くすぐり vtuber。 VTuberのやり方を紹介!誰でも簡単にバーチャルユーチューバーになる方法!

7. くすぐりプレイで守るべき3ヶ条|フロス|note

くすぐり vtuber

どうも。 くすぐりフェチのフロスです。 フェチなら「くすぐりたい」「くすぐられたい」の欲求を満たしたいものですが、学校に行ったり、仕事をしてると休みの日くらいしかプレイは行えないですよね。 妄想、イメプ、トークなどで欲求をプレイ以外で発散して、普段はプレイは我慢している方がほとんどだと思います。 貴重なくすぐりプレイを行うときは有意義な時間にしたいはず。 そこでくすぐりプレイを行うときに 最低限守るべき3ヶ条についてお話していこうと思います。 「いや」とか「やめて」と言っても男性はSが多いので「1分笑うの我慢できたらやめてあげる」とか「楽しそうにしてるじゃん」と、なかなかやめません。 プレイを行う前に セーフワードを決めておきましょう。 セーフワードとは行為を終わらせるために言う言葉です。 前にも話していますが、くすぐりは相手がいて楽しめる行為なので、 相手を思いやる気持ちは必要最低限の事です。 くすぐる時に爪で体に傷をつけないようにしたり、拘束具など使用している時に「痛くない?」等の声掛けは行うべきだと思います。 頻繁にプレイを重ねている人であれば、楽しみ方も違ってくるのかもしれませんが、基本的にやりすぎは良くないと思います。 髪、肌、唇、ひげ、眉毛、鼻毛、手荒れ、爪、服装、におい等チェックポイントはたくさん存在します。 反対にここまで清潔感に気を使っている人であれば、好印象に思われやすいので是非意識してみてください。 特に 爪は長いと 相手を傷つけてしまうので、必ず短くしておく必要があります。 くすぐりプレイで大切なのは、 どれだけ相手の事を考えられているかだと私は思います。 そもそもくすぐりプレイを行うのに良い人を探す事も大変だったりします。 優しい人で溢れているが故に難しい問題だとは思いますが、たくさんコミュニケーションを取って、良い人と良くない人との判別ができると質の高いフェチ活が行えるのだと思い、応援したいと思っています。 私自身くすぐりフェチであり、仲間と一緒に界隈を盛り上げて、自分にできる事を考えていたら教科書という形にたどり着きました笑 「こんな内容を記事にしてほしい!」「これってどうなの?」等あればコメント頂けると嬉しいです!出来るだけ記事にしていきたいと思います! 最後まで閲覧いただきありがとうございました!!!.

次の

7. くすぐりプレイで守るべき3ヶ条|フロス|note

くすぐり vtuber

追記 2日目成果発表会は27日 日 17:00に変更となりました。 見学予定の方はご注意ください。 概要 今日から君もユーチューバー! 3Dアバター(CGキャラクター)に命を吹き込んでYouTubeで配信しよう! 2018年8月から11月にかけて全国15地方大会+決勝となるプレミアム大会という合計16回の VTuberハッカソンを開催し、413名が参加、93チームが VTuberとしてデビューしました。 特に全国の優勝チームが集まったプレミアム大会は大きく盛り上がり、全国放送のテレビ番組で特番が組まれるなど、VTuberの注目と知名度の向上に貢献いたしました。 このVTuberハッカソンを2019年も全国ツアーとして開催します。 このページは大阪大会の受付会場です。 関西から世界へイノベーションを発信しましょう! VTuberとは バーチャルYouTuber。 キャラクターのアバターをかぶって、動画を配信する存在のこと。 といっても、自分の似顔絵をかぶって自分の話をするのではなく、何らかの設定を持つ、全く別の存在になりきるものです。 ハッカソンとは 「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語。 いくつかのチームに分かれてメンバーが目的に向かってアイデアを出し合い、 実際にその場で開発して短期間でコンテンツをつくるというイベントです。 今回のVTuberハッカソンでは、イベント中に制作した動画を成果物としてYouTubeに投稿していただきます 過去アセット利用可能。 ここで生まれたキャラクターをブラッシュアップして、そのままVTuberとして活動するもよし。 さらに別のVRコンテンツに昇華させるもよし。 創作のきっかけとして、ぜひご参加ください。 去年の様子 参加可能な属性 ハッカソンで多いプログラマーだけでなく、デザイナーや声優、シナリオライター、ビデオエディターなど、幅広いジャンルの方々を求めています。 もちろんプロ・アマ関係なし! ここで生まれたキャラクターをブラッシュアップして、そのままVTuberとして活動するもよし。 さらに別のVRコンテンツに昇華させるもよし。 創作のきっかけとして、ぜひご参加ください。 もちろんキャラは人でも動物でもOKですし、性別も問いません。 なお、成果発表時には「VTuberの紹介、コンテンツ概要の紹介、公開しているYouTubeチャンネル名、使用している技術やデバイスなどを図解を用いたスライドを制作した上でプレゼン」していただきます。 (上記時間を超えて作業された場合、該当チームは失格処分とさせて頂きます。 参加されてみてはいかがでしょうか。 早めに着いても会場には入れません。 遅刻予定の方はこのページの下側にあるフィード(コメント)欄に到着予定時刻をご記入ください。 制作物について ・使用可能な3Dアバター(CGキャラクター)はオリジナルのモデルに限ります。 二次創作のキャラクターは参加できません。 ・キャラクターモデルを借りる場合、権利者に事前の許諾が必須となります。 ・公序良俗に反するコンテンツは開発しないでください。 使用可能機材 当日は開発に使用可能な機材の貸し出しが可能です 機材詳細はページ最下部にまとめています。 使用できない機材 火気、危険物、大きい音がでるもの。 審査基準 ・完成度:デモが可能かどうか、成果物をきちんとYouTubeにアップできているか ・VTuber度:VTuberという呼称のイメージに合っているか ・熱狂度:投稿作品が閲覧者の心をくすぐりそうか 飲食について ・運営側からの食事提供はありません。 食事は各個人またはグループでお取りになってください。 「VTuberハッカソン大阪大会」への参加を希望される方は・・・ connpassにログインして頂いた上で、必ず事前にをしてお越しください。 イベントの詳細については、後日リマインドメールをお送りしますので、必ずご確認ください。 途中参加、単日参加も可能となっていますので、通常通りをお願いします。 あわせて、参加可能な日時をご連絡ください。 ゲスト 常名隆司氏 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 アセットストアマネージャー 2014年からアセットストア担当としてUnity Technologies Japan入社。 現在はアセットやアセット作家さんを増やすための活動、アセットを活用するために必要な情報の発信者を増やす活動などを行っている。 審査員 藤田憲生a. 白衣さん コンテンツプロデューサー、テクニカルディレクター 量子コンピューターを研究していたはずが、『のじゃおじショック』で覚醒。 現在は、アニメのお仕事をしつつ、自らもVtuberのプロデュースと開発を続け、技術とコンテンツの狭間で日々暗躍中。 その中で得られたノウハウを元に、2つのVRスタジオを関西と都内に立ち上げ、 VRに興味がある学生やクリエイターに技術支援を行ったり、企業のコンテンツプロデュースなどを手掛けている。 おにちくTRAINさん 機材詳細 参加者の方への貸し出し可能な機材 <Perception Neuronシリーズ>• Perception Neuron 1. 0: 2セット• Perception Neuron Pro: 2セット• Noitom Hi-5: 2セット• facerigカメラキット: 2セット <HDMIキャプチャー>• AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550: 1セット• ダイナミックマイク audio-technica AT-X11: 1本• FIFINE USB コンデンサーマイク K669B: 1本• コンデンサーマイク SONY ECM-PCV80U: 1本• ピンマイク OLYMPUS ME52W: 2セット• ヤマハ AG03 - ウェブキャスティングミキサー: 1台• Sound Blaster USBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2: 1台• マランツプロ ボーカル録音・放送用リフレクション・フィルター マイクスタンド設置型: 1台 <カメラ>• RICOH THETA V: 1台• Insta 360 one: 1台• ウェブカメラ(フルHD): 1台• GoPro HERO 6: 1台• GoPRO5 Session: 1台 <クロマキー撮影用資材>• グリーン布 使用したい場合は別途お問い合わせください。 VRReadyノートPC: 5台• 開発用ディスプレイ: 8台• Oculus Rift CV1: 2台 <モーションキャプチャーデバイス>• HTC VIVE: 1セット• VIVEトラッカー: 7個• Kivect v2• AzureKinect DK• LookingGlass• LeapMotion• HTC VIVEとGALLERIAノートPCセット• 実施主体 主催:VTuberハッカソン2019大阪大会運営委員会 運営:大阪駆動開発 総合主催:PANORA(株式会社パノラプロ) 共同主催・運営:SVVR Japan 【協賛】世界最高のイノベーションを促進する一流企業様.

次の

7. くすぐりプレイで守るべき3ヶ条|フロス|note

くすぐり vtuber

どうも。 くすぐりフェチのフロスです。 フェチなら「くすぐりたい」「くすぐられたい」の欲求を満たしたいものですが、学校に行ったり、仕事をしてると休みの日くらいしかプレイは行えないですよね。 妄想、イメプ、トークなどで欲求をプレイ以外で発散して、普段はプレイは我慢している方がほとんどだと思います。 貴重なくすぐりプレイを行うときは有意義な時間にしたいはず。 そこでくすぐりプレイを行うときに 最低限守るべき3ヶ条についてお話していこうと思います。 「いや」とか「やめて」と言っても男性はSが多いので「1分笑うの我慢できたらやめてあげる」とか「楽しそうにしてるじゃん」と、なかなかやめません。 プレイを行う前に セーフワードを決めておきましょう。 セーフワードとは行為を終わらせるために言う言葉です。 前にも話していますが、くすぐりは相手がいて楽しめる行為なので、 相手を思いやる気持ちは必要最低限の事です。 くすぐる時に爪で体に傷をつけないようにしたり、拘束具など使用している時に「痛くない?」等の声掛けは行うべきだと思います。 頻繁にプレイを重ねている人であれば、楽しみ方も違ってくるのかもしれませんが、基本的にやりすぎは良くないと思います。 髪、肌、唇、ひげ、眉毛、鼻毛、手荒れ、爪、服装、におい等チェックポイントはたくさん存在します。 反対にここまで清潔感に気を使っている人であれば、好印象に思われやすいので是非意識してみてください。 特に 爪は長いと 相手を傷つけてしまうので、必ず短くしておく必要があります。 くすぐりプレイで大切なのは、 どれだけ相手の事を考えられているかだと私は思います。 そもそもくすぐりプレイを行うのに良い人を探す事も大変だったりします。 優しい人で溢れているが故に難しい問題だとは思いますが、たくさんコミュニケーションを取って、良い人と良くない人との判別ができると質の高いフェチ活が行えるのだと思い、応援したいと思っています。 私自身くすぐりフェチであり、仲間と一緒に界隈を盛り上げて、自分にできる事を考えていたら教科書という形にたどり着きました笑 「こんな内容を記事にしてほしい!」「これってどうなの?」等あればコメント頂けると嬉しいです!出来るだけ記事にしていきたいと思います! 最後まで閲覧いただきありがとうございました!!!.

次の