バジリスク絆2 朧 バジリスクタイム。 バジリスク絆 BT開始・突入画面振り分け・次回予告詳細|天膳・朧は高継続?

バジリスク絆2【設定示唆 判別 シナリオ 終了画面 朧 赤い月 ボイス】解析

バジリスク絆2 朧 バジリスクタイム

数多のプレイヤーを魅了した5号機のレジェンドマシンである『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の2作目が遂に登場!! 本機『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』はバジリスクチャンス BC からバジリスクタイム AT への突入を目指すという通常時のフローを6号機で実現。 さらに「月下閃滅」と呼ばれるストック上乗せ特化ゾーンも新たに搭載されている。 ATは1セットあたり約40G継続で、1Gあたりの純増枚数は約2. 各セットの継続率は複数のシナリオによって管理され、多くのプレイヤーから支持を得た「絆高確」はもちろん、今作も健在だ。 さらに、BCのスルー回数狙いや設定推測要素などは前作の知識を活かすことができるようなので、導入日から積極的に狙っていきたい1台と言えよう。 内部状態を完璧に見極めるのは難しいが 高確35Gに関しては 偶数設定で選択されやすいため、チャンス役を引いていないにもかかわらず高確挙動が30G以上続いている場合は 偶数設定or モードC滞在時の非チャンス役で(超)高確ゲーム数獲得のいずれかに期待できる。 なお、BCorAT後はレバーON時にステージが決定するが、このタイミングで自力で超高確へ移行させた場合は吉田宿スタートになることがあり、その場合は設定5以上確定とはならない(移行契機を完璧に見極めるのは不可能)。 BC当選時のAT当選率に影響を及ぼす通常時のモードは A~Dの 全4段階が存在し、 モードD滞在中のBCはAT確定。 前作同様、 AT非当選のBC終了時に現在滞在中のモードテーブル(全16種)を参照してモードが移行していく仕組みだ。 なお、各テーブルの最後には通常Dがセットされているため、スルー回数天井に到達することができればAT当選確定となる。 前作同様、通常時はBC間にもモード昇格抽選が行われており、抽選のメイン役はチャンス目(昇格率は調査中)。 上記の通り、メインリールと液晶出目を注視していれば成立を察知できる。 今作のモードDは前作とやや異なり、滞在中のBCはAT当選だけでなくいずれかの絆高確発動も確定。 ゆえに1セット目の争忍で絆高確が発動しなかった場合はモードC以下に滞在していたことが確定する。 通常時のモードテーブル詳細 チャンス目成立時のモード昇格率は 偶数設定優遇 通常時のモード昇格抽選は チャンス目成立時に行われ、現在の滞在モードと設定の偶奇を参照して昇格率が変動。 なお、 設定6のみハズレ時にもモード昇格抽選が行われる。 1 ここから設定推測するのは難しい!! チャンス目確率とハズレ確率を加味した通常時における1Gあたりのモード昇格率は上表の通り。 ハズレでのモードアップ抽選が行われるのは設定6のみだが、影響はそれほど大きくはない。 なお、前作はモード昇格率が常に一定だったため設定推測材料として有用な要素であったが、今作では滞在モードによって昇格率が大きく変動するため、設定推測においては重視すべき要素ではなくなっている。 朧台詞C発生時はBC2回以内にAT当選!! 台詞Bが発生した場合はテーブル8以上(=2回目のBCまでにCorDスタートがあるテーブル)確定かつ、選択率が全設定共通のテーブル10滞在を否定。 テーブル8以上は偶数設定で選択されやすいため、AT後に台詞Bを頻繁に確認できれば偶数設定の可能性が高まる。

次の

【バジリスク絆2】バジリスクタイム終了後のサブ液晶タッチで絆ランプ点灯とセリフのテーブル示唆を確認せよ!

バジリスク絆2 朧 バジリスクタイム

数多のプレイヤーを魅了した5号機のレジェンドマシンである『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の2作目が遂に登場!! 本機『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』はバジリスクチャンス BC からバジリスクタイム AT への突入を目指すという通常時のフローを6号機で実現。 さらに「月下閃滅」と呼ばれるストック上乗せ特化ゾーンも新たに搭載されている。 ATは1セットあたり約40G継続で、1Gあたりの純増枚数は約2. 各セットの継続率は複数のシナリオによって管理され、多くのプレイヤーから支持を得た「絆高確」はもちろん、今作も健在だ。 さらに、BCのスルー回数狙いや設定推測要素などは前作の知識を活かすことができるようなので、導入日から積極的に狙っていきたい1台と言えよう。 内部状態を完璧に見極めるのは難しいが 高確35Gに関しては 偶数設定で選択されやすいため、チャンス役を引いていないにもかかわらず高確挙動が30G以上続いている場合は 偶数設定or モードC滞在時の非チャンス役で(超)高確ゲーム数獲得のいずれかに期待できる。 なお、BCorAT後はレバーON時にステージが決定するが、このタイミングで自力で超高確へ移行させた場合は吉田宿スタートになることがあり、その場合は設定5以上確定とはならない(移行契機を完璧に見極めるのは不可能)。 BC当選時のAT当選率に影響を及ぼす通常時のモードは A~Dの 全4段階が存在し、 モードD滞在中のBCはAT確定。 前作同様、 AT非当選のBC終了時に現在滞在中のモードテーブル(全16種)を参照してモードが移行していく仕組みだ。 なお、各テーブルの最後には通常Dがセットされているため、スルー回数天井に到達することができればAT当選確定となる。 前作同様、通常時はBC間にもモード昇格抽選が行われており、抽選のメイン役はチャンス目(昇格率は調査中)。 上記の通り、メインリールと液晶出目を注視していれば成立を察知できる。 今作のモードDは前作とやや異なり、滞在中のBCはAT当選だけでなくいずれかの絆高確発動も確定。 ゆえに1セット目の争忍で絆高確が発動しなかった場合はモードC以下に滞在していたことが確定する。 通常時のモードテーブル詳細 チャンス目成立時のモード昇格率は 偶数設定優遇 通常時のモード昇格抽選は チャンス目成立時に行われ、現在の滞在モードと設定の偶奇を参照して昇格率が変動。 なお、 設定6のみハズレ時にもモード昇格抽選が行われる。 1 ここから設定推測するのは難しい!! チャンス目確率とハズレ確率を加味した通常時における1Gあたりのモード昇格率は上表の通り。 ハズレでのモードアップ抽選が行われるのは設定6のみだが、影響はそれほど大きくはない。 なお、前作はモード昇格率が常に一定だったため設定推測材料として有用な要素であったが、今作では滞在モードによって昇格率が大きく変動するため、設定推測においては重視すべき要素ではなくなっている。 朧台詞C発生時はBC2回以内にAT当選!! 台詞Bが発生した場合はテーブル8以上(=2回目のBCまでにCorDスタートがあるテーブル)確定かつ、選択率が全設定共通のテーブル10滞在を否定。 テーブル8以上は偶数設定で選択されやすいため、AT後に台詞Bを頻繁に確認できれば偶数設定の可能性が高まる。

次の

バジリスク絆、天膳背景の継続率は!?

バジリスク絆2 朧 バジリスクタイム

「バジリスクタイム」という台詞を頭の中で再生してみてください。 弦之介の声だった方は、ごく当然の反応かと思います。 朧の声だった方は、多少なりとも彼女のことが好きということでしょう。 安心してください、私もですよ! ……それはさておき、 もし誰の声もせず、ただ頭の中で読み上げたという方は絆初心者の方かもしれませんね。 そして、天膳様の「バジリスクタイム」という重厚な声で再生されたそこの貴方。 おめでとうございます!……そして、羨ましいですね。 記憶に残るほど天膳様の開始画面を体験しているということでしょう。 実際、私などは天膳様ボイスの「バジリスクタイム」は正直うろ覚えです。 それだけ登場頻度が低いということですが、 同時に天膳様背景だったときのメリットはかなりのものがあります。 そこで今回は、 バジリスク絆での天膳様背景でのBT開始画面について 語ってみようかと思います。 このページに書かれていることは…• blog. jp 「語るも何も天膳が背景だったなら80%確定だろ」と思ったそこの貴方。 ぶっちゃけその通りです!! しかーし、それだけではないのをご存知でしたでしょうか? 同じ天膳様背景であっても、内部的には良いパターンと普通のパターンに分類されます。 それは、バジリスクタイム開始時に継続率だけではなくストック抽選もされるためですね。 実は天膳様に限らず、バジリスクタイムの開始画面は 「継続+ストックあり」と「非継続もしくはストックなし」で振り分けが異なるのです。 つまり、見た目的には同じ天膳様であったとしても 爆連が期待出来る前者か、既に20%を引いてしまったかもしれない後者 のどちらかで大きく意味が異なってしまう、というわけです。 私だったら間違いなく後者なわけですが、 残念なことに見た目では判断が付かないのが困りものです。 blog. fc2. com 見た目で判断が付かないならば、せめて振り分けくらいは知っておきたいものですよね。 まあ個人的には知らないでいれば希望が持てると思わなくも無いのですが 皆が皆、私のようにヒキ弱ではないでしょうから……詳しくは以下をご覧ください。 継続+ストックあり 非継続もしくはストックなし このように同じ80%継続でも、 「非継続もしくはストックなし」の場合は62%で弦之介か朧が選択されるのに対し、 「継続+ストックあり」の場合はこれまた62%で天膳様が選択されるのです。 つまり天膳様が選ばれた時点で、 既に「継続+ストックあり」である可能性が高いのです。 com さて今度は少し見方を変えて、 天膳様背景、即ち継続率80%を引くための条件について考えてみましょう。 通常時に80%を引ける道筋は3通りあります。 モードA~Dの薄い振り分けを引く モードEの5%を引く ロングフリーズを引いてさらにその50%を引く 流石に爆発が期待出来るだけあってどれもこれもハードルが高いですが、 いざ打ってみると案外引けたりするものです。 まあフリーズを引いたことは1回しかないのですけれどもね。 ……一つ一つ詳しく見ていきましょう。 まずは最強のプレミアムフラグ、ロングフリーズです。 しかし、フリーズは引いてからさらに50%の壁を越えなければならない という試練もまた待っているのですね。 このようにせっかくの ロングフリーズも80%が選ばれるのはキッチリ半分なのです。 祝言モードが付いているとはいえ、レア小役は引けないときは引けないものですし 66%ループの可能性があるというのは正直怖いですよねえ…。 まあそれを乗り越えてこそ天膳様のお姿に出会えるということでしょうか。 やはり通常時の80%は薄い振り分けに勝つ必要があります。 フリーズを除けば一番可能性が高いのは、モードEからの突入ですが そもそもモードEには移行しにくいという本末転倒な条件だったりします。 さらにモードEに滞在しているかどうかは中々分からないものですが、 実際にモードEであったときの振り分けは以下の通りです。 モードEでBTに突入した場合の5%、 実に20回に1回の確率で天膳様チャンスということになります。 しかしこれもまたフリーズ同様、中々の低確率です。 まあ、ヒキ強に自信がある方ならば狙ってみるのも一興かもしれませんね。 …ふぅ。 さて、やはりメインはモードA~Dでの抽選です。 振り分けは低いですが、上記のプレミア役に比べれば現実的な確率です。 やはりどれもこれも低確率ですが、 よく見てみると設定5だけ80%の振り分けが突出しています。 設定5に限らず、 奇数設定は80%が選ばれやすい傾向にあります。 その昔、偶数設定は安定し奇数設定は荒いなんていう傾向もありましたが バジリスク絆ではそれが健在というわけなのです。 つまり、設定1を打っていれば天膳様背景に遭遇する可能性が高いということになります。 なんだ、普段私がやっていることと同じですね!! ……皆さんは決して私の真似をしないでくださいね。

次の