玉ねぎ 半分 保存。 [タマネギ]正しい保存方法や切り方のテクニック

[タマネギ]正しい保存方法や切り方のテクニック

玉ねぎ 半分 保存

玉ねぎの保存方法・仕方、使用アイテム1つ目は「ストッキング」です。 伝線して使えなくなったストッキングを玉ねぎ保存に活用しましょう。 玉ねぎを傷める原因「湿気」が飛び、長期保存が可能です。 保管の仕方は、ストッキングに玉ねぎを詰めていくだけ!玉ねぎ同士がくっつかないよう、間にヘアゴムなどを挟んで下さい。 新品・使用済みどちらのストッキングの場合も、足先(くるぶし下)部分はカットしておきましょう。 こうする事で真っ直ぐ収納でき、また上からも下からも取り出し可能です。 間に挟む物は、スプリングヘアゴム・パイルヘアゴムなどが適しています。 履けなくなった靴下を活用しても良いでしょう。 吊下げ収納に最適な方法です。 ストッキング同様、湿気を取る事が可能で玉ねぎ長期保存に最適な環境を作ってくれます。 新聞紙を敷く・紙袋を作る・1個ずつ包むなどの保管方法があり、簡単で手軽に試す事が出来ます。 また玉ねぎ保管中の皮や土が落ちて、床などを汚すと言う心配も不要です。 新聞紙は、家に届く地域情報の新聞紙などでもOKです。 上記画像のように気に入った布袋に新聞を敷いても良いでしょう。 また紙なので、購入日などを書くことも可能です。 10個以上の玉ねぎがある場合、また玉ねぎを重ねて収納したい場合は、1個ずつ包んで保管すると長持ちします。 上記画像のような袋、みかんの袋と言えば想像しやすいでしょうか。 通気性、また柔軟性があるメッシュ状の物が、玉ねぎ収納にも適しています。 多くの玉ねぎを収納できる訳ではありませんが、一時的ならこの収納方法もお勧めです。 保存の仕方は、玉ねぎをそのまま入れるだけ!5個位まで、また3週間以内に使う予定なら、この簡易方法でも大丈夫です。 またメッシュネットと同じ形状の排水口ネットも使えます。 もし皮の剥がれ落ちが気になる場合は、上記でご紹介した新聞紙と組合わせる、又は洗濯ネットを使うと言う方法もお勧めです。 網の上にキッチンペーパーや新聞紙を敷いておけば、皮や土落ちも予防出来ます。 虫などの侵入を防ぐファスナータイプもありますので、用途に合う物を選んで下さい。 沢山入れる場合は、吊下げ紐や網部分を補強すると良いでしょう。 直射日光の当たらない風通しの良い場所に吊るして保存しましょう。 玉ねぎ同士がくっつかないように保管すれば、数か月はもつ方法です。 但し、湿気の多い時期は、傷みが早い傾向にありますのでご注意下さい。 箱買い・お取り寄せ時に活用出来ます。 もし玉ねぎの香りが気になる場合や害虫を呼び寄せる可能性が高いお部屋の場合は、保存期間は短くなりますが冷蔵保存して下さい。 野菜カゴや木箱、ダンボールなどに入れて収納します。 数個の場合であれば、そのままでも大丈夫ですが、量が多い場合は使い切るまでの期間も踏まえ、長く保管できる方法で保存して下さい。 置き収納の場合も吊り収納と同様、直射日光の当たらない湿気の少ない場所に保管しましょう。 この保管方法の場合、2か月はもちますが、新聞紙を上手く活用する事が大切です。 新聞紙が少し柔らかくなったら変え時!また定期的に玉ねぎの収納位置(上下)を変える事で更に長期保管が可能になります。 普段は常温保存出来る玉ねぎですが、夏場や湿気の多い時期は「野菜室以外の冷蔵庫」で保存しましょう。 玉ねぎの劣化は湿度が大敵!野菜室の湿度は、葉物野菜などの為に60~90%と高めに設定されているので、野菜室以外で保存して下さい。 冷蔵庫に入れる場合も常温と同じく、玉ねぎを1個ずつ新聞紙に包んで保存します。 新聞紙を少しクシャクシャにしてから優しく包むと、玉ねぎと新聞紙の間に空気の層ができ、程よい温度・湿度が保てます。 冷蔵庫で保管する場合、1~2か月程もちますので夏場・湿気の多い時期も凌ぐ事が出来るでしょう。 これは、玉ねぎを半分にカットした場合などに使えます。 カットした玉ねぎはニオイが強くなり、傷みやすくなるので、出来る限り早く使い切るようにしましょう。 ニオイが気になる場合は、アルミホイルを活用します。 サランラップのみで包んだ場合は、約1~2週間、アルミホイルとサランラップで包んだ場合は、プラス1週間程日持ちします。 包み方は、まずアルミホイルで包んだ玉ねぎを更にサランラップで包むだけ!超お手軽にニオイ対策・長期保存が可能になるので、ぜひお試し下さい。 この場合、野菜室でも保存可能です。 こちらはスライス・みじん切りした玉ねぎを保存する時に使えます。 出来る限り空気を抜いて封をするのがポイントです。 一度水にさらした玉ねぎの水気をしっかり取り、アルミホイルで包んで、それをジップ付き袋に入れて保存しましょう。 袋はサランラップでも代用可能で、約1. 5か月保存可能です。 また調理した玉ねぎ・飴色にした玉ねぎを保存したい場合などにも応用出来ます。 一度炒めた玉ねぎの粗熱を取り、アルミホイルに乗せジップ付き袋で保存すれば、2か月以上もちます。 下記関連記事にて100均のジップ袋を紹介していますので合わせてご覧下さい。 陽に当てる事で、カルシウムの吸収を手助けする「ビタミンD」、血流を改善する「ケルセチン」が増加します。 天日干しの方法は、茶色の皮を剥いた玉ねぎを丸ごと、野菜干し網などに入れるだけ!湿度が下がる秋~冬の時期が最も天日干しに適した時期です。 カットした玉ねぎも天日干し出来ます。 よく晴れた日に、陽の当たる場所に置いて干しましょう。 約5~6時間、秋なら10時~15時の5時間程乾燥させます。 丸ごとの場合は3~7日、カットした玉ねぎの場合は約3日で完成です。 密閉容器・袋に入れて保存、乾燥具合にもよりますが、冷蔵・冷凍で約1か月はもちます。 直径3~4cm程度の小さな玉ねぎで糖度が高いのが特徴です。 そのままかじって食べる事もでき、煮込み料理などにも適しています。 レンジでチンして丸ごと食べる、またそのまま天ぷらにしても美味しいです。 小さなサイズなので火の通りが早く、保存場所も取らない玉ねぎになります。 玉ねぎの保存方法に詳しくなろう! 玉ねぎの保存方法・アイテムなどをご紹介しました。 玉ねぎを詰替えると、どれを早く使うべきか判断でき、また悪くなった玉ねぎを見つける事も可能です。 購入時のまま、袋や箱に詰めた状態にするのは劣化を早めてしまう原因の1つですので、出来る限り避けておきましょう。 玉ねぎを長期保存し、色々な料理に活用して下さい。

次の

玉ねぎの保存で半分に切った場合は?ベストな方法を知っておきましょう!

玉ねぎ 半分 保存

タマネギの葉が倒れ始めてきたら収穫の合図 玉を乾燥させるために3日ほど雨が降らない日を見越して収穫します。 これは乾燥させることによって長期保存ができるようになるので ウチのタマネギも半分以上が倒れたので、週末に全部収穫することにしました。 去年はトウ立ちが多かったため、植える時期を少し遅らせたのが良かったのか 今年はほとんどトウ立ちせずに収穫できます。 全部で200個ぐらい、しっかり根付いていたせいでこれだけ抜くのもひと苦労です。 しかも、このあと吊るす作業も残ってるし・・・(汗 普通は数日乾燥させたら軒下などに吊るして食べる分だけ取るようにしますが 明後日には雨が降りそうなので今日中になんとか全部吊るす必要があります。 葉っぱと根っこはどうする? 吊るす際に、葉っぱと根っこのひげは切った方がいいのかというと 根は切ってしまってもいいようですが、葉っぱは残した方がいいようです。 理由としては、葉を切り落とした部分から菌が入り玉が腐りやすくなるから 邪魔になって、どうしても切る場合は玉から10cmぐらい葉を残します。 こうすると、切り口から腐っていっても途中で葉が枯れて玉まで届きづらくなります。 ちなみに、私は面倒なのでそのまま吊るしてます。 大きく育った玉ねぎは長期保存には不向きで、芯から腐ってしまいます。 なので、食べる順番は大きな物からにした方がいいです。

次の

使いかけの半分の玉ねぎの賞味期限と保存方法

玉ねぎ 半分 保存

スーパーにしてもコンビニにしても、基本的に玉ねぎは皮がついた状態で多くが網状のネットなどに入っているかと思います。 もともと長期保存に優れた玉ねぎは常温でも冷蔵でも保存することが可能です。 飲食店などでは消化する回転速度が速いために購入した状態のまま冷蔵庫に転がすだけでも鮮度は落ちることがないです。 でも一人暮らしなどあまり一度にたくさん玉ねぎを消化しない方ですと、このままでは長期保存が出来なくなる可能性があります。 実は玉ねぎには水分が多く含まれており、この水分が滲み出てきてしまうことによってふやけてしまったり、腐敗が進んでしまったりします。 これを防ぐために常温冷蔵に関わらず、新聞紙やキッチンペーパーなどで一個づつ玉ねぎを包んで保存するとかなり長持ちさせることが可能になります。 さらに常温で保存する場合は日の直接当たらないような冷暗所に保存すると良いでしょう。 冷凍保存の仕方 冷凍に関してはこの場合丸ごと冷凍庫に保存してしまうと、どうしても水分がドリップしてしまい、風味が変わってしまいます。 そのため、あまりお勧めできる保存方法ではないのです。 どうしても冷凍保存をしたい場合は、予めカットやスライスした状態にし、水気をキッチンペーパーなどでしっかり取った後に、冷凍焼けを防止するためにラップなどで包んで保存すると良いでしょう。 次にカットした状態の玉ねぎの適した保存方法をご紹介いたします。 たまねぎのスライスやカットは正直面倒くさく、私はいつも一玉使い切る予定がなくてもつい一度にまとめて一玉カットしてしまいます。 そのほうが翌日包丁を使わずに楽に調理できますし、何より目が痛くならなくて済む! しかし、カットやスライスをすることによって食材の断面積 表面積 が大きくなり、空気に触れる機会が増えてしまうため、カットする前と比べて大きく鮮度が落ちやすくなってしまいます。 そのため、先ほど紹介したように冷凍保存がおすすめです。 冷凍する場合は水気をキッチンペーパーでふき取り、ラップで包んで冷凍庫に入れればOKです。 スライスしてる場合はジップロックに入れましょう。 冷凍したくない場合 冷凍ではない方法ですぐに使用できるように保存したい場合は冷蔵庫で保存します。 この場合、十分にキッチンペーパーなどで水分を搾り取った後に、金属トレイのような容器 なければプラスチックでもいい にキッチンペーパーを敷き、その上にカットした玉ねぎを保存します。 このとき1枚のキッチンペーパーで玉ねぎを挟むようにして保存するとさらに良いでしょう。 とにかく大事なことはいずれの保存方法においても、しっかり余分な水分は取り除く事を徹底すれば長持ちさせることが可能になるということです。 玉ねぎの保存期間はどれくらい? タマネギは腐ってしまうと大変いやな臭いがしますが、それは、本当に全部腐ってしまったときです。 その他に一番見分けにくいのが、表面は別に変わりないのに中が腐ってしまっているタマネギです。 割ってみると芯の部分が茶色くなっていると言うことがあります。 この場合、周りが柔らかくなってないなら茶色の部分だけ取り除けば食べれます。 内側の層だけ傷んでいる場合はわかりにくい場合もありますが、正常な状態の身の締まった固さとはやはり感触が違うと思いますので、違いがわかると思います。 また玉ねぎを切らずに腐ってるか確かめたいときは、タマネギのおしり、根の部分を押してみてください。 押してみて、柔らかいときは、腐っている確率が高いと思ってください。 また、触って、ぐにゅっとする感覚があるときも腐っています。 余った玉ねぎでできるレシピを3つ紹介! 関連ページ ある日、来客が来て、たくさん使うだろうと思い青じそ20枚位入100円位で安く購入したのはよかったんですが、思いのほか10枚で足りてしまいました。 気がついたころには、萎れてしまったり変色しまった青じそがあり、ゴミ箱行きになってしまい困りました。 そこで青じそはどのように保存すれば長持ちするのか調べてみることにしました。 鮮やかな緑が春を予感させるアスパラガスですが、産地を変えて秋まで楽しめる緑黄色野菜です。 最盛期は3月〜6月あたり。 そんなアスパラガスですが、一体どのくらい保存が可能なのでしょうか? 保存方法と賞味期限や腐った時の見分け方を紹介します。 私はアボカドが大好きです。 そんな私も、アボカドに慣れるまで?は、熟れ過ぎたものを買ってしまって食べる前にダメにしてしまったり、逆に固いアボカドを買って「なんか違う・・・」とがっかりしたり、、。 そんな失敗を繰り返して、いまではベストなタイミングでアボカドを食べることができるようになりました。 アボカドをお家でも気軽に食べたいなぁと思っている方、ぜひ保存方法を参考にしてみてくださいね。 食卓に春の訪れを知らせる「うど」。 うどは比較的アクが少なく、扱いやすい山菜です。 そんなうどですが、どうやって下処理をしたらよいのかわからなかったり、余ったらどうやって保存すればいいかなど、慣れない方には疑問が多いのではないでしょうか。 今回はうどの保存方法をご紹介します。 ほろ苦い風味や鼻に抜ける爽やかな香りがおいしい「うるい」。 春の山菜の中でも使いやすい食材のひとつですが、イマイチ使い方がわからなかったり、どうしたらいいか考えているうちに傷んでしまった・・・なんて経験もあるのではないでしょうか。 しかもたくさんいただいてしまった時などは、使い方に困ってしまいますよね。 うるいはどのくらい保存することが出来るのでしょうか。 今回は、そんなうるいを最後までおいしく食べるための保存方法をご紹介します。 枝豆を結構多めに買ってきてしまい、全部食べきるのはちょっと難しい。 かと言ってお友達にあげるには半端な量。 困った末、生で買ってきた枝豆を冷凍保存してみよう!と決意致しました。 これを知っていれば、もう冷凍枝豆を買わなくてもいつでも新鮮な枝豆をストックできるかも!? おからってどのように保存するのかよいか、ご存知ですか? おからやスーパーやお豆腐屋さんで安く手に入り、栄養もたっぷりなので、いろいろな料理に活用したい食材ですよね。 しかし、大きな袋にどっさり入っていることも多く、一度に使い切るのが難しいと感じていました。 そこで、おからの保存方法や保存期間などについて調べてみることにしました。 おからをたくさんおいしく食べるために、参考にしてみてください。 かぶは白い部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜と、違った栄養素をもつ野菜です。 そんなかぶを正しく保存して、葉も白い部分もすべて使い切りたいですよね。 でも葉の部分は日持ちがしないので、いつのまにかしなびてしまって捨ててしまった・・・なんて方も多いのでは? 今回は、そんなかぶのおいしい保存方法をご紹介したいと思います。 ブロッコリーの仲間のカリフラワーは、11月〜3月が旬の冬の野菜。 真っ白でほこほこしたルックスが特徴ですが、近年は紫や緑、オレンジなどのカラフルなカリフラワーも気軽に手に入るようになりましたね。 でも大きな株を買ってしまうと、使い切るのは結構大変なもの。 そこで今回は、カリフラワーのおいしい保存方法をご紹介したいと思います。 表側の葉っぱが緑色、裏側は鮮やかな紫色の金時草。 見た目はキレイだけどどう食べたら良いのか見当がつかず私は困り果ててしまいました。 このときの私の困った体験から金時草について調べて整理してみたので参考にしていただければと思います。 私が買ったのがまさに保存料無使用で天然素材だけを使ったキムチで一週間くらいで酸っぱくなり始めました。 やっと見つけた美味しいキムチ。 できれば長く美味しく食べたいなと思い、色々調べた保存法をここに整理してみました。 キャベツは1人暮らしの人にとって、丸ごと1個買うだけでずっとキャベツが続いてしまうと思います。 そして冷蔵庫も丸ごと1個入れると他の物が入らないケースもあると思います。 私は、そんな経験をしてきました。 しかしキャベツの保存方法を工夫すれば冷蔵庫を占拠する事なく便利で使いやすい、食材に変わるのでキャベツ中心に保存方法を紹介します。 こごみは、どのくらい保存することが出来るのでしょうか。 いろいろとわからないことも多いこごみを、おいしく保存出来て上手に料理出来たらたら嬉しいと思いませんか? そこで今回は、そんなこごみの保存方法をご紹介しようと思います。 秋に入った頃、スーパーでごぼうを買い、それはそれは美味しく頂いたのですが、ふと見ると、まるまる一本分ごぼうが余りました。 しかも土付き。 土は落としてから保存する方がいいのかどうか分かりませんでした。 以下、その時に調べたごぼうの保存方法についてまとめました。 社会人1年生で一人暮らしを始めたころ、スーパーの安売りで買った小松菜。 その日のうちに半分は茹でてお浸しで食べ、残りは買った時のビニル袋に入れたまま冷蔵庫へ。 ところが、3日ほどそのままにしておいたら、なんだかしんなりしていて美味しそうではなくなっていました。 そこでミネラルやビタミンが豊富な小松菜を、上手に保存する方法を紹介します。 こんにゃくってどうやって保存するんだろう。 保存方法によって、長持ちさせることはできるのだろうか。 余らせてしまったり腐らせてしまうことがないように、こんにゃくの保存方法をまとめましたので、ご参考にして頂ければと思います。 里芋はうっかりすると、すぐ痛んでしまいます。 わたしは根菜類だから長持ちするだろうと一ヶ月以上室内に置いておいたら、むくと半分近くが使い物にならない... なんてこともありました。 冷凍食品の里芋は下ゆで済みですので、私も真似して冷凍保存していましたが、最適な方法は何なのか、ちゃんと調べることにしました。 さやいんげんは5月頃から出回り始め、9月までが旬で、いんげん豆の若いサヤを野菜として食べます。 アスパラガスと同じ疲労回復成分であるアスパラギン酸を含んでいるので、梅雨のジメジメの疲れをとるにはぴったりの夏野菜ですね。 クセのないさやいんげんは、炒め物からスープまでどんな料理にも使えますが、たくさんいただいたりして余ってしまった場合、どのように保存したらよいのでしょうか。 そんなさやいんげんに上手な保存方法をご紹介します。 私は料理初心者の頃、よくジャガイモを余らせていました。 ジャガイモは袋売りで買ってくると、必ずと言っていいほど残ります。 私は揚げ物もやらなかったので、フライドポテトという選択肢はなく、早いときには翌週になると栽培ができるのではないかというくらい芽が生えてきていました。 そんなジャガイモの使い方、保存方法をまとめてみました。 私の自宅で、鍋パーティーを10人位でした時に、友人の大好きな春菊を、スーパーでお買い得で安かったため、大量に買い込みました。 しかし大量に余ってしまいました。 そこで、春菊はどうすれば長持ちさせる事が出来るのか、また、美味しい状態で保存出来るのかを、まとめましたので、これから鍋を楽しむ方、ご家庭の方達など、参考にして頂けたらと思います。 夏から秋は長野で(5〜10月)、冬から春は静岡で(11月〜4月)、1年を通して日本のどこかで収穫されるセロリ。 でもスティックサラダでなければ、普段の料理で大量に使う食材ではないし、結構余ってしまいがちなんですよね。 そこで今回は、セロリの上手な保存方法をご紹介します。 実家から新鮮なお野菜が毎日届く中、大根の消費にとても困っていました。 当時は、保存方法がわからず、大根も切ってラップで包み冷凍庫に入れ、数ヶ月以上も放置していました。 もし同じようにお困りの方がいましたら、是非大根の保存方法をまとめましたので参考にしてみてください。 たけのこって旬が短くて取れると一気にどかっともらったりします。 そうするとどうしても使い切れません。 今回はそんなたけのこを長持ちさせる保存方法を紹介します! ある時、長野への帰省から戻った友人から大量のたらの芽をいただきました。 しかも、友人の旦那様のご実家の裏山に普通に生えているのを採ってきたとの事で、土付きの状態。 「一体どうやって保存すればいいのか…と言うか、保存できるのか…?」 その時、私が調べたたらの芽の保存方法をまとめてみましたのでご紹介したいと思います。 大きい冬瓜を丸ごと1個買うと余ってしまいます。 冬瓜はそのまま保存するには大きくて場所をとるし、カットすると痛みが早くなってしまいます。 そんな冬瓜をどうやって使い切ったらいいのかと悩みました。 その時、調理するときに無駄なく使い切るための保存方法をまとめたので、ぜひ参考にしていただければと思います。 主婦歴25年以上にもなるのに実はとうもろこしの保存方法にはずっと無知だった私。 とうもろこしは大好きで夏になると頻繁に購入し食べていたのに! 今まで何も知らなかったなんてショックでした…。 なぜ今更調べたのかというと、去年の夏はなぜかあまり美味しくないとうもろこしが多くてなぜだろうな〜?と思った事がきっかけです。 ある日、ご近所のトマト農家さんから箱いっぱいのトマトをいただきました。 それもほとんどが完熟した真っ赤なトマトでした。 私の家族はみんなトマトが大好きなので、毎日トマトを食べれると大変喜んでいました。 しかし、たとえ毎日トマトを食べたとしても食べきれる量ではありません。 トマトはきっと悪くなって最後には腐ってしまいます。 そんな時に使える、私の祖母が教えてくれたトマトをおいしいまま保存する方法がありますので、私のようにトマトを無駄にしたくないという方に参考にしていただけたらと思います。 ダンボール半分くらいの長芋がありました。 お好み焼きに入れると美味しくなるんですよね。 とはいっても短期間で長芋ばかり食べるには限界があります。 長芋・山芋などの根菜類の保存期間は他のお野菜より長いと、体感的に分かっている方は多いと思いますが、ここでは長芋の最適な保存方法、より長く持たせる方法をご紹介しまーす。 ちょっとお味噌汁に入れたいとき、副菜として焼きなすを出したいとき……3〜5本は、なんとも微妙な量。 ひとり、二人暮らしの家庭では、なかなかピッタリ消費するのが難しいんですよね。 そこで、今回はスーパーで買ったなすを、限りなく新鮮な状態で保存する方法をお教えします! 春を感じる食材のひとつ「菜の花」は、2〜3月が最盛期。 意外なことに牛乳よりカルシウムが豊富で、他にもビタミンC・B群・カロテンなども豊富な、美肌食材の一つです。 そんな菜の花ですが、普段使い慣れないと余ってしまった時に、どう保存したらいいのかわからないかと思います。 そこで今回は、菜の花のおいしい保存方法についてご紹介したいと思います。 大好きなニラ。 安くなってるとついたくさん買いすぎてしまうんですよね。 でも適切な保存方法を知っていれば大丈夫。 ニラを新鮮に保つのはもちろん、長く楽しみたい、ちょい足しに使いたい、そんな要望に答える保存方法をご紹介します。 にんじんはなんとなく日持ちしそうなイメージがあったので、買ったときのビニール袋に入れて冷蔵庫においておいたところ、次に使おうとしたときには溶けたようにどろどろになっていて悪くなっていたのです。 にんじんは意外と日持ちしないということ、水気に弱いということをこのときに知りました。 このときの経験を活かしてにんじんの保存方法をまとめたので、どう保存すればいいんだろうと思っている人は参考にしてみてください。 ネギって色々な料理に少しずつ使う事が多いので、私はスーパーで買ってきて冷蔵庫の野菜室にそのままポンッと入れて置いたらしなびたり芯(白ネギの真ん中部分)がにょっきり成長して伸びてしまう事がしょっちゅうでした。 保存方法といっても新聞紙にくるむくらいしか無さそうだし…。 そんな私が調べたネギの保存方法を是非参考にして美味しいネギを召し上がってください。 夫婦二人暮らしの生活だったのですが、白菜を丸ごといただいたことがありました。 そんな時に、農家の方に教えていただいた白菜の保存方法をご紹介したいと思いますので参考にしていただければと思います。 イタリアンレストランやパスタ専門店にいくと必ずといっても目にするバジル。 バジルの収穫は春から秋といわれていすが、工夫次第で年中、バジルを味わうことも可能です。 今回はそんなバジルの保存方法をまとめてみました。 みなさんもこのレシピでもっと身近にバジルを味わってみませんか? パセリは実は栄養価が高く、アンチエイジングにも効果のある野菜です。 でもこのパセリ、購入したのはいいけれど、1回使っただけですぐしなびてヨレヨレになり、そのまま捨ててしまうこと多くありませんか? 今回はパセリをより長持ちさせる保存方法をまとめてみました。 彩りにと購入した赤と黄色の2個のパプリカ。 もともとサラダを率先しては食べていなかったため、少量のサラダでした。 このせいでパプリカの消費も少なく、半分を使い切る前にパプリカの肉質がブヨブヨになり、色も悪くなってしまいました。 そこで、パプリカを長持ちさせる保存方法をまとめましたので、参考にしていただければと思います。 万能ねぎは薬味に欠かせない野菜ですが、一気に大量に使い切るということがほとんどなく、色どりにちょっと欲しい時などがほとんどで、全部使おうと思っても中々使いきることが難しい食材のひとつではないでしょうか? そんな万能ねぎを使い切るために長持ちさせる保存方法を紹介します。 春になるとフキを採って料理して食べるのは美味しくとても嬉しいものです。 しかしフキはアクが強く固くなるのですぐに下処理をしないと美味しく食べることが出来ません。 そこで下処理も含めてフキの保存方法をまとめましたのでぜひ参考にしてください。 ふきのとうは我が家の庭で毎年たくさんとれるので、知り合いや親戚にいつもおすそ分けをしています。 ふきのとうは天ぷらにしてもとてもおいしく食べられるし、バターで炒めるだけでも美味しいですし、味噌とあえてもただ美味しいし、スパゲティなどにくわえても合うし、意外と使える万能な食品だとおもいます。 我が家ではたくさん毎年とれるので、いつもやっているふきのとうの正しい保存方法をお伝えしたいとおもいます。 ブロッコリーはビタミンCが豊富で食物繊維も含まれているので、便秘解消にぴったり。 コレステロールを抑制する作用やデトックス効果もあるので健康が気になる人にはおすすめの野菜です。 でもブロッコリーはひとふさの量が多いため気がついたら冷蔵庫の中で、黒ずんでいたり、花蕾の部分が黄色くなっていたりしますよね? ブロッコリーはあまり日持ちしないので早く食べることをおすすめしますが、今回はブロッコリーを少しでも長持ちできるように保存方法をまとめてみました。 子供のお弁当の彩りや、サラダに少し添える程度のミニトマトだから、1パック買ってきて冷蔵庫に入れて置いても、すぐにシワシワになってしまいます。 皮が硬くなって口に残るし、見映えもよくありません。 そんなミニトマトをできるだけ長く保存して、思い出したときにサラダに添えることができる方法を紹介します。 もやしは安いので買い物に行くと必要でなくても買ってしまうこともあるのではないでしょうか。 しかし、特売してるとついつい買いすぎて、使い切れなくて傷んでしまうことがありました。 一人暮らしの学生時代から、主婦になるまで、ずっと助けてもらったもやしの保存方法が、皆さんのお役に立てたらと思います。 癖のないレタスはサラダだけではなく、チャーハンやお味噌汁にも活用ができる野菜です。 でもレタスは一玉が大きいので消費するのになかなか時間がかかるものです。 食べなきゃ食べなきゃと思いつつ、気が付いたときにはもうしなびていて使えなかったことも。 今回はこのしなびたレタスをもう一度シャキッとしたレタスに戻す方法やレタスをなるべく長持ちできる保存方法を紹介したいとおもいます。 お正月や京懐石で見かけることの多い「ゆり根」。 普段はなかなか食べない食材のひとつだと思います。 そんなゆり根ですが、いったいどうやって保存したら良いのでしょうか? 今回はゆり根の保存方法についてご紹介します。 わらびなどの山菜がお店に並ぶと、春が来たことを実感しますよね。 でもわらびは普段使わない食材なだけに、どう扱ってよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は山菜を代表する「わらび」のアク抜きやおいしい保存方法をご紹介します。

次の