西成 拳銃。 【画像】大阪吹田市拳銃強盗事件の犯人の特徴と逃走経路は?犯行現場周辺住民は注意!

中古銃の購入方法と注意事項 by YOSHIDA JUKI

西成 拳銃

「白手帳持ち」たちが泊まるドヤ。 そして西成のメインストリートである「三角公園」や「四角公園」で仲間たちと憩いの一時を過ごす。 その三角公園に集う、路上生活者の1人で「たぶん、今年、65歳やと思う」と語るシゲルさん(仮名・本人によれば鹿児島県出身)に話を聞いた。 「兄弟も多いし家は貧乏やった。 中学出てすぐ大阪に出てきたんや。 ヤクザの使い走りもやったけど、根性のうて続かなんだ。 もうこの年やから体もきつい。 せやから(生活)保護受けよかて思うこともあるんや。 シゲルさんの路上生活者仲間のカズオさん(仮名・70)は言う。 そしたらもう仲間とは会いにくいわな。 それがな…。 辛いんや」 実際、寄る年波に勝てず、路上生活を諦めて生活保護受給を申請、「福祉アパート」を兼ねる簡易宿泊所に住んだはいいが、かつての仲間たちとの連絡を断ち、孤独死に至ったという話は西成ではよく耳にするところだ。 一方、受給したくとも申請できないケースもある。 ひとつは何らかの犯罪に関わり警察から指名手配されているというもの。 そしてもうひとつは、暴力団組織と関わり、そこで下手を打ち(失敗し)、逃げているというケースだ。 「警察、暴力団どちらを問わず、手配がかかっている人は、足がつくことを嫌い生活保護受給を申請することはまずない。 また警察や暴力団の目に付かないよう、西成でもおとなしく暮らしていると聞く。 そういう人が路上で亡くなると、もう家族はその人の行方を探すことはまずできない」(大阪市関係者).

次の

警察不祥事

西成 拳銃

日本の警察不祥事 [ ] 日本では最も問題となる警察不祥事に、警察組織すべてが関わっているとみられている『捜査の私的流用等』に代表される・不正経理問題がある。 なお、過酷な検挙(では「活動目標」と表記している)に原因する、検挙報告捏造や裏金作りの問題は、から指摘され続けている。 退職した元・警察官による告発本も著され(、など。 による)、果ては現職の警察官が告発したところ、問題の表面化を恐れた上層部によって閑職に追いやられ、訴訟を起こす事態になった(のによる体験)。 不祥事の傾向 [ ] 警察の不祥事とよばれるものは多様である。 単純なものとしては警察官個人が窃盗や暴行・傷害などの明確な犯罪行為を行うものがある。 職務上でや、ややなどの 不道徳者と日常的に接する為、が溜まりやすい(職務の性格上、私生活にも様々な制限や不利益が加えられる)事に加えて、などと同様に『市民の模範』たる行動を求められるなど一般人よりも高い道徳性が要求される為 、不倫など非社会的行為を行えば、たとえ違法でなくても強く非難されやすい。 また、警察組織も一種の・官僚機構であることから、他の組織と同じような不正も当然起こりうる。 例えば、権限やをめぐる、問題や不正経理、不都合な事例の隠蔽、本庁や警察署内でのを盾に取ったなどである。 (63年)にで発生したや(9年)から(平成12年)に相次いだに見られるように、組織の保身のため不正に不正を重ねることもあった。 過失など により市民の通報に適切に対処できずみすみす犯罪を見逃すようなこと(例:、、、、、)、果ては容疑者確保失敗(例:、)など、職務怠慢による事件(例:、、)や、検挙実績を挙げんが為の犯罪捏造(例:)が発生している。 捜査の誤り・事件の長期化から生じる捜査部門の焦りが原因で起きるや(例:、、、、愛媛県女子大生誤認逮捕事件)なども不祥事とされる(政治的な理由によるものはここでは除く)。 結果として事件に至っても「これから対策するところだった」「まさかこうなるとは思わなかった」等と言い訳されることから更なる批判も招いている。 また、一般的に警察官の特権として・・などで武装しているが、本来、治安を守るための武器が奪われ、犯罪に使われるのは大変な失態であるとされる。 にに向けられた銃は日本の派出所から盗みだされたものであった()。 対処 [ ] 不祥事事件の際は各都道府県警察本部の警務部にある監察官室が速やかに事態収拾を図る。 当該警察官に懲戒処分の可能性がある場合、と部下にあたる監察席付調査官で構成された班員で事実関係を調査する。 この時点で監察事案となり、調査中は機密扱いとなる。 処分については、調査内容を元に内部の幹部で行う懲戒審査委員会と、公安委員が呼ばれる会議が行われ、その上で警察庁に上げ、処分にばらつきが出ないように全国の警察での懲戒処分との調整を行い処罰を決定する。 このについては「懲戒処分の指針」である程度決まっている。 しかし、警察官の不正を調査する立場である監察官自らが不祥事を起こす事件も発生している。 また、監察自体が警察の内部機構であり、監察官自体も内部の警察官であるために絶対に不祥事を起こさないとはいえないうえに、不祥事を起こした当該警察官と知り合いである可能性も少なくはない。 監察官も通常の事件捜査と同様3人一組等の班員と共に行動をするが、これも通常の警察業務と同じで、監察官は多くがで最も高い階級であり、次いで監察調査官である班員は・と階級が下であるがゆえに、監察官に最も裁量権が与えられており、監察官自身が不祥事や不正を犯した場合、それを関知することは難しい。 また、やはり国の管轄機関であるため、たとえ組織的な関わりがあったとしても当の警察組織の方は、組織的な関わりはなしとして直接的に関わっていることが明るみに出た者を懲戒処分にして不祥事の解決を図ろうとするいわゆる「の」のようなことが行われることがある。 処分の不透明性と監視体制の問題 [ ] 現在、確認されている不祥事において、一般の公務員や一般人なら確実に逮捕される事件で逮捕されず任意調べに留められたり のみとなったり、不祥事を起こした警察官の氏名や年齢、所属先や処分内容など通常の刑事事件などで公表されるべき情報が公表されなかったり報道発表されなかったり 、通常なら懲戒解雇、懲戒免職相当の行為でも訓告、減俸、停職で処分されるケースが多く 、「身内に甘い」という批判の声もある。 報道関係者の間で警察不祥事などを報道することは「」とも呼ばれ、大々的に批判すると、事件取材の際や別の事件の取材などで取材拒否・の出入り差し止め・嫌がらせを受けることがあると指摘される。 あまりのひどさに記者が記事にしようにも、編集デスクが記事にさせないこともあるといわれている。 現役の警察官が顔を出さず、音声を変えてテレビ朝日の『』や『』へと不祥事を匿名で内部告発することがあり、また元・警察官がテレビの取材に顔出しで出ることもある。 2013年5月にはNHKが『』中で、での教育における対策例を採り上げたが(2013年5月16日放送「揺らぐ警察」)、弁護士のはブログで「真に必要なのは警察が主義をやめることだ、自分も取材を受けたが焦点が意図的に外されているとしか思えない」とこの内容を批判している。 拳銃の不適切な使用・管理 [ ] 警察官職務執行法に定められた要件を守らずに発砲を行うという不適正な武器の使用の例がある。 ほかに、拳銃を手入れしている最中の誤射や暴発 、拳銃の紛失、盗難、置き忘れ、正当な理由のない持ち出し、および他の警察官に拳銃を突きつけることなどの不祥事の例もある。 裏金問題 [ ] 警察の組織的不正経理については、元のがに著書『わが罪はつねにわが前にあり』で初めて告発したものの、警察庁は「コメントする内容のものではない」と無視した。 また、にも、元・が、著書『交番のウラは闇』などで、同県警における組織的な裏金作りや、超過勤務手当の不払い等の不正を告発していた。 など、金がからむ不祥事については、責任者が自殺することや告発者が逆に抑圧されることがあり(での事例)、真相の究明を困難にしている。 前後の不祥事発覚後にが設置したも、少なくとも裏金問題への対応は消極的である。 にはでの裏金事件が発覚()し、2004年にはで警察学校校長と副校長が業務上横領 、には・で、にはで、には・・で不正経理が発覚した。 公文書偽造・廃棄など [ ] 捜査書類やなどを偽造・捏造したり、正当な手続きによらず廃棄したりする事案が発生している。 収賄 [ ] 捜査に手心を加える、捜査情報を事前に提供するなどの見返りとして金品などの提供を受ける事案が発生している。 最大最悪の事例が。 個人情報流出 [ ] 、で加害者に警告する際、被害者の居住地、結婚(再婚)後の姓を伝えてしまい結果的に殺人事件に至った例()、前述の捜査情報提供といった事案が発生している。 交通事故・交通違反 [ ] パトカーで現場に向かう際やパトロール中の、が発生している。 事故が発生した際には自分の都合のいいように調書を書いたり、違反を一般人に指摘されるとともとれる態度をとる例もある。 違法とまではいかない不祥事 [ ] 11月11日、内の男性にの電話があり、それに気づいた男性の息子が「父親が被害に遭いそうだ」と埼玉県警に110番通報し、の交番勤務の巡査が男性宅へ向かうこととなったが、この巡査が署にいる警部補に無線で「ミニパトで行ってもいいか?」と聞くと「(ミニパトで行っても)大丈夫」と言われたが、巡査はこれを「(他の者が対応するから自身は)現場に向かわなくて大丈夫」との意味だと誤解し対応せず、男性は息子の同僚を装って自宅に来た人物に200万円をだまし取られた。 警察官個人が犯す犯罪 [ ] 警察官個人がパトロールなどの勤務中に犯罪を犯したり、休日に犯罪行為を行ったりした場合も警察不祥事とされる。 警察官によるわいせつ行為(未成年者へのわいせつ行為を含む)や、、性器露出などのわいせつ事案が発生している。 警察内部でのセクハラが訴訟に発展したケースもある()。 警察官が休日にを行った事案がある。 殺人事件 [ ]• - に発生した警視庁経堂駅前派出所の巡査による強姦・殺人事件。 - 、の女性隊員が同音楽隊のメンバーの男性警部補に殺害される事件が発生した。 男性警部補は女性隊員を殺害した後自殺をしたため、懲戒免職の処分ができなくなり退職金が支給されたため非難が殺到した。 2007年8月、警視庁の巡査長による殺人事件が発生。 巡査長は女性を殺害後に自殺した()。 なお、状況が酷似しているドラマ「」は遡る事10年前、1999年の作品である。 2015年1月、の巡査長(逮捕後に懲戒免職)が相手のの女性を殺害。 懲役18年の判決。 2015年9月、の巡査部長(逮捕後に懲戒免職)が、以前に遺体の検視で訪れた家の住人を殺害し、現金を奪う事件が起きた。 無期懲役の判決。 6月、の通信指令課巡査部長の自宅で妻と子供2人の計3人が遺体で見つかり、このうち妻を殺害した容疑で巡査部長(逮捕後に懲戒免職 )が逮捕された。 - 4月、の19歳の男性が、勤務する前で自身の教育係でもある同僚の男性を貸与されていたで背後から撃ち殺害。 巡査は拳銃を所持したまま交番ので逃走したが、内で田んぼに突っ込んだため乗り捨て、歩いていた所を犯行から約6時間後に身柄確保、後に逮捕された。 現職警察官が同僚警察官を職務上貸与された銃で殺害したのは、史上、初めてであり、未成年の警察官による殺人も初めてだった。 滋賀県警は、事案の重大性や、巡査が銃を所持して逃走していた事等を理由に、巡査が身柄確保されるまでの間、の定めに反し、巡査の実名と顔写真を公表した。 強盗事件 [ ]• 窃盗事件 [ ]• 米国の警察不祥事 [ ] では、など処理の不手際、初動の失敗と隠蔽が問題になっている。 ではが問題となっている。 (詳細はを参照) 2016年7月にはミネソタ州で警察官が停車させた自動車を運転していた黒人男性を射殺して過失致死罪などに問われ全米各地で抗議活動が発生した。 この警察官に対しては2017年6月に無罪判決が言い渡され抗議行動が行われた。 その他の警察不祥事 [ ] では2005年7月、で過剰反応状態になっていた私服の対テロ要員が、地下鉄駅で全く無関係の男性乗客をテロリストと勘違いして射殺する事件が起きた。 を参照。 ではで警察の発砲により34人が死亡し物議をかもした。 ではによる大量殺人事件、が発生し警察が批判された。 警察不祥事に対する報道と世論 [ ] 警察の不祥事は他の役所に増してマスコミや世論の強い反感をかいやすい。 のでは1人の警察官の不祥事が明らかになったことをきっかけとして、それまでの警察に対する不信感が噴出した。 (昭和53年)に日本で起きたでは当時のが減給処分となり、その直後に引責辞任している。 イギリスではマクニー元警視総監が、「二万数千人の警察官がいるのだから、ある程度非行警察官が出るのは当然だ。 警察官に二十年間の訓練を施そうと、二ヵ月間訓練を施そうと、悪いことをする奴は出てきてしまうものだ」と言明しているという。 脚注 [ ] []• e-Gov法令検索. 2009年10月29日閲覧。 井上浩芳 2009年2月14日. G trekker. 2009年10月29日閲覧。 法律で規制されていない、被害が発生していないとの理由で見逃されてしまう。 毎日新聞 2020年2月7日• 毎日新聞. 2016年10月3日. の2016年10月3日時点におけるアーカイブ。 もっとも処分を受けた警察官のほとんどが直後に依願退職し、降格やの処分にされることは少ない。 処分された以上、昇進などは不可能ではないものの、非常に困難なため。 また勤務年数やキャリアに応じて退職金も支給される。 さらには殺人などの重大事件を起こした後自殺をした場合は処分ができなるなるため退職金を支給した例()がある• 袴田貴行、安達恒太郎 2016年4月1日. 2016年4月7日閲覧。 の体験。 北海道警察の裏金を追い始めた直後に社が横領で捜査されたり、報道ソース提供を断られたりし「」が続いた• 2013年5月17日. さくら通り法律事務所 〜清水勉の小市民的心意気!. 2016年4月7日閲覧。 毎日新聞. 2011年10月29日. の2011年10月30日時点におけるアーカイブ。 の2012-01-27時点におけるアーカイブ。 2009年10月29日閲覧。 明るい警察を実現する全国ネットワーク. 2016年6月28日閲覧。 2016年6月28日閲覧。 PBI - 交通行政監察官室. 2009年11月16日閲覧。 富山「車両横断禁止」の標識を「交差点での右折禁止」と勘違い 誤って11人に反則切符 チューリップテレビNEWS(リンク切れ)• J-CASTニュース. 2009年6月11日. 2015年11月14日. 産経WEST. 2015年10月6日. 2015年12月17日閲覧。 産経ニュース. 2015年9月30日. 2016年4月7日閲覧。 時事ドットコムニュース. 2016年12月20日. の2016年12月20日時点におけるアーカイブ。 2016年12月20日閲覧。 時事ドットコムニュース 時事通信社. 2017年7月13日. の2017年9月11日時点におけるアーカイブ。 2017年7月14日閲覧。 朝日新聞. 2017年6月8日. の2017年6月8日時点におけるアーカイブ。 朝日新聞. 2017年6月9日. の2017年6月9日時点におけるアーカイブ。 朝日新聞DIGITAL. 2018年4月12日. 2018年4月12日閲覧。 AFP. 2017年6月17日. 2017年11月28日閲覧。 『警察官僚がみた「日本の警察」』講談社、1999年3月、89-92頁。 参考文献 [ ]• 『わが罪は常にわが前にあり 期待される新警察庁長官への手紙』社会思想社〈現代教養文庫〉、1994年6月。 『警官は実弾を込め、撃鉄を起こした』草輝、1999年4月。 『警官は狙いを定め引き金を弾いた』草輝、1999年10月。 『警察はなぜ堕落したのか』草思社、2000年8月。 『栃木リンチ殺人事件 警察はなぜ動かなかったのか』草思社、2001年4月。 『神戸大学院生リンチ殺人事件 警察はなぜ凶行を止めなかったのか』、2006年9月。 『秋田連続児童殺害事件 警察はなぜ事件を隠蔽したのか』草思社、2007年10月。 『裏金 警察の犯罪』新日本出版社、2004年8月。 、、、佐藤一『警察幹部を逮捕せよ! 泥沼の裏金作り』旬報社、2004年6月。 『追及・北海道警「裏金」疑惑』講談社〈講談社文庫〉、2004年8月。 『日本警察と裏金 底なしの腐敗』講談社〈講談社文庫〉、2005年4月。 『警察VS. 警察官』講談社、2006年8月。 『 ホイッスルブロワー』講談社、2005年3月。 『北海道警察の冷たい夏』講談社〈講談社文庫〉、2005年2月。 『恥さらし 北海道警悪徳刑事の告白』講談社、2011年10月。 (「」原作)• 『警察官ネコババ事件 おなかの赤ちゃんが助けてくれた』講談社、1989年2月。 『警官汚職』角川書店、1984年8月。 『ドキュメント・仙波敏郎 告発警官1000日の記録』創風社、2007年12月。 『現職警官「裏金」内部告発』講談社、2009年4月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2019年1月1日アーカイブ分)•

次の

暴力団

西成 拳銃

萩之茶屋3丁目8-18 暴力団員であることを隠し、他人名義で住宅を購入したとして、兵庫県警暴力団対策課などは14日、詐欺容疑で、大阪市西成区にある指定暴力団山口組直系「朋友会」会長、高島伸佳容疑者(37)=同区萩之茶屋=ら3人を逮捕した。 他に逮捕されたのは、高島容疑者の元妻で尼崎市西長洲町のパート、智美(31)と、父で富山県高岡市宮田町の無職、光三(73)の両容疑者。 県警によると、高島容疑者は、山口組の組織運営を担う「直参」と呼ばれる幹部で、容疑を黙秘。 智美、光三両容疑者は否認しているという。 逮捕容疑は、共謀して平成24年12月、尼崎市内の不動産会社で、実際には伸佳容疑者が購入するのに、智美、光三の両容疑者名義で中古住宅を購入したとしている。 東組(あずまぐみ)は博徒系暴力団で大阪府公安委員会から指定された指定暴力団。 児童ポルノを含むわいせつDVDを販売したとして、滋賀県警組織犯罪対策課などは20日、わいせつ電磁的記録頒布と児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、指定暴力団二代目東組幹部組員、田村順一容疑者(54)=大阪府豊中市=ら8人を逮捕し、大津地検に送致したと発表した。 逮捕容疑は、平成26年8月から28年2月にかけて、インターネットサイトで児童ポルノを含むわいせつなDVD約40枚を販売したとしている。 田村容疑者は「よくわからない」と容疑を否認している。 同課によると、県警などが二代目東組の資金源を捜査していたところ、田村容疑者らが管理するサイトでわいせつなDVDなどを販売していることが分かった。 県警は、DVDなど約20万点を押収した。 産経新聞 2016年5月21日 知人の顔を包丁で切りつけたとして、羽曳野署は28日、殺人未遂容疑で指定暴力団東組系組員、藤崎幸夫容疑者(45)=羽曳野市碓井=を逮捕した。 逮捕容疑は27日午前10時10分ごろ、知人の30代男性を自宅に呼び出し、あごを包丁で切りつけて、軽傷を負わせたとしている。 容疑を認めており、同署が動機を調べている。 産経新聞 2013年10月28日 大阪府警は大阪市西成区で覚せい剤密売などを取り締まる為、27日朝から指定暴力団・東組の本部事務所を捜査員20人体制で家宅捜索している。 きょうの捜索は今月20日、東組傘下の元組員・磯村秀之容疑者(39)を逮捕したことを受けて行った。 西成区のあいりん地区だけでも毎年、400人以上が覚醒剤の所持などで検挙されていることから警察は監視を強化する。 読売テレビ 2012年2月27日 組長の車で訪れたホームセンターで万引したとして西成署は1日、窃盗容疑で指定暴力団東組系組員、磯村秀之容疑者(39)=大阪市西成区天下茶屋北=を逮捕したと発表した。 同署によると、磯村容疑者は組長の運転手。 「商品を外に持ち出しただけで盗んではいない」と供述しているという。 同署によると、磯村容疑者はカートのまま商品を持ち出し組長の車に積もうとしたところ、警備員に声をかけられ、商品を置いて車で逃走。 車のナンバーや防犯カメラの映像などから磯村容疑者が判明した。 産経新聞 2012年2月2日 9日午後10時10分ごろ、大阪市中央区の大阪城公園で、男性が頭から血を流して倒れているのを、公園の警備員が発見。 男性はまもなく死亡した。 近くに回転式の拳銃が落ちており、大阪府警東署は拳銃自殺とみて捜査している。 東署によると、死亡したのは指定暴力団東組の幹部(48)=大阪市天王寺区堀越町。 右側頭部に、発砲によるとみられる傷跡があった。 産経新聞 2012年1月10日 暴力団の身分を隠して口座を開いたとして、大阪府警捜査4課は24日、詐欺の疑いで指定暴力団東組(大阪市西成区)組長滝本博司容疑者(67)ら2人を逮捕した。 逮捕容疑は、2人は共謀し、大阪市内の金融機関で6月22日、暴力団関係者ではないとする契約書にサインして口座開設を申し込み、通帳とキャッシュカードを詐取した疑い。 同課によると、口座は滝本容疑者の個人用として使われているが、滝本容疑者は「知らない」と否認している。 東組は府内に勢力を持ち、約290人。 同課は覚せい剤の密売が東組の主な資金源としている。 スポニチ 2011年10月24日 萩之茶屋3丁目9-26 指定暴力団・六代目山口組の4次団体(上部団体は五代目健竜会)だった。 五代目健竜会(会長・中田浩司)で最高顧問を務めていた組長・三島敬一は、五代目山口組組長・渡辺芳則が健竜会を創設した時には、顧問として相談役の中野太郎(中野会会長。 後に五代目山口組若頭補佐)、副会長の桑田兼吉(後に三代目山健組組長、五代目山口組若頭補佐)、太田守正(後に太田会会長、六代目山口組若中)という豪華メンバーと並んで最高幹部を務めた。 よって、三島は渡辺とサシで話を出来る関係であった。 しかし、2005年に発足した六代目山口組の組長・司 忍の方針である「自戒奉世」、「覚醒剤などの薬物には、絶対に触れないように」に背いたため、四代目山健組 五代目健竜会から絶縁された。 組長・三島敬一(元五代目健竜会最高顧問) 配下の組員をゴルフクラブなどで殴ったとして暴行罪に問われた山口組系暴力団組長の三島敬一被告(64)の控訴審判決が5日、大阪高裁であった。 近江清勝裁判長は「殴られた部分や暴行を受けた状況などについて組員の供述は変遷して信用できない」と述べ、懲役10カ月とした一審・大阪地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。 三島組長は03年8月13日ごろ、大阪市西成区の組事務所の組長室で、当時組員だった男の後頭部を靴で数回殴ったほか、背中もゴルフクラブで数回殴ったとされた。 三代目小車誠会(さんだいめおぐるままことかい)は的屋系暴力団で指定暴力団六代目山口組の2次団体。 歴史 旧菅谷組系列の的屋系独立組織であったが、1991年5月、二代目会長・川口義昌が五代目山口組に舎弟として加入。 1995年9月、二代目が病死。 英組預かりとなったが、1999年3月、二代目実子の川口和慶が三代目会長に就任し、五代目山口組直参となった。 歴代会長 初代 - 斉藤長蔵(小車組組長) 二代目 - 川口義昌(菅谷組舎弟、誠会会長) 三代目 - 川口和慶 最高幹部 会長 - 川口和慶(五代目山口組直参、六代目山口組直参) 指定暴力団山口組の有力2次団体で、全国の縁日などで露天商(テキ屋)を展開する「小車誠会」(大阪市西成区)が先月末に山口組を除籍となり、解散したことが15日、大阪府警や関係者への取材で分かった。 暴力団排除条例が全都道府県で施行され、商売を続けるのが難しくなったことが要因とみられる。 同様の動きが広がれば暴力団の弱体化につながるものの、捜査幹部は「形だけ組員を辞める偽装離脱も多く、今後も稼いだ金は山口組に流れるだろう」とみて引き続き警戒を強める。 スポニチ 2011年10月16日• 大阪府警察• 166 - 衆 - 内閣委員会 - 28号 平成19年06月13日 田端委員 いろいろ今御回答いただきましたが、そういう意味ではいよいよ銃器対策推進本部が連携をとりながら、連携を密にしながら対応するということが本当に大事だ、こう思いますので、ぜひ国家公安委員長それから特命担当大臣、どうぞよろしくお願いしたいと思います。 それで、実は私は大阪でも西成区というところに住んでおりますが、例えばこの十年間を見てみますと、全国で発砲事件が千三百四十三件、そして大阪で起こったのが九十四件、そして西成区では九件。 つまり、大阪九十四件のうちの一割が西成区、私の地元で起こっているわけでありまして、これは確率としたら大変高いというふうに思います。 ここにある全国地図の中でも大阪は青い色になっておりまして、東京、大阪等が非常に事件が多いという印になっておりますが、その多い大阪の中でも、大阪における一割が西成区で起こっている。 なぜ起こっているかといいますと、これは国家公安委員長にはぜひ知っていただきたいと思いますが、あいりん地域というのがありまして、そこには、三十二ぐらいあると思いますが、暴力団の事務所があります。 それが集中しているわけですが、そういう意味では、ここ十年間で九件起こっている、これはもうほとんど間違いなく暴力団同士の抗争なりなんなりで起こった事件だと思います。 そうしますと機動隊が来て通行どめしたりいろいろなことをやるわけでありまして、そこは全く普通の市民が住んでいる、全く普通の町の中に暴力団の事務所があるわけですから、住民にとれば非常な緊張感、非常におびえる状況になるわけでありまして、暴力団におけるいさかいがそういう形で発砲事件につながりますと、そういうことで地域は大変迷惑な話になります。 したがって、暴力団同士の抗争とかそういったことに一般市民が巻き込まれることのないように、これこそが一番大事な対策ではないか、こう思うわけでありまして、暴力団対策そして法整備も含めた今後の対応のあり方ということについて国家公安委員長にお尋ねしたいと思います。 malawivoice.

次の