簡単 小物 作り方。 簡単に作れるハギレ小物「チャームホルダー」作り方

簡単なのに可愛い♪お気に入りの「端切れ(はぎれ)」で世界にひとつの小物を手作りしましょう♪

簡単 小物 作り方

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の

簡単な手作り小物の作り方を紹介!初心者でも楽しめるアイデアもたくさん

簡単 小物 作り方

自分の手で作るということは、気持ちがこもり難しさを乗り越えるため特別な愛着がわくものです。 手作りの贈り物は温かみがあり、誰もがうれしさを感じます。 そんな手作りに初心者でも気軽に挑戦できるよう、簡単な手作り小物の作り方をご紹介します。 これまで様々な人がチャレンジしてきた簡単に作れる手作り小物からヒントやアイデアを得ていきましょう。 簡単に作れる手作り小物作品例 簡単に作れる手作り小物にはどのようなものがあるのでしょうか。 SNSやメディアで取り上げられやすい簡単なものを5選ご紹介します。 ヘアアクセサリー• ポーチ• スマホケース• フォトフレーム• ガーゼマスク では、それぞれの簡単に作れる手作り小物と作り方についてご紹介しましょう。 ヘアアクセサリー ヘアゴムやバレッタ、シュシュなどのヘアアクセサリーは専門ショップで購入しようとすると意外に費用がかかるものです。 ヘアアクセサリーも簡単な作り方で手作りできる小物作品といえます。 例えばお花モチーフのヘアゴムは初心者でも簡単にチャレンジできる超単純作業で完成する小物です。 からまないゴムか通常のヘアゴムをデコボタンに通して接着するという作り方だけで完成します。 からまないゴムは特に味気なくてヘアアクセとしての用途を満たさないものですが、デコレーションパーツと組み合わせれば簡単に おしゃれなヘア小物に変身します。 ポーチ 周りから「本当に自分で作ったの?」といわれちゃうようなポーチを簡単な作り方で手作りする方法があることをご存知でしょうか。 キャラメルポーチといわれている四角形に近いものの丸みのある可愛いポーチは簡単にできる手作り小物です。 ファスナー部分の素材と、デコ用のリボン、そしてバイアステープとお好きなデザインの布というたった4つの材料でポーチを作れます。 ポーチの裏地と表地になる部分をファスナーに合わせて重ね縫いしていき、畳合わせたら反対側も同じように縫い畳合わせるという作り方を活用します。 ファスナーが表面に出るように布を表に返し、リボンを使ってタブ縫いを施しましょう。 もう一度本体を裏返してキャラメルを包むかのように折りたたんで脇の残り部分を塗っていくという作り方です。。 最後にバイアステープで止めたら完成です。 表に返せば可愛いキャラメルポーチが出来上がっていることでしょう。 手先が不器用な方でも簡単な作り方で おしゃれな丸みのあるポーチを手作りできるのです。 スマホケース スマホケースは誰でもできる手作り小物の代表作品です。 100均などでシンプルなスマホケースを購入し、好きなデザインにデコレーションしていくだけでよいからです。 もちろん布や革を使って本格的にスマホケースを手作りすることもできますが、ここでは簡単な作り方でできる手作り小物ですからDIY系のスマホケースをご紹介します。 次のような方法で手作りスマホケースが出来るでしょう。 英字新聞&マスキングテープの貼り付け• リボンorパールパーツの貼り付け• デコパージュ• ラインストーンアレンジ• ポンチで穴をあけてリボン編み上げ• マニキュアでグラデーションデザイン ほかにもいろいろな方法がありますが、安い材料であまり時間をかけることなく、自分だけのオリジナルスマホケースを作ることが出来るのでおすすめです。 フォトフレーム お気に入りの写真を飾るために自分のためにはもちろん、お世話になっている方への贈り物としても手作りフォトフレームはおすすめです。 フォトフレームは 簡単な作り方で凝ったデザインの小物作品となるのでぜひ挑戦してみてください。 市販のフォトフレームを購入し、造花やリーフ、リボン、デコパージュなどを使ってアレンジできます。 マスキングテープを使った簡単な作り方でも十分可愛いフォトフレームが完成しますが、せっかく手作りするのであれば、タイルやレースなどの凹凸が出るアイテムを使うのもおすすめです。 ガーゼマスク 風邪やインフルエンザの予防にマスクをする人は少なくありません。 子どもや家族の健康のためにガーゼマスクを手作りするのはいかがでしょうか。 簡単にできるのは 平面のガーゼマスクです。 お好きな柄の布を購入し、まずはアイロンをかけましょう。 縫いしろを残して筒状にし、さらにアイロンをかけます。 生地を三つ折りにすれば自然とマスクの形になりますので、アイロンでつけた折り目に沿って塗っていきましょう。 マスクの上下にコバステッチをかける作り方をプラスするとほつれが出にくくなるのでおすすめです。 最後に耳にかける部分のゴムをかけて、出ている糸くずを取り除くという作り方で完成します。 初心者におすすめの手作り小物 初心者とは言えども、せっかく手作り小物を作るのであれば見た目おしゃれなものがいい! そう思われる方におすすめの手作り小物はカーテンです。 カフェカーテンやシェルフの仕切りなどに使える フリル付きカーテンを簡単な作り方で手作りしてみませんか。 フリルなんて難しすぎると思われるかもしれませんが、意外と簡単に手作り出来てしまいます。 では具体的な作り方を解説していきましょう。 【作り方】• 窓枠よりも広めの横幅に布を選ぶ• 生地の両端を切りっぱなしにするか、三つ折りにして縫い込む• 裏側に生地を三つ折りにしながら縫っていく• 折り目をアイロンでしっかりつけるのがおすすめ• 通し穴を縫って突っ張り棒を通したら完成 高齢者におすすめの手作り小物 手先を動かすことのできる簡単な小物手作りは高齢者のボケ予防にとても役立ちます。 高齢者が飽きることなく楽しめる作り方の手作り小物にはどのようなものがあるでしょうか。 ここではコットンボールという小物の手作り方法をご紹介します。 カラーバリエーション豊富なコットンを使い、風船を使うのでいろいろな作業を楽しめることでしょう。 具体的な作り方は次の通りです。 【作り方】• 牛乳パックで作ったさらにボンドと水を入れる• 筆で混ぜ合わせて水風船を作る• お好きなカラーのコットンを風船に巻き付けていく• あらゆる方向に均一に巻き付けられたら先ほど作ったのりを縫っていく• 乾かしたら風船を割り取り除く• ライトやモールを通して完成.

次の

100均で手作り!自作小物の作り方|簡単可愛いインテリア雑貨も

簡単 小物 作り方

用意する物【共通】• 針と糸• 手芸用マーカー• 裁ちばさみ• まち針・安全ピン・クリップなど布を留めるもの• アイロン 小物の定番!実用性も兼ね備えた、手縫いで簡単エコバッグです。 エコバッグは何枚あってもいいですよね。 お気に入りの生地で作るバッグは使う時も気分が上がります。 手縫いは縫い方次第で、ミシンで縫うより丈夫にできるということをご存知ですか?重い食材などを入れるエコバッグは丈夫なものがいいですよね。 エコバッグ・用意する物• バッグを作る大きさの生地• 取っ手用生地2枚 エコバッグの作り方• 1取っ手の作り方。 取っ手部分の生地を半分に折り、アイロンをかけてその中心線に生地を折りたたみアイロン。 さらに先程の中心線で折り畳み両サイドを縫う• 2作りたい大きさにカットしたバッグ生地の上になる部分を1cm折ってアイロンをかけておく• 32を更に3cm程織り込みアイロンをかけ2. 5cmくらいのところを縫う。 そこに中心から何センチかバランスをとって取っ手を縫いつける。 取っ手は負荷がかかるので二重に縫っておく• 4取っ手を付けたバッグ生地を中表に合わせ、ズレないようにまち針などで留め、両サイドを縫い合わせる• 5ひっくり返してアイロンで整え出来上がり! エコバッグはもちろん、手縫いで作るバッグなどは、【本返し縫い】がお薦めです。 本返し縫いの動画付き縫い方をご紹介しておりますのでご覧ください。 トートバッグの手作り方法の記事があるので、合わせてご覧ください 小物の定番といえば、巾着袋です。 難しそうに思うかもしれませんが、直線縫いだけで出来てしまいますので手順通り作ればとても簡単に出来てしまいます。 巾着袋・用意する物• 巾着サイズにカットした生地• 巾着用の紐、2本 巾着袋の作り方• 1作りたい大きさにカットした巾着生地の上になる部分をを7cm程折りアイロンをかける• 2上から3cmを横に縫い、その下2cm(紐を通す部分になる)間隔を開けて、上から6cmにあたる部分も横に縫う。 3生地を中表に合わせて、両サイドを紐を通すのに開けた2cmの手前まで縫い、2cmを開けたままその上の3cm、上まで縫う• ポーチは使い方次第で何を入れても便利なアイテムです!ファスナー付きは難しく感じるかもしれませんが、コツを掴めば簡単に出来てしまいますよ。 L字ポーチ・用意する物• ポーチ用生地• ファスナー L字ポーチ作り方• 1生地のファスナーを取り付ける部分を1cm程折り、アイロンをかけてファスナーを縫い付ける。 L字のカーブは丁寧に縫う• 2生地を中表に合わせ、サイドを縫う• 3ファスナーを閉じたまま縫うとひっくり返せないので、必ずファスナーを開けた状態で2のサイドを縫う• 紐やリボンなどで輪を作り、縦長方向の左右どちらかの側面を縫う前に縫い付けてから側面を縫えば、キッチンやダイニングテーブルに縦に引っかけて置くことができ、ティッシュを便利に使うことが出来ます。 ティッシュカバー・用意する物• ティッシュカバー用生地 ティッシュカバー作り方• 1ティッシュ箱の大きさに合わせカットした生地の、ティッシュが出る部分1cmを折り、アイロンをかけて縫う• 2生地を中表にして、半分に折りアイロンをかけて、折り目の中心に先程縫ったティッシュが出る部分を折り合わせる• 3この時、ティッシュが出る上部同士を5mm程重ね合わせるのがコツ• スタイの首の後ろで止める箇所には、ボタンはお薦めしません。 万が一ボタンが取れてしまい、赤ちゃんが飲み込んでしまったら大変です。 100円ショップなどでも売っている、ペタッとくっつけるマジックテープを好きな大きさでカットし縫い付けると安心安全です。 用意する物• オーガニックガーゼ or ダブルガーゼ• スタイ型紙(無料でダウンロードできるものなど)• カットできるマジックテープ ベビースタイ作り方• 1ガーゼ生地を裏返し2枚重ね、型紙をまち針などで動かないように留め、縫い代を1cmほど取り手芸用マーカーで型を取る• 2型を取った線の通りにハサミで生地をカットする(生地を重ねているので2枚出来る)• 3スタイの表部分にレースなど装飾したい場合はここで縫い合わせたりと装飾する• 4スタイを中表に合わせ、生地がズレないようにまち針などで留め、縫い代1cmのところを縫う• 5スタイの下にくる部分を5~6cmほど縫わずに残して、まち針などを外す• 6縫わずにいた5~6cmの部分からスタイをひっくり返して形を整える• 7形をアイロンなどで整え、縫わずにいた5~6cmの開口部を縫い合わせる• エコカイロといっても市販品を思い浮かべる方も多いと思いますが、小豆カイロは手作りすることが出来るんです。 なぜ小豆なのか、小豆には多くの水分が含まれており温めることで蒸気が発生し、体の芯まで温めてくれます。 首や肩・アイピローとしてもお使い頂けます。 小豆カイロはレンジで温め20分ほど使えますが、次に使う場合は小豆が空気中の水分を吸収するまで4時間ほど間隔を開けるようにしましょう。 用意するもの• 作りたい大きさにカットした生地• 小豆適量 あずきカイロ作り方• 1作りたい大きさにカットした生地を中表に合わせ、小豆が出てしまわないよう縫い目を小さ目にし袋状になるようにコの字に縫う• 2縫い終わったところで袋を裏返し、小豆を適量入れる• 3最後にまだ縫っていないところを縫い付けます• 作りたいマスコット色のフェルト フェルトワッペン作り方• 1フェルトに作りたい動物の形を手芸用マーカーで書く• 2マーカーの線の通りにフェルトを2枚カットする(この時に顔のパーツも切って用意しておく)• 3表になる方のフェルトに顔のパーツなどバランスを見ながら手芸用ボンドで張り付ける• 鏡を取り付けるとより本格的になり、おままごと遊びも楽しくなりそうです! 用意する物• フェルト各色• 鏡付きで作りたいなら鏡も用意する フェルトのお化粧品作り方• 1フェルトに作りたいメイク道具の形に手芸マーカーで書く• 2マーカーの線の通りに2枚カットする(この時に他のパーツもカットして作っておく)• 3表になる方にパーツを縫い付けるか、手芸用ボンドで張り付ける(鏡を付ける場合はこの時に張り付けておく)• 4表と裏、2枚を張り合わせて周りをグルっと一周縫い合わせる(少し丸みを持たせたいなら、最後まで縫ってしまう前に綿を少し入れてから縫い閉じる))•

次の