ミンドラ こころ。 【DQウォーク】メタルホイミンのSこころ評価/出現クエスト/ステータス順位/ドラクエウォーク

【ドラクエウォーク】6章の新モンスターが誤実装!メタルホイミンのこころチャンスも出現!|ドラクエウォークまとめアンテナ

ミンドラ こころ

注目記事 メガモンスター攻略• 最新ガチャ• 強敵モンスター攻略• 最新イベント• 掲示板• ランキング記事• 攻略記事 初心者攻略• 効率系• システム情報• 職業 上級職• 基本職• 武器 レア度別• 武器種別• 防具 レア度別• 部位別• スキル• 系統別• 属性別• モンスター図鑑・こころ• 色別こころ• 条件付き出現モンスター• 系統別モンスター• 心珠関連記事• クエスト攻略 ストーリー• 腕試し•

次の

【ドラクエウォーク】メタルホイミンのこころの効果|図鑑No201【Sランク評価】|ゲームエイト

ミンドラ こころ

第6章 伝説の魔獣 1話 花びらを探して 第6章 伝説の魔獣 2話 エルフの森 第6章 伝説の魔獣 3話 エルフのお城 第6章 伝説の魔獣 4話 村長の息子 第6章 伝説の魔獣 5話 気になること 第6章 伝説の魔獣 6話 誓いのほこら 第6章 伝説の魔獣 7話 ゲリュオンの牙 第6章 伝説の魔獣 8話 迫りくる危機 第6章 伝説の魔獣 9話 けものの谷 第6章 伝説の魔獣 10話 ゲリュオン復活 第7章 呪われた約束 1話 湖畔のお城 第7章 呪われた約束 2話 疑惑の王様 第7章 呪われた約束 3話 チョザレの思い 第7章 呪われた約束 4話 さいはての塔 第7章 呪われた約束 5話 王子の帰還 第7章 呪われた約束 6話 王の約束 第7章 呪われた約束 9話 王子の誕生日 第7章 呪われた約束 7話 しばしの休憩 第7章 呪われた約束 8話 あやしい眼差し 第7章 呪われた約束 10話 決戦 まものの城 今日の注目のこころ or モンスター メニュー• ストーリーボス攻略• メガモンスター• 系統で探す• こころの特技• 他分類• 属性ダメージアップ• 属性の耐性• 状態変化の耐性• 系統ダメアップ&耐性•

次の

【ドラクエウォーク】みんドラの使い方(ヘルプ)

ミンドラ こころ

普段はただの静かな付喪神なのだが、面の1つである「希望の面」が失われたことにより、能力が暴走。 そのため幻想郷から希望が失われ、人々が一時の享楽を求めるようになったのが『心綺楼』の騒動の発端。 丑三つ時の人間の里に現れ、プレイヤーの集めた希望を奪い取り新たな希望の面とするため襲い掛かってくる。 彼女の製作者であるが新たな希望の面を作ることで暴走自体は収まったかに見えたが、 新しい面は「道具として」完璧すぎてその面を使い続けていると「付喪神であるこころ」が無くなってしまい、 道具に戻ってしまう物だった(神子もそれを目的に作っていた)。 これに反発したこころはの元で修行して自我を確立しようとしてみたり 屋台のお面屋で希望が付いている面を探して代用しようとしたりしていたが、 に諭され、自分の感情を会得して神子の作った希望の面を使いつつ、付喪神のままでいることを選択する。 こころ本人のルートでは、に教えられた「最強の称号をかけて勝負だ」の合言葉で次々と戦いを挑みながら、 至る所で天然ボケを炸裂させ、この行動を教えたはずのマミゾウにすらどうしてこうなったと言わしめるアホの子ぶりを発揮するのだった。 しかし、最初は弾幕ごっこを楽しみながら感情を理解していったのだが、その末に自我に目覚め始めると、 今回の異変のなかで他者の感情を煽り人気集めに利用していた宗教家達に対して憤り、再び能力を暴走させてしまう。 またも感情が失われた丑三つ時の人間の里で、この事態を察知して飛んできた霊夢・聖・神子ら宗教家相手に勝負を挑み、 主人公&ラスボス&ラスボスの 3人をまとめてぶっとばすという前代未聞の大活躍(?)を見せてしまった。 そしてそしてこのキャラ最大の武器が、研究により狂気の壊れ性能が明らかとなったスペルカード 憑依「喜怒哀楽」。 このワザは自身が信仰を切り替えていると、その信仰毎の特殊効果が得られるのだが… 仏信仰で当てると相手が怒り状態になり チキンガードができなくなる(通称:おこポゼ)。 チキガを封印したら 攻撃を延々ガードさせて確定でガードクラッシュさせられる。 これによりこころは後宣言で6~7割近いダメージ&人気差40~50を奪うことができる(他キャラはせいぜい4~5割)。 通常はポゼッションヒット時は相手が移動起きできる「寝スタン」になるのだが、 設置技と合わせることで移動起きできない「立ちスタン」にする連携が開発され、 ポゼ宣言可能状態で攻撃を食らったらもう 安らかに死ぬしか無い (無敵で切り返せば?と思われるかもしれないが、この心綺楼というゲームは無敵技がほぼまったくないのだ。 一部スペルカードにはあるものの、それも一度宣言という行為を挟まなければならないので切り返せない。 唯一共通無敵切り返しの「霊撃」が存在するが、枠の都合上デッキに入ってないことが多い)。 原作では格闘ゲームするにはしゃがみ等のモーションがないため、氏はあえて手書きで製作している。 ドットのベースはうどんげの模様で、各種技は心綺楼再現に近いチョイス。 操作方法は飛翔やデッキ方式の緋想天スタイル。 スキルの性能もレベルで変更されていく。 オリジナルの天候「心綺楼」も搭載。 攻撃を防御した瞬間に画面内横方向のどこかへ瞬間移動する。 ラストワード「仮面喪心舞 暗黒能楽」 は相手の体力の4割を固定で減らすというものだが、 処理の関係でキャラに使うと、一撃で必殺になるほどの威力になる。 語るスレの小物ロダにて公開中の原作ドットこころ。 winmugenでも動作可能。 東方深秘録の仕様を細かく再現しており、感情によってスカートの色が変わるのも再現されている(ただしステートを奪われると無感情化)。 再現といっても空中戦仕様ではなく地上で戦うようアレンジされており、しゃがみモーションや下段も追加されている。 またオリジナル要素として、スタートボタンでルーレット式に感情を変更可能。 この際、低確率でオカルトボールや下記の特殊カラー用のお面が出現し、それを選ぶとノーコストでオリジナルスペルが発動する。 また9Pカラー以降は性能が強化され、オカルトボール消費のオリジナルスペルも追加される。 9Pと10Pはそれぞれ風カラーと風カラーで、 違いはお面とオリジナルスペル(前者はサードアイ風お面&イドの解放、後者は 希望の面 &日出ずる処の道士)。 強化内容は同一で、無感情固定、コンボ補正緩和、防御力上昇、体力半分でオカルトボール追加など。 11Pは霊力回復高速化、スペルパワー自動上昇、オカルトボール自動上昇、コンボ補正緩和、防御力上昇といったシンプルな強化カラー。 オリジナルスペルはストーリーモードで使用した口裂けの感情。 12Pは11Pを更に強化したもので、外見は1Pと同じだが背後に 希望の面が浮かぶ。 性能は霊力&スペルパワー無限、初期オカルトボールMAX&高速回復、HB常時8個、防御力更に上昇、一部モーションにグレイズ付与、 のけぞり中の通算ダメージが一定以上の時被弾すると食らい抜けして口裂けの感情発動など大幅に強化される。 オリジナルスペルは11P同様口裂けの感情だが、終了時に。 オプションで12P用設定として食らい抜けダメージ量や食らい抜け専用口裂けの感情の威力、オカルトボールの回復タイプなどが変更可能。 AIもデフォルトで搭載されており、10段階に調整可能でかなりの強さ。 12P用の口裂けの感情ぶっぱ頻度も設定可能。 エメル氏製作 天仙娘々 l! ヽ `ヽ, / l. i - ̄ r-,ヽ、. _______.

次の