中 日 坂井 ガッツ ポーズ。 落合監督はフロント陣の冷遇ぶりを暴露 球団社長の“敗戦ガッツポーズ事件”も

敗戦ガッツポーズ事件 坂井球団社長が本紙に冤罪を主張

中 日 坂井 ガッツ ポーズ

中日ドラゴンズのリーグ優勝祝勝会での坂井克彦・球団社長の様子が「哀れでならない」などとネットで話題になっている。 坂井社長は選手とおそろいのTシャツを着て2011年10月19日未明に開かれたビールかけに参加した。 しかし、そばに寄ってくる選手はいず、Tシャツは乾いたまま。 一人ぼっちの坂井社長が、自分で自分にビールかけをする様子がテレビで流れた、というのだ。 開始2分たってもTシャツは濡れていなかった ドラゴンズはチーム75年の歴史の中で、史上初の2年連続リーグ優勝。 しかも、1位と10ゲーム差からの逆転優勝ということもあり、ビールかけはヒートアップ。 選手会長の森野将彦内野手が、スタートの合図を出す前にビールかけが始まるというフライングもあった。 この模様はテレビで生中継された。 選手達は、優勝の喜びで狂喜乱舞しながらビールを噴出。 あっという間に落合博満監督含め全員がずぶ濡れ状態となった。 開始2分後くらいに、カメラは坂井社長に向いた。 フロアの真ん中あたりにいるのだが、Tシャツは乾いていて選手達とは対照的。 しかも、周辺に空間ができていて、誰かが近づいたという形跡がなかった。 するとビール瓶を右手に持っていた社長が、ビールを自分の左手にかけ始めたように見える光景が出現。 ネットでは「中日・坂井球団社長、ひとりぼっちのビールかけ」などとちょっとした騒ぎになった。 坂井社長といえば11年10月18日の対横浜ベイスターズ戦でリーグ優勝を決めたとき、ベンチからロッカーへ引き上げようとする落合監督に対し、右手を伸ばして握手を求めたものの、落合監督が応じなかった、としてネットで話題になっていた。 実は坂井社長に対し、11年9月からネットで「解任要求しよう」、といった呼び掛けが行われていた。 巨人戦に敗れてガッツポーズ? きっかけになったのは11年9月6日に3対5で敗れた巨人戦。 なんと坂井社長がガッツポーズを出した、というのだ。 これはスポーツ各紙が報じていて、球団社長としてはあるまじき行為に選手達がフロントへの不信感を強めた、などと書かれている。 落合監督の解任を発表したのが9月22日。 首位・ヤクルトに4・5差に迫り4連戦を本拠地で戦うことになった前日だ。 さらに、リーグ争いの首位に立った10月6日、コーチ陣の大量解雇を発表している。 「まるで優勝させたくないようだ」などとファン達が騒ぐことになった。 今回の「1人ビールかけ」を見てネットでは、 「まあ、選手と監督に嫌われてるからな」「どのツラ下げて会場に来たんだよ」「因果応報自業自得」などとビールかけで無視されるのは「当然」とする意見も出ているが、 「切なすぎるから許してやれよ」 などという擁護の書き込みも出ている。

次の

バース超え阪神・ボーアが19打席目に初安打 塁上でガッツポーズ!

中 日 坂井 ガッツ ポーズ

2011年に「ナゴヤドームで行われた9月6日の巨人戦。 3対5で敗れた試合後の通路。 坂井球団社長が、なんとガッツポーズを繰り出した。 複数の球団関係者がその光景を目にし、すぐさまチーム内に広まった。 」とデイリースポーツの記事で報道されました。 本人は日刊スポーツのインタビューで否定しましたが報道関係者の間で坂井社長は巨人ファンだから巨人が勝ったので喜んでいたと言うような話が広まったようです。 その後にガッツポーズは確認されていません。 しかし(中日球団事務所のある)中日ビルでお見かけした時はドラゴンズが最下位低迷にもかかわらず、にこやかに歩いておられるのは腑に落ちません。 他の人もドラゴンズ敗戦の翌日はにこやかな感じで歩いているのを見かけたとのこと。 偶然ですかね?.

次の

【野球】敗戦ガッツポーズ報道 仕掛人は落合監督だった [砂漠のマスカレード★]

中 日 坂井 ガッツ ポーズ

net 【球界平成裏面史 32 中日・落合監督解任騒動の巻 4 】平成23年(2011年)10月18日、中日が球団史上初のリーグ連覇を達成した。 一時は首位に10ゲーム差をつけられながらの逆転V。 落合博満監督の解任を機にチームが快進撃を続けて歓喜のゴールテープを切った。 胴上げの舞台となったのは横浜スタジアム。 落合監督は三塁ベンチで白井文吾オーナーとがっちり握手を交わした。 さらにベンチ裏への通路に向かう階段を上ろうとしたとき、坂井克彦球団社長から右手を差し伸べられるがサッとかわし拒否した。 この一部始終は本紙カメラマンによって激写され20日付の紙面に「不仲証拠写真」としてばっちりと掲載されている。 落合監督はこのときのことをのちに「あそこの通路は暗いから。 ちゃんと足元を見ないと危ないんだよ」と他意はないと苦笑いで説明したが、意図しての行為だということは明らかだった。 このあと東京都内のホテルで行われた優勝祝勝会の「ビールかけ」に坂井社長はナインと揃いのTシャツに身を包み参加。 しかし、そばに寄ってくる選手はまったくおらず。 坂井社長の周りだけ人がいない異様な光景が展開された。 さらに坂井社長がビールを自分の左手にかけたように見える映像がネット動画で中継され「ひとりぼっちビールかけ」とネットをざわつかせた。 この時点で坂井社長はいったい自分の身に何が起こっているのか、はっきりとは理解できていなかっただろう。 ネット中継を見ていたファンも「落合監督をクビにして選手に嫌われているのだろう」ぐらいの認識しかなかった。 しかし翌日のスポーツ紙の報道でその意味を知り騒然となる。 逆転Vの要因として各紙が「球団幹部の一人が中日の敗戦後にガッツポーズをしていたとの事実を選手が知ったから」「あれで流れが変わった」(落合監督)とこぞって報じたのだ。 N紙には自身の手記の中で明かし、S紙にはインタビューの中で「ガッツポーズ事件」の詳細を自ら切り出す形で話している。 驚きだったのは身内である中日スポーツの手記にもわずか2行ほどながらガッツポーズのことが掲載されたことだ。 親会社のスポーツ紙として監督の手記を載せないわけにはいかず、泣く泣く了承したのだという。 クビを切られた落合監督の坂井社長への怨念ともいえる行動だった。 この3紙はいずれも球団幹部、球団関係者と表記し、人物は特定していなかった。 しかし、デイリースポーツが坂井社長と実名報道。 このため各紙がぼかしていたガッツポーズをした人物が、坂井社長だったことが図らずも白日の下にさらされた。 「現場を軽視して、あれだけの実績ある落合監督へ敬意も払わずにクビを切った」という坂井社長へのイメージ、「あの社長ならばやったに違いない」「落合監督は被害者」といったムードが個人攻撃となりかねない「ガッツポーズ事件」の一斉報道につながったのだろう。 朝刊スポーツ紙に実名が出てしまったため、発行時間帯の遅い夕刊紙の立場として本紙も当初は球団幹部としていた記事を実名報道に切り替えることになった。 計21人を獲得したが、そのうち19人が社会人、大学、独立リーグ出身の即戦力候補。 だが、戦力になっているのは中継ぎの又吉克樹(25)くらいで、レギュラー格になった選手は1人もいない。 世代交代が進まず、高校生を獲得しないイビツなドラフトの悪影響が球団を弱体化させていると言える。 前出・球団関係者が顔をしかめる。 「落合氏には独特の理論があり、失敗の多い高校生を育てるよりも、確実な社会人などを取ったほうが補強になるというものです。 自身が大学、社会人と進んでプロで成功した体験からきているのでしょう。 しかもスカウトの意見は聞かず、外部の人間の意見を聞いたうえで独断で決めてしまうので、谷繁監督は過去2年間、ドラフトで誰が指名されるのか、直前まで知らなかった。 落合は谷繁になんの相談もせず決めるカス 当初、巨人は必ずしも清原獲得に熱心には見えなかったが、ある時点から急加速。 第1回の交渉の際には、獲得の場合、居場所を空けるため、落合を退団させると清原にほのめかしたという。 これがなぜか落合の耳に即座に届き、「俺は清原待ちか。 失礼な話だ」と怒りを爆発させ、その後、「フロントの誰かのクビが飛ぶぞ」とフロント批判もした。 これに対し、今度は渡辺社長が「余計なお世話だ。 24日には清原の巨人入団会見。 当初、落合が「長嶋監督の言い訳は聞きたくない。 あの人はさんさんと輝いている人だから」と拒否していた長嶋監督との話し合いが27日に極秘にもたれ、「残留」「退団」の2つの報道が飛びかう中で迎えたのが、28日だった。 落合博満は辞める時はいつもフロント批判。 自分は悪くないと主張.

次の