ベルモット 正体。 [名探偵コナン] ベルモットがコナンと灰原の正体を隠す理由 [考察]

ベルモットの初登場回やプロフィール!秘密の正体と声優は?

ベルモット 正体

あの方、宮野夫婦(エレーナ、厚司)、ベルモットの三人が、それぞれシルバーブレットと認識する対象が異なること、またシルバーブレットに対する感情も恐れ、願い、待ち望んだ(期待)と違うところも重要。 なぜ新一なのか? 赤井秀一よりも頭が切れそうだと判断したとか、組織にその存在が注目されていないから出し抜きやすいからとかではない。 もちろん、そう言った事実も確かにあるのだが、重要なのは別の理由。 コナン:「犯人を推理で追い詰めて、みすみす自殺させちまう探偵は・・・」「殺人者とかわんねーよ・・・」 服部:「おーおー耳が痛うてかなわんわー」「完璧なお前しかいえんセリフやのォー・・・」 コナン:「ハ・・・完璧な人間なんてこの世にいやしねーよ・・・」「オレだってたった一人・・・」「たった一人だけ・・・」 File:153 ベルモットの件とは対照的な出来事。 コナンは過去に1度だけ推理で犯人を追い詰めて自害させてしまったことがある。 (コミック7巻 ピアノソナタ『月光』殺人事件)そして、コナンは後になってもそのことを悔やんでいる。 これもまた、今後のストーリー展開に大きく関わってくることがあるかもしれない。 赤井秀一への期待は薄いのか? 灰原:「そのかわり約束してくれる?私以外、誰にも手をかけないって・・・」 ベルモット:「いいわ・・・FBIのこの女以外は助けてあげる・・・」 File:434 ベルモットにとってFBIのジョディは抹殺対象だが、赤井への期待が薄いのなら、赤井もまた他のFBIメンバーと同じ扱いということになる。 ベルモットが新一に期待するのは自分の「胸を貫いた(心を動かした)」から。 赤井秀一があの方に恐れられているのは、新一と同じレベルの頭の良さに加え、FBIという組織の後ろ盾、銃やドライブテクといった戦闘能力も群を抜いたレベル。 様々な修羅場をくぐり抜けた経験も豊富。 (あの方が、赤井だけが何らかの自分の弱みを持っていることを恐れている可能性もあるが、ベルモットはその武器には期待していない。 ) 実際、組織にスパイとして潜入、急激なスピードで出世して「その男(ジン)さえおさえればボスまで辿り着ける~」と考えられたところまで懐に入り込んで来た。 これまでの赤井秀一(FBI)の行動を見ていくと、彼らが行おうとしているのはそのまま、FBIとしての権力・武力による制圧・拘束。 赤井はベルモットが望むシルバーブレットとは違うため、長い間待ち望んでいたにもかかわらず候補から落選したと言える。 赤井の銀の弾丸はボスの心臓を撃ち抜く本物の弾丸に例えれば、新一はボスの心臓でもハートを撃ち抜く弾丸。 そして、ベルモットが自分のハートを貫いた新一に期待しているという事は、それと同じ事を期待しているということ。 少年漫画としてはベタだが、あだボスの正体を突き止め逮捕して終わりではなく、ラストを決めるにはふさわしい設定ではある。 工藤新一は例え犯罪者であっても、他者がその命を奪う権利があるとは思っていない。 ベルモットは組織の崩壊を望んでいるのか? ベルモットが求めているのは本物の弾丸ではなくてハートを貫く弾丸。 これがわかれば、ベルモットの組織内での立ち位置もはっきりしてくる。 ベルモットは組織はあまりにも巨大すぎて、武力では制圧できないと考えている。 いわゆる剛よりも柔だと考えている可能性もありえなくはないが、そうすると、他の面が繋がらなくなる。 単純に組織を崩壊を望んでいるのであれば、ベルモットにとって赤井秀一もシルバーブレットの候補。 むしろ、頭は切れるが所詮高校生探偵である新一よりも適任と言える。 裏を返せば、ベルモットは強引な組織の壊滅、いわゆるボスの殺害や逮捕による解決は望んでいないことになる。 これが真であれば、ベルモットは「組織の崩壊を望んでいる」というのは必ずしも間違いではないが、やや拡大解釈で正確な表現ではない。 次ページへ.

次の

ベルモットの初登場回やプロフィール!秘密の正体と声優は?

ベルモット 正体

Contents• ベルモットの正体 ベルモットの表の顔の正体は アメリカの人気女優 シャロン・ヴィンヤード シャロンの娘の クリス・ヴィンヤード ベルモットは長年シャロンとクリスの二役の変装を使い分けていました。 ただ現在は世間にはシャロンは急逝したと発表して、クリスとして活動しています。 シャロンとクリスが同一人物だと言うことは コナン ジョディ など が正体を暴いています。 その正体は黒の組織のメンバー! しかしその正体は謎だらけ。 次からはベルモットの正体に関係があると思われる事についてみていきましょう。 ベルモットの秘密 ベルモットには何やら秘密があることが示唆されています。 その秘密に関わるシーンを上げてみました。 板倉に言ったベルモットの言葉 ベルモットはシステムソフトの開発者・板倉卓にコンタクトを取っていました。 とあるソフトの開発を依頼していた黒の組織のベルモットは電話越しに We can be both of God and the Devil. (我々は神でもあり悪魔でもある。 なぜなら時の流れに逆らって、死者を蘇らそうとしているのだから・・・。 ) 「死者を蘇らせようとしている・・・」 結局このソフトは完成しませんでしたが、この言葉を言ったベルモットの年齢が変わらないことを考えるとベルモットの正体に何か関係があるとも思われます。 ただこの言葉の真意についての伏線は長らくありません。 ベルモットの年齢について ベルモットはFBIのジョディと対峙した際、ある質問を投げかけられています。 ジョディは20年前に両親を黒の組織に始末されています。 その時の8歳だったジョディはベルモットと会っています。 Sponsored Links しかし現在ベルモットの容姿は20〜30代。 20年前の容疑者として不自然ですね。 「なぜ年齢が変わらないのか?」 という質問に対してベルモットは・・・ 何も答えませんでした。 結局ジョディはベルモットに追い詰められてしまって、わからずじまい。 さすがにベルモットはジョディの一枚上手をいっていましたね。 ジョディは両親を始末されてるため、若干ベルモットに固執しているようにみえますね。 逆にベルモットはあまりジョディに対して、特別な感情は持ち合わせていないようです。 ベルモットとあの方との関係 ベルモットの黒の組織内で階級はとても高く、あの方から命令を下されることも。 そしてベルモットと黒の組織のボスである「あの方」は組織の他のメンバーと違って、何か特別な関係にあります。 この秘密はジンも知らないようで、現時点で掴んでいるのは バーボンだけだと思われます。 組織のメンバーが知ったら驚くでしょうね・・・ まさかあなたがボスの・・・ 「・・・」 には何が入るのでしょうか? 娘? 妻? あたりが入りそうな予感もありますが、予想を遥かに超えてくる可能性も十分ありますね。 さいごに ベルモットはあの方とも黒の組織のボスである「あの方」とも何かしらの関係があり、名探偵コナンの最重要人物です。 ただ表面的には正体はわかってはいますが、秘密が多いキャラ。 実はベルモットがNOC!! とかだったら驚きですよね。 またなぜか黒の組織の壊滅をコナンに託しているような描写も見られますし。 黒の組織とベルモット あの方とベルモット など いろいろな関係性が明かされるのが、今後楽しみですね。 (何年後かわかりませんが・・・) Sponsored Links 【期間限定】劇場版名探偵コナン全23作品が無料!! 現在期間限定ではありますが、 Huluという動画配信サービスへ登録すれば、劇場版名探偵コナン全23作品を無料で見ることが可能です! 例えば 最新作の劇場版名探偵コナン 紺青の拳 他にも 劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌 劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人 など 劇場版の名探偵コナンの人気作を無料で見ることができます。

次の

バーボンが握ったベルモットの秘密とは?2人の関係や正体は?味方なのか?敵なのか?

ベルモット 正体

あの方、宮野夫婦(エレーナ、厚司)、ベルモットの三人が、それぞれシルバーブレットと認識する対象が異なること、またシルバーブレットに対する感情も恐れ、願い、待ち望んだ(期待)と違うところも重要。 なぜ新一なのか? 赤井秀一よりも頭が切れそうだと判断したとか、組織にその存在が注目されていないから出し抜きやすいからとかではない。 もちろん、そう言った事実も確かにあるのだが、重要なのは別の理由。 コナン:「犯人を推理で追い詰めて、みすみす自殺させちまう探偵は・・・」「殺人者とかわんねーよ・・・」 服部:「おーおー耳が痛うてかなわんわー」「完璧なお前しかいえんセリフやのォー・・・」 コナン:「ハ・・・完璧な人間なんてこの世にいやしねーよ・・・」「オレだってたった一人・・・」「たった一人だけ・・・」 File:153 ベルモットの件とは対照的な出来事。 コナンは過去に1度だけ推理で犯人を追い詰めて自害させてしまったことがある。 (コミック7巻 ピアノソナタ『月光』殺人事件)そして、コナンは後になってもそのことを悔やんでいる。 これもまた、今後のストーリー展開に大きく関わってくることがあるかもしれない。 赤井秀一への期待は薄いのか? 灰原:「そのかわり約束してくれる?私以外、誰にも手をかけないって・・・」 ベルモット:「いいわ・・・FBIのこの女以外は助けてあげる・・・」 File:434 ベルモットにとってFBIのジョディは抹殺対象だが、赤井への期待が薄いのなら、赤井もまた他のFBIメンバーと同じ扱いということになる。 ベルモットが新一に期待するのは自分の「胸を貫いた(心を動かした)」から。 赤井秀一があの方に恐れられているのは、新一と同じレベルの頭の良さに加え、FBIという組織の後ろ盾、銃やドライブテクといった戦闘能力も群を抜いたレベル。 様々な修羅場をくぐり抜けた経験も豊富。 (あの方が、赤井だけが何らかの自分の弱みを持っていることを恐れている可能性もあるが、ベルモットはその武器には期待していない。 ) 実際、組織にスパイとして潜入、急激なスピードで出世して「その男(ジン)さえおさえればボスまで辿り着ける~」と考えられたところまで懐に入り込んで来た。 これまでの赤井秀一(FBI)の行動を見ていくと、彼らが行おうとしているのはそのまま、FBIとしての権力・武力による制圧・拘束。 赤井はベルモットが望むシルバーブレットとは違うため、長い間待ち望んでいたにもかかわらず候補から落選したと言える。 赤井の銀の弾丸はボスの心臓を撃ち抜く本物の弾丸に例えれば、新一はボスの心臓でもハートを撃ち抜く弾丸。 そして、ベルモットが自分のハートを貫いた新一に期待しているという事は、それと同じ事を期待しているということ。 少年漫画としてはベタだが、あだボスの正体を突き止め逮捕して終わりではなく、ラストを決めるにはふさわしい設定ではある。 工藤新一は例え犯罪者であっても、他者がその命を奪う権利があるとは思っていない。 ベルモットは組織の崩壊を望んでいるのか? ベルモットが求めているのは本物の弾丸ではなくてハートを貫く弾丸。 これがわかれば、ベルモットの組織内での立ち位置もはっきりしてくる。 ベルモットは組織はあまりにも巨大すぎて、武力では制圧できないと考えている。 いわゆる剛よりも柔だと考えている可能性もありえなくはないが、そうすると、他の面が繋がらなくなる。 単純に組織を崩壊を望んでいるのであれば、ベルモットにとって赤井秀一もシルバーブレットの候補。 むしろ、頭は切れるが所詮高校生探偵である新一よりも適任と言える。 裏を返せば、ベルモットは強引な組織の壊滅、いわゆるボスの殺害や逮捕による解決は望んでいないことになる。 これが真であれば、ベルモットは「組織の崩壊を望んでいる」というのは必ずしも間違いではないが、やや拡大解釈で正確な表現ではない。 次ページへ.

次の