ゆうちょ銀行 退職金。 今年、公務員を定年退職しました。退職金をゆうちょ銀行で、投資信...

銀行で退職金運用するべき?【退職金運用を正しく運用】

ゆうちょ銀行 退職金

みなさんこんにちわ 安井宏@定年退職FPです 退職金はサラリーマンが長い勤めの先にもらうまとまったお金です。 賢く運用する必要があることは言うまでもありません。 退職直後に、銀行が定年退職者向けに提供している「退職金専用定期預金」にいったん預けて資産運用を検討中の方も多いかもしれません。 預入期間は3か月の定期預金が多いので、 そろそろ次の預け先を考えている方もいると思います。 実は、どの会社の株を、いつ買うかなどという細かい運用テクニックではなく、 どこで運用するのかで大差が付きます。 正解はネット証券ですが、その理由を解説しましょう。 退職金は運用するべきか そもそも退職金は、安全な銀行に寝かしておくべきなんでしょうか。 実は定年後と言っても、その先の人生は長いです。 今は超低金利が続き、インフレというよりはデフレ脱却が問題ですが、長期的にはインフレ対策が必要です。 お金の価値が下がっていかないように、ある程度慎重に運用しながら、年金の不足分を取り崩していくのが、定年退職後の資産運用の基本です。 銀行・郵便局・JAバンクでの資産運用はやめたほうがいい 銀行・郵便局・JAバンクは生活防衛資金のみ利用 家の近所の銀行などには、生活に必要な資金のみおいておきましょう。 すべてをネット銀行などで完結させるのは、まさかのときに不安です。 地震などの大災害のとき、通帳・ハンコなどすべてを失っても、地元の金融機関であれば本人確認だけで少額のお金をおろせるなど融通がきく場合が多いです。 一方、 資産運用に銀行は不適です。 銀行は 以前は信用の塊といわれるような企業でしたが、今や低金利で収益が圧迫され、職員のリストラなどが 新聞を賑わすようになっています。 厳しい環境の中で銀行も手数料ビジネスに走っており、手数料の高い投資信託を売るのが重要な稼ぎ頭になってます。 こちらの手の内を知りすぎ、情にほだされない 平素からお付き合いしてる銀行やその担当者は、給料の振り込みや退職金の振込の状況などをよくわかっています。 また普段から付き合いがあることもあって、絶妙なタイミングで退職金の運用、あるいはそのための相談を持ちかけてきます。 ぐっと断るのは大変ですが、 気持ちを鬼にしてあなたの大切な退職金を守りましょう。 株は買えないなど選択肢少ない そもそも証券会社なら、投資信託だけでなく株(日本株だけではなく世界の株)が買えます。 投資信託、ETF、REITなど様々な金融商品が揃っているのが証券会社です。 銀行などでも投資信託の種類は増えてきていますが、系列証券の商品などが多く、商品の品揃えという意味で言うと、証券会社とは全く桁違いです。 たくさんの選択肢からあなたのニーズに合った商品を買える証券会社を選びましょう。 同じ商品でも手数料は高い 退職金運用は投資信託などでする場合が多いのですが、 同じ商品が買う窓口が違うというだけで、コストが大きく違う場合があるというのが重要です。 のちほどネット証券がベストだというお話をしますが、ネット証券で売られているものと、ゆうちょ銀行 郵便局 やJAバンク 農協 で売られている、ほぼ同じ商品をコストの面で比較してみました。 比較したのは、非常にポピュラーな日経平均に連動する運用を目指す投資信託です。 比較すると以下のようになりました(2018. 13現在) びっくりするほどコストが違うことがおわかりいただけると思います。 【ネット証券】 購入時手数料 なし 信託報酬率 0. 16% 税込、店頭申込 信託報酬率 年率0. ネット証券に口座を開こう 口座開設はネットで簡単 証券会社と言っても野村證券に代表されるような、街中に立派な店舗を構えている証券会社からインターネットの中で完結するネット証券会社まであります。 個人が退職金を運用するなら今は間違いなくネット証券に口座を開くのが正解です。 主なネット証券会社としては SBI証券・楽天証券・マネックス証券などがあります。 かつて、インターネットの証券会社はたくさん生まれました。 野村證券なども子会社を作ってインターネットの証券会社に参入しましたが、その後競争が激化し多くは合併・精算などで淘汰され、今や一握りの会社だけが生き残りました。 先程名前を上げた会社などは、顧客の声を聞いて非常に低コストで、かつサービス水準も高く保っています。 対面営業の証券会社については、親切にアドバイスをしてくれる反面、次々と手数料の高い商品を売りつけるという恐れがあります。 金融庁の指導もあり、最近ではかなり改善されてきてはいますが、 古い投資信託を解約させて次々と新しい投資信託を売りつける回転売買と言われる手法が社会から非難を浴びました。 証券会社には、高給取りの営業マンがいますが彼らは会社が利益を上げるのが目的です。 一言で言うと投資のリスクを顧客に押し付けて、顧客がリスクの対価として得た収益の上前をはねる、表現は悪いがそういうことになります。 ネットの証券会社と言うと敷居が高いように思いますが、 インターネットで簡単に口座を開くことができます。 まず目指す証券会社のホームページに行きましょう。 新規口座開設のページがありますので、そこにアクセスしIDやパスワードなどを決めて口座を開きます。 銀行もそうですがマネーロンダリング防止のために本人確認などが厳格になってきています。 身分証明書さらには最近ではマイナンバーなどを入力する必要があります。 また本人の住所確認のためにあとで確認の郵便が来たりしますが、難しいことは全くありません。 特定口座源泉徴収あり、そしてNISA 口座に関してはいくつかの種類があります。 取引をするだけで税金などは全て自分でする一般口座、確定申告が簡単になる手続きをしてくれる特定口座というのがありますが、その中でも源泉徴収が有りのものと無しのものがあります。 一番のおすすめは、特定口座の源泉徴収ありということです。 また定年退職世代の人であれば是非NISAの手続きをしておきましょう。 利用開始まで若干時間かかりますが、 NISA口座を作っておけば年間120万円まで利益に 税金がかからずに取引ができます。 また客の資産とその証券会社の資産とは、別々に分別して管理されているため、万が一その証券会社が潰れるとしてもあなたのお金は守られます。 ネット証券会社をおすすめする理由のひとつは営業の攻勢がないことです。 電話がかかってきて、いろんな理由をつけて投資信託の売却を勧めたり、新たな投資信託を買いましょうと言った営業がありません。 すなわち自分でゆっくり考えて投資ができます。 また営業部員を抱えていないので、そもそもコストが安く個人が使うのには最適です。 FPにはよく考えて対応しよう 各種無料相談会で、ファイナンシャルプランナー FP と相談した経験はありますか。 わたし自身がファイナンシャルプランナーなので申し上げにくいのですが、 ファイナンシャルプランナーは弁護士などと異なり、個人への相談業務だけで独立して生計を立てていくのは難しい専門的資格です。 ほとんどのファイナンシャルプランナーが、銀行や証券会社、生命保険会社に関係しています。 ということは、その方々のアドバイスには少し気をつける必要があるということです。 知識に関していえばファイナンシャルプランナーの資格をお持ちなので、十分だと思いますが立場をよく考えましょう。 その人の人件費は果たしてどこから出ているんでしょうか。 豊富な知識は持っておられるとしても、あなたのためにその知識を使うとは限りません。 そのファイナンシャルプランナーが属している会社が、売りたい商品をあなたに売る、そういうものだというふうに考えましょう。 無料相談というのはあっても本当の無料はありません。 無料相談をしているファイナンシャルプランナーの給料がどこから出ているのか、よく考えてアドバイスはありがたく受けつつ 最終的には自分で判断しましょう。 投信ブロガーを参考にしよう 金融機関の無料相談会に代わりおすすめするのが、投信ブロガーと言われているインターネット上で意見を発表している人達のブログです。 わたし自身も、 というカテゴリーに属していますが、本当に博識な人達が多く参考になります。 ブログの文字を入れずに検索して出てくる、多くは金融機関のページの内容と、大きく異なることに気がつくと思います。 ブロガーの人たちは、あなたに個人アドバイスを提供することによって対価を得ようと思ってるわけではありません。 もちろんブログのアクセスを集めたいということは興味の中心ではありますが、 直接的にあなたと利益相反になることはないので中立的意見として参考になります。 投信ブロガーの人たちが投票して年に一度、イベントで選ばれた投資信託を表彰する「」というイベントが有り、そこで選ばれた商品というのは非常に良い商品です。 是非参考にしてみてください。 また、ブロガーの中でも本を書く人たちが最近出てきてます。 その中で非常にオススメの一冊が、 というブログを書いておられる、水瀬ケンイチさんの「」という本です。 非常によくできた本です、ぜひ一読することをお勧めします。 まとめ 退職金はサラリーマンが長い勤めの先にもらうまとまったお金。 賢く運用する必要がある。 運用成績は事前にはわからないが、コストはコントロールできる。 ネット証券会社に口座を開き、投信ブロガーの人たちの意見なども参考に、自分自身でよく考えて悔いのない資産運用を楽しんでください。 <広告> teinen2018.

次の

【退職金はどこに置く】銀行?証券会社?郵便局?退職金を運用する口座の選び方

ゆうちょ銀行 退職金

個人年金の種類 個人年金は、受取期間によって 確定年金、有期年金、終身年金、夫婦年金などに分類されます。 確定年金 確定年金は、決められた一定の期間年金が受け取れます。 契約時に設定された期間内に被保険者が死亡してしまった場合であっても、遺族が設定された残りの期間の年金や一時金を受け取ることができます。 有期年金 有期年金も、確定年金と同様に決められた一定の期間年金を受け取ることができます。 しかし、確定年金は被保険者の生死にかかわらず年金を受け取ることができますが、有期年金は被保険者が生きている間しか受け取ることができません。 そのため、被保険者が年金を受け取り始めてすぐに死亡してしまった場合は、払込金額よりも受給総額が少なくなってしまう可能性もあるのです。 このようなケースを防ぐため、被保険者が死亡しても年金が受け取れる保証期間が付いている有期年金もあります。 終身年金 終身年金は、契約時に定められた年齢から死亡するまで期間の定めなしで年金を受給することができます。 そのため、有期年金と同様に被保険者が年金を受給し始めてすぐに死亡してしまった時は、払込金額よりも受給総額が少なくなることも考えられます。 このようなケースを防ぐため、終身年金も商品によっては有期年金と同様に保証期間が付いているものもあるのです。 夫婦年金 夫婦年金とは、夫婦の二人のいずれかが生きている限り受給することができる個人年金です。 夫婦年金にも、保証期間が付いているものがあります。 保証期間中に夫婦2人共に死亡してしまった場合は、遺族が残りの保証期間に応じた年金や一時金を受け取ることができます。 ゆうちょ銀行の個人年金は何故人気なのか? 個人年金には、いろいろな商品があります。 リスクよりも確実性を重視しているものもあれば、元本割れする可能性があっても大きなリターンを目指すものもあります。 ゆうちょ銀行の個人年金は、身近なゆうちょ銀行に行って相談できるところが最大の利点です。 いつも行っている郵便局で、自分に合った個人年金を相談できるところが人気の理由の一つです。 ゆうちょ銀行の変額年金保険 変額年金保険とは、基本的には安全性よりも収益を重視した個人年金です。 将来受け取る年金額が固定ではなく、保険会社の運用実績により決まります。 即ち、運用実績が良ければリターンも大きくなりますが、運用実績が悪ければ場合によっては元本割れする可能性もあるのです。 そのため、 ハイリスクハイリターンの商品です。 ゆうちょ銀行でも変額年金保険の販売を行っています。 ゆうちょ銀行の変額年金保険のメリット• 公的年金の不足を補填 年金の受取時期や期間や種類や受取方法などを選ぶことができますので、ライフプランに合わせて公的年金の不足を補填できます。 長期的な運用 変額年金保険では、払い込んだ資産をバランス良く長期的に運用するため、安定した成果が期待できます。 ただし、株式や債券等の価格変動により、運用実績によっては中途解約時に受け取り金額が払い込み金額を下回る可能性があるのです。 また、ゆうちょ銀行の変額年金保険には、運用実績に左右されずに受取最低額が保証されている商品もあります。 万が一の場合の保障 据置期間中に万が一の事があった場合のために、死亡保険金受取人を指定した死亡保障を付けることができます。 ゆうちょ銀行の変額年金保険は、2種類に分かれます。 一つは、運用目標値に達した時点で運用を止めて利益を確保する 据置型 ターゲットタイプ になります。 もう一つは、一定の割合により年金の算出基準額が増加する 据置型 ステップアップタイプ です。 以下では、種類ごとにどのような商品があるのかを紹介していきます。 据置型 ターゲットタイプ の商品 ハッピーロード 商品提供会社:三井住友海上プライマリー生命保険株式会社 ハッピーロードの商品概要• 契約通貨:米ドル、豪ドル、NZドル• 積立期間:米ドル・・10年、15年、20年、豪ドル・・10年、15年、20年、NZドル・・10年• 一時払保険料:最低200万円 1万円単位 、 最高5億円• 契約年齢 契約日における 被保険者の満年齢 :積立期間:10年・・0歳~80歳、15年・・0歳~75歳、20年:0歳~70歳• 保証率:100%、110%• 契約日:一時払保険料が三井住友海上プライマリー生命所定の口座に着金した日• 契約者:被保険者の2親等以内の血族 父母、子、祖父母、孫、兄弟姉妹 または配偶者• 死亡保険金受取人:被保険者の3親等以内の親族• 年金受取人:被保険者または契約者• 年金種類と年金受取開始年齢の範囲:確定年金 年金受取期間5年、10年、15年、20年 ・・1歳~90歳、年金総額保証付終身年金・・50歳~90歳• 保険料の払込方法:一時払• 付加される特約:円建年金移行特約、円入金特約、円建年金支払特約• 付加できる主な特約:円支払特約、遺族年金支払特約、指定代理請求特約• 年金受取開始日の繰り下げ期間:1年• 年金受取開始日の繰下げ可能年齢:繰下げ後の年金受取開始日における被保険者の年齢が90歳まで1年きざみで繰下げ可能• 年金受取開始日の繰下げ通貨の転換:繰下げ時に契約通貨を円に換えることが可能• 増額:取扱不可• 一部解約:取扱不可• 後継年金受取人指定制度:被保険者、被保険者の配偶者、年金受取人の3親等以内の中の1人をを契約時に被保険者の同意を得て指定することが可能• 年金の受取手続き:年金受取開始日の約2か月前に年金受取請求に関するご案内を送付• 年金の振込み:年金受取日の翌日からその日を含めて5営業日以内に指定の口座に振込 届くしあわせ 商品提供会社:三井住友海上プライマリー生命保険株式会社 届くしあわせの商品概要• 一時払保険料 基本保険金額 :200万円以上5億円以下 1万円単位• 契約年齢 契約日における被保険者の満年齢 :0歳~75歳• 積立期間:15年~20年 年金受取開始年齢の上限 90歳 を超える積立期間は選択不可• 目標値の設定:110%、115%、120%から設定または目標値を設定しない• 目標達成の判定 :契約日より1年経過以後、積立期間中に毎日目標達成の判定を行う• 契約日:三井住友海上プライマリー生命の申込書受付日• 契約者:被保険者の2親等以内の血族 父母、子、祖父母、孫、兄弟姉妹 または配偶者• 死亡保険金受取人:被保険者の3親等以内の親族• 保険料の払込方法:一時払• 定額年金への移行:契約者の申し出により契約日から5年以上経過し、かつ積立期間中であれば解約払戻金を原資とした定額年金に移行可能• 契約者貸付制度:取扱不可• 増額:取扱不可• 一部解約:10万円以上 1万円単位 、但し、一部解約後の基本保険金額が200万円または特別勘定の積立金額が20万円を下回る場合には一部解約は取扱不可• 遺族年金支払特約:保険金の全部または一部を一括での受取りにかえて年金形式で受取可能• 指定代理請求特約 :あらかじめ指定された指定代理請求人が年金受取人にかわって年金を請求できます• 後継年金受取人指定制度:被保険者、被保険者の配偶者、年金受取人の3親等以内の中の1人をを契約時に被保険者の同意を得て指定することが可能 商品提供会社:ソニーライフ・エイゴン生命保険株式会社 人生年金 すてきに長生きの商品概要• 契約年齢 被保険者の契約日の満年齢 :20歳~74歳• 保険料払込方法:一時払• 年金種類 年金支払期間 :保証金額付特別勘定終身年金 終身• 据置期間:1年~35年 1年単位• 年金支払開始年齢 被保険者の年金支払開始日の満年齢 :55歳~75歳• 年金受取人:契約者または被保険者• 年金の分割支払:年2回、年4回、年6回、年12回の分割が取扱可能• 付加できる特約:遺族年金支払特約 、指定代理請求特約• 増額:取扱不可 ゆうちょ銀行の財産形成年金定額貯金 財産形成年金定額貯金は、加入者の勤務している事業所とゆうちょ銀行との間であらかじめ契約がされている場合に加入できる 財形年金です。 財形のため給料や賞与などから天引きで行われ、5年以上継続して積み立てる必要があります。 積立金に対する利子は非課税で、60歳から年金方式で受給できます。 ゆうちょ銀行の財産形成年金の特徴• 財産形成年金定額貯金は、財産形成住宅定額貯金と合わせて550万円まで非課税です。 満60歳以降に積み立てたお金をを年金として受け取ることができます。 財産形成年金定額貯金は、財産形成定額貯金、財産形成住宅定額貯金と合わせて550万円まで、ゆうちょ銀行の定期性貯金の預入限度額 1,300万円 とは別に預け入れすることができます。 財産形成年金定額貯金は財形の中の一つであるため、転勤した場合でも転勤先のゆうちょ銀行が財産形成年金定額貯金を取り扱っていれば、住所変更をするだけで継続できます。 一方、転勤先のゆうちょ銀行が財産形成年金定額貯金の取り扱いをしていない場合は、当然継続はできません。 その場合は、今まで積み立ててきた財産形成年金定額貯金の全額を、転勤先で契約している他の財形貯蓄商品に預け替えることができるのです。 ゆうちょ銀行の財産形成年金の商品概要• 対象者:年齢が満55歳未満の勤労者• 預入期間:5年以上継続して預入することが必要• 据置期間:預入日から起算して6ヶ月• 預入金額:毎月1,000円以上 1,000円単位 、ボーナス月に増額も可能• 預入限度額:他の財形との合計で550万円まで• 年金以外の目的での払戻し:財産形成貯金担保貸付けによる貸付金を返済期限までに返済しなかった場合等は課税扱い、支払済みの利子も5年間遡て20. 315%の源泉分離課税となります• 年金の受取条件:年金受取開始月の初日までに満60歳を迎えていること、最終預入月の翌月から年金受取開始月の前月までの期間が5年以内であること• 年金の受取手続き:最終積立て終了後2ヶ月以内に、「財産形成年金貯蓄の非課税適用確認申告書」をゆうちょ銀行に提出• 年金の受取方法:年金額が毎回ほぼ同額の定額型と一定期間は多い金額でその後の期間は少ない金額の逓増型の2種類• 利子:半年複利• 融資制度:勤労者退職金共済機構、住宅金融支援機構・沖縄振興開発金融公庫による財形持家融資が受けられる可能性があります ゆうちょ銀行の確定拠出年金 確定拠出年金とは、足りない公的年金の上乗せ分として給付を受ける私的年金の内の一つです。 確定拠出年金は、企業が運営主体である「企業型」と、国民年金基金連合会が運営主体だある「個人型」の2種類に分かれます。 ゆうちょ銀行では、個人型確定拠出年金である「iDeCo」 イデコ を取り扱っています。 確定拠出年金とは? 確定拠出年金とは、毎月一定額の掛金を拠出して加入者が自分で選んだ商品で運用を行っていきます。 そして、運用成果によって給付額が決まり、年金または一時金で受け取ることができる制度です。 確定拠出年金の特徴 積立金の運用は加入者が行う 積立金の運用は加入者が行うため、自己責任になります。 そして、運用の成果によっては、期待した収益が上がらなかったり元本割れする可能性もあります。 中途解約に制限 原則的には60歳まで積立金を引き出すことができません。 積立金の管理等の各種手数料がかかります。 口座管理手数料などの各種手数料がかかります。 確定拠出年金のメリット• 掛金の全額が所得控除 小規模企業共済等掛金控除 の対象であること• 利息、配当、売却益などの運用益は非課税であること• 給付金を年金として受け取れば公的年金等控除、一時金として受け取れば退職所得控除が適用されること• 転職や離職をした場合でも年金資産を持ち運び可能であること iDeCoの概要• 加入対象者:国民年金保険料の支払い免除を受けている人を除く第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者• 掛金の拠出単位:毎月定額の掛金を拠出することが基本的な取扱いですが、年1回以上任意に決めた月にまとめて拠出 年単位拠出 することも可能です。 掛金の最高拠出限度額 加入対象者 拠出限度額 年額 月額 自営業者等 第1号被保険者 81. 6万円 6. 8万円 企業型確定拠出年金のみ加入している会社員 第2号被保険者 24万円 2万円 企業型確定拠出年金以外の企業年金等に加入している会社員 第2号被保険者 14. 4万円 1. 2万円 企業年金等に加入していない会社員 第2号被保険者 27. 6万円 2. 3万円 公務員等 第2号被保険者 14. 4万円 1. 2万円 専業主婦等 第3号被保険者 27. 6万円 2. 3万円• 年単位拠出の場合の最高拠出限度額:拠出区分の月数に1ヶ月あたりの限度額を乗じた額 まとめ 個人年金とは足りない公的年金の給付を補てんするための私的年金で、ゆうちょ銀行でも個人年金の販売を行っています。 ゆうちょ銀行の個人年金には、変額年金保険や財産形成年金定額貯金や確定拠出年金などがあり人気商品になっています。

次の

中小企業退職共済事業本部(略して中退共)をゆうちょで受け取る

ゆうちょ銀行 退職金

ゆうちょ銀行は全国で使える!お金を貯める・積立も便利 ゆうちょ銀行を利用している人は、全国的に見ると多数派です。 それは、どうしてなのでしょう? マネー誌などの読者取材をしていて気がついたのですが、 出張や転勤が多い人ほどゆうちょ銀行を利用しているのです。 というのは、首都圏など利便性が高いエリアに住んでいると見過ごしがちですが「ゆうちょATM」は全国の郵便局などに設置されていて、365日いつでも手数料が無料(利用できる曜日、時間はATMによって異なる)で引き出し・預け入れができます。 また最近増えているファミリーマートなどにある「ファミリーマート設置ATM」や「小型ATM」でも、設置場所の営業時間によって一部異なる場合はありますが、ゆうちょキャッシュカードならいつでも(メンテナンス時間などを除く)無料で引き出し・預け入れが可能です。 さらにイーネットマークのATMを利用する場合も、平日は8時45分から18時まで、土曜日は9時から14時まで無料で払い戻し、預け入れができるなど、一般的な銀行に比べて入出金の利便性が高いのです。 2020年4月1日以降、注意したいのがATMを利用してゆうちょ銀行の総合口座同士で送金する場合の手数料。 これまでは月1回手数料無料(総合口座のみ、2回目以降は123円)でしたが、利用回数にかかわらず1件100円の手数料が必要になります。 ただし「ゆうちょダイレクト」なら月5回まで手数料無料(総合口座のみ)は変わりません。 逆に6回目以降は100円と値下げになりますから、利用することが多い人はこの機会にゆうちょダイレクトの手続きをするといいでしょう。 引っ越しなどのたびに使いやすい金融機関に口座を開いていると、保有口座は増える一方。 いざ解約を思い立っても転居先が遠方だと手続きをするのにも手間がかかるので、そのままにしてしまいがち。 という視点から見ると、ゆうちょ銀行は使いやすい金融機関といえます。 ゆうちょ銀行の自動積立は3種類 ゆうちょ銀行の自動積立定期預金には下記の3種類があります。 ゆうちょ銀行の自動積立 いずれも、一般月(毎月)と特別月(年6回以内)を指定することができ、積立期間中に積立金額や積立日の変更、積立期間を短くすることができます。 違いを簡単に説明すると、 「自動積立定額貯金」は6カ月経つと口数単位でいつでも引き出すことができ、金利は6カ月ごとの段階金利。 半年複利で運用してくれます。 3年以上使う予定がないお金を積み立てるなら 「自動積立定期貯金」。 3・4・5年ものは半年複利で運用してくれるため、有利に増やすことができます。 お金が必要な時期が3年以内に決まっている場合は 「満期一括受取型定期貯金」が便利。 設定した積立期間満了後、すべての定期貯金を払い戻し、全額を通常貯金に振り替えてくれるので解約忘れの心配がありません。 しかし現在は商品による金利差がないため、6カ月たてばいつでも引き出すことができ、利子が半年複利で付く自動積立定額貯金がおすすめです。 余談ですが「貯金」と「預金」の違いを知っていますか? 設立された経緯や、保護される仕組みが違うだけで、現在の商品性はほとんど一緒です。 制度が始まった明治時代、国民に貯蓄を奨励し国家の発展に活用しようと始めた制度が「貯金」で、都市部の商人や企業が決済のためにお金を預けたのが「預金」なのです。 現在、預金は「預金保険機構」によって、1人当たり1つの金融機関で元本1000万円とその利子まで保護されています。 ゆうちょ銀行は、商品は郵政公社時代のまま「貯金」という名称を使っていますが、民営化後は預金保険機構で保護されています。 【関連記事をチェック!】.

次の