ユーチューバー 年収。 ユーチューバーの年収は嘘だった!? 収入の平均や仕組み(計算方法)について【世界(海外)のランキング,再生回数,税金,激減,登録者数,どこから,1再生】

ユーチューバーの収入・年収ランキング

ユーチューバー 年収

第1世代のトップYouTuber、マックスむらい氏。 自身が設立したAppBankの事業の一環としてYouTubeに動画投稿を始める。 チャンネル登録者数は約150万人。 撮影:西山里緒 YouTuberという生き方を最もよく知るのは、YouTuber本人しかいない。 今回、日本のYouTuber第1世代でトップYouTuberの世界を知る人物として、マックスむらい氏が「自身の経験範囲内でよければ」という前提でインタビューに応じた。 ネット上では有名な話だが、マックスむらい氏も2016年2月、自身が創業したAppBank社の元役員が起こした横領事件に関連して、「風評被害」から炎上騒ぎになったことがある。 事件の後マックスむらいチャンネルには低評価が殺到し、チャンネル登録者数は激減した(2017年2月、同元役員は詐欺罪での実刑判決が確定している)。 取材に対してマックスむらい氏は「2016年度、 人生で初めて会社が赤字を計上した。 正直ショックでした」と言い、炎上事件の影響は自分のコントロールできる範囲を超えている、と率直に語った。 「 (炎上は)何をしても止められません。 正直、休止する、以外にやれることはない。 私の場合はいろいろな理由で続けていましたが、罵倒の声は止まらず、周りからは人もサーッと離れていく。 自分では、本当にどうしようもなかった」 月7000万回再生なら1500万円以上の月収も 職業としてのYouTuberを語る上で必ずクローズアップされるのが、その年収だ。 トップYouTuberの一般的な収入の内訳は、一体どうなっているのか。 マックスむらい氏はBusiness Insider Japanの質問に、「 YouTuberの一般的な収支、というものを説明することはほぼ不可能ですよ。 YouTuberがグーグルから受け取る収益は再生回数で一概に計算できるものではないですから」と説明する。 YouTuberがグーグルから受け取る収益はAdSenseやDoubleClickといったさまざまな広告によるものがあり、その種類や動画に表示する広告の価格など多様な要素に左右される。 グーグル広報もこうした背景から「一概にお答えすることはできません」と回答する。 あるYouTuber関係者によると、 7000-8000万回再生で月に約1500万円以上の広告収入がある例もあるという。 換算すると、1PVあたり0. 2円近い数字だ。 その一方で、「1PVあたりの収益率が0. 1円未満のYouTuberも少なくない」と前出の関係者は語る。 もう1つの疑問である年収について。 トップYouTuberに限るとしても、年収2億や3億という数字はどこまで現実的なのだろうか? これについてマックスむらい氏は「 全然いけると思う」と即答する。 ただし、内訳は人によって違い、広告の繁忙期(12月や3月)と閑散期で収益が変動するため、x12カ月のような単純計算にはならない。 炎上でスポンサー企業は? ここまではYouTubeからの収益だが、インフルエンサーとして影響力が大きくなれば、企業からタイアップ動画のオファーも舞い込む。 YouTube上に「チャンネル」という独自のメディアを持つYouTuber。 芸能人であればスキャンダルが起きれば、テレビ番組の出演見合わせ、場合により降板になるが、YouTuberは自身が活動の中止や続行を決められる。 だが、スポンサー企業が広告を「降りる」ケースもあるのだろうか? Bizcast社の渡邉拓氏。 企業にとって不安が残りやすいYouTuberのマネジメントに強みがあり、タイアップ広告案件を多く手がける。 「大したことがない事件であれば問題視しないスポンサーもいますが、やはり 炎上の程度によっては、影響がないとは言いきれませんね」 YouTuberと企業のコラボレーションプラットフォーム「BitStar」を運営する株式会社BizcastCEOの渡邉拓氏はそう語る。 出演自体に対価が支払われるCMなどのマスメディア広告と違い、YouTuberのタイアップ動画は主に成果報酬型だ。 最近は、動画の再生回数の結果(CPV=Cost Per View)に応じて支払われるものが主流になっている。 近年急速に広まっている企業とYouTuberのタイアップ広告。 テレビと違い、「こういう事態が起きたら、広告打ち切り」といった業界慣習がまだ整備されていないため、トラブルとそうでないことの線引きもまだ難しいのが現状だ。 それでも、スポンサー企業にとって炎上のリスクは大きい。 タイアップ広告は1案件1500万円になることも タイアップ動画の収益は、YouTuberやスポンサー企業により異なるが、「ゲームなどジャンル特化型のYouTuberであれば 1PVあたり数円代後半から10円代。 さまざまなジャンルの動画を投稿するYouTuberであれば、 数円代前半から後半になる」と渡邉氏。 さらに、こう話す。 「YouTuberにタイアップ動画案件を出す主な業界は、 ゲーム会社と美容系企業。 この2つの業界はすでにタイアップ動画の『型』もできてきている」 YouTuber人気に伴い、ここ最近は旅行関連企業や飲食系などより広い業界の企業が案件を依頼するようになってきているという。 ソフトバンクが人気YouTuber、Fischer's-フィッシャーズ-とタイアップした広告の例。 動画:Fischer's-フィッシャーズ- 「いま、月に予算数千万円を出すクライアントもいる。 動画経由で(企業の)ウェブサイトに来るユーザーはそうでないユーザーと比べてページの滞在時間が3倍長いなど、数字に現れる効果も出ている。 他の業界に広がっていくのも時間の問題だと思います」(渡邉氏) ある業界関係者によると、トップレベルのYouTuberでは、1つのタイアップ動画での広告収入が1500万円ほどになることもあるという。 ここにYouTubeからの収入も入るのであれば、全盛期のヒカル氏なら「年収5億円」が見える世界になったとしても不思議ではない。 ヒカルさんには感謝しかない 奇しくも、VALU炎上騒動の1週間前にヒカル氏と「コラボ動画」を出していたマックスむらい氏。 動画では、AppBankの横領事件の詳細と以降の生活について語っていた。

次の

【ユーチューバーの年収ランキング】ジャンル別トップ10を発表!

ユーチューバー 年収

動画再生数から算出した推定平均年収:約1. 6億円• 動画再生回数:約128. 7億回• 登録者数:約1,632万人• 動画本数:4,492本• ヒカキンはメインの「HikakinTV」のだけでなく、ゲーム実況専門の「HikakinGames」や「HIKAKIN」「HikakinBlog」の合計4つのチャンネルを運営しています。 4つのチャンネルの総再生回数は128億回以上。 一再生数あたりの収益を0. 1円と低く見積もっても、YouTubeの広告収益だけで約1億6,000万円の収益があると推定できます。 動画再生数から算出した推定平均年収:約1. 3億円• 動画再生回数:約111. 8億回• 登録者数:約827万人• 動画本数:3,339本• メンバーは、シルクロード・ダーマ・ザカオ・ぺけたん・ンダホ・モトキ・ マサイの7人。 「アスレチック動画」や「ドッキリ動画」などを投稿し、人気を集めています。 チャンネル登録者数もかなりの勢いで伸びているため、今後もますます収益を伸ばしていくと予想されます。 【3位】はじめしゃちょー:約1. 1億円• 動画再生数から算出した推定平均年収:約1. 1億円• 動画再生回数:約95. 1億回• 登録者数:約1,289万人• 動画本数:4,032本• 「やりたいことを自由にアップする」をテーマにしており、自由な発想の企画動画を投稿し続けています。 他にも「はじめしゃちょー2」や、美味しい料理の作り方などをアップする「はじめしゃちょーの畑」など、複数のチャンネルも運営しています。• 2.【面白ネタ系YouTuber(ユーチューバー)】平均年収ランキング まずは、 面白いことを企画して、その様子を投稿する「面白ネタ系YouTuber」のランキングです。 「〇〇してみた!」「〇〇をやってみた!」などというタイトルの動画は、内容が気になって思わず再生してしまうものも多いですよね。 面白ネタ系には企画力や発想力が必要ですが、一度人気の動画を作成すれば、口コミで一気に動画再生数を増やすことができるでしょう。 1円の収益とし、その総額をYouTuberの登録年数で割って算出しています。 あくまで目安としてご覧ください。 3.【キッズ向けYouTuber(ユーチューバー)】平均年収ランキング おもちゃの紹介に代表される「キッズ向けYouTuber」の年収ランキングは、以下の通りです。 また、大人が顔出しをせず、子供向けのおもちゃを紹介するというパターンもあります。 小さな子供は同じ動画を何度も観る傾向にあるため、キッズ向けチャンネルは再生数が伸びやすいジャンルと言えます。 人気YouTuberになれば、玩具メーカーや有名企業とタイアップして活躍するチャンスもあるでしょう。 ただし、キッズ向けのYouTubeチャンネルはパーソナライズ広告が廃止になっため、以前ほど収益が得られなくなったと考えられます。 4.【ゲーム実況系YouTuber(ユーチューバー)】平均年収ランキング その名の通り、ゲームをプレイする様子を実況する「ゲーム実況系YouTuber」の年収ランキングは、以下の通りです。 他のゲーマーに一目置かれる動画やおもしろい実況動画が一度注目されれば、多くの再生回数を稼げるでしょう。 また、 ゲーム実況は長時間の動画になりやすいため、広告をたくさん付けやすいというメリットもあります。 1円の収益とし、その総額をYouTuberの登録年数で割って算出しています。 あくまで目安としてご覧ください。 5.【ペット系YouTuber(ユーチューバー)】平均年収ランキング 最後は、 子供から大人まで幅広い層に根強い人気がある「ペット系Youtuber」の年収ランキングです。 【ペット系YouTuber年収ランキング】 YouTuber名 登録数 人 平均年収 円 1 37. 4万 630万 2 90. 6万 546万 3 34万 373万 4 75. 6万 360万 5 25万 349万 6 18. 6万 297万 7 13. 6万 260万 8 49. 3万 245万 9 28. 7万 243万 10 25. 2万 242. 年収は他ジャンルに比べて一桁少なくなりますが、 大きな編集がいらない点で人気が高いジャンルです。 【YPP|利用資格の最低要件】• すべての YouTube の収益化ポリシーに準拠している• YPPを利用可能な国や地域に居住している• 有効な公開動画の総再生時間が直近の12 か月間で4,000時間以上• チャンネル登録者数が1,000人以上• 審査の結果が届くのには1ヶ月ほどかかる YPPの申し込みが完了すると、自動的に審査待ちの状態になります。 その後、審査担当者によって、 あなたのチャンネルがYouTube の収益化ポリシーに準拠しているかどうかが確認され、通常は1ヶ月ほどで審査結果が届きます。 しかし、高収入のYouTuberになると、事務所に所属して活動する人も少なくありません。 例えば、トップクラスのYouTuberであるヒカキンやはじめしゃちょーは「UUUM(ウーム)株式会社」という事務所に所属しています。 ただ動画を制作して投稿するだけであれば、事務所に所属する必要はありませんが、 収入アップを目指したいなら事務所からのサポートを受けることをおすすめします。 収益のすべてが自分の手元に入る訳ではなくなりますが、あなたの制作した動画のプロモーションを行ってもらうことで収益が格段に増える可能性が高まるでしょう。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 \ スマホで簡単! 3分以内で無料登録!/ 【転職エージェント「doda」とは】 「」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ 日本でトップクラスの人気を誇る高年収YouTuberは、以下の通りです。 YouTuber名 推定平均年収 円 1 ヒカキン 約1. 6億 2 フィッシャーズ 約1. 2億 3 キッズライン 約1. 1億 4 はじめしゃちょー 約9,000万 5 東海オンエア 約8,500万 誰にでもなれるYouTuberですが、広告収入だけで生計を立てられるYoutuberはほんの一握りです。 また、YouTuberは成功すれば高収入が得られますが、そのハードルは高く、もしも人気者になれたとしても誹謗中傷を受けたり、プライベートにも様々な影響が出ることを頭に入れておきましょう。 稼げる人気YouTuberになれるかどうかは、まさに本人の能力と努力次第。 発想力や動画のクオリティーはもちろんですが、特に毎日コツコツと続ける「継続力」は非常に重要です。 ファンを定着させ再生回数を伸ばすことは大前提ですが、更に収益をアップさせたいのであれば、事務所のサポートを受けることや広告収入以外の方法も検討しましょう。

次の

ユーチューバーの平均年収747万円は嘘?正しい計算での本当の年収額を暴露!

ユーチューバー 年収

企業がYouTubeにお金を支払い自社の製品の宣伝を依頼• YouTuberは動画を投稿し、広告枠を設定する• 視聴者が広告と動画を見る• 動画の再生回数に応じてYouTubeはYouTuberにお金を分け与える 最近はネットが発達していますので、企業もテレビCMによる宣伝だけでなく、YouTubeでの宣伝活動も行うようになりました。 企業がYouTubeに広告宣伝料を支払い、YouTubeはその広告宣伝料をYouTuberに支払うという関係が成り立っています。 動画を見た視聴者に対し商品やサービスをPRすることで、間接的ではありますが、企業側も利益を得ています。 「はじめしゃちょー」や「ヒカキン」のようなトップユーチューバーは UUUMという事務所と契約をしており、 事務所との分け前は以下のようになっています。 (参考:) トップユーチューバーが専属契約しているアドセンス(Googleが提供しているクリック報酬型の広告)からの収益は、 80%がユーチューバー、20%がUUUMの取り分になります。 このような仕組みで、YouTuberはお金を稼いでいるのです。 広告にもいくつか種類がありますので、広告の種類を説明していきます。 インストリーム広告 引用: インストリーム広告とは、 YouTubeで動画が再生される前や再生される途中で流れるCMのことです。 長さは数秒~数十秒程度あります。 広告はいいから早く動画が見たいと言う場合は、スキップも可能なバージョンもあります。 スキップが不可能なものもあり、それに出くわしたらCMが終わるまで待たなくてはなりません。 特にスキップが不可能なものは、視聴者に強制的にCMを見せることになるので、宣伝効果は高いとされています。 オーバーレイ広告 引用: オーバーレイ広告とは、 動画の下部によく出てくる広告です。 動画にかぶさって表示されるので、邪魔だと感じている方は多いはずです。 消そうとしたら誤って広告の部分を押してしまうミスは、誰もが経験する「YouTubeあるある」です。 スマホでネット検索していてもブラウザを覆うように広告が出ることがありますが、あれもオーバーレイ広告の一種です。 オーバーレイ広告には多様なアニメーションが使われていて、画面上を上下に移動したり拡大縮小したりする広告もあります。 オーバーレイ広告も必ず目に入るものですので、宣伝効果は高いとされています。 サイドバー広告 引用: サイドバー広告とは、文字通り、 画面の右上部分のサイドバーに表示される広告のことです。 動画そのものに掲載される広告ではないので、上で紹介した2つよりはクリックする可能性は低く宣伝効果も低いといえます。 広告の種類を3つ紹介してきました。 これらの広告は表示されるか、またはクリックされると収益が発生します。 動画の再生回数が多いほど、収益も増えます。• スーパーチャットとは、 視聴者がYouTuberに直接寄付できる機能です。 主に生配信の時に、視聴者がコメントにお金を乗せて投稿できます。 俗に投げ銭といわれます YouTuberのなかには広告収入だけではやっていけない人も多いです。 動画の再生回数が多くならないと収入が増えないためです。 その点、スーパーチャットであれば、動画の再生回数は関係ありません。 魅力ある内容の生配信を行えば、そのたびに視聴者から直接お金が貰えます。 このスーパーチャットの機能を使って、月数十万程度稼いでいる強者YouTuberもいます。 例えば「かずぽこ」さんというYouTuberは、1度の配信で24万円稼いだとの情報が出ていました。 スーパーチャットの購入はこちらのサイトから行えます。 以前は月額490円の一択でしたが、現在はYouTuberが複数の会員レベル(最大5つ)を設定できるようになっています。 ユーザーは、月額料金を払うことでバッジや絵文字といった様々な特典をチャンネルから得られます。 ちなみに、YouTubeチャンネルメンバーシップは、チャンネル登録者数3万人から利用することが可能です。 スーパーチャットとメンバーシップを使えば、まだ知名度は高くないYouTuberでもある程度は安定した収益を上げることができるようになりました。• 企業案件の報酬は、1本あたりが150万円〜、トップクラスのYouTuberだと1本あたり300〜500万円くらい入ります。 企業案件が受けられるのは、 チャンネル登録者数10万人前後くらいからです。 企業は影響力のあるYouTuberに商品やサービスを体験してもらい、その対価として報酬を支払います。 例えば超人気YouTuberヒカキンさんの場合だと、文具メーカーのゼブラとコラボして、シャーペンの上に乗る企画動画を出しています。 報酬額は企業や案件、チャンネルの規模によって大きく異なります。 メーカー側はゲーム実況YouTuberには新作ゲーム、美容系YouTuberならコスメなど、ジャンルに合った案件を用意します。 インフルエンサーのような有名YouTuberなら、「オリジナルグッズを作った」と告知するだけで売れることもあるようです。 ファンにオリジナルグッズを着用、使用してもらうことで、宣伝効果も狙えます。• 有形:ラインスタンプ、グッズ• 例えば講演会やセミナー、オフ会などのイベント、ツアーなど様々な使い方ができます。 イベントの告知ができるサイト「」では、YouTuberのセミナーやイベントがたくさん告知されています。 講演会やセミナーなら、だいたい1人あたり3,000〜5,000円の参加費を集められます。 例えばエステなら、施術の様子をYouTubeで公開すれば、お客さんは「どんなことをするのか不安」というハードルを払拭できます。 画像や文字だけでは伝わりにくい様子も、動画ならば細部まで伝わりやすいです。 「チラシを作ってみたけれど集客効果が上がらない」というお店でも、YouTubeなら動きによって細かい様子を伝えられるので、ユーザーの興味を引きつけやすいです。 単価は1動画あたり3,000〜5,000円くらいで、初心者YouTuberから需要があるので安定して稼ぐことが可能です。 などのネット上の仕事仲介サービスでも、動画編集の仕事を募集していることがあるので、副業としても取り組みやすいです。 この ファンクラブを月額課金制にすれば、毎月ファンから収入を得ることが可能です。 例えば、人気ユーチューバーはじめしゃちょーさんの「」なら、入会金1,080円(税込)、月額324円(税込)で会員になれます。 会員になると、限定日記が読めたり、プレゼントがもらえたり、一般的なファンクラブと同じような特典を受けられます。 会員制ビジネスには、ファンクラブ以外にも月額課金のメルマガやオンラインサイト(YouTuber同士が集まる)もあります。 3.YouTuber(ユーチューバー)の収入はどれくらい? YouTuberが収入を得られる仕組みについてはもうお分かりいただけたと思います。 それでは、実際にYouTuberはどれくらいの収入が得ているのでしょうか? ここでは、YouTuberの平均年収や単価相場などを説明します。 YouTuberトップ100人の平均年収は約3,200万円 日本人YouTuberのTOP100人の中央値を確認すると、 年収は約3,200万円でした。 (参考:) ただし、これはあくまでTOP100人の方の年収で、ランキング1,000位あたりのYouTuberになると年収は15万円いくかいかないかというレベルです。 本当なら全てのYouTuberに自分の年収を申告してもらって、平均を出したいところです。 しかしYouTuberは最近でてきた職業ですので、まだきちんとした統計を取れる段階に達していません。 しかも、そもそも現段階では、YouTuberが自分の収入額を公開するのは、YouTubeの規約で禁じられています。 これらを考慮すると、YouTuberの年収の実情を正確に把握することは今のところ難しいです。 YouTuberの収入の特徴として挙げられるのは、 安定していないことです。 会社勤めなら毎月会社から決まった額の給与が支払われますが、YouTuberの場合、動画の再生回数に応じて収入が変わります。 ですから、下は月収0円近くで我慢している人から、上は数百万、数千万と稼いでいる人までいて、年収に大きな幅が出ます。 YouTuberの単価相場 よく言われているのは、 1再生あたり0. 1円という基準です。 1再生あたり0. 1円であれば、1000回再生されれば100円、10万回再生されれば10,000円です。 ちなみに、事務所のUUUMに入ってくる金額を参考にすると、以下のように0. 1円代の計算になります。 これはUUUMへの支払い額なので、この金額の80%がユーチューバーへ支払われていると考えられます。 ただ、本当に1再生あたり0. 1円であるかは確定的なことは言えません。 動画の長さや再生回数に応じた報酬額を公開することも、YouTubeの規約違反とされているのです。 5円だったり、0. 02円だったりと様々な意見があります。 さらに、この報酬額は常に一定というわけではなく、時期や季節によって変動します。 単価自体は1円に満たないとても小さな金額ですが、動画の再生回数が何万回にもなると、単価の大小が報酬の差にかなり影響を与えてきます。 4.YouTubeで再生回数を稼ぎやすいジャンルはどれ? YouTubeといっても、投稿されている動画のジャンルは様々です。 ここでは、多くの視聴者の目を惹く「再生回数の多いジャンル」を3つ紹介していきます。 それぞれ見ていきましょう。 企画・ネタ系 何か面白いことを企画して、その様子を投稿する動画ジャンルです。 YouTuberで多くの方がイメージを抱くのは、このジャンルではないでしょうか? 企画系の動画は、ヒカキンやはじめしゃちょーなどの有名YouTuberが行っているジャンルでもあります。 たとえば、ヒカキンは脱毛に使うブラジリアンワックスで鼻毛を抜くという動画を投稿して、注目を集めました。 面白いことをやる系には企画力や発想力が必要ですが、ひとたび人気の動画を作れば、口コミで一気に動画再生数を増やすことができます。 ゲーム実況 ゲーム実況とは、 ゲームをプレイする様子を実況する動画です。 ゲームが好きな人にとっては、趣味がそのまま仕事になるジャンルなので、参入するゲーマーも多いです。 ゲームは子供から大人まで人気が高く、周りのゲーマーから一目置かれる動画やおもしろい実況動画を作ることができれば、多くの再生回数を稼げます。 また、ゲーム実況は長時間の動画になりやすいため、広告をたくさんつけやすいメリットもあります。 ペット系 ペット系の動画も、子供から大人まで幅広い層に見られるので、再生回数を稼ぎやすいジャンルの一つです。 ユーチューバーの中には、編集を入れず、 ペットの様子をそのまま流している人もいます。 動画作成に大掛かりな準備をする必要がないため、気軽に動画を公開できる点が人気のジャンルです。 5.高年収YouTuber5選!TOP層はどれくらい稼いでる? トップクラスのYouTuberがどれくらい稼いでいるのか、気になる方も多いはずです。 ここでは、 日本の高年収YouTuberランキング をご 紹介します。 動画再生数から算出した予想平均年収:約1. 4億円• 動画再生回数:約128. 7億回• 登録者数:約1,632万人• 動画本数:4,492本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) 言わずと知れた日本のYouTuberの草分け的存在、「ヒカキン」です。 ヒカキンはメインの「HikakinTV」のだけでなく、ゲーム実況専門の「HikakinGames」や「HIKAKIN」「HikakinBlog」の合計4つのチャンネルを運営しています。 動画再生数から算出した予想平均年収:約1. 3億円• 動画再生回数:約111. 8億回• 登録者数:約872万人• 動画本数:3,339本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) フィッシャーズは、 中学時代の友達7人組で結成したYouTuberです。 「アスレチック動画」や「ドッキリ動画」などを投稿し、人気を集めています。 「思い出ネットパフォーマー軍団」と名乗り、その名の通り、中学時代に遊んでいた光景そのままの様子を撮影。 2020年1月26日には「【ご報告】ンダホ、結婚します!」という動画にて、ンダホが昨年夏に結婚していたことを発表しました。 【3位】はじめしゃちょー hajime• 動画再生数から算出した予想平均年収:約1. 1億円• 動画再生回数:約95. 1億回• 登録者数:約1,289万人• 動画本数:4,032本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) イケメンYouTuberとして人気の「はじめしゃちょー」です。 「やりたいことを自由にアップする」をテーマにしており、自由な発想の企画動画を投稿し続けています。 他にも「はじめしゃちょー2」や、美味しい料理の作り方などをアップする「はじめしゃちょーの畑」など、複数のチャンネルも運営しています。 【4位】東海オンエア• 動画再生数から算出した予想平均年収:約1億円• 動画再生回数:約81. 6億回• 登録者数:約791万人• 動画本数:3,106本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) 東海オンエアは、 愛知県岡崎市を拠点にしている男性6人グループのYouTuberです。 ネタ動画や体を張った企画が話題を呼び、平成28年には岡崎観光伝道師に任命、平成29年からはUUUMに所属しています。 メンバーはてつや、しばゆー、りょう、としみつ、ゆめまる、虫眼鏡。 【5位】ボンボンTV• 動画再生数から算出した予想平均年収:約7,300万円• 動画再生回数:約36. 2億回• 登録者数:約208万人• 動画本数:5,886本• 『参照:「」』 (2020年7月時点) ボンボンTVは、 UUUMと講談社が共同で運営するYouTubeチャンネルです。 「まずは見てみる、やってみる!」を合言葉に、人気YouTuberたちが「やってみた動画」を毎日発信しています。 当初は、ヒカキンやはじめしゃちょーなどUUUMに所属するYouTuberも出演していましたが、現在はレギュラーメンバーの動画が投稿されています。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今のキャリアに少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ YouTuberの収入源は、広告収入です。 また日本のTOPYouTuber100人の平均年収は、約3,200万円です。 自分の投稿する動画に、広告を掲載し、宣伝料をYouTubeから得ています。 報酬は動画の再生回数に応じて金額が変わるので、再生回数の多い動画を投稿すれば、それだけの金額が稼げます。 また、スーパーチャットやYouTubeチャンネルメンバーシップによって、安定した収入を得ることも可能となっています。

次の