キャベツ 冷凍。 【キャベツの冷凍】大量消費にも便利な保存テクニック

【キャベツは冷凍保存OK!!】すぐ使わない分は切って冷凍保存が便利!

キャベツ 冷凍

冷蔵庫で保存する方法 キャベツの芯を切ってしまうと、芯の部分から水分が抜け鮮度が落ちていくので、カットキャベツよりも 丸ごと1個のキャベツのほうが、鮮度が落ちにくいです。 短期保存であれば、キャベツを使う際は芯の部分を切らないように、 外側の葉をはがして使うと良いです。 長期保存させたい場合は、 包丁で芯の部分をくり抜き、ぬらしたキッチンペーパーをつめ冷蔵庫で保存することをおすすめします。 芯がついたままだと水分や栄養分がどんどん抜けてしまうので、 芯を取り除いたほうが長期保存できます。 そして、芯を取り除いたキャベツを新聞紙に包む、もしくはビニール袋に入れます。 ぬらしたキッチンペーパーをこまめに取りかえる、新聞紙を霧吹きなどでぬらすと、より鮮度が落ちづらいです。 また、冷蔵庫に入れる際は、 芯の部分を下にして保存してください。 カットキャベツを購入した際は、ラップをはがして保存したほうが良いです。 ラップで包んだ状態だとむれて鮮度が落ちやすくなるので、 ラップをはがし新聞紙で包む、またはビニール袋に入れて保存してください。 冷凍して保存する方法 キャベツは 生のまま、湯がいてから、どちらも冷凍できます。 生のまま冷凍する場合は、せん切り、ざく切りなど切ってから冷凍保存します。 切ったキャベツを1~2分冷水にさらし、水分をよく切ってから保存袋に入れて冷凍します。 湯がいてから冷凍する場合は、千切り、ざく切りにした後にさっと火を通してから冷凍保存します。 沸騰したお湯で15秒ほど茹でたらザルにあげて、キッチンペーパーで水分をよく拭き取り冷凍します。 さっと湯がくことで、 冷凍してもしゃきしゃき感が残ります。 生のまま冷凍する場合も、湯がいてから冷凍する場合も、水分をよく切り、空気に触れないように冷凍することが大切。 薄く平らになるようにキャベツを保存袋に入れ、なるべく 真空になるように封を閉じてください。 また、急速冷凍を目指し、 短時間で凍らすことも大切です。 アルミトレーなどの金属トレーにのせる、冷凍庫の設定温度を強くすると、素早く凍るので品質を落とさずに冷凍できます。 冷凍庫の中を隙間なくつめるなどの工夫をするとなお良いです。 丸ごと1個の場合だと、 2週間~1カ月保存できます。 しかし、カットしてしまうと 鮮度が落ちやすいので、カットキャベツの場合は 1週間ほど。 千切りやざく切りにしたキャベツは、 2~3日で食べきったほうが良いです。 細かくカットすると空気に触れる面積が大きいので、変色や乾燥しやすく、見た目、味が落ちてしまいます。 また、ゆでたキャベツも傷みやすく 1~3日ほどしか保存できないので、すぐに食べきれない場合は 冷凍することをおすすめします。 冷凍での保存期間 冷凍した場合の保存期間は、 1~2カ月ほど。 生のまま冷凍したキャベツは品質が落ちやすいので、 2週間~1カ月程度で使い切ることをおすすめします。 冷凍キャベツの使い方は、生のまま使う場合は冷蔵庫内で解凍、加熱調理する場合は解凍せずにそのまま調理します。 キャベツは冷凍しても、白菜など他の葉物野菜よりも水分は抜けないので、 生のまま使うことができます。 ただ、しゃきしゃき感は減少してしまうので、コールスローサラダや和えものなどに使うと良いです。 冷凍するとしんなりするので、下処理で行う塩もみの手間を省いて作ることができます。 スープや炒めものなどに使う場合は、 解凍せずに凍ったまま調理できます。 冷凍すると火の通りが良くなるので、調理時間を短縮することが可能。 ただ、火を通しすぎて 食感が柔らかくなりすぎてしまうことがあるので、注意も必要です。 他の食材に火が通ってから入れると、ちょうど良い食感になります。 また、炒めものにする場合は水分が出やすいので、水分をとばすように強火で炒める、もしくは解凍して水分を良く拭き取ってから炒めると美味しく仕上がります。 そのほかの野菜の冷凍方法が気になる方はこちら >> キャベツに含まれる栄養素 キャベツはビタミンCやカリウム、カルシウムが豊富で、 胃腸に働くビタミンU(キャベジン)も含まれています。 トンカツなどの付け合わせにはキャベツの千切りが多いですが、キャベツを食べることで揚げものによる胸やけ防止に繋がります。 ビタミンC、Uは水溶性で加熱に弱いため、効率良くとるためには生で食べるのが一番です。 加熱すると水溶性ビタミンは損失してしまいますが、かさが減るのでたくさん食べられるという利点があります。 キャベツの旬 3~5月が旬の春キャベツと1~3月が旬の冬キャベツに分けられます。 春キャベツは葉がやわらかくみずみずしいので、サラダなどの生食に向きます。 冬キャベツは加熱すると甘みがでるので、ロールキャベツなどの煮込み料理や炒め物に向きます。 ポトフなどのスープでは煮汁に溶けだした栄養素も効果的にとることができるのでおススメです。 芯が厚いと巻きにくいので、厚い部分はそぎ落とします。 玉ネギをみじん切りにし、電子レンジで加熱してしんなりさせます。 ボールにひき肉、塩コショウ、水を入れて混ぜ合わせ、お好みのかたさにします。 さらに、ナツメグ、みじん切りにした玉ネギ、パン粉、溶き卵を加えよく混ぜます。 混ぜ合わせた肉だねをキャベツで巻いていきます。 巻いたロールキャベツは、巻き終わりが下になるように鍋に入れます。 形が崩れやすい場合は、楊枝でとめておくと良いです。 ロールキャベツが浸るくらいに水を入れ、コンソメ、ローリエを加えます。 蓋をして中火で20~30分煮て、味をととのえて完成。 ロールキャベツは葉を丸ごと1枚ずつ使うので、調理してから冷凍することをおすすめします。 加熱前、加熱した後どちらも冷凍できますが、加熱調理した後に冷凍したほうが長期間保存でき、温めるだけで食べることができるので便利です。

次の

キャベツの長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】カット面や半分でも大丈夫

キャベツ 冷凍

キャベツって、いろいろな調理方法に対応してくれる野菜なので、とっても重宝しますよね。 そして、キャベツの成分といえば、 約9割が水分で、後はビタミンや食物繊維などが豊富です。 特に外の葉と芯の近くの葉にビタミンなどが多いので、「芯は硬いから嫌だな…。 」 などと言わず、 しっかり芯まで食べ切ることをオススメします。 時間がない時は、パパッと作れる野菜炒めにキャベツを入れると、 ボリュームもでますし、なによりとっても美味しいです。 キャベツの千切りを常備しておくと、ちょっとサラダが欲しいなって時にも役立ちます。 そのキャベツの千切りも、切り口が変色してしまったりするので、 そのままの保存ですと、そんなに日持ちがしませんよね。 「色が変わりそうだな。 」と思ったら、スープに入れたり、オムレツに入れたり、お好み焼きをしてみたり、とにかく万能なキャベツです。 そんなキャベツですが、安い時に半玉より1玉で買った方が割安だったりするので、 1玉で買ってしまうのですが、使い切れないと思うことないですか? 私はたまにあります。 そんな時にとっても便利な保存方法として 冷凍保存なんて方法もありますが、冷凍しても変色することがあります。 そんな キャベツを冷凍した時の変色の原因と対策、予防方法などについてご紹介します。 キャベツを冷凍したら変色!原因は? 使ったキャベツを何もしないで、そのまま冷凍庫で保存するとどうなるか? 解凍されると 汁がたくさん出て、茶色に変色してしまい、臭いまで出ることも…。 これでは、使いものになりませんよね。 キャベツがこうなってしまうには理由があります。 それは、家庭用の冷凍庫では、瞬間冷凍ではなく、 徐々に凍っていくので、 その間に キャベツの水分が膨張していくのです。 そうなることによって、 細胞膜が壊れてしまい、キャベツの変色に繋がるというわけです。 そして、細胞膜が壊れてしまったキャベツは、 食感や旨みなどがなくなり、本来のおいしさがなくなってしまうのです。 そして、臭いが出るようになります。 全ては キャベツの細胞が壊れることでそうなってしまうのです。 そして、 酸化です。 冷凍庫でも、空気に触れる状態で保存した場合、変色がおこるのです。 切り口だけの場合は酸化しているだけですが、 全体的に変色していて、臭いまで出るようであれば、それは 傷んでいると思われます。 食べるとお腹が壊れてしまう可能性がありますので、食べることはやめておきましょう。 キャベツを冷凍したら変色!対策は? キャベツがどうしても余るし、できることなら変色を気にせず、 無駄にせずに、最後まで使い切りたいですよね。 上手に冷凍していつでも使える状態で保存しておくと、無駄にすることなく使えます。 では、どうしたら、そのように保存できるかというと、 まずは キャベツの葉を1枚ずつ剥がしていきます。 そして、自分の使いやすい大きさにザク切りにします。 それを今度は 空気が入らないように密封できる袋へ入れて、冷凍庫に入れて下さい。 そうすることで、 1ヶ月程の保存ができます。 もう一つの冷凍保存方法として、 生キャベツと同様、 使いやすい大きさにザク切りにします。 沸騰したお湯に 10秒ほどサッと茹でてから、冷水にさらします。 冷水にさらすことにより、鮮やかな色を維持できます。 そして、しっかりと水気をキッチンペーパーなどでふきとり、 生キャベツの保存方法と同じく、 密封できる袋に入れて、しっかり空気を抜いて冷凍庫に入れておいてください。 こちらも 約1ヶ月ほど冷凍保存ができます。 どちらの冷凍方法でも、食感は生のキャベツとは違い、 しんなりしてしまいますが、 茶色に変色してしまったり、臭いがでてしまうことはないので、 「しまった!」ということがなく、安心してお料理ができます。 後、袋に入れる前に、 1食分ずつ小分けにして冷凍しておくと、 サッと出してサッと使えるので、料理をする時にとっても便利です。 キャベツを冷凍したら変色しないための予防方法 キャベツの冷凍保存ですが、変色しないためには、 瞬間冷凍が必要です。 家庭用の冷凍庫では、開閉ももちろんあるでしょうから、 もし、キャベツを冷凍したいようであれば、 冷凍庫の設定を変えるなどして保存するといいと思います。 後は、 熱伝導率の良いアルミのトレーやアルミホイルを使い、 冷凍庫に入れると早く凍りやすいです。 ご家庭にあれば、ぜひ利用してください。 後は袋に入れた時にしっかり空気を抜き、 できるだけ酸化しないようにしましょう。 解凍方法ですが、生キャベツの冷凍の場合、 レンジで少し加熱しても良いですし、 冷蔵庫の中で自然解凍しても良いです。 ただ、どういう方法であってもキャベツを冷凍保存すると、 生キャベツに比べると、どうしても、しんなりしたキャベツになりますので、 元々しんなりしたキャベツを使う、 サラダなら、 コールスローや キャベツと塩昆布の和え物などがオススメです。 湯通ししたキャベツは、水分を拭き取っていても、 水っぽくなりますので、 凍ったまま調理できる、 スープなどの汁物に入れるとおいしくできます。 私は、子供が大好きなので コンソメスープをよく作るのですが、 冷凍したキャベツをそのままお鍋に入れられますし、 変色などもせず、冷凍キャベツということが全然気にならずに、 とってもおいしくできあがりますよ。 子供も、モリモリ食べてくれるので、とってもありがたいです。 キャベツの冷凍時の変色の原因・対策・予防法:まとめ キャベツの冷凍保存について、ご紹介しました。 キャベツを冷凍すると調理方法は少し狭まりますが、サラダ、和え物、スープができれば、 メインでなくても、後1品って時には大活躍です。 「一回キャベツの冷凍保存やってみたけど失敗したしな…。 」という経験をしてしまうと、 どうしても再挑戦を避けがちですが、 私も失敗を経験し、再度挑戦して成功しました。 成功してからというもの、毎回1玉買って、 先に「新鮮な内に冷凍しておきたいし、このくらい余るかな?」と思う量を先に冷凍しておくほど、 あと1品と思う時に、サッとできる対応力にハマりました。 したことがない方はもちろん、私と同じように過去に失敗した方。 キャベツの冷凍保存を試してみてください。

次の

キャベツが長持ちする保存方法や賞味期限は?冷凍保存はできるの?

キャベツ 冷凍

キャベツの保存方法と保存期間は? さてキャベツの保存方法ですが大まかに3つあります。 1.芯をくり抜く方法 2.芯に楊枝を刺す方法 3.冷凍保存 それぞれについて、詳しくお話していきますね。 キャベツや白菜などの野菜は、収穫後も芯が成長しようとするんですって。 なので葉の栄養や水分が、芯に取られてしまい、肝心の葉っぱ部分がシオシオになったり傷みやすくなってしまいます。 そのため、 芯はくり抜いて、代わりに水で濡らしたキッチンペーパーをくり抜いた芯のところに詰めます。 こうすることによって、葉の部分の栄養、美味しさを比較的長い間保つことができるそうな。 そのあとは、軽く湿らせた新聞紙かキッチンペーパーでキャベツ全体を包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保管です。 置き方は、キャベツの芯の方を下に置いて袋の口は開けたまま保存です。 まとめますと… 1.キャベツの芯をくり抜く 2.キッチンペーパーを濡らし、芯の部分に詰める 3.軽く濡らした新聞紙orキッチンペーパーでキャベツを包みポリ袋へ入れる 4.キャベツの芯の部分を下にして、ポリ袋の袋は開けたまま冷蔵庫(野菜室)へ保管 以上です。 このキャベツの芯をくり抜くという方法は最長で、なんと1か月もの間、保存することができるんですって! キャベツの芯のくり抜き方は? キャベツの芯ってどうくり抜けばいいの~!? ってなりますよね。 (所要時間約1分) こちらの通りにやれば簡単に芯をくり抜くことができそう! 簡単そう! ・・・と思って、やってみました。 そんな時は、もうキャベツの芯をくり抜くのは諦めました。 とりあえず、 キャベツの芯を抉れるだけ抉り、湿らせたキッチンペーパーを芯にかぶせて、冷蔵庫(野菜室)に保存しました。 それでもちゃんと冷蔵庫の中で2、3週間比較的新鮮な状態で元気でいてくれましたよ。 そんなにムキになって芯をくり抜かなくても大丈夫かもな~と思いました。 キャベツの芯につまようじを3本~4本ほどぶっ差すだけです。 先ほどもお伝えしましたが、キャベツにとっては「芯」が一番大切な部分になります。 この芯を壊すことで、芯に栄養がいかないようにするという効果があります。 ただし、芯をくり抜いてキッチンペーパーを詰めるという方法の方がより長持ちしますので、 楊枝よりもくり抜く方がよさそうですが、 わざわざ芯をくり抜く作業が面倒くさいっ!というときはとりあえず楊枝を4本くらいぶっ刺しておきましょう。 キャベツは特に何も処理をせずに冷蔵庫に入れておいても、最大で約2週間くらいは持ちます。 ようじを刺すという延命方法によって+2~3日くらいは延命できるそうです。 まあ+2、3日だと気休め程度ですね。 しかし、シャキシャキとした食感は失われてしまうので、スープや煮物に使うのはおすすめ。 食感が大事なサラダやおひたし、炒め物には向いていない…」 ということです。 調理方法を選ぶタイプのようですね。 方法は生で冷凍する方法と茹でてから冷凍する方法があります。 キャベツ冷凍保存を生のままする方法 1.キャベツを千切りやざく切りなど使いやすい大きさに切る 2.ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍 保存期間は2週間から1か月ほど。 使うときは、スープなどに入れる場合は凍ったまま調理。 また電子レンジで軽く解凍して、水をしっかり絞ると、塩もみをしたみたいにしんなりとなるそうな。 和え物やコールスローにも良さそうですね。 キャベツ冷凍保存をゆでてからする方法 1.キャベツを千切り、ざく切りなど使いやすい大きさにカット 2.熱湯で10秒ほどさっと茹でる (茹ですぎ注意!) 3.サランラップやジップロックなどで小分けにして冷凍庫に保存 保存期間は1か月から2か月ほど。 使うときは凍ったまま調理。 2か月も持つなんて、やはり冷凍はすごいですね^^ でも2か月の間「キャベツが冷凍庫に保存されている」という事実を私が自分の脳に保管できそうにありません。 キャベツの保存方法は結局何が良い? キャベツって特に何もしなくても2週間持つとても優秀な常備野菜ですよね。 それでも腐らせそうになることがあるのだから、自分で自分が怖いです。 キャベツの芯をくり抜き湿ったキッチンペーパーを入れることで1か月ほど長期保存ができるので、 私はこの方法でキャベツの鮮度を守っていきたいと思います。 冷凍保存は、そのまま使えて便利!という面はありますが、冷凍しなくても、1か月も長持ちするのであれば敢えて冷凍保存する必要はないかな~と個人的には思います。 千切りはキャベツスライサーでやると最高に美味しい^^.

次の