グラブル 六竜 フルオート。 六竜討伐戦

【グラブル】光六竜HL「ル・オー(白)」攻略!強制全滅技(超越)に注意

グラブル 六竜 フルオート

グラブル6周年アップデートで実装された新ジョブであるランバージャックの評価記事です。 「木こりのうた」がとにかく強い 1アビの効果盛り盛り ランバージャックの強みはシンプルにこの1アビ「木こりのうた」に集約されていると言えます。 1アビ発動から3ターンの間、特定の条件を満たすことで敵にダメージ+4種の効果が発動するようになっており、まぁこれがとにかく強いです。 それぞれの効果が発動した際に敵にダメージを与える効果も。 また、それぞれの効果は低確率で強化され、さらに強力な効果を得ることもできます。 累積攻防ダウンについて 味方全体がアビリティを累計3回使用すると発動する動物効果で、 条件さえ満たせばターン中に何度でも発動可能です。 アビポチの数次第では 初動で3回発動も可能。 ターンをまたいで累積ダウンを稼いでいく形でももちろんOK。 ミストと組み合わせれば 主人公単独で初動で防御下限を狙うこともできます。 ストレングス効果も強い 効果ターン中に奥義させ発動できれば効果が付くストレングス効果も非常に強力。 4Tと効果時間が長いのもポイントで、うまく発動させ続けることができれば戦闘中のほとんどの時間をストレングス状態で戦うこともできるはずです。 ただ木こりのうたは戦闘開始直後に使うことが多いので、効果3ターン中に 早めに主人公に奥義を発動させる工夫は必要になるかもしれません。 特殊技の多い相手にはダメージソースにもなる 六竜討伐戦などの相手の特殊技の間隔が短い相手に対しては、それぞれの動物サポート効果発動時のダメージもバカにならないです。 それどころか普通に ダメージソースとして機能するくらい強いです。 味方との累積防御ダウンの関係について 例えば水属性でリリィと同時にランバージャックを編成した場合、累積防御ダウンがどのような仕様になってるか気になってる人も多いと思うので、その補足です。 1アビが強いのでアビ枠がフリー これが最大の推しポイント。 「固有の1アビが必須級に強いジョブ」って実は意外と少ないので、これは ランバージャックの明確な強みと言えるはずです。 落葉焚きで味方全体の攻防アップ・奥義加速 こちらはリミットアビリティの1つである「落葉焚き」の効果。 単純に主人公に永続4000バリアがつくだけでもけっこうなメリットなのですが、これが切れるまで味方にバフを与え続けることができます。 累積攻防アップも魅力的ですが、 シンプルに高揚効果も強いです。 最近は強力な奥義の追加効果持ちのキャラも多いので、奥義加速のメリットはかなり大きいはず。 攻撃アップは別枠乗算なので凄まじい火力に。 アビリティセット例 基本的なことですが、EXアビ・リミアビはそれぞれ2個までしか付けられないので注意。 無難に扱いやすいアビリティセット。 残りは「落ち葉炊き」固定でもう1枠はフリー。 「大伐断」はシンプルにダメージ自体が高く、付与される効果も強力なので、 他に優先すべきものが無い時は安定選択肢。 「大伐断」は主人公に火力を出させたいならけっこうアリ。 フルオートでもけっこう強めなので、主人公に持たせるアビリティが無さそうな時はコレを。 「安らぎの木もれ日」は六竜戦などの手動で戦う高難度クエの場合はかなり有用。 通常のEXアビリティはお好みで。 ボスに合わせてクリアオールやディスペル、高難度クエならリヴァイブあたりも候補に。 ソロでのフルオート適性が高い 1アビ発動でなんでもこなしてくれるのでフルオート適性が高いことでも話題になっています。 1アビの動物サポート効果により 継続的に累積攻防ダウンをまき散らしてくれるため、相手のデバフを切らさずに戦い続けられるのも魅力。 主人公が被弾した際の全体回復や、 暗闇効果による間接的なダメージ軽減効果なども相まって、 長い間HPを維持し続けながら戦うことができるのもアツイですね。 古戦場フルオート編成でもかなり使われている様です。 水有利古戦場でのランバージャック構成について どんな構成にもハマるジョブなので、ランバージャックなら特別コレという編成はないと思います。 メイン武器としてゼノコキュ琴を持たせるのが主流。 ゼノコキュ琴の場合、 落ち葉炊き+大伐断+フリーというアビリティセットがテンプレ。 防御デバフ持ちのキャラ(ドランク・アルタイル・水着エウロペなど)がメンバーにいる場合はミゼラブルミストは不要です。 落ち葉炊き・大伐断・ディスペルあたりがテンプレになりそうな感じ。 有用な奥義バフである「どこアサ」の効果が、ダメージ付きの動物サポートで消費してしまうため、 まともにどこアサが発動する場面がなく、奥義バフの期待値があまりにも低いためです。 六竜戦でも活躍! 高難度ソロクエストの六竜戦でも大活躍。 アビリティ枠がフリーになるのと、それぞれのアビリティの強さ・有用さが光ります。 強力な補助奥義効果持ちの武器が多い楽器をメイン装備できるのも強みと言えます。 多くのフリー枠を活かしてリヴァイブやディスペルなどを持たせてる人も多いみたいです。 相手の特殊攻撃間隔が短いこともあって動物サポートの発動頻度もめちゃくちゃ高いので、ダメージソースとしても機能しますね。 六竜戦では味方の生存力を優先するために連撃を捨てることも結構多いのですが、落ち葉炊きの高揚効果も地味に刺さります。 現状追加されてる六竜戦はほぼすべての属性でランバージャックにしていますが、かなり安定感がありオススメです。 ランバージャックでオススメの属性は? 現状使ってみた感じ ・ サティフィケイト持ちの光属性 ・ ゼノイフ斧持ちの火属性 ・ ゼノコキュ琴持ちの水属性 あたりが無難に強そうでした。 連撃要素を主人公以外のキャラ・武器などに頼れるのであれば、強力な奥義効果などを持つ楽器を持たせるのが良さそうです。 土属性でゼノウォフ琴を持ったり、風マグナでグリム琴を持ったりという選択肢もあります。 火のドラゴニックウェポンは5凸時奥義発動で幻影+3ターン1500再生とかなり強力なので、今後のフルオート事情にかなり関わってきそうですね。 サティ持ち編成について サティ持ちの光属性でちょっとおもしろい編成を組んでみたものを記事にしてみたのでそちらも宜しければ。

次の

【グラブル】ランバージャックでのゴブロのフルオート討伐について【風マグナ】

グラブル 六竜 フルオート

はい、についてです。 今回は6周年で追加されたジョブのランバージャックで、共闘の最終階層にいるを火マグナ編成でフルオート討伐できたので、編成について書きたいと思います。 ランバージャックの強いと思った点 火のマグナで試行錯誤をした結果、アビリティ 「木こりのうた」「大伐断」の2つが強いと感じました。 あと地味にダメージも入ってありがたいです。 大伐断に関しては、火のマグナでオッケ染の編成だと初速があまり出ないので、クリティカルでダメージの底上げができるのが大きかったです。 メインに楽器を装備しているのと木こりのうたの攻防累積DOWNが入りやすいようにソウルピルファーを入れています。 アンスリア 盾役です。 フルオートだと2アビは使用してくれません。 無属性攻撃以外はかならず1度は避けれるのが強すぎました。 今回、メイン武器が六竜武器だったので、奥義の幻影が付いてさらに被弾が少なくなりました。 元々が分からないのですが、1アビで敵対心を上げつつ回避率UPがあるので、サポアビの恩恵も受けやすかったです。 敵によっては、開幕で2アビを使って サイレントタップに切り替える運用もアリかなと感じました。 効果量が低いものがありますが、色々な役割ができるので配布キャラとしてはかなり優秀です。 使ってみた感じ一番ありがたいと思う人が多いのはこのアビかなという印象です。 最近のボスはHPトリガーでの特殊行動のあとにCTリセットがないことが多く、この2アビはそれを対策できるので確かに良い感じでした。 それと3アビは実際に使ってみたら、かなり火力が出るのに驚きましたね。 1アビ、3アビ、サポアビのでパーシヴァルだけの火力は高水準を保てました。 ただ、他の四騎士の修正を見ている身からすると、2アビ以外は自己完結しすぎていて、物足りなさがあるのは事実として感じました。 単体での強さはあるのですが、例えば何かのアビを相手の特殊行動に反応して反撃で使ってくれるとかあると、ありがたかったなと思いました。 (ちょうど最終も来たので使いたかったというのもあります) こちらの編成だと六竜武器とアンスリアの防御性能が高すぎて、サブメンバーの出番はほぼほぼ無いのですが、テンション付与によって追撃が付いたり、防御が上がったりするので、メインからアンスリアと組んでテンションを維持する方向で考えても面白いかもしれません。 育成途中だったのでLBや指輪は振ってませんでした……。 BLは、振るならクリティカル、サポアビ、TA、DAになりそうですね。 サポアビで毎ターンダメージを受けますが、3アビの吸収や奥義効果のHP回復があるので、見た目以上に耐久力もあると思います。 奥義効果は、幻影と再生でだいたい杉玉のようなものですね。 武器種が楽器という事で、ランバージャックのメインで持てたり、ソウルピルファーの性能があがったりと本当に強い武器です。 他に関してはオッケ染にしています。 終末武器が入れれないため、コスモス剣を入れて上限を上げたり、初速を少しでも上げるためにコロ杖を入れたりしました。 それとゼノイフ斧がすぐに5凸でき、第一スキルが変化して守護も付いたので、HP確保のためにも入れてみました。 ゼノイフ斧を使った感じは、アストラルウェポンと比べるとEX攻刃値は下がってしまいますが、HPを盛れることを考えると普通に選択肢としてアリだと感じました。 参考動画 六竜武器なし キャラについて 主人公 アビは、木こりのうた、ソウルピルファー、落葉焚き、大伐断です。 メイン武器が楽器ではないですが、有利属性相手ではないので、弱体耐性を下げたいのでソウルピルファーを採用しています。 大伐採については上方の編成と理由は同じで、落葉焚きについては、メイン武器が六竜武器ではなくなり、防御面がもろくなっているので採用しました。 アンスリア 上方をご参照ください。 サポアビの女神の怒りがLv5の時にターゲットになると2アビが自動発動がとにかく強いですね。 アビダメ上限を入れるとアビダメが奥義かと思うくらいダメージが出てくれます。 2アビ以外は防御寄りですが、どれも効果が強く、リミキャラと言われても納得してしまうくらいの性能があります。 こちらの編成だと防御面がもろくなっているのもあり、採用しました。 メインが楽器ではないので、ソウルピルファーの性能が下がっていること、木こりの歌の攻防累積DOWNが入りにくくなることから、を採用しました。 それでもデバフの入り方はムラがあったので、少し厳しいところがありました。 あんまり振るものが無いのでこれでもいいような来ますが、攻撃力を少し削って、DAや防御に回してもいいと思います。 こちらの編成だと普通にメインに出てくるのですが、味方全体のテンションを増やして追撃や防御を上げる役割をやってくれたと思います。 上方をご参照ください。 武器について メイン武器は5凸ゼノイフ斧です。 なんか六竜武器を入れない編成を考えたら面白いのでは?とふと思い組んでみました。 デバフの入りがいい場合、こちらの編成の方が討伐速度は上なのですが、いかんせん運要素が大きすぎるのが玉に瑕な感じです。 参考動画 さいごに 前々から火属性は作ろうと思っていたのですが、オッケが揃わなかったり、モチベが低下したりと色々ありましたが、アンスリアやパーシヴァルの修正、ゼノイフ斧の5凸、火有利古戦場が近いということもあり、重い腰を上げた感じになります。 六竜武器ありは、予想通り苦労をしなかったのですが、六竜武器なしやはり難しかったです。 六竜武器なしの方が被ダメが多く、早くから背水が乗ってくるので、討伐速度は基本的に早い傾向にあったのですが、結構事故ることが多くどこまで安定性が高くできるの調整に苦労しました。 まあ、その調整が楽しいというのもあるのですけどね! 火属性はオッケと六竜武器が揃ってしまえば、土や闇と比べて簡単な印象です。 なので、早く六竜マルチが実装されて六竜武器が手に入りやすくなるといいですね。 ランバージャックでのフルオート討伐は、残り光属性ですが、今のところ時間切れの未来しか見えていないので、いつになるか……という感じです。 udukiryujin.

次の

【グラブル】ランバージャックでのゴブロのフルオート討伐について【風マグナ】

グラブル 六竜 フルオート

以前に書いたの続編。 無料ガチャも終了し、どれにしようか迷っていた未開放神石(光・闇・土)。 リミテッド武器の本数が少なく、手っ取り早く強くなれそうなティターンを選択しました。 おお、もう・・・。 いやいや成立しないだろう、成立しないでくれ、と祈りつつ検証してみることに。 ユグマッチョハイランダー編成。 マグティマス編成とでも言うべきか。 メインで持ちたい。 守護とDA率を確保出来る武器。 片面でもDA率は21. メイン武器としても優秀。 新土リミ武器の性能によっては交換候補となる可能性も。 これを入れないとユグティタにする意味が無い。 こちらも新リミ武器のぶっ壊れ具合によっては外れる可能性もある。 より火力重視で行くなら四象槍と交換する。 片面でも加護が乗るので、当然編成候補。 別枠攻刃渾身武器に加護が乗るわけだから当然か。 ゼノ武器よりこちらを編成した方が良い。 より上限を確保したい場合は編成。 有利属性なら当然必須。 石編成。 以前書いた通り、マグナハイランダーをやるなら楽に上限を叩けるようになるウリエルは欲しい。 自分は2枚引いてもう土はいいだろう、と満足していたのだが、火力を極めるなら4凸ゴリラやベリアルの編成まで考慮しなければならない。 全く以て際限が無い。 上記編成のランク230のHP。 流石に両面神石編成に比べれば劣るものの、全員3万以上確保出来るので及第点である。 ウナマリスを10回ほど試し切りしてみた結果・・・。 あ、これはやばい。 リミテッド武器を編成することで、火力が少々心もとなかったマグナハイランダーを一段階上にに上げることが出来る。 編成コストも低い。 もちろん総合力では神石の方が上回る。 例えばギルガメッシュ斧編成。 第2スキルのヒロイック・テイルは全ての武器種を揃えるという非常に難易度の高い縛りだが、カイム逆位置効果、支配の天秤効果と全て共存する。 ギルガメッシュ斧編成なら素殴り100万ダメージ突破。 運よくガチャチケで引けたので編成したが、ここまでやるのにアッキヌフォートまで用意するべきなのかは疑問な所ではある。 新リミテッド武器が弓だったら悲惨。 このように極めれば神石の方が強いが、ユグマッチョでもそこまで不足は感じられなかった。 繋ぎとしては十分だと思う。

次の