スイッチ ゼルダ。 「ニンテンドースイッチ」レビュー:ゼルダは最高、今はそれだけだけど…

ゼルダの伝説シリーズ

スイッチ ゼルダ

ゼルダの伝説は時のオカリナが神! 私が一番好きなゲームのジャンルはRPG。 ドラクエやFFのような、ロールプレイングが大好物です。 プレイした実感が一番あるんだよね。 敵を倒して、プレイヤーが強くなって。 物語にも引き込まれるし、長く遊べるし。 RPGが本当に最強。 基本的には、ロールプレイングしかやりませんが。 極まれに、アクションゲームもやります。 小さい頃、友達の家でやったゼルダの伝説。 かなり昔のゲームだけど、時のオカリナが衝撃的でした。 「3Dすげー」だし。 「ナゾ解きムズい」マジ試合放棄だし。 「BGM神」オカリナ欲しくなるし。 その後、ムジュラの仮面が発売されて。 3日後に月が落下してゲームオーバーという。 子供の私が震え上がるダークな設定に、なぜかワクワクして。 当時から、ゼルダの伝説はけっこう好きなんですよ。 任天堂64で発売されたゲームはどれも名作すぎて。 風のタクトも、トワイライトプリンセスもやったけど、時のオカリナは超えないよね。 そして、任天堂スイッチで新作ゼルダ「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」が発売されて。 アマゾンの評価がめちゃくちゃ高いの。 ゲーム大好き友人もガチでオススメしてくるし。 で、遊んでみたら……。 私的にクソゲーで「騙された!!」って感じなんだけど。 なぜ、新作ゼルダがつまらないと感じたかレビューしますね。 想像を超えた冒険を期待して、ワクワクしたのに。 3時間くらいプレイして、スイッチ新作ゼルダ「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」に絶望したPVはこちら。 公式さんのプロモーションビデオを見る限りさ。 広大な草原、未知なる敵、まあよく出来てるよね。 まず、このゲームはゼルダのようでゼルダじゃない。 だって、装備している武器や防具、弓には耐久性があって。 何回か使用すると、壊れるんだよ。 モンスターばっかのこの世界で、どゆこと? なんで耐久方式?? 強い武器を手に入れても、いずれ壊れるならさ。 もったいなくて、装備できまてーん。 代わりに、モンスターが装備やアイテムを落としてくれるけど。 敵を倒すメリットがないんだよね。 だって、武器が壊れるし。 そもそも、ゼルダシリーズは経験値という概念がないし。 ナゾ解き合間に、モンスターを無双して。 アハっ超爽快!!的なゲームじゃん。 シームレス形式を採用して。 見渡す限りの世界を旅できるのは、嬉しいけど。 マップが広大すぎて、ダレる。 肝心のナゾ解きも、別に大したことないし。 大きいダンジョン8つで、別にいいんだけど。 序盤から、ザコ敵なのに強い奴いて一撃で殺されるし。 プレイして1時間で、10回以上ゲームオーバーになったよ。 主人公リンクのスタミナ、最初はゴミで。 ダッシュしてもすぐにスタミナ切れで、時間もったいないし。 プレイして徐々にスタミナが増える仕様 全体的に、「面白い」と思える要素なし。 ゼルダ「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」好評価なのが、納得できないもん。 スポンサーリンク つまらない理由• 武器が壊れて、イライラ。 スタミナ少なすぎで、イライラ。 マップ広くてだるい、イライラ。 リンク死にまくりで、イライラ。 やっぱり私的には、クソゲーです。 数時間プレイしても、全く面白くなかったから。 それから、永久に私の家に眠っていて。 もうね、遊ぶことはないね。 これ言うと、怒られるけど。 そもそも、オープンフィールド自体嫌い。 確かに自分で選択できる楽しさはあって。 「どこに行こうかしら」と、プレイヤーの腕しだいだよね。 でもね、私は大人だから時間がないんだ。 まあ、無職だから暇っちゃ暇だけど。 あまりにマップが広大でワチャワチャしてると、イライラしてくるんだよね。 「このルートで合ってる?」と悩む時間すら、私には惜しい。 サクっとクリアして。 サクっと売りたいんだよね。 お金、大事だし。 やっぱり、時のオカリナが一番! ゼルダの伝説は、時のオカリナがナンバーワンです。 スポンサーリンク.

次の

ニンテンドースイッチ本体&『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』3周年。発表から発売までを振り返る

スイッチ ゼルダ

ゼルダの伝説夢をみる島リメイクについて 21年ぶり2回目のリメイク作品 『ゼルダの伝説 夢をみる島』のニンテンドースイッチによるリメイク作品。 『夢をみる島』は1993年にゲームボーイで発売され、その後1998年に『夢をみる島 DX』と称号を新たにしてゲームボーイカラーでも発売された。 つまり前回のリメイクから21年の歳月を経て、今作が2回目のリメイクとなる。 グラフィックを刷新して生まれ変わった『夢をみる島』 21年の時を経てグラフィックは大幅に刷新されている。 強いこだわりがみられるのは、『夢をみる島』のキャラクター頭身を引き継いで 二頭身スタイルであること。 ニンテンドースイッチの秀麗なグラフィックと愛らしい描写がスイッチリメイク版の世界観を確立している。 このあと船が雷に打たれて沈没してしまう ゼルダの伝説夢をみる島リメイクの新要素 自分でダンジョン作成が可能に! 自分だけのダンジョンを作成しよう 村にいる「 ダンペイさん」に話しかけると、冒険で集めた パネルが組み合わせて自分だけのダンジョンを作成できる。 ダンジョンが完成したらを自分で挑戦してみよう。 うるりらじいさんの不思議な島の紹介 うるらりじいさんとは? うるらりじいさんとは島のことならなんでも知っているおじいさん。 このゲームのチュートリアルを担うようで、電話ボックスで電話をかけると何でも答えてくれるようだ。 丸太をよけて倒そう ゼルダの伝説夢をみる島リメイク製品情報.

次の

スイッチ版リメイクゼルダの伝説夢をみる島は面白い?過去作評価感想まとめ!

スイッチ ゼルダ

もしかして、この『夢をみる島』が成功したら、新作出してくれるかも知れませんが・・。 というわけで今回は リメイク作の『夢をみる島』の過去作の評価と感想をまとめてみたいと思います! まあ、面白いのはわかってるんですが・・・。 <9月20日更新> いよいよ発売されたスイッチ版『ゼルダの伝説夢をみる島』さっそく評価感想をまとめてみました!原作に忠実なリメイクですが、評価はかなり高いです!• スイッチ版リメイクゼルダの伝説夢をみる島は面白い?過去作の評価と感想まとめ! ニンテンドーswitchで ゼルダの伝説の夢をみる島が 今年リメイクされるとのことなんで ゲームボーイのオリジナルを遊んでみる! 懐かしい! 白黒でもじゅうぶん遊べる。 そもそもは、ニンテンドーの携帯ゲーム機『ゲームボーイ』のソフトとして発売されたのが元。 ! ゲームボーイはコレ! 出典:ウィキペディア なんともレトロな見た目ですが、おじさんたちはこれは「すげえ、未来っぽい!」と思ってよだれを垂らしながら遊んでいたものです。 通信対戦もケーブルで行うという、今からしたら「大アナログ」なハードでしたね。 ゲームのプレイ画面がこんな感じ。 ゲームボーイで発売された『ゼルダの伝説 夢をみる島』 時系列で言うとこの3つがつながっています。 発売されたのは スーパーファミコンで発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』 1991年11月21日 ゲームボーイで発売された『ゼルダの伝説 夢をみる島』 1993年6月6日 ゲームボーイカラーで発売された『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実』 2001年2月27日 という順番なので、『ふしぎの木の実』は、後付けで作られた感じですね。 (ちなみに任天堂じゃなくてカプコンがつくっているんですねコレ) 『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』も非常におもしろい名作です。 Wii、Wii U、Newニンテンドー3DSバーチャルコンソールでも遊ぶことができるので、リメイク発売まで待てない方は、やっておいてもいいですね。 非常におすすめです! ゼルダの伝説夢をみる島の評価感想は? では本題ゼルダの伝説夢をみる島の評価感想はどんな風になっているのでしょうか? リメイクされるという時点で「名作」に違いないのですが、今までプレイした人はどのように評価しているんでしょうか? 「Switchリメイクの夢をみる島が初プレイになる人も多いだろうからあんまりネタバレになる事は言わないけど ノーデスクリア時のエンディングで涙腺壊れかけた、ラストでマリンちゃんとのイベントが全て思い出されるんだよ…」 「ゼルダの伝説の夢をみる島がリメイクされるって聞いて真っ先に思ったのが、「Switchでもボスのビームをスコップで跳ね返せるのだろうか」でしたね。 懐かしいな。 エンディングで泣きかけました。 」 「夢をみる島のリメイクは玩具の人形を動かしてるようなグラになってて驚いた。 でもストーリー最後まで知ってると、夢島にはあのグラが相応しいって思う」 さすがにリメイクされるだけあって、 面白いのには間違いないみたいですが、特筆すべきはその「物語」ですね。 ゼルダシリーズの中でも、時系列とは「それほど深い関係のない」物語なのですが(プレイしてみたらわかります) とにかく物語、ストーリーがいい!と絶賛されている作品なんです。 ちょっと触れただけでも「ネタバレ」になってしまうので、触れられませんが、 とにかく「エンディングが泣ける」ゲームとしても有名なんですね。 ゼルダの伝説「夢をみる島」をまだプレイしていない人は、この「エンディング」のネタバレは極力目にしないことをお勧めします! でないと、この物語を十分に楽しむことができなくなると思いますので・・。 発売までまだ間はありますが、純粋な気持ちでプレイしたい場合は、できるだけネタバレを遠ざけておくことをお勧めいたします!.

次の