テーブル ヤシ 水 やり。 テーブルヤシの育て方について上手に育てる方法を紹介します│プラントリアンヌ

テーブルヤシを室内で小さく育てるなら、ハイドロカルチャーがおすすめ!

テーブル ヤシ 水 やり

俺さ、 観葉植物を ジェルポリマーで育てた事があるんだけど。 ただ、 後に 植え替えた観葉植物が枯れちゃったんだよね…。 100円ショップに行くと、 ジェルポリマーが売られています。 見た目にも非常に美しい、 キラキラとしたボール上の ジェルポリマー。 これを、 観葉植物の土代わりにして利用する事が出来ると言うのですから、驚きです。 観葉植物を ジェルポリマーに植え替えると、 見た目にも 涼しげな彩りへと変化します。 あー、 自分もやってみたいなぁ。 どうやれば、 観葉植物を ジェルポリマーに植え替える事が出来るのだろう? 私自身、そう言う 疑問と 興味からスタートしました。 ただ、インターネットで調べていると、 観葉植物を ジェルポリマーへと植え替える事で枯らしてしまうと言う方もいるようです。 そう言う 悲しい結果にならないよう、 しっかりとポイントを押さえた上で 観葉植物の植え替えは行いたいものです。 と言う事で、私自身が学んだ事を元にして、 鉢植えのテーブルヤシを ジェルポリマーへと植え替えてみました。 この情報をあなたにも共有しますので、 興味のある方は参考にしてみて下さい。 100円ショップに行くと、 ジェルポリマーが売られている。 ジェルポリマーを 観葉植物の土代わりにして利用する事が出来る。 観葉植物を ジェルポリマーへと植え替える事で枯らしてしまうと言う方もいる。 ジェルポリマーはハイドロカルチャーの一種 冒頭でご紹介したように、 観葉植物は ジェルポリマーへ植え替える事が出来ます。 そんな 観葉植物を ジェルポリマーへ植え替えて育てる方法ですが、 ハイドロカルチャーの一種として知られています。 ただ、 観葉植物は 水を与え過ぎる事で 根腐れを起こしてしまうケースが多いほど、 水の管理が難しい植物です。 それに対して、 ハイドロカルチャーは与えた水を全て使い切る育て方をしますので、そこが 難しいポイントだったりします。 また、 ハイドロカルチャーを行う上で注意が必要なのは、 根腐れだけではありません。 鉢の中に 水アカが発生したり、 カビが生えて来たり、 水が腐る事で 異臭がしたりと言ったトラブルもあります。 それでも、 わざわざ ハイドロカルチャーを利用する方が多いのには、いくつか理由があります。 土を家の中に持ち込まないので、 台所など 衛生面が気になる場所でも安心出来る。 無菌の材質を土の代わりに利用するので、 虫などが湧きにくい。 ジェルポリマーや カラーゼオライトなどの色鮮やかな材質を土の代わりに利用出来るので、 おしゃれ感が増す。 水抜き穴のある容器は利用しないので、 身の回りの様々な容器を利用する事が出来る。 透明の容器を利用する事で、 与える水の量や 残っている水の量が確認出来る。 水抜き穴がないので、 水やりの回数を減らす事が出来る。 この メリットと デメリットを考慮しつつ、 ハイドロカルチャーに興味のある方は ジェルポリマーへの植え替えにチャレンジしてみましょう。 観葉植物を ジェルポリマーへ植え替えて育てる方法は、 ハイドロカルチャーの一種として知られている。 観葉植物は 水を与え過ぎる事で 根腐れを起こしてしまうケースが多いほど、 水の管理が難しい植物。 ハイドロカルチャーは与えた水を全て使い切る育て方をするので、そこが 難しいポイント。 ハイドロカルチャーを行う際には、 鉢の中に 水アカが発生したり、 カビが生えて来たり、 水が腐る事で 異臭がしたりと言ったトラブルもある。 ハイドロカルチャーを利用する事で、虫の発生を抑えるなどと言った 衛生面でのメリットがある。 ハイドロカルチャーは ジェルポリマーや カラーゼオライトなどの色鮮やかな材質を土の代わりに利用出来るので、 おしゃれ感が増す。 ハイドロカルチャーは水抜き穴のない容器を利用するので、 水やりの回数を減らす事が出来る。 ジェルポリマーは沢山の水を含んでいますので、 観葉植物に必要な水を蓄える役割を持っています。 そんな ジェルポリマーを土として代用する事で、 観葉植物の 根押さえになります。 また、 ジェルポリマーと ジェルポリマーの間は空洞になっていますので、 根っこに対する通気性も良いです。 ちなみに、 100円ショップで売っている ジェルポリマーの場合、 水だけではなく 栄養素も含まれています。 ですから、約6ヵ月間は 液体肥料を加えなくても、 そのまま 土の役割を担ってくれます。 ちなみに、 ジェルポリマー内の水分が蒸発すると、 徐々に ジェルポリマーは小さくなります。 そうしたら、 水を注ぐ事で ジェルポリマーが再び膨らむようになります。 そう、 ジェルポリマーは繰り返し使えるのです。 ただし、 ジェルポリマーに含まれている栄養素は徐々になくなって行きますので、 約6ヵ月後には 液体肥料を加える必要が出て来ます。 土の代わりに利用出来る ジェルポリマーは、 見た目がカラフルで美しい ゲル状培養土の事を指す。 ジェルポリマーは沢山の水を含んでいて、 観葉植物に必要な水を蓄える役割を持っている。 ジェルポリマーを土として代用する事で、 観葉植物の 根押さえになる。 ジェルポリマーと ジェルポリマーの間は空洞になっているので、 根っこに対する通気性も良くなる。 ジェルポリマーは繰り返し使えるものの、 中の栄養素はなくなるので 液体肥料が必要となる。 植木鉢の代わりとなる容器 観葉植物と ジェルポリマーを入れる容器は、 植え込みたい観葉植物のサイズに合わせて選ぶ事がポイントです。 また、 風で観葉植物が倒されないように、 ある程度重量や安定感のある容器を選ぶ事もポイントの1つと言えるでしょう。 そして、せっかく 色合いの綺麗な ジェルポリマーを利用する訳ですから、 容器は 透明のものを選びたいものです。 もし 色付きの容器を選んでしまうと、観葉植物へ水をやる際に 水の量の調節が出来なくなってしまいます。 また、 ジェルポリマーを使って観葉植物を育てる際には、 底に溜まる水を捨てません。 ですから、 底に穴の開いている容器は使いません。 観葉植物と ジェルポリマーを入れる容器は、 植え込みたい観葉植物のサイズに合わせて選ぶ事がポイント。 風で観葉植物が倒されないように、 ある程度重量や安定感のある容器を選ぶ。 容器は 透明のものを選ばないと、観葉植物へ水をやる際に 水の量の調節が出来なくなってしまう。 ハイドロカルチャーは 器の底に溜まる水を捨てないので、 底に穴の開いている容器は使わない。 容器の底に溜まる水を浄化するカラーゼオライト ジェルポリマーの使い方の説明書には書かれていませんが、 カラーゼオライトもあると良いです。 この カラーゼオライトは、 根腐れ防止剤として利用します。 ゼオライトは多孔質の物質ですから、 水質を浄化する作用を持っています。 ですから、 水道水に含まれる有害な物質を吸着し、 雑菌の繁殖を抑える事が出来るのです。 もっと身近な 多孔質の物質で言えば、 炭をイメージして頂けたら良いかと思います。 実際、 私達が使うような浄水器の中にも、 ゼオライトが使われています。 また、 ジェルポリマーで観葉植物を育てる際には、 土にいるような微生物が中に生息しない状態になります。 ですから、 観葉植物の根から排出された老廃物は分解されず、そのまま蓄積されてしまいます。 この 老廃物が分解されずにそのまま蓄積されてしまうと、 観葉植物は 根腐れを起こしてしまいます。 ですが、 ゼオライトも一緒に入れておけば、 観葉植物の根から排出された老廃物を吸着してくれるのです。 そう言う理由からも、 観葉植物を ジェルポリマーで育てる際には、 ゼオライトを一緒に入れておく方が安心なのです。 ちなみに、 ゼオライトの効果は半年から1年ほどで弱まってしまいますので、 定期的に 植え替えを行いましょう。 引き続き、 テーブルヤシを ジェルポリマーへと植え替える手順について、順を追ってご紹介します。 まず始めに行いたいのが、 テーブルヤシの根っこに付いている土を水で綺麗に洗い流す作業です。 この時、 テーブルヤシには大きな負担を与える事となりますので、 根っこを傷付けないように丁寧に水洗いしましょう。 そうしたら、まずは ゼオライトを容器の底に敷き詰めます。 続いて、 ジェルポリマーを容器の底に敷き詰め、 テーブルヤシを入れます。 自分はこの時に ジェルポリマーを入れ過ぎてしまいましたが、実際には もっと ジェルポリマーの量を少なくして大丈夫です。 そうしたら、 テーブルヤシの根っこと容器の隙間を埋めるように、 残りのジェルポリマーを入れます。 テーブルヤシがしっかりと固定されたら、完成です。 テーブルヤシを ジェルポリマーへと植え替える際には、まず 根っこを傷付けないように 土を洗い落とす。 器の底に ゼオライトを敷き詰めて ジェルポリマーを入れたら、 テーブルヤシを入れて隙間を ジェルポリマーで埋め尽くす。 ジェルポリマーへ植え替え後のテーブルヤシ 植え替え後の テーブルヤシは、 根っこがまだ 土に適応した根っこのままです。 また、 根っこの土を洗い流した際のダメージも残っていますので、 テーブルヤシが一度弱る場合もあります。 ですから、 ジェルポリマーに植え替え終わったからと安心するのではなく、 テーブルヤシの根っこが ジェルポリマーに適応するまでは油断出来ません。 また、 テーブルヤシの状態が安定するまでは、 強い直射日光に当てるなどと言った刺激は与えないようにしたいものです。 ちなみに、 私が ジェルポリマーに植え替えた テーブルヤシの様子はどうなったのかと言うと、 植え替えから3日後の様子がこんな感じです。 現在は更に日数が経過し、 植え替えからちょうど1週間が経ちます。 ジェルポリマーへ植え替えた テーブルヤシの状態はどうなのかと言うと、 新しい葉っぱが出て来て順調に育っています。 と言う事で、 ご紹介した手順に沿う事で、 テーブルヤシの ジェルポリマーへの植え替えは成功します。 あなたもぜひ、 挑戦してみて下さい。 植え替え後の テーブルヤシは 根っこがまだ 土に適応した根っこのままなので、一度 弱る事もある。 テーブルヤシの状態が安定するまでは、 強い直射日光に当てるなどと言った刺激は与えないようにする。 ジェルポリマーへ植え替えたテーブルヤシの水やりや管理の方法 ジェルポリマーへの植え替えを行った テーブルヤシは、 水のやり過ぎに注意しなければなりません。 例えば、 容器内の水かさを高くすると、 水が腐って臭ったり、観葉植物が根腐れを起こす原因になってしまいます。 ですから、土で育てる場合と同様に、 テーブルヤシへの 水の与え過ぎには気を付けるようにしましょう。 ちなみに、 容器内に溜める水かさは、 5分の1程度に押さえます。 そして、 容器の底に溜まっていた水がなくなってから2~3日後、再び 容器の5分の1程度の水を注ぎます。 この 2~3日間を空ける理由ですが、 根を空気に触れさせて 呼吸させる為です。 もしも、 根が呼吸をする間を作らずに水を注ぎ足してしまうと、 テーブルヤシは 根腐れを起こしやすくなってしまいます。 また、 2週間経過しても 同じ水がなくならない場合には、 水が腐ってしまう前に 捨ててしまいましょう。 そして、 2~3日後に 水を足します。 ジェルポリマーを使って観葉植物を育てる場合、 根腐れや カビなどのトラブルを避ける必要があります。 だからこそ、 出来るだけ 同じ水が容器内に残らないよう、工夫しなければなりません。 また、 ジェルポリマーは、 水分が抜けると 小さくなってしまいます。 ですから、 ある程度重量のある観葉植物だと、出来た隙間で倒れてしまう事もあります。 ですので、 ジェルポリマーが小さくなったら、 水を与えて膨らませます。 それでも 観葉植物を固定しきれない時には、 新たなジェルポリマーを追加して観葉植物を固定し直すのも良いでしょう。 また、 100円ショップのジェルポリマーの場合、 約6ヵ月後に 栄養素がなくなってしまいます。 そうしたら、 液体肥料を 水と一緒に加えるようにしましょう。 ちなみに、 根腐れ防止剤である ゼオライトは、 半年から1年ほどで 効果が弱くなってしまいます。 ですから、 半年から1年ほど経過したら、 新しいゼオライトと入れ替えるようにしましょう。 ジェルポリマーへの植え替えを行った テーブルヤシの 容器内の水かさを高くすると、 水が腐って臭ったり、観葉植物が根腐れを起こす原因になってしまう。 ジェルポリマーを入れた容器内に溜める水かさは、 5分の1程度に押さえる。 ジェルポリマーを入れた容器の底に溜まっていた水がなくなってから2~3日後、再び 容器の5分の1程度の水を注ぐ。 2週間経過しても 同じ水がなくならない場合には、 水が腐ってしまう前に 捨ててしまうようにする。 ジェルポリマーは 水分が抜けると 小さくなるので、 水を与えて膨らましたり、 新たなジェルポリマーを追加したりする。 約6ヵ月後には ジェルポリマー内の栄養素がなくなるので、 液体肥料と 水を一緒に加える。 根腐れ防止剤である ゼオライトは、 半年から1年ほどで 新しいゼオライトと入れ替える。 ハイドロカルチャー用の種木を使うと便利 ご紹介した 観葉植物を ジェルポリマーへと植え替える作業ですが、一番難しいのが 根っこに付いた土を洗い落とす作業です。 この時に 観葉植物の根っこを傷めてしまうと、 取り返しの付かない事になる場合もあります。 そこでお勧めしたいのが、 ハイドロカルチャー用の種木を植える方法になります。 元々 ハイドロカルチャー用として育てられた種木であれば、 根っこには 土が付着していません。 そして、 土を洗う作業がなくなる分、 根を傷めて枯らしてしまうと言うリスクは避ける事が出来ます。 ちなみに、今では 通販から ハイドロカルチャー用の種木を購入する事が出来ます。 非常に便利な世の中になっていますので、ぜひ 活用してみて下さい。 君得ネット 「 インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」 そう言う、 インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。 その理由ですが、 インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。 それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。 また、 それら インターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。 ですので、 その 最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。 そこで頼りたくなるのが、 インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。 ただ、 インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。 しかも、その情報が正しければ良いものの、 誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。 その中には、 超有名な大手比較サイトでありながら、 1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。 この 大手比較サイトの嘘情報については、 私自身も一度騙されました。 だからこそ思うのですが、 私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。 そして、こう言った 悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。 じゃあ、 今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか? そこで立ち上げたのが、この 君得ネットです。 このサイトを通して 正しい情報発信を続けて行く事で、 後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。 そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、 良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。 」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。 自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。 一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、 企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。 ですので、 より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。 利害関係があるから 良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、 私自身気持ち的にも楽だったりします。 ですので、 家電量販店で インターネットの販売員をするような事はせず、こうして インターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。 自分が実際に使って、 これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。 そう言う形で 世の中に貢献出来たらと思います。 私が インターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、 ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。 そして、 2014年の8月1日からは、 モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。 それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、 あえて様々なサービスを 実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。 勿論、その中には失敗もあったりしつつ、 何度も 痛い経験をしています。 だからこそ、 インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、 実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。 そこが、 インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。 私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。 メニュー•

次の

テーブルヤシの育て方について上手に育てる方法を紹介します│プラントリアンヌ

テーブル ヤシ 水 やり

テーブルヤシは日差しがある程度当たる場所であれば、どこに飾っても育ちます。 南国に生えているイメージがあるので直射日光を好みそうですが、真夏の強い日差しに当たると葉っぱが枯れてしまいます。 リビングやダイニングテーブルの上、玄関、ベランダと、目に留まるような場所に飾るのがおすすめですよ。 ただし、葉っぱの色が悪くなったり害虫がついたりしたときは、明かりが不足しているサインです。 少し明るい場所に移動してあげましょう。 テーブルヤシの育て方!水やりのタイミングは? テーブルヤシは湿度の高い環境を好みます。 よく生長する4〜10月は、土の表面が白っぽく乾いてきたらたっぷりと水を与えましょう。 同時にテーブルヤシ全体へ霧吹きで水を吹きかけると、葉っぱの色ツヤがよくなります。 成長が穏やかになる11〜3月は乾かし気味にしましょう。 土の表面が乾いて2〜3日たってから水やりをするくらいでかまいません。 テーブルヤシが枯れる原因は「害虫による被害」と「気温が低い」のいずれかです。 それぞれの原因に対して、予防策と対処策を知っておけば元気なテーブルヤシを長く楽しめますよ。 害虫による被害 空気が乾燥していると、白く小さな「ハダニ」や硬い殻をかぶった「カイガラムシ」などの害虫が葉っぱや茎につきます。 いずれも栄養を吸い取ってテーブルヤシを枯れさせるので、見つけたら早めに駆除することが大切です。 ハダニは薬剤を吹きかけて駆除できます。 カイガラムシは殻が邪魔をして薬剤が効きづらいので、ブラシなどで直接こすって落とします。 気温が低い テーブルヤシの耐えられる寒さは5度までです。 これよりも気温が下がると、葉っぱが傷んで枯れます。 窓の近くは冷気が伝わりやすいので、肌寒くなってきたら窓から少し離れた場所に鉢を移動しましょう。 屋外で育てている人は、10月にはお部屋の中に取りこむと安心ですよ。 テーブルヤシは葉っぱや茎が伸びるのに合わせて、根も長くなります。 根が広がりすぎると鉢の中のスペースがなくなり、根がつまった状態(根づまり)となります。 そのまま放っておくと枯れるので、2〜3年に1回、4〜6月に大きな鉢へと植え替えて、根を伸ばしやすい環境を作ります。 新たにそろえるグッズ• いまよりも一回り大きな鉢• ピンセット• 観葉植物用の培養土• 鉢底ネット• 鉢底石• 割りばし• ゴム手袋か軍手• 小型のシャベル・スコップ• ビニールシートか新聞紙 テーブルヤシを植え替えよう!方法は?• 水やりを控えて土を乾燥させる。 作業する場所にビニールシートを敷く。 新しい鉢の底穴に鉢底ネット、鉢底石を順に敷く。 鉢からテーブルヤシを引き抜き、根についた土を手でやさしく揉んで落とす。 黒ずんでいる腐った根を剪定バサミで切る。 鉢の中心にテーブルヤシを置き、縁から下2〜3cmのところまで土を入れる。 土の表面を割りばしでつつき、根の隙間まで土をなじませる。 鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをする。 ヤシ科の植物は一度切ってしまった茎から新しい葉っぱが生えません。 切り落とすと、そのまま茎は枯れてしまいます。 そのため、茎や葉っぱを切りそろえる「剪定(せんてい)」は必要ありません。 サイズを調節したいときは、植え替えのときに根ごと茎をいくつかに分割し、ボリュームを減らしましょう。 この作業を「株分け(かぶわけ)」といいます。 準備するグッズ• 新しい鉢(分ける数ぶん)• 観葉植物用培養土• ナイフ• 鉢底石• 鉢底ネット• 割りばし• ビニールシート 株分けの手順• 植え替えの1. の手順を行う。 テーブルヤシを真ん中から根ごとナイフで切り分ける。 古い土を手で揉んで落とし、黒く傷んだ根を剪定バサミでカットする。 新しい鉢の底穴に鉢底ネット、鉢底石を順に敷く。 切り分けたテーブルヤシをそれぞれの鉢の中心に置く。 鉢の縁から下2〜3cmのところまで土を入れる。 たっぷりと水を与える テーブルヤシでリゾート気分を演出.

次の

緑と暮らそう!涼感を呼ぶ観葉植物・テーブルヤシ

テーブル ヤシ 水 やり

100円ショップなどでも見かけることが多くなったテーブルヤシ。 丈夫で育てやすく、ガーデニング初心者から上級者まで、幅広く人気の観葉植物です。 あまり手がかからない植物ですが、葉の色が変色してしまったり、枯れたりと様々なお悩みをよく耳にします。 この記事では、テーブルヤシを育てたことがある方も、はじめて育てる方も、きれいな葉を維持できるように、ポイントをわかりやすくまとめてみました。 まずは テーブルヤシの育て方からお伝えします! テーブルヤシの育て方!環境はどうする? テーブルヤシは直射日光を避けた、明るい日陰の環境で育てましょう。 強い日差しは葉焼けの原因になります。 屋外では遮光ネットを利用したり、木陰での管理がおすすめです。 室内ではレースカーテン越しの日差しくらいが適しています。 完全な日陰になると葉の色が悪くなり株も弱ってしまうので、明るい場所で育ててください。 テーブルヤシを育てる用土は、あまりむずかしく考える必要はありません。 条件はたった1つだけです! 次は、 テーブルヤシに適した用土についてお伝えします! テーブルヤシを育てる際の適した用土は何? テーブルヤシは、水はけのよい土を好みます。 市販の培養土は 「観葉植物用の土」を使いましょう。 配合する場合は 「赤玉土7:腐葉土2:パーライト1」がおすすめです。 葉色を美しく保つためには肥料が必要です。 ただし「ある時期」には肥料を止める必要があります。 次は、 テーブルヤシに必要な肥料についてお伝えします! テーブルヤシの育て方!肥料はどうする? 5月と10月に1回ずつ、緩効性固形肥料を置き肥します。 葉の色がきれいになる、観葉植物用の肥料を使うのがおすすめです。 冬は肥料を与えずに管理しましょう。 休眠期の肥料は根を傷める原因になるので注意してくださいね。 テーブルヤシは「乾燥」がとても苦手です。 乾燥で枯れてしまうことが多いので、水やりのポイントをしっかりとチェックしておきましょう! では次は、 テーブルヤシの水やりポイントについてお伝えします! テーブルヤシを育てる際の水の量はどうする? 春~秋は表土が乾きはじめたら、たっぷり水やりを行います。 ほどよい湿度のある環境を好むので、水やりとあわせて葉水も行い、新芽や葉が乾燥しないように管理してください。 冬は水の吸い込みが鈍くなるので、やや乾燥気味に管理しましょう。 以上で基本的なテーブルヤシの育て方については終わりです。 次は テーブルヤシの画像をご紹介します! テーブルヤシの画像 写真 ! テーブルヤシはヤシ科チャメドレア属 カマエドレア属 の観葉植物です。 小型のヤシ科植物で樹高は1~2mほど、3m以上になる大型種もあります。 葉は空気中の有害物質を吸着させる効果があり、室内の空気をきれいにしてくれるんですよ。 主に葉を鑑賞しますが、雄株と雌株があれば花を咲かせることもあります。 そんなテーブルヤシの花は、どの季節に見ることができるのでしょうか? 次は、 テーブルヤシの開花時期についてお伝えします! テーブルヤシの開花時期はいつ頃なの? テーブルヤシの花は春に咲きます。 長く伸びた花茎に、黄色い小さな花を穂状につけるのが特徴です。 テーブルヤシには雄株と雌株があります。 それぞれを近くに置いておかないと受粉しないため、一株では花は咲きません。 テーブルヤシは園芸店や100円ショップなどでも購入することができます。 簡易的なプラ鉢などに植え付けしてある場合は、一回り大きな鉢に植え付けし直してあげるのがよいでしょう。 次は、 テーブルヤシの植え付けについてお伝えします! テーブルヤシの植え付けのポイントは? テーブルヤシの植え付けは5~7月頃が適期です。 根鉢よりも一回り大きな鉢に、鉢底ネットと 鉢底石を敷いて、1/3ほど用土を入れます。 購入してきた株の土をかるく落としてから鉢に入れて、株の周りを埋めるように残りの用土を入れて植え付けしましょう。 表土が鉢縁よりも2~3㎝下になるようにしてくださいね。 植え付け後はたっぷり水を与えて、土に根をなじませます。 テーブルヤシのような観葉植物は、「水分管理」が大きなポイントになります。 鉢植えの土や葉の状態をよく観察しながら育てましょう。 次は、 テーブルヤシの鉢植えのポイントについてお伝えします! テーブルヤシの鉢植えのポイントは? テーブルヤシは乾燥に弱いので、生育期の水切れには注意しなければいけません。 冬以外は、土が乾燥し過ぎないように水やりを行いましょう。 反対に土が常に湿った状態だと「根腐れ」を起こしてしまいます。 水は表土が乾いたら鉢底から流れるくらい、たっぷりあげてください。 小型のテーブルヤシは ハイドロカルチャーで育てることもできます。 ハイドロボールは劣化しませんし、透明の容器で育てれば水やりの管理もしやすいのが特徴です。 見た目もおしゃれで、インテリアグリーンにぴったりなので、ぜひ試してみてくださいね! 次は、 テーブルヤシをハイドロカルチャーで育てるポイントについてお伝えします! テーブルヤシをハイドロカルチャーで育てるポイントは? ハイドロカルチャーとは、用土の代わりに人工土である「ハイドロボール」を使って育てる方法のことです。 根を水に浸して、土をきれいに洗い落とします。 底穴のないガラス容器などに、根腐れ防止剤を敷いてから、ハイドロボールを入れて植え付けしてください。 ハイドロカルチャーで育てるポイントは「水の量」です。 容器の1/5くらいの水を入れて、完全に水がなくなったらまた同量の水を与えてください。 株が大きくなってきたら、根づまりを予防するためにも、植え替えを行いましょう。 次は、 テーブルヤシの植え替えについてお伝えします! テーブルヤシの植え替えのポイントは? テーブルヤシの植え替えは4~6月頃が適期です。 生長スピードはあまり早くないので、2~3年に1回くらいが目安になります。 一回り大きな鉢と新しい土に植え替えしましょう。 大きすぎる鉢は水分が蒸発しにくく、根腐れしやすくなるので注意してください。 大株の場合は、植え替えの1ヵ月前から水やりを止めて、土を乾かしてから行います。 根鉢の1/3ほどを、清潔なナイフやのこぎりなどで切り落として、葉も2~3割ほど間引いいてから、新しい土に植え替えします。 植え替え後はたっぷり水をあげてください。 ほそくてしっかりとした葉のテーブルヤシは、どんな植物とも合わせることができます。 寄せ植えにする場合は、生育環境の近い植物と一緒に植えると、より管理がしやすくなりますよ。 次は、 テーブルヤシの寄せ植えについてお伝えします! テーブルヤシの寄せ植えの仕方! 観葉植物を使って「グリーンの寄せ植え」をつくってみましょう。 一緒に植えるのは 「ホヤ」「トラデスカンチア」「ザミオクルカス」「カラテア」「アスプレニウム」などがおすすめ。 やや乾燥気味にして、風通しをよくすることで、寄せ植えをきれいに保つことができます。 テーブルヤシを剪定する場合は、「切る場所」に注意が必要です。 間違った剪定で、株が枯れてしまうこともあるんです。 次は、 テーブルヤシの剪定についてお伝えします! テーブルヤシの剪定のポイントは? テーブルヤシは葉の内側から新芽が伸びてきます。 新芽を切ってしまうと生育不良になり、枯れてしまう場合があるんです。 剪定のポイントは、回数は控えめにして、古い葉茎を切ることです。 テーブルヤシの増やし方! テーブルヤシは「株分け」で増やすことができます。 大きく育った株や複数株がまとめて植えられている場合は、株分けをして風通しをよくしてあげましょう。 では株分けの時期ややり方を詳しくみてみましょう。 次は、 テーブルヤシの株分けについてお伝えします! テーブルヤシの株分けのやり方は? テーブルヤシの株分けは植え替えの時期にあわせて行います。 株分けの2週間ほど前から水やりを控えて、土を乾燥させておきましょう。 古い土をかるく落としてから、3つくらいになるように手で均等に分けます。 それぞれを新しい土に植え付けして、たっぷり水をあげてください。 テーブルヤシは病気にかかりにくい植物ですが、「害虫」によって病気が発症してしまう場合があります。 ではどのような害虫に注意が必要なのでしょうか? 次は、 テーブルヤシのかかりうる病気や害虫についてお伝えします! 外で管理していると、鉢底から「ナメクジ」や「ダンゴムシ」が入り込んで、根を食害することがあります。 鉢底ネットを敷くことで鉢内に害虫が入るのを防ぐことができますよ。 カイガラムシの排泄物は「スス病」といった「ウイルス病」の原因になります。 害虫をしっかり駆除・防虫することが病気を防ぐポイントです。 病害虫の被害がない場合で、テーブルヤシが枯れてしまったり、葉が変色してしまうのは、次のような原因が考えられます。 次は、 テーブルヤシの枯れる原因についてお伝えします! テーブルヤシの枯れる原因と対策は? 枯れる原因の多くは「水切れ」による乾燥です。 生育期 春~秋 は、土が乾燥しすぎないように水やりを行ってください。 強い直射日光に長時間当たっていると「葉焼け」を起こして、葉が変色してしまいます。 葉焼けがひどいと全体が枯れてしまうので、真夏の強い日光は遮光してあげましょう。 「寒さ」によって枯れてしまうことがあります。 「剪定のし過ぎ」で新芽を切ってしまうと、生育不良になり枯れてしまうことがあります。 必要以上の剪定は避けて、葉茎を間引きたい場合は、株分けを中心に行いましょう。 部屋に観葉植物を飾るのは、風水的によいとされています。 ではテーブルヤシにはどのような風水効果があるのでしょうか? 次は、 テーブルヤシの風水効果についてお伝えします! テーブルヤシの風水効果とは? 葉が上向きにつくテーブルヤシは 「陽の気」をもつ植物で、気持ちを明るくして家によい気を流してくれると言われています。 玄関やリビングなど、気が入る 集まる 場所において運気をアップさせましょう。 尖った葉の形は 「活力を高める」効果があり、オフィスや書斎などにもぴったりです。 そんなテーブルヤシには、より愛着が湧くような花言葉があるんですよ。 次は、 テーブルヤシの花言葉についてお伝えします! テーブルヤシの花言葉はなに? テーブルヤシの花言葉は「あなたを見守る」です。 テーブルの上でもよく育ち、いつもあなたに寄り添うように生長することから、この花言葉がつけられたと言われています。 ヤシの仲間には約100種類以上があり、その中でも小型の観葉植物として改良されたのがテーブルヤシです。 次は、 テーブルヤシの種類や品種についてお伝えします! テーブルヤシの種類や品種は何があるの? 最も流通している品種に「エレガンス」があります。 小型ヤシとして販売されていることが多いですが、生長すると2mほどまで大きくなります。 小型品種には「ヒメテーブルヤシ」があります。 大きいものでも1mまでしか生長しないので、小さな鉢植えや狭いスペースなどでも育てることができます。 3m以上に生長する大型種もあるので、ご自宅の環境に合わせて、お好みの品種を選んでみてくださいね。 それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。 オススメ記事 テーブルヤシのまとめ! いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは16個ありました。 水はけのよい土を好みます。 肥料は5月と10月に1回ずつ、緩効性固形肥料を置き肥してください。 春~秋は表土が乾きはじめたら、たっぷり水やりを行います。 冬はやや乾燥気味に管理しましょう。 長く伸びた花茎に、黄色い小さな花を穂状につけるのが特徴です。 根鉢よりも一回り大きな鉢に、鉢底ネットと底石を敷いて、適した用土で植え付けしましょう。 容器の1/5くらいの水を入れて、完全に水がなくなったらまた同量の水を与えてください。 生長スピードはあまり早くないので、2~3年に1回くらいが目安になります。 一回り大きな鉢と新しい土に植え替えしましょう。 やや乾燥気味にして、風通しをよくすることで、寄せ植えをきれいに保つことができます。 剪定のポイントは、回数は控えめにして、古い葉茎を切ることです。 古い土をかるく落としてから、3つくらいになるように手で均等に分けます。 ハダニは葉水で防虫しましょう。 カイガラムシは風通しをよくすることで防虫できます。 「ナメクジ」「ダンゴムシ」は鉢底ネットを敷くことで鉢内への侵入を防ぐことができますよ。 カイガラムシの排泄物は「スス病」といった「ウイルス病」の原因になります。 害虫をしっかり駆除・防虫することが病気を防ぐポイントです。 適した環境と管理で、葉の変色や枯れるのを防ぎましょう。 それでは今回はこれで失礼します。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の