カービィ64 bgm。 星のカービィ64/音楽

ルームガーダー (BGM)

カービィ64 bgm

概要 「4」ではなくあくまでも「 」。 「4~63をすっ飛ばしていきなり64かい」と突っ込んではいけない。 2008年4月15日には、のVCが配信され、2015年8月19日には、のVCでも配信された。 現在もVCで入手可能。 このゲームの特徴は二つの能力をミックスしてコピーする技 「コピー能力ミックス」。 基本となる7つの能力の組み合わせによって新たな能力が生まれる。 同じ能力同士を組み合わせてもよい。 ただし1種類目と2種類目を入れ替えても一緒。 操作に3Dスティックではなく十字ボタンを起用したのは、小さい子でも操作しやすくするためとか。 しかし、本作のカービィは当たり判定の拡大、鈍足、滞空時間が有限になるなど大幅に弱体化されており、即死トラップ等で難航しがち。 デモ画面に垣間見える彼のリアクションは非常に人間臭く、それまで「ピンクの悪魔」と恐れられた化け物じみたカービィ像は鳴りを潜めている。 こうした主人公の下方修正は全シリーズ通して異例のこと。 ミニゲームではだけでなく、、、が使用可能。 ストーリー 広い宇宙のどこかにある、妖精たちの住む星 「リップルスター」 そんな平和な空に突然大きな黒い雲があらわれ、星全体をおおいつくそうとしています。 ぶきみな黒い雲のねらいは、 妖精たちの大切な宝物である「クリスタル」でした。 そこで妖精リボンはクリスタルを持って宇宙へ脱出します。 しかし黒い雲から生まれた3体の追っ手が逃げるリボンに何度も体当たりをしてきたのです。 やがてその衝撃でクリスタルは砕けちり、いくつかの星に流れ星となってふりそそいでいきました。 一方ポップスターではカービィが星空をながめていると、空から妖精リボンが落ちてきました。 困っているリボンから話を聞いたカービィは、一緒にクリスタル集めの旅に出るのでした…。 ステージ レベル1・ 達の故郷の星。 ゲームはここからスタートする。 ステージ数は3。 ボスはおなじみの人面樹、• 1-1 ひたすら平坦なコース。 2つ目のクリスタルはある色のコピー能力を使おう。 ルームガーダーは「デカ」、耐久力は低い。 またラストにはダークリムルに憑依したワドルディが立ちはだかる。 1-2 秋のように落ち葉が舞う森のステージ。 ルームガーダーはデカ。 ラストにはダーク・リムラに憑依されたアドレーヌが立ちはだかる。 前作のような戦い方だが、描いた絵はいずれも耐久力は低い。 1-3 デデデ大王の城を探索するステージ。 BGMは外部が1-1と同じ、内部は「3」の仲間が待機しているアレンジ版。 ルームガーダーは無い。 最後はダーク・リムロに憑依されたデデデ大王と戦う。 前作のように2段階あるが、序盤であるために3に比べて耐久力が低い。 レベル2・ 何らかの原因で滅びてしまった星。 ステージはがメインだが やと化した文明の遺跡らしきものが点在する。 ステージ数は4つ。 ボスは三位一体の遺跡の防衛機構、• 2-1 砂漠と砂の遺跡のステージ。 ルームガーダーは「デカサボン」。 途中砂でせり上がる場所があり実質強制スクロール。 2-2 草原を進むステージ、こちらにも遺跡が存在する。 ルームガーダーは無い。 内部には大きなプールなどがある。 後半にはデデデ大王に乗って進む場所がある。 2-3 砂漠の地下に広がる洞窟を進むステージ。 ルームガーダーは「デカテイル」。 地下水路があるため。 元は海底だったと思われる。 BGMは1-3のデデデ城内部と同じ。 2-4 謎のピラミッドの中を進むステージ。 外部のBGMは2-1と同じ。 内部はこのステージ限定のBGM。 赤と黄色の動く床のステージでは挟まれると即死する等、前半にして難易度が非常に高い。 また、暗い部屋があり、あるミックスコピー能力を使わなければならない。 レベル3・ 水に覆われた常夏の星。 水中ステージが多いのが特徴。 ステージ数は4つ。 ボスは巨大なシャチの• 3-1 前半は島と海で、後半は洞窟を進むステージ。 ルームガーダーは「デカチック」。 難易度は前ステージに比べ低め。 3-2 川のステージ。 木箱で急流下りする箇所がある。 ルームガーダーは「デカカニィ」。 ちなみにBGMは「3」のグラスランドのアレンジ版でこのステージ限定。 3-3 砂浜と海のステージ。 ルームガーダーは「デカカパー」、BGMは3-1と同じ。 ステージのある地点のバックに砂の城や滑り台はデデデ大王とワドルディが作ったものである。 3-4 深海のステージ。 ルームガーダーは「デカギョドン」。 BGMは2-2と同じ。 ほとんど水中ステージなので、クリアには時間が長く感じるであろう。 レベル4・ 原始時代のような星。 ステージ数は4つ。 鬱蒼と生い茂るジャングル、高山、火山などがひしめている。 ボスは意思を持つマグマの• 4-1 ジャングルのステージ。 後半は茎で釣り上げた丸太があり、一部落下するものもある。 ルームガーダーは「デカガルボ」、BGMは1-1と同じ。 4-2 鍾乳洞のステージ。 最初は下に落下し到達した先にトロッコで進む場所がある。 ここのクリスタルはある危険なミックスコピーを、特定の場所まで持ってこなければならない。 ルームガーダーは「ドロップ24体」、6-3を除き巨大化した敵ではない。 4-3 岩山が切り立つステージ。 BGMは2-1と同じ、ルームガーダーは無い。 ブロックパズルが登場する、アドレーヌが描いた絵がヒントになる。 後半のある地面が「KIRBY」の文字になっている場所がある。 4-4 火山のステージ。 デデデ大王に乗って進む場所がある。 最後の方では溶岩に追いかけられる実質強制スクロール。 1回目は後ろから。 2回目は下から迫ってくる。 また、ある場所に隠されているクリスタルが色で示しておらず、 炎に対抗できるコピー能力を使うのがヒント。 ルームガーダーは無い。 BGMは4-2と同じ。 レベル5・ 凍てついたとの星。 ステージ数は4つ。 あまりの寒さに住民は他の星へ移住してしまった。 無人のや、そしても存在する。 星の地表をよく見てみると・・・。 ステージ後半のはとして名高い。 ボスは巨大戦闘兵器の、• 5-1 一面銀世界の場所を進むステージ。 ワドルディと一緒にソリに乗って進む場所や、氷が張った湖がある。 ルームガーダーは「デカチリー」。 5-2 山の頂上からゼボンの手を借り雲の上に行き、そのまま雲の上を進んでいくステージ。 雲の上なので空は晴れている。 空中面であるので足場に注意。 ルームガーダーは「デカモプー」。 BGMはこのステージ限定で、夢の泉の「バタービルディング」のアレンジ版である。 5-3 大きなデパートの中を進むステージ。 デパートの構造は11階建て。 BGMは5-1と同じ。 施設の機械などは動いているが、もう営業はされていない。 6階まではエスカレーターで、6階から11階まではゼンマイ式のエレベーターで登る、 7階に遊具コーナーらしい場所。 8階は積み木とカエルがいる、9階はアスレチックのような階。 10階はドネンとゴルドーがおり、11階はシャッツオとポピーブロスJr. がいる。 ここからゴールまでは全て11階、花屋や家具屋、電化製品店、巨大な水槽がある部屋など。 ルームガーダーは「デカミノ」こちらも11階にいる。 屋上 12階 に着けばゴール。 5-4 地下の工場を進んでいくステージ。 工場の機械は今も動いている。 BGMは工場に入る前までが5-1と同じ。 内部は「こうじょうけんがく」である。 屈指のトラウマステージであり難易度は 本作最難関と言っても過言ではない。 デデデ大王と一緒に進むところもある。 即死トラップが多く、巨大ピコピコハンマー攻撃、 巨大プレス機、動く電気の壁による押しつぶし)。 ルームガーダーは「デカバーニス」。 レベル6・ の故郷の星。 半分以上黒い雲に覆われている。 ステージ数は3つ。 ボスはあらゆるを操るダークマター族• 6-1 黒い雲に覆われていないステージ。 ステージの構造は外見が違うだけで、ポップスターのステージ1と殆んど同じである。 しかもBGMまで同じ 1-1、4-1で使われている。 ただし、出現するザコ敵やルームガーダーは異なっており「デカノコギ」。 巨大化したルームガーダーはこのステージで最後。 6-2 お城へと繋がる地下の洞窟。 潜入ステージ。 BGMがやたらと怖い。 仲間が全員このステージで登場する。 6-3 お城の中を進んでいくステージ。 ザコ敵を倒しながら登って行く。 塔のような構造をしており6階まである。 上の階に進むごとに壁紙が夜になっていく。 3階はあるミックスコピー能力を使うとクリスタルが見つかる。 5階は和風な部屋となっている。 6階はエヌゼットが上から降りてくる。 レベル7・ 全てのクリスタルの欠片を集め、を倒す事で行ける星。 ボスはすべての黒幕たる 7-1となっているがこの星を選ぶとステージ選択画面がなくスタートする。 7-1 ラストステージとして登場。 出現するザコ敵はエヌゼットのみである。 仲間が全員登場し、ワドルディが次のマップに繋がる穴を開けて、 進むとアドレーヌがアイテムを出し、奥まで行くとデデデ大王の協力でがいるマップに行くことになる。 関連イラスト.

次の

【特集】『星のカービィ』名曲10選、本当は10曲に選びたくなかった!

カービィ64 bgm

概要 「4」ではなくあくまでも「 」。 「4~63をすっ飛ばしていきなり64かい」と突っ込んではいけない。 2008年4月15日には、のVCが配信され、2015年8月19日には、のVCでも配信された。 現在もVCで入手可能。 このゲームの特徴は二つの能力をミックスしてコピーする技 「コピー能力ミックス」。 基本となる7つの能力の組み合わせによって新たな能力が生まれる。 同じ能力同士を組み合わせてもよい。 ただし1種類目と2種類目を入れ替えても一緒。 操作に3Dスティックではなく十字ボタンを起用したのは、小さい子でも操作しやすくするためとか。 しかし、本作のカービィは当たり判定の拡大、鈍足、滞空時間が有限になるなど大幅に弱体化されており、即死トラップ等で難航しがち。 デモ画面に垣間見える彼のリアクションは非常に人間臭く、それまで「ピンクの悪魔」と恐れられた化け物じみたカービィ像は鳴りを潜めている。 こうした主人公の下方修正は全シリーズ通して異例のこと。 ミニゲームではだけでなく、、、が使用可能。 ストーリー 広い宇宙のどこかにある、妖精たちの住む星 「リップルスター」 そんな平和な空に突然大きな黒い雲があらわれ、星全体をおおいつくそうとしています。 ぶきみな黒い雲のねらいは、 妖精たちの大切な宝物である「クリスタル」でした。 そこで妖精リボンはクリスタルを持って宇宙へ脱出します。 しかし黒い雲から生まれた3体の追っ手が逃げるリボンに何度も体当たりをしてきたのです。 やがてその衝撃でクリスタルは砕けちり、いくつかの星に流れ星となってふりそそいでいきました。 一方ポップスターではカービィが星空をながめていると、空から妖精リボンが落ちてきました。 困っているリボンから話を聞いたカービィは、一緒にクリスタル集めの旅に出るのでした…。 ステージ レベル1・ 達の故郷の星。 ゲームはここからスタートする。 ステージ数は3。 ボスはおなじみの人面樹、• 1-1 ひたすら平坦なコース。 2つ目のクリスタルはある色のコピー能力を使おう。 ルームガーダーは「デカ」、耐久力は低い。 またラストにはダークリムルに憑依したワドルディが立ちはだかる。 1-2 秋のように落ち葉が舞う森のステージ。 ルームガーダーはデカ。 ラストにはダーク・リムラに憑依されたアドレーヌが立ちはだかる。 前作のような戦い方だが、描いた絵はいずれも耐久力は低い。 1-3 デデデ大王の城を探索するステージ。 BGMは外部が1-1と同じ、内部は「3」の仲間が待機しているアレンジ版。 ルームガーダーは無い。 最後はダーク・リムロに憑依されたデデデ大王と戦う。 前作のように2段階あるが、序盤であるために3に比べて耐久力が低い。 レベル2・ 何らかの原因で滅びてしまった星。 ステージはがメインだが やと化した文明の遺跡らしきものが点在する。 ステージ数は4つ。 ボスは三位一体の遺跡の防衛機構、• 2-1 砂漠と砂の遺跡のステージ。 ルームガーダーは「デカサボン」。 途中砂でせり上がる場所があり実質強制スクロール。 2-2 草原を進むステージ、こちらにも遺跡が存在する。 ルームガーダーは無い。 内部には大きなプールなどがある。 後半にはデデデ大王に乗って進む場所がある。 2-3 砂漠の地下に広がる洞窟を進むステージ。 ルームガーダーは「デカテイル」。 地下水路があるため。 元は海底だったと思われる。 BGMは1-3のデデデ城内部と同じ。 2-4 謎のピラミッドの中を進むステージ。 外部のBGMは2-1と同じ。 内部はこのステージ限定のBGM。 赤と黄色の動く床のステージでは挟まれると即死する等、前半にして難易度が非常に高い。 また、暗い部屋があり、あるミックスコピー能力を使わなければならない。 レベル3・ 水に覆われた常夏の星。 水中ステージが多いのが特徴。 ステージ数は4つ。 ボスは巨大なシャチの• 3-1 前半は島と海で、後半は洞窟を進むステージ。 ルームガーダーは「デカチック」。 難易度は前ステージに比べ低め。 3-2 川のステージ。 木箱で急流下りする箇所がある。 ルームガーダーは「デカカニィ」。 ちなみにBGMは「3」のグラスランドのアレンジ版でこのステージ限定。 3-3 砂浜と海のステージ。 ルームガーダーは「デカカパー」、BGMは3-1と同じ。 ステージのある地点のバックに砂の城や滑り台はデデデ大王とワドルディが作ったものである。 3-4 深海のステージ。 ルームガーダーは「デカギョドン」。 BGMは2-2と同じ。 ほとんど水中ステージなので、クリアには時間が長く感じるであろう。 レベル4・ 原始時代のような星。 ステージ数は4つ。 鬱蒼と生い茂るジャングル、高山、火山などがひしめている。 ボスは意思を持つマグマの• 4-1 ジャングルのステージ。 後半は茎で釣り上げた丸太があり、一部落下するものもある。 ルームガーダーは「デカガルボ」、BGMは1-1と同じ。 4-2 鍾乳洞のステージ。 最初は下に落下し到達した先にトロッコで進む場所がある。 ここのクリスタルはある危険なミックスコピーを、特定の場所まで持ってこなければならない。 ルームガーダーは「ドロップ24体」、6-3を除き巨大化した敵ではない。 4-3 岩山が切り立つステージ。 BGMは2-1と同じ、ルームガーダーは無い。 ブロックパズルが登場する、アドレーヌが描いた絵がヒントになる。 後半のある地面が「KIRBY」の文字になっている場所がある。 4-4 火山のステージ。 デデデ大王に乗って進む場所がある。 最後の方では溶岩に追いかけられる実質強制スクロール。 1回目は後ろから。 2回目は下から迫ってくる。 また、ある場所に隠されているクリスタルが色で示しておらず、 炎に対抗できるコピー能力を使うのがヒント。 ルームガーダーは無い。 BGMは4-2と同じ。 レベル5・ 凍てついたとの星。 ステージ数は4つ。 あまりの寒さに住民は他の星へ移住してしまった。 無人のや、そしても存在する。 星の地表をよく見てみると・・・。 ステージ後半のはとして名高い。 ボスは巨大戦闘兵器の、• 5-1 一面銀世界の場所を進むステージ。 ワドルディと一緒にソリに乗って進む場所や、氷が張った湖がある。 ルームガーダーは「デカチリー」。 5-2 山の頂上からゼボンの手を借り雲の上に行き、そのまま雲の上を進んでいくステージ。 雲の上なので空は晴れている。 空中面であるので足場に注意。 ルームガーダーは「デカモプー」。 BGMはこのステージ限定で、夢の泉の「バタービルディング」のアレンジ版である。 5-3 大きなデパートの中を進むステージ。 デパートの構造は11階建て。 BGMは5-1と同じ。 施設の機械などは動いているが、もう営業はされていない。 6階まではエスカレーターで、6階から11階まではゼンマイ式のエレベーターで登る、 7階に遊具コーナーらしい場所。 8階は積み木とカエルがいる、9階はアスレチックのような階。 10階はドネンとゴルドーがおり、11階はシャッツオとポピーブロスJr. がいる。 ここからゴールまでは全て11階、花屋や家具屋、電化製品店、巨大な水槽がある部屋など。 ルームガーダーは「デカミノ」こちらも11階にいる。 屋上 12階 に着けばゴール。 5-4 地下の工場を進んでいくステージ。 工場の機械は今も動いている。 BGMは工場に入る前までが5-1と同じ。 内部は「こうじょうけんがく」である。 屈指のトラウマステージであり難易度は 本作最難関と言っても過言ではない。 デデデ大王と一緒に進むところもある。 即死トラップが多く、巨大ピコピコハンマー攻撃、 巨大プレス機、動く電気の壁による押しつぶし)。 ルームガーダーは「デカバーニス」。 レベル6・ の故郷の星。 半分以上黒い雲に覆われている。 ステージ数は3つ。 ボスはあらゆるを操るダークマター族• 6-1 黒い雲に覆われていないステージ。 ステージの構造は外見が違うだけで、ポップスターのステージ1と殆んど同じである。 しかもBGMまで同じ 1-1、4-1で使われている。 ただし、出現するザコ敵やルームガーダーは異なっており「デカノコギ」。 巨大化したルームガーダーはこのステージで最後。 6-2 お城へと繋がる地下の洞窟。 潜入ステージ。 BGMがやたらと怖い。 仲間が全員このステージで登場する。 6-3 お城の中を進んでいくステージ。 ザコ敵を倒しながら登って行く。 塔のような構造をしており6階まである。 上の階に進むごとに壁紙が夜になっていく。 3階はあるミックスコピー能力を使うとクリスタルが見つかる。 5階は和風な部屋となっている。 6階はエヌゼットが上から降りてくる。 レベル7・ 全てのクリスタルの欠片を集め、を倒す事で行ける星。 ボスはすべての黒幕たる 7-1となっているがこの星を選ぶとステージ選択画面がなくスタートする。 7-1 ラストステージとして登場。 出現するザコ敵はエヌゼットのみである。 仲間が全員登場し、ワドルディが次のマップに繋がる穴を開けて、 進むとアドレーヌがアイテムを出し、奥まで行くとデデデ大王の協力でがいるマップに行くことになる。 関連イラスト.

次の

みんなで!カービィハンターズZ

カービィ64 bgm

星のカービィという作品をご存知でしょうか。 まさかご存知無いわけはありませんよね? 1992年に第一作目が発売され、その後も続々と人気作品を世に送り出してきた 『星のカービィ』シリーズ。 その人気は衰えることを知らず、今なお多くにファン達から愛されています。 また最近では3DSによる新作 『 星のカービィ トリプル 3 デラックス D 』の制作が進められているようです。 楽しみですね。 さてそんな今回ご紹介しますのはこれまた人気作品であります 星のカービィ64 星のカービィ64では他のカービィシリーズとは違ったとあるシステムがあります。 その名も コピー能力ミックス これは読んで字の如くコピー能力をミックスさせることが出来るという画期的なシステムで あります。 ただしその分元となるコピー能力は限られており、アイス・カッター・ストーン・スパーク・ ニードル・バーニング・ボムの7つだけしかありません。 しかし、それぞれのコピー能力を掛け合わせることによって合計 28種類のコピー能力が新たに 作られるのです。 無敵だが飛べないし遅い。 移動技としても優秀。 出すと動けなくなる。 ただし効果時間は短い。 範囲は長い。 一定時間で爆発する。 左右への攻撃範囲は狭い。 食べ物を拾って回復も出来る便利能力。 範囲がとても広い。 剣を投げる事も可能。 ただし遅い。 玄人向け。 放すとドリルが飛んでいく。 方向キーで攻撃方向の変更が可能。 カッコいい。 このまま敵に突進するとダメージ。 攻撃武器として扱うのは中々難しい。 出だしが速く飛距離が無限なので使い勝手が良い。 移動技としても使える。 ボタンを速く放せばその分速く飛ぶ。 リックは壁登りが出来、ピッチは空を飛べ、ナゴは3段ジャンプができる。 クーはピッチの下位互換で、チュチュはちょっとだけ高く飛べる。 そしてカインは左右に振りかえる事ができる。 以上がコピー能力ミックス28種です。 さあ、あなたのおススメはどれですか?.

次の