コロナ ウイルス 中国 死亡。 新型コロナの次は「ハンタウイルス」中国で別の感染症死亡報道

中国の新型コロナ患者の8割は軽症、死亡者の多くが高齢者または持病あり:トピックス:日経Gooday(グッデイ)

コロナ ウイルス 中国 死亡

新型コロナウイルスによる肺炎の感染者・死者の人数をめぐって、中国政府の発表を疑問視する声が後を絶たない。 大紀元は2月4日、湖北省の複数の火葬場を取材したところ、火葬場の処理量は平常時の4倍から5倍だという。 電話取材を受けたある火葬場の幹部によると、旧正月に入る前から無休で働いており、「身も心も持たない」ほど忙しいと述べた。 「昨日(3日)127人の遺体が運ばれてきた。 116人を火葬した。 死亡証明書の『死因』に『新型肺炎』と書いてあるのは8件、『新型肺炎の疑い』が48件だった」 同幹部の話によると、今までは朝6時から火葬に入り、昼ごろに作業は終了していた。 今は火葬炉が1日中、稼働している。 この火葬場に18台の火葬炉があるが、正常に稼働しているのは11台。 1人の遺体の焼却時間は50分ほどだという。 また、遺体搬送車が不足しているため、輸送能力が限られている。 今まで1台の車に1人の遺体を積んでいたが、今は2人を積んでいる。 それでも間に合わないため、バンの椅子を撤去し、7、8人を運搬している。 この火葬場には9台の遺体搬送車がある。 「今、運んできた遺体の数と処理量は、通常の4倍から5倍だ」と同幹部は言う。 武漢市の新洲火葬場も取材した。 取材に応じた職員は9台の火葬炉が24時間稼働していると答えた。 漢口火葬場は、20台の火葬炉が絶え間なく稼働していると大紀元の取材に答えた。 武漢市には現在、8カ所の火葬場がある。 冒頭の火葬場幹部によると、多くの遺体は病院からではなく、死亡者の自宅から運ばれてきたという。 「ちょっと計算してみたところ、38%が病院から、61%が自宅から運ばれてきた」 中国当局は新型肺炎感染患者の遺体取り扱いに関する通達で、自宅で死亡し死因がはっきりしない場合、感染者と接触した経歴があれば、一律に「感染疑い」として処理するよう指示している。 中国政府が発表した死者数は、感染を確定した患者の死亡者数であり、感染疑いのままで死亡した人を含んでいない。 (取材・王有法、何堅/翻訳編集・李沐恩) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の

中国が早くも見据える「コロナ後」の世界 志村けんさん死亡にもピリピリ 中国が恐れるものとは

コロナ ウイルス 中国 死亡

志村けんさん、国境を超えて台湾人にたくさんの笑いと元気を届けくれてありがとうございました。 きっと天国でもたくさんの人を笑わせてくれることでしょう。 ご冥福を心から祈ります。 — 蔡英文 Tsai Ing-wen iingwen 「中国に志村を殺された、という空気になるのを恐れたのではないか」。 国民的スターの死がさらなる中国への反感につながらないか、世論の動向をしきりに気にする様子だったという。 社説で異例の「読売新聞バッシング」 一方4月12日、中国共産党系の環球時報(電子版)には「読売新聞は成長しろ」と題した社説が掲載された。 タカ派の過激な論調で知られる環球時報だが、日本メディアがやり玉に挙げられることはまれだ。 環球時報は社説で読売新聞を激しく攻撃した 異例の取り上げ方をされたのは、当日の読売朝刊に載ったコラム。 北京駐在の中国総局長の署名入りで、習近平政権について、新型コロナ対応の過ちを認めようとしないなどと指摘した内容だ。 環球時報社説はこの総局長を何度も名指しし「アメリカの顔色を窺って原稿を書いている」「彼の中国滞在は無駄だった」などと強烈に批判した。 翌日には中国外務省も「記事は中国への無知、偏見と傲慢に満ちている」などとして、読売新聞側に申し入れをしたことを明らかにした。 ただ欧米メディアを中心に、中国の姿勢を厳しく批判する報道は決して珍しくない。 やや唐突感のある「読売バッシング」には、北京にいる特派員の間でも困惑が広がった。 世界各国がウイルスとの終わりの見えない戦いに苦しむなか、一足先にウイルスとの戦いに勝利を収めつつあるのに、これほどまでに日本の世論を気にする理由は何か。 ほんの半年前には熾烈な貿易戦争を繰り広げていたライバル・アメリカは、日本時間20日現在ですでに4万人を大きく上回る死者を出している。 トランプ大統領は感染拡大をめぐる「中国責任論」をあおり、中国と激しく対立している。 また、アメリカだけでなく中国の情報公開の不透明さを批判する声が、国際社会に広がりつつある。 習近平指導部が避けたいのは、コロナ収束後に世界で「反中国」の包囲網が形成されるというシナリオだろう。 日本を含む127か国に医療物資を提供するなど、「マスク外交」にも熱心だ。 早くも「アフター・コロナ」の世界秩序をにらむ中国にとって、日本との関係はさらに重要さを増す。 「桜が咲くころ」に習近平国家主席の国賓訪日が決まってから、中国は友好ムードの醸成に力を注いできた。 しかし日本側の対中感情は改善が進まないどころか、新型コロナの感染拡大を機にかえって悪化しかねない状況だ。 中国側が「志村けんさんの死」に神経を尖らせたのもそのためだ。 習主席の訪日は延期となり、現時点で実現のめどは立たないが、その障害になりうる反中世論のタネはできる限りつぶしておきたいとの思惑がありそうだ。

次の

新型コロナウイルス肺炎で初の死者 中国・武漢:朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス 中国 死亡

超過死亡には新型ウイルスとは直接関連ない死者(新型ウイルス流行に伴う医療崩壊により他の病気の治療を受けられなかった人など)も含まれており、これに注目することで、実際の犠牲者数が公式死者数よりも大幅に多い可能性が浮かび上がる。 今回の新型コロナウイルス危機では、データ集積方法が国によって大きく異なることから、各国の単純比較が困難となっている。 イタリアでは、2月20日~3月31日の期間の新型ウイルスによる死者は1万2428人とされている。 だが、過去5年間の平均と比較した同期間の「超過死亡」は2万5354人に上る。 米国ではこの差がさらに大きい。 米国での新型ウイルス流行がピークに達する前の3月の超過死亡数は6000人で、新型ウイルスによる公式死者数の3倍以上となっている。 他の欧州諸国と比べ新型ウイルス対策に成功したとされるドイツでさえ、今年3月の超過死亡数は3706人と、新型ウイルスの公式死者数である2218人を上回っている。 一方フランスでは、3月1日~4月27日の新型ウイルスによる公式死者数は2万3291人で、前年と比較した超過死亡数の2万4116人とほぼ一致している。 デンマークの疫学者チームが欧州24か国のデータをまとめている「欧州死亡率モニター()」プロジェクトによると、今年3月の死者数は例年と比べ増加していた。 EuroMOMOのプロジェクトコーディネーターを務めるラッセ・ベステルゴーア()氏は「超過死亡を説明できるものは(新型ウイルスの)他にはない。 これが1月なら、一部はインフルエンザによるものと説明できるかもしれない。 それに、欧州では火山の噴火や、地震も発生していない」と語った。 EuroMOMOのデータによると、3~4月に大きな超過死亡があったのはスペイン、イタリア、フランス、そして英国の4か国。 一方、新型ウイルスによる深刻な被害を免れているノルウェーやフィンランドでは大きな超過死亡はなかった。

次の