エブリイ ワゴン 車 中泊。 エブリィワゴン

【楽天市場】エブリィ ワゴン バン DA17系 カーテン サンシェード 車中泊 グッズ プライバシーサンシェード フルセット エブリイ ワゴン バン DA17W DA17V EVERY WAGON スズキ 【車用カーテン/カーフィルム/カーシェード/日除け/目隠し/パーツ/専用/ワンタッチサンシェード/送料無料】:趣味職人

エブリイ ワゴン 車 中泊

車中泊の魅力は、ホテルの予約を気にせず思い立った時に出発、疲れたら近くの道の駅で一泊。 出かけようとしたら、天候が悪く中止。。。 なんて、スケジュールを気にせず気軽に車旅ができることが魅力ですね。 また、狭い車内ほど、ボンビーな車中泊ほど、創意工夫が必要であり、軽自動車の車中泊はより豊かな創造力を養い、生きる楽しさまで再認識できる、そんな趣味であると思っています。 車中泊をいつまでも楽しむためにも、「社会のルールを守る」「人に迷惑をかけない」、など人としての常識は必ず守りましょう。 特に道の駅を利用させていただく場合は、「同じ車中泊者に迷惑をかけない」「ゴミは必ず持ち帰る」などお互いに助け合い気持ち良く車中泊を楽しみたいものです。 29- 8. 車中泊時は、必ず運転席側のロックレバー(左写真)で全てのドアをロックしましょう。 施錠後、出る時には近くのドアを開錠して帰ったらそのドアのみ施錠します。 でも安心!! 助手席の背もたれを倒し、ここから出入りすれば濡れずに入出可能です。 靴・濡れた傘は、助手席の足元に置くこともできます。 【車中泊を体験して】 (失敗談) 今思うと隣の車両に大変ご迷惑をおかけした事を思い出します。 最初の車中泊でエブリィワゴンのスライドドア開閉を自動に設定していたため、静かな夜にドアを開閉するたびに「ピーピー」と警報音が出ていました。 その時は、気がつかなかったのですが、後で考えると随分と迷惑をかけていたと思います。 申し訳ありませんでした、反省 しております。 (気をつけていること) 道の駅を利用させて頂く事が多いのですが、到着後に駐車場の車両をまず確認します。 他県ナンバーの車両は、車中泊する可能性が高いので隣接して駐車しないようにしています。 (駐車台数に余裕がある場合) 車中泊に慣れた方々は、気がつくとお互い気を使わないように最低でも1台スペースを空けて駐車されることが多いようですね。 私もカーテンを早めに出したりと、車中泊車両であることをアピールするようにしています。 宿泊のセッティングをする前に、駐車場所には気をつけるようにしています。 駐車位置は、トイレ洗面の近くが利用するには便利ですが、夜中、明方にトイレに立ち寄る車が意外と多くいます。 また、あまり離れた静かで広い場所は、大型トラックが冷房・暖房のためにエンジンをかけた状況で仮眠することも多々あります。 道の駅に着くと、やはり駐車場所をどこにするか?これが最初に気を使うところですね。 私は初対面の方と話すのがあまり得意ではありませんが、車中泊では、最低でも両隣の方々にはご挨拶をするように心がけています。 話すことで、お互い安心感も生まれ、また万が一の場合には助けていただける可能性もあります。 車両のナンバーを見て、その地域のことをお聞きすることで、その土地の観光道路情報、車中泊事情なども聞くことができます。

次の

【楽天市場】Levolva 新型 DA17Wエブリイワゴン専用マットレス/車中泊 マット≪DR17W NV100クリッパーリオ/DG17Wスクラムワゴン/DS17Wタウンボックスも対応≫【車中泊マット/車中泊 グッズ/車中泊 ベッド/防災グッズ/EVERY WAGON/日本製/レヴォルヴァ】【SOVIE】:カーアクセサリーストア【SOVIE】

エブリイ ワゴン 車 中泊

技術の進歩は素晴らしく、当時のエブリイターボは、チョロQのような車でしたが、今は、普通車と遜色ない車に進化していました。 荷室(ベッドスペース)のフラット化… 現車は、専用シートなので、関係ないのですが、私の車中泊車の原点は、軽ワンボックス(エブリイ550)。 当時の画像は無いのですが、その時のベッドスペース確保を、参考までにご紹介します。 軽バンだったので、後部座席を畳めば、フラットな空間になりました。 ただ、そのままでは、鉄板の上に、薄いフロアマットだけなので、痛くて座ることすら出来ませんでした。 かと言って、合板を貼って、クッションフロアにすると、お金と手間が掛かります。 そこで、安価で、加工しやすく、クッション性のある素材は…と考えたら、お風呂マットになりました。 厚さが2cm程有る硬めのタイプなら、カッターだけでカット出来る加工性・クッション性・断熱性・形状安定等、完璧な床材でした。 それを、荷台に敷き詰めたら、正座も出来る程の快適お座敷になりました。 阪神淡路大震災です。 当時は、駿河湾地震等、首都圏の大地震は、騒がれていましたが、予想外の関西の地震に、皆驚きました。 体育館や公民館等で、避難生活をしている方が大勢いる中、そのような環境が苦手な方は、自家用車で寝ていました。 私自身も、無理です。 しかし、座った状態で、長時間眠ると、エコノミークラス症候群を発症します。 それにより、亡くなった方のニュースがありました。 更に、排泄も、問題に…。 その翌月、憧れだけで定期購読していたキャンピングカー雑誌に、震災時のキャンピングカーの記事が載っていました。 それまでは、レジャーのための贅沢車…という印象だったキャンピングカーですが、災害時には、確実なシェルターになることに、気付かされたのです。 その年の春、私はバツイチとなり、夫婦で共有していた軽ワンボックスを手放したことで、キャンピングカーへの道は、一気に近付き、その3ヶ月後に、キャンピングカーライフが始まりました。 阪神淡路大震災のニュースを見ても、行政だけでは、手が回らないのが現実です。 やはり、個人個人が、いざという時に備える必要があります。 アメリカの銃社会もそうですが、自分の身は自分で守る…平和ボケしている日本人には、忘れられている基本です。 前車に乗っている時は、幸いにも、災害に遭いませんでした。 それはそれで、良いことです。 しかし、この車に乗って9年。 その日は訪れました。 2011年3月11日…東日本に、国内観測史上最大の大地震が発生! 東京でも、計画停電や、食料の不足等で、パニック状態に! でも、私は、いつもと変わりなく、生活していました…。 停電の夜も、車の中で、乾パンをつまみに、一杯飲みながら、ネットでニュースを見てました。

次の

ホンダ N

エブリイ ワゴン 車 中泊

Song• Artist• Album• Legend of the Sea• Licensed to YouTube by• , TuneCore Publishing, and 13 Music Rights Societies• Song• Artist• Album• Ballerina• Licensed to YouTube by•

次の