弁護士 恐喝。 脅迫罪と恐喝罪の違いを解説。行為の内容や刑罰は? 未遂罪はある?

恐喝された時、あなたがとるべき行動一覧

弁護士 恐喝

恐喝罪の要件 恐喝罪とは、「人を恐喝して」「財物を交付させた」り、「財産上不法の利益を得」たり、「他人に財産上不法の利益を得させた」場合に成立する犯罪で、典型例としてはいわゆる「カツアゲ」が該当します。 (恐喝) 第二百四十九条 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。 2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。 (引用元:) 大雑把に言えば「人を脅すなどして」「金銭などを強請る・取得する」といった行為を処罰するのが恐喝罪ですが、未遂も罰せられる旨が規定されていることから(刑法250条)、構成要件をきちんと知っておくのは大切なことと言えます。 まずは、恐喝罪の基本的な知識を整理してみましょう。 恐喝罪の構成要件と法定刑 構成要件 恐喝罪が成立するための要件(構成要件)は、次の2パターンです。 1項恐喝罪 2項恐喝罪 内容 人を恐喝して金銭や物などを交付させること 人を恐喝して支払いを免れるなど財産上不法の利益を得ること 具体例 カツアゲ、強請り、タカリなど 家主を脅して家賃の支払いを猶予してもらったり、相手方が怖がるようなクレームをつけて食事代金を踏み倒すなど 構成要件• 人を恐喝して• 財物を交付させたこと• 人を恐喝して• 財産上不法の利益を得、または他人にこれを得させたこと 1項と2項との違いは、1項が「財物の交付」を対象としているのに対し、2項は「財産上不法の利益を得たこと・得させたこと」を対象としている点です。 要は人を恐喝してモノを受け取れば1項恐喝罪、支払猶予などモノでない利益を得たら2項恐喝罪が問題になるということなので、このあたりは簡単に押さえておけば良いでしょう。 法定刑 恐喝罪は「10年以下の懲役」という重い刑罰が規定されています。 懲役刑を宣告された場合、執行猶予が付いていなければ刑務所に収監され、刑期を終えるまで刑務作業を行わなければなりません。 脅迫罪とは 恐喝罪では「人を恐喝する」という行為が問題になるわけですが、恐喝とは「 脅迫または暴行を手段として、その反抗を抑圧するに足りない程度に相手方を畏怖させる」ことを言います。 ここで言う「脅迫」は、人を畏怖させる(大いに怖がらせる)のに足りる、生命、身体、自由、財産、名誉に対する害悪の告知のことで、例えば「殺すぞ」「殴るぞ」といった直接的な表現から、「お前の秘密をバラしてやる」「俺は暴力団だ」といった間接的な表現まで幅広く含まれます。 害悪の内容に関しては、何に対する害悪かは問われず、また内容自体が不法であるか否かも問われません。 そのため、警察に通報するとか裁判所に訴えるということをチラつかせて金銭を要求する行為も恐喝罪が成立する可能性があります。 また、恐喝罪における「暴行」とは、人に対する不法な有形力の行使を指しており、相手方の反抗を抑圧するまでは行かない程度のものが対象になります。 財産の交付や不法の利益を得たことについては、恐喝行為の結果として相手方から財産や利益を得たという因果関係が必要になります。 脅迫罪と恐喝罪は何が違うのか 脅迫罪と恐喝罪は、どちらも「人を脅す」ことが構成要件に含まれるため、両者の区別がつきにくいという声も少なくありません。 また、他にも恐喝罪と似た犯罪がいくつかありますので、ここで簡単にご紹介しておきたいと思います。 脅迫罪と恐喝罪の違い 脅迫罪と恐喝罪の大きな違いとしては、脅迫したこと自体を罪とするのが脅迫罪であるのに対し、脅迫という手段を用いて財物等を得たことを罪とするのが恐喝罪という点が挙げられます。 他の犯罪との違い 恐喝罪と構成要件が似ている他の犯罪としては、「強要罪」「強盗罪」が挙げられます。 これらの犯罪の大まかな区別としては次の図のような考え方をしていただければ良いかと思いますが、個々の状況によって成立する犯罪も変わってくるので、実際に罪を犯してしまったり、事件に巻き込まれてしまった場合には、弁護士に具体的な状況を伝えて判断を仰ぐことが大切です。 刑事と民事の違い 刑事事件の被害者が加害者に対して損害賠償を求めるなどの裁判を起こすことは、刑事手続とは全く別の手続きである民事事件となります。 同様に、逮捕後などに被害者と示談交渉を行うことも、厳密に言えば純然たる刑事手続きではありません。 加害者が被害者と行う示談交渉は、示談が成立すると被害者がそれ以上の賠償を請求できなくなるという民事的な側面とともに、加害者の処分や量刑を決定する際に一定の考慮がなされるという刑事的な側面を有しています。 原則として、刑事事件と民事事件は互いに干渉しあうことがない手続きではありますが、片方の結果が他方の結果に影響を及ぼす可能性はあります。 恐喝で逮捕されると、国との関係では刑事手続きが進行しますが、その過程で被害者との民事手続きが並行して進行する場合がありますので、手続きの相手方をきちんと把握して、どちらの手続きを行っているのか理解しながら進めることが大切です。 なお、「罰金・科料(刑事|国に支払うべきお金)」と「示談金・賠償金(民事|被害者に支払うべきお金)」は全く違う性質のものなので、これらに関しても混同しないようご注意ください。 恐喝罪は未遂も処罰される 刑法250条は、恐喝罪について未遂も処罰する旨を規定しています。 例えば財物を交付させるつもりで恐喝を行ったものの相手方から財物を取得できずに終わった場合や、恐喝の結果相手方が不憫に思って財物を提供した場合などは、恐喝未遂罪となります。 未遂罪に留まれば罪が軽くなる可能性もありますが、恐喝罪自体が10年以下の懲役刑を規定した重い罪なので、初犯であっても執行猶予がつかない可能性は充分ありえます。 したがって、もし逮捕されてしまった場合には、未遂罪だからといって安心せず、誠意を示していくことが大切です。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 恐喝罪で逮捕されるケースとは 恐喝罪は、加害者(被告人)の自由を奪う「懲役刑」のみが規定されている重い犯罪なので、具体的な状況によっては逮捕される可能性が非常に高くなるおそれがあります。 ここでは、恐喝罪で逮捕されるケースについて、具体的な事例を踏まえてご紹介いたします。 具体的な逮捕事例 恐喝罪の具体的な事例としては、女性芸能人が知人男性から現金を騙し取ろうとした「恐喝未遂罪」によって逮捕されたニュースが記憶に新しいかと思います。 恐喝罪は、被害者が警察に相談するなどして発覚するケースが多く、そこからの捜査によって逮捕に至ることも珍しくありません。 他の犯罪のように現行犯逮捕される場合や、犯行から数日経って逮捕されることも充分ありえますので、恐喝行為がバレなかったとしても逮捕の危険が大きい犯罪と言えます。 恐喝罪で逮捕される可能性が高いケース 恐喝罪で逮捕される可能性が高いのは、次の条件に当てはまるケースかと思います。 複数回または複数人への恐喝行為があった場合(常習的な犯行だった場合)• 金額が大きい、暴行や脅迫が悪質など、恐喝の結果が重大である場合• 単独犯でなく数名での共犯による恐喝だった場合• 恐喝の手段である暴行によって傷害の結果が生じた場合• 公務員や未成年などが立場を利用して恐喝を行った場合• 恐喝の手段として業務妨害や監禁がなされた場合 恐喝罪は比較的重い犯罪行為であるため、加害者が軽く考えて行った行為であっても逮捕に繋がる場合があります。 そのため、カツアゲやタカリなどは安易に行うべきではなく、友人・知人間であっても冗談で済まされない可能性があることに充分留意していただければと思います。 逮捕された後の手続きの流れ 一般的に、刑事事件で逮捕されると次のような流れで手続きが進んでいきます。 軽微な犯罪であれば逮捕後送検されたとしても勾留までされない可能性が高いですが、恐喝罪で逮捕されたケースでは、被疑者が罪を認めない場合や事件の内容が重大・悪質などの場合に勾留請求が許可されることは十分ありえますので、真摯な態度で向き合うことが大切と言えるでしょう。 また、恐喝罪は被害者との示談が成功するか否かによって処罰の重さが変わるケースも多いので、できるだけ早い段階から弁護士に相談し、適宜アドバイスを求めていくのがおすすめです。 詳細は『』をご確認下さい。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 恐喝罪で逮捕されたら素直な態度が大事 恐喝罪は、未遂でも処罰されることから、 逮捕されてしまった場合には極力素直な態度を心がけることが大切です。 とはいえ、必要以上にへりくだって言われるがまま証言すると真意が伝わらず誤解を招くおそれもありますから、理性を保ち、冷静な対応を行うことが理想ではあります。 恐喝罪では、脅し取った金額が大きかったり、恐喝行為が悪質と判断された場合には、厳しい取り調べがなされることが予想されます。 犯した罪を認めることは大切なことですが、記憶があやふやなまま不用意な供述をしてしまったり、早く取り調べから開放されたいと思って事実と違うことを供述してしまっては本末転倒なので、1人で戦おうとせず、速やかに弁護士をつけましょう。 また、あなた自身や親族等が被害者に直接謝罪をするなどの行為は、かえって被害者が怖がったり、拒絶反応を起こす可能性がありますので、こういった謝罪をしたい場合であっても、弁護士というフラットな第三者を介したほうが良いでしょう。 刑事事件の経験豊富な弁護士であれば、被害者との示談交渉や処罰の軽減のためのノウハウを蓄積しているかと思いますので、最初についてくれた弁護士が合わないと感じた場合には、刑事事件に詳しい弁護士を探すのも良いかと思います。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• まとめ いかがだったでしょうか。 恐喝罪は、カツアゲやタカリなど身近な行為・冗談のつもりでやった行為であっても充分逮捕のリスクがある犯罪なので、軽い気持ちでしつこく金銭をねだるなどの行為をすることは絶対に避けましょう。 また、相手方の受け取り方や周囲の状況でも罪に問われる可能性が大きく変わりますので、「自分ならこれくらいのことをされても大丈夫」という意識は止めておくのが無難といえます。 恐喝罪で逮捕された場合、弁護士による示談交渉の成否で処罰が左右されるケースも多いので、処罰の軽減を望むのであれば、刑事事件に詳しい弁護士を探すことをおすすめします。 本記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

次の

強盗罪・恐喝罪

弁護士 恐喝

強盗罪・恐喝罪 【強盗罪(刑法236条)】 1項 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。 2項 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。 1.強盗罪 (1)強盗罪とは? 強盗罪は、被害者が抵抗できないほどの暴行・脅迫を加え、金品を奪い取る犯罪です。 窃盗罪と違い他人の物をとるために暴行・脅迫を行うところに本質があります。 (2)各用語について 「強取」 暴行・脅迫を用いて相手方の犯行を抑圧し、その意思によらずに財物を自己または第三者の占有に移す行為をいいます。 ここで、重要なことは、物をとるための手段としての暴行・脅迫の程度は「社会通念上一般に被害者の犯行を抑圧する」程度のものであることが必要であるということです。 前述のように、犯行抑圧程度かどうかは、行為者並びに被害者の性別・年齢・体格、犯行の時刻・場所、犯行時の被害者並びに行為者の態度、被害者の心理状況等を総合考慮して判断されるからです。 つまり、強盗罪は恐喝行為の程度がすぎたものと考えるとわかりやすいです。 この場合、お金そのものをとったのではなく、支払い請求をできなくしたという「利益」を得ているからです。 その他、近時の下級審裁判例として「キャッシュカードを窃取した犯人が、被害者に暴行、脅迫を加え、その犯行を抑圧して、被害者から当該口座の暗証番号を聞き出した場合」に強盗利得罪が成立するとしたものがあります。 これは、犯人は、キャッシュカードと暗証番号を用いて、事実上ATMを通して当該預金口座から預金の払い戻しを受けうる地位という財産上の利益を得たといえるからです。 (居直り強盗) 窃盗に着手した後、家人に発見されたので居直って暴行・脅迫を加えて財物を強取した場合をいいます。 この場合、理屈上は「窃盗未遂」と「強盗罪」が成立するように思えますが、形式的にすぎるので、強盗罪1罪が成立すると考えられることが多いです。 (昏睡強盗罪) 睡眠薬などによって意識作用に障害を生ぜしめて、人の財物を盗取する場合をいいます。 法定刑は、強盗罪と同じく5年以上の有期懲役です。 (事後強盗罪) 前述のように、強盗罪は物を盗る手段として暴行脅迫を用いる点に本質があります。 この理屈を推し進めると、例えば、窃盗犯人が財物を盗った後、盗んだ者を守るために暴行・脅迫を加えた場合には強盗罪が成立しなくなり(窃盗罪と暴行罪・脅迫罪のみ成立)ます。 つまり、物を盗る前に暴行をしたか物を盗った後に暴行をしたかで犯罪が変わり刑も変わることとなるのは不均衡です。 このようなケースでも、全体としてみると暴行・脅迫によって財物を得たと評価できることから事後強盗罪という犯罪が規定されています。 窃盗犯人が逃亡する際に、暴行・脅迫を加えることが多いという刑事学的実態に着目して、人身保護の観点から、強盗と同じく処断するべき規定されたともいわれています。 【事後強盗罪(刑法238条)】 窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたときは、強盗として論ずる。 (強盗致死傷・強盗傷人・殺人罪) 犯人が、強盗の機会に被害者に致傷の結果を生じさせる場合が多いため、本罪が規定されました。 本罪は、通常の強盗罪や窃盗罪と異なり他人の財物を守るためでなく、人の生命・身体を守るために規定された点に特色があります。 また、法定刑について、負傷させたときは無期又は6年以上の懲役、死亡させたときは死刑または無期懲役と規定されており、非常にペナルティーが重い犯罪といえます。 ここで、強盗致死傷と強盗傷人(殺人)という言葉の違いですが、けがさせる又は殺すつもりがないのに、けがや死亡させたときが「致死傷」、一方、死傷の故意がある場合が強盗傷人(殺人)といわれています。 【強盗致死傷罪(刑法240条)】 強盗が、人を負傷させたときは無期又は6年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。 【Q&A】 「けがや死亡結果は物を盗る際に加えた暴行等から生じる必要はありますか?」 ありません。 けがや死亡の結果は、強盗の手段たる暴行・脅迫から生じる必要がなく、広く強盗の機会に生じたものであればよいと解釈されています。 例えば、「家人が騒ぎ立てたため被告人も逃走しようとしたところ、追跡してきた被害者を日本刀で刺突し死亡させた場合」に強盗致死罪が成立します。 (強盗強姦及び同致死) 強盗犯人が強盗の機会に強姦を犯す危険が多く、これを防止する必要があること、及び、その行為の悪質性に鑑み特に重く処罰する規定です。 そこで、強姦犯人が強盗を行った場合には強盗強姦罪は成立せず、「強姦罪」と「強盗罪」が成立します。 241条の規定から、強盗強姦犯人が致傷の結果を生じさせた場合が不明ですが、強盗強姦罪の法定刑が極めて重く、その場合には「強盗強姦罪一罪」が成立すると解されています。 【強盗強姦及び同致死罪(刑法241条)】 1項 強盗の罪若しくはその未遂罪を犯した者が強制性交等の罪(第179条第2項の罪を除く。 以下この項において同じ。 )若しくはその未遂罪をも犯したとき、又は強制性交等の罪若しくはその未遂罪を犯した者が強盗の罪若しくはその未遂罪をも犯したときは、無期又は7年以上の懲役に処する。 2項 前項の場合のうち、その犯した罪がいずれも未遂罪であるときは、人を死傷させたときを除き、その刑を減刑することができる。 ただし、自己の意思によりいずれかの犯罪を中止したときは、その刑を減刑し、又は免除する。 3項 第1項の罪に当たる行為により人を死亡させた者は、死刑又は無期懲役に処する。 【改正情報】 旧 「強盗強姦罪」では、強盗犯人が強姦をした場合には、強盗強姦罪として無期又は7年以上の懲役という、強盗罪又は旧 「強姦罪」に比して重い法定刑が規定されていました。 一方、強姦犯人が強盗をした場合には、このような規定はなく、5年以上30年以下の懲役として処理されていました。 しかし、これについては、同じ機会に強盗と強姦の両方の被害に遭うという点で同一であるのに、刑法上の扱いが異なることへの疑問や批判があり、改正されることとなりました。 具体的には、下記のように改正されます。 2項 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。 (1)恐喝罪とは? 恐喝罪は、人を恐喝して、財物を交付させた場合や、財産上の利益を得た場合に成立する犯罪です。 恐喝とは、脅迫または暴行を手段として、その犯行を抑圧するにたりない程度に相手方を畏怖させ、財物の交付を要求することをいいます。 具体的として、「カツアゲ」「おやじ狩り」等が挙げられます。 一方、反抗抑圧するに足る暴行や脅迫により財物が奪われた場合には、恐喝罪ではなく強盗罪が成立します。 (2)Q&A 「借金の取立屋が、債務者がお金を返さないので恐喝行為をしてお金を取りたてる場合にも恐喝罪が成立しますか?」 恐喝罪が成立しえます。 この権利の実行と恐喝罪の問題につき、判例の中に「他人に対して権利を有する者が、その権利を実行することは、その権利の範囲内であり、かつ、その方法が社会通念上一般に忍容すべきものと認められる程度を逸脱するときは違法となり、恐喝罪が成立する」としたものがあります。 通常、恐喝行為を行ってお金を取りたてることは、社会通念上一般に認容される程度を逸脱していることが多いと考えられますので、恐喝罪が成立することが多いと考えられます。 なお、過剰な取立ては「貸金業法」違反として、2年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金(又はこれを併科)の刑に処せられる可能性があります(貸金業法47条1項3号、21条1項)。 ~強盗・恐喝事件における弁護活動~ 1.早期に示談交渉に着手して、不起訴処分や執行猶予など有利な結果を導けるように活動します。 強盗罪は、被害者がいる犯罪であるため示談解決がポイントとなります。 示談は契約ですので、被疑者と被害者が合意することにより作ることになりますが、被疑者が捜査機関に被害者の連絡先を聴いても教えてもらえないのが通常です。 また、仮に連絡先を知っていたとしても、恐喝や(特にケガをさせた)強盗事件の場合には、相手方の被害感情が強く、直接被疑者が被害者と交渉を行うのは非常に困難であるといえます。 一方、弁護士を通じれば、弁護士限りでという条件付き(被疑者には連絡先を教えないという条件付き)で検察官より被害者の連絡先を教えていただける場合が多々あります。 ですので、弁護士に依頼することにより被害者とコンタクトをとりやすくなります。 また、弁護士が間に入れば、冷静な交渉により妥当な金額での示談解決が図りやすくなります。 2.余罪について嘘の自白をしないようにアドバイス 被疑者の方が同時期に複数件の強盗事件を起こしていて正確な記憶を欠いている場合、捜査官から「これもお前がやっただろう」と言われ、言われるがまま自白をしてしまうことも少なくありません。 記憶が曖昧な場合には、嘘の自白調書に署名・押印してはいけない等、取調べに対してアドバイスを行います。 3.早期の身柄開放を目指します。 逮捕・勾留されてしまうのは、証拠隠滅や逃亡のおそれがあるためです。 そこで、弁護士は早期釈放・早期保釈のために証拠隠滅や逃亡の恐れがないことを示す客観的証拠を収集し、社会復帰後の環境を整備するなどして釈放や保釈による身柄解放を目指します。 4.否認事件では、冤罪を防止すべく被害者や目撃者の方に記憶違いがないかの検証・弾劾活動及び弁護側独自で有利な証拠を収集・提出できるよう活動します。 強盗・恐喝事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部へお問い合わせください。 刑事事件を専門に取り扱う弁護士が、直接「無料相談」を行います。 被疑者が逮捕された事件の場合、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ接見に行く「初回接見サービス」もご提供しています。

次の

恐喝

弁護士 恐喝

2019-10-14 借金回収で恐喝罪に ~借金回収で恐喝罪について弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所名古屋本部が解説します~ ~ケース~ あま市在住のAさんは、約1年前、友人Vさんに100万円を貸した。 その後、返済すると約束していた期日になってもVさんから何も連絡が無いため、AさんはVさんに何度か金を返すよう言ったが、生返事をするばかりで一向に返済する様子が無かった。 その為、堪忍袋の緒が切れたAさんは、Vさんの家まで「早く返さないとぶん殴るぞ」と怒鳴りこみ、100万円を返金させた。 後日、Vさんから電話があり、Aさんが怒鳴り込んできた件について 愛知県警察津島警察署に被害届を出すと言われた。 Aさんとしては納得がいかないものの、どう対応していいかわからず、 刑事事件に強い 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所名古屋本部の 弁護士に相談をした。 (フィクションです) ~恐喝罪に問われるケース~ 上記のケースにおいて、Aさんの行為は恐喝罪にあたる可能性があります。 については、刑法第249条1項において「人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 」と規定されています。 上記のケースでは、AさんがVさんから弁済を受けること自体は、当然ですが正当な行為です。 したがって、確かに存在する債権に基づいた貸金の返還を請求するような場合でも、 恐喝罪が成立するかが問題になります。 この点、畏怖しなければ交付、又は移転しなったであろう財物が脅迫の結果、交付又は移転されたといえる場合、その物の使用・収益・処分という事実的機能が害されたといえるので、財産的損害があったと認められます。 その為、たとえ正当な債権の行使であったとしても、 恐喝罪が成立すると考えられています。 ただし、上記のケースのVさんのように自主的に返済をしてくれないような場合、貸金の返還を請求するにあたってどの程度の行為であれば正当な権利行使として許容されるのかが問題となります。 この点、判例では「他人に対して権利を有する者が、その権利を実行することは、その権利の範囲内でありかつその方法が社会通念上一般に忍容すべきものと認められる程度を超えない限り、何等問題も生じない」 とされています。 その為、Aさんの行為が 恐喝罪に当たるかどうかは、様々な事情を考慮した上で社会通念上一般に忍容すべきものかどうかを、個別具体的に判断されることになります。 ~示談交渉により事件化回避~ 恐喝罪のように被害者がいる事件では、が出来ているかどうかが、処分を決めるうえでとても重要視されます。 そもそも 示談とは,被害者に対して相応の金銭を支払うことで,事件を当事者間で解決するという内容の合意をかわすことをいいます。 仮に、被害届が出される前に 示談をまとめることが出来れば, 刑事事件化を防ぐことが期待できます。 上記のケースでは、Vさんはまだ被害届を出していないと思われますので、仮に被害届提出前に示談を纏めることが出来れば、Aさんは捜査機関から捜査を受けることも無く事件を終わらせることが可能です。 また、 刑事事件化された後であったとしても、起訴される前であれば不起訴処分を獲得することが期待できるようになります。 もちろん、上記のケースの場合、 恐喝罪には当たらないとして無罪を主張していくことも可能です。 但し、そのためには捜査機関からの捜査を受けることになりますし、当然Aさんの主張が認められなかった場合は刑事処分を受ける可能性もあります。 上記のような手間やリスクを回避することが出来るという点では、 刑事事件化する前に 示談を行うことは非常に大きなメリットがあります。 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所名古屋本部は、 恐喝罪をはじめとする 刑事事件に特化した法律事務所です。 借金の取り立てのつもりが 恐喝罪に問われてお困りの方、早期 示談締結により 刑事事件化回避をご希望の方はぜひ一度 刑事事件に強い 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所名古屋本部の 弁護士にご相談下さい。 初回接見サービスや初回無料相談に関してご不明点がありましたら、相談予約担当の者がお答えさせて頂きますので、まずはお気軽にお電話下さい。

次の