネットで買う(投票する)メリット 競輪は競輪場(バンク)で直接レースを観戦し、臨場感や盛り上がりを楽しむのも魅力です。 しかしながら、インターネットで車券を買うメリットもありますので、いくつか紹介していきます。 ・どこにいても車券を買うことができる 自宅であれ電車の中であれ、ネットが使える場所であれば、 どこからでも車券を買うことができるのが大きな魅力です。 現実的に、競輪場が自宅のすぐ近くにある人はそう多くはいないでしょう。 人によっては場外開催ですら遠出しなければ通えない人もいるかしれません。 距離や時間的な問題で定期的に競輪場(もしくは場外開催)に定期的に通うのが困難な場合は、 インターネットで車券を買うことができるのは、非常に便利なサービスだと言えます。 もちろん、払い戻しもインターネット上で行えるので、 競輪場で必要な手続きのほとんどを済ませられることになります。 ・特典やポイントなどのサービスが受けられる インターネットで車券を購入できるサービスに登録すると、 競輪場や場外開催でレースを観戦するのでは得られないサービスや特典を受けることができます。 例えば、独自のレース情報や展開予想を、会報誌をはじめ、 メールマガジンやデータのダウンロードなどで受け取ることができるものもあります。 各サービス独自の情報を踏まえることで、レース観戦や着順予想の幅が広がります。 それだけでなく、登録したサービスで車券の投票をすると、 ポイントが溜まり、景品と交換できる場合もあります。 また、レース映像を中継するサービスを提供している場合、 自宅にいてもリアルタイムでレースの結果を動画で確認することも可能です。 臨場感や選手の活躍を間近で感じられる競輪場もいいですが、 居心地のいい自宅などのリラックスできる空間で競輪に熱中できる選択肢が加わるのは大きなメリットです。 車券をインターネットで買う(投票する)ことができるサービスを選ぶポイント 車券をインターネットで買う(投票)ことができるサービスを選ぶポイントは様々ですが、 例えば、 ・操作性や投票画面の見やすさ ・車券の購入システム ・利用している口座が指定銀行に含まれているか ・予想情報などのサービス ・過去のレース情報の充実度 などが、各サービスを選ぶ際の比較対象になるかと思います。 使いづらさや不満を抱えたままサービスを利用し続けると 知らず知らずストレスが溜まっていくかもしれません。 実際にいくつかのサービスを触った後で、 それぞれの良さを掴んでから今後利用するサービスを決めるといいでしょう。 競輪の車券をインターネットで買う(投票する)際の注意点 競輪の車券をインターネットで買う(投票する)ことの特徴やメリットをここまでお伝えしてきましたが、 注意点も併せて知っておきましょう。 特に気を付けたいのは車券を現金で購入するのではなく、 投票用電子マネーで車券を買う場合です。 投票用電子マネーによっては、有効期限が定められていて、 期限を過ぎると失効してしまうこともあります。 初めて購入する場合は、いきなり高額の投票用電子マネーへ交換をするのは控えたほうがいいかもしれません。 また、一度現金を投票用電子マネーに変えてしまうと払い戻しができない場合がありますので、 購入する前に利用方法を把握しておきましょう。 その他にも気になることがあるようなら、利用先のサービスの案内や規約を確認してみることをおすすめします。

次の

当たる競輪(けいりん・KEIRIN)予想はエンジョイ|日刊プロスポーツ新聞社

競輪 ネット ナビ

Contents• 事業者が違うと何が違うのか いろんなところで競輪が買えると聞くと、いろんなところで競輪がやってると勘違いしてしまうかもしれない(地理的にはいろんな所でやってはいるのだけど) 競輪はあくまでも地方自治体が主催する公営競技であって、その車券の販売を他事業者に委託している。 つまり同じ車券を別々の窓口で買っているようなものだ。 どういう契約やお金の流れになってるのかはよくしらないけど、施行者(JKA)は車券の販路を広げられる。 事業者はマージンをもらえる。 持ちつ持たれつの関係であるのは間違いない。 なので、事業者Aで買おうが、事業者Bで買おうが、1票100円という値段は一緒。 結果も一緒。 オッズも一緒。 払戻金も一緒。 となれば変わってくるのが、事業者独自のサービスである。 たとえ ばポイントプログラム。 車券購入額の数%をポイント還元して、景品交換、あるいはそのポイントで車券を購入できる。 そして 情報提供。 レースの組み合わせや結果などは当然変えられないが、選手のコメントや予想印などを独自に取材したりして、他社との差別化を図り、予想の糧にしてもらう。 もちろん、 サイト自体の使い勝手も差別化を図るポイントの一つである。 その辺ちょっとまとめてみる。 keirin. jp keirin. jpは本元JKAが運営するネット投票サービス。 いわば 公式。 良い所 登録が簡単 対象の銀行口座さえ持ってれば、その場で申し込みできる。 免許証、印鑑、必要なし! 良い所 公式ならではのニュースを見られる 特昇の情報とか、G1出場予定者が決定しましたとか、競輪養成所のニュースとか。 良い所 他にない選手情報が見られる 「当場成績」「対戦成績」「H」が見られる予想サイトは意外とない。 特に個人的には H(ホーム通過)を展開予想の重要項目とするのでありがたい。 よくない所 朝8時にならないと買えない 内部的な日付が朝8時に変わるので、 その日のレースは朝8時にならないと買えない(前売りを除く) よその民間ポータルは日付が変わったら買えるのに、、、 ちなみにモーニング開催は最速で8時30分出走なので、25分くらいしか買う時間がなかったりする。 Kドリームス 楽天が運営してる民間ポータル。 その筋では結構有名。 良い所 独自のポイントがある 楽天に限ったことではないが、車券購入でポイントがたまり、いろいろお得になる。 ポイントの率的には keirin. jpよりも良い。 良い所 K3、K5(重勝式)がある K3は後半3レース、K5は後半5レースの1着をすべて当てるという賭式。 1口100円だけど数千~数万円くらいの払い戻しがだいたい。 単勝がない競輪において「1着を当てればよい」という予想は意外と新鮮で楽しいし、番組によっちゃ余裕で当てられる。 良い所 レースの予想情報が公式より詳しい 選手コメントは普段は「自力で勝負します」とかの一言だが、大きなレースの決勝とかだと詳しく二言くらいで載せてくれて、選手の気合いや狙いなどが垣間見られたりする。 また、並び予想だけじゃなくて最終バック通過の予想も載せてくれるので、参考になる。 良くない所 電子マネー「デルカ」がめんどい 投票するときはKドリームスに直接入金するのではなく、電子マネー「 デルカ」に入金して、そのデルカで車券を購入する。 そのため、Kドリームス・デルカの2か所に登録することになる。 ちなみにデルカはネットバンクでなければ書類確認が必要。 オッズパーク 地方競馬やオートレース(バイク)もカバーしてる民間ポータル。 マキバオーでおなじみなのね。 知名度のわりにスケールは小さく、地方競馬やオートレースで使う分にはいいかもしれないが、競輪を買うのには使いづらい。 良い所 読み物は楽しめる 予想コラムなど読み物としては楽しめるのかもしれない。 良くない所 予想情報が乏しい SやBすら載ってないので、これだけだと展開の予想がとてもやりにくい。 DMM競輪 おなじみのDMMが運営する民間ポータル。 そういう意味でDMMの他のサービスを使ってる人にはハードルが低いかも。 (別にサービスが連携されたりはないけど) 良い所 チャリロトが買える K3、K5と同じような、複数レースの1着をすべて当てる重勝式がそろってるので、普通に車券を買う以外の楽しみ方ができる。 良い所 人気選手やアイドルのブログがある ネット企業らしくフランクな雰囲気で、固すぎない情報発信をしてくれる。 競輪予想とは別ベクトルになるけど、やんわりと競輪に興味をもちやすくしてくれるコンテンツの一つ。 悪い所 予想情報は貧弱 コメントもないし3連対率もないし、他のサービスと比べて少し不便に感じるかも。 いろいろ登録が必要になるので管理が煩雑になるよ、というお話。 チャリロト. com 今はミクシィの子会社になっているチャリロト。 競輪重勝式のパイオニア。 良い所 チャリロトセレクトが買える 後半7レースを自分で選んで買える重勝式(チャリロトセレクト)が買えるのはチャリロトとDMM競輪のみ。 一攫千金を狙うなら登録しておいてよいかもしれない。 悪い所 通常車券の予想がとても貧弱 ここで挙げたどのサービスよりも情報は貧弱。 チャリロト専用と割り切った方がいいかもしれない。 GambooBET 投票システムはKドリームスと同じものを使ってるので、予想、投票に関してはKドリームスと同じと思っていいかも。 予想とかよりもコミュニティに力を入れている印象。 良い所 ヨソカツがある ギャンブー独自のコンテンツが「予想を売り買いできる」という。 競輪の全レースにおいて予想を登録できて、買ってもらえると自分にポイントが入る。 (予想が当たってもポイントは増えない) ちなみにそのポイントはデルカ経由で車券も買えるし、貯まれば換金もできるから、その気になれば予想で稼ぐことも可能。 現実的ではないけど。 予想自体は無料公開もできるので、 競輪予想の練習にはもってこい。 良い所 keirin. jpで買ってもポイントが貯まる どういうシステムなのかほんと謎なんだけど、Gambooとkeirin. jpの両方で登録・連携しておいて、keirin. jpで車券を買うと、なぜかGambooのポイントがもらえる。 (ただし1部の競輪場、開催のみ) しかも申請とかしなくていい。 keirin. jp使ってたら勝手に貯まる。 もちろん貯まったポイントはGambooで車券購入したり、換金したりできる。 購入額の0. 良くない所 デルカ Kドリームスと被るけど、車券を買うにはデルカが必要になるので、ひと手間ふえちゃう。 ¥ジョイ 競輪専門誌が運営するサービス。 車券も購入できるけど、メインは予想情報。 情報量がとにかくものすごい。 選手の能力を指数で表した選手情報は、選手みずからも参考?ネタ?にするほど。 良い所 とにかく情報量がすごい 記者の取材した情報、選手の能力を推し量る情報など、初めて触れると何を見ればよいかわからないほどに情報は充実。 使いこなすには慣れが必要かもしれない。 良くない所 車券購入においてはもう一歩 Kドリームス、GambooBETと同じくデルカで車券購入もできるが、予想を見ながら車券も買える程度。 ポイントなどのお得さでは他の民間ポータルに見劣りする。 みんなの競輪 日本写真判定という競輪場の運営システムを手掛ける会社が2019年に興したサービス。 予想情報と一緒に「チャット」でユーザー同士がコミュニケーションできる機能がウリ。 良い所 チャット機能 他の民間ポータルでは、ブログなどはあってもチャットは無かったので、目新しさはあった。 良くない所 チャットが流行ってない すでにオワコン 良くない所 精算がとにかく遅い 車券が当たった場合に引き出そうとしても、その場で引き出し(口座に入金)ができない。 これはサービス開始当初から突っ込まれてた話。 精算金はお手続き日の翌銀行営業日に当社より振り込みを行います。 初回精算のお手続きか払戻口座の変更を行った場合は、口座確認の銀行側手続きに一定時間かかる場合があるため、3銀行営業日以内に入金をご確認いただくことができます。 より引用 WinTicket 2019年、あのサイバーエージェントがついに競輪に参入。 民間ポータルのなかでは最も新参。 AbemaTVというネットのみで見れる放送サービスでミッドナイト競輪番組を放送してるのも特徴。 良い所 登録が簡単 他の事業者と違い、登録時に銀行口座が必要ない。 (残高を引き出すときには登録が必要) 免許証があれば数分で登録できる。 また入金もネット決済なので、基本的にはリアルタイムでストレスはない。 良い所 スマホ特化で使いやすい IT企業らしく、ユーザーインターフェース、使い勝手がスマホに特化されていて、直感的でつかいやすい。 予想の情報も最低限ほしいものはそろっているので、若い人が競輪を始めるのにはもってこいかもしれない。 良い所 AbemaTVと連携した企画がよくある AbemaTVの競輪チャンネルでは、ゲストが喋りながら競輪を予想し、みんなでレースを見る、という番組が毎晩放送されている。 ゲストが予想を当てたり、WinTicketユーザーが高額当選したりすると、関係ないWinTicketユーザーにもポイント還元されたりする。 ちなみに過去には1人あたり 数十万円相当のポイントがプレゼントされたことも。 (ポイントはそのまま換金はできず、車券購入に使える) 良くない所 見当たらない・・・? 全てが100点というわけではないが、70~80点で手堅く押さえてあるという感じ。

次の