池袋 メンタルクリニック。 あきメンタルクリニック 診療内容|豊島区 池袋駅前|心療内科 精神科 発達障害

池袋西口メンタルクリニック(東京都東京都豊島区西池袋3丁目22

池袋 メンタルクリニック

池袋こころのクリニック 心療内科・精神科 | 診療のご案内 池袋こころのクリニック【池袋駅東口より徒歩2分 豊島区南池袋の心療内科・精神科】 心療内科・精神科 漢方 禁煙外来 プラセンタ療法 アメリカの精神分析家カレン・ホーナイは「結局、すべてのノイローゼには生命力に対する抑圧があるのです」と言っています。 「どんぐりが樫の木になるように」ひとにも自然から与えられた、生き生きとした「本来の自分」があります。 例えば、何かに熱中しているとき私たちは、何も余分なことを考えず、静かで、自由で、生き生きとした自分に気づく瞬間があります。 あるいは深い孤独の日々を過ごすとき、私たちは悲しみと絶望のなかでもがいた末のある日、自然の力によって「生かされている自分」に気づき、深く安堵(あんど)するかも知れません。 しかし日常の生活のなかで私たちは自分のなかのそうした生き生きした部分に触れることなく、言い換えれば本来の自分から遠く離れた、こころの浅いところで暮らしがちです。 そして人生に不可避のさまざまな不安を、自分が幼い時から慣れ親しんだ様々な方法で解消し、そこから逃れようとします。 そのような方策からは却っていろいろな弊害(へいがい)が生じることがあります。 強い不安あるいはうつなどの症状はその一部であるといえるでしょう。 私たちは自分のなかにある、ものごとを深く感じる力を大切に育てたいと願います。 そのための共同作業が精神療法(カウンセリング)です。 生命の声に耳を澄まし、自分らしく生きるとき、私たちは自分のもっている生き生きした部分に支えられ、様々な症状も徐々に軽くなっていくでしょう。 近年、薬物療法は大きな進歩を遂げています。 副作用の少ない、効き目の優れた向精神薬が数多く開発され、多くの人々がその恩恵を受けています。 向精神薬の作用の仕組みや神経新生作用の仕組みも徐々に明らかにされてきています。 しかし当然のことですが、薬物療法も決して万能ではなく、それだけでは場合により一定の限界もあります。 私たちのクリニックでは薬物療法に偏ることなく、精神療法と薬物療法のどちらも大切にして、バランスの取れた治療をこころがけています。 まず、お電話でご予約ください。 ご来院時には健康保険証をお持ちください。 時間の余裕をもってご来院ください。 診察時に次回の予約をしていただきます。 変更を希望される場合はお電話でお願いいたします。 初診・再診の予約変更やキャンセルをされる場合は、お電話でお知らせ下さい。 予約をそのままにしておきますと、その日に受診を希望される方の予約をお受けできなくなります。 ご理解とご協力をお願いいたします。

次の

[風メンタルクリニック池袋(豊島区・精神科 心療内科 )]のご案内

池袋 メンタルクリニック

鬱病でいろいろ心療内科に行きましたが、先生と合わず心が摩耗されるだけだったのでどうしようもなかったときに、最後一軒だけ行って見ようと思ってネット検索でみつけた病院です。 あまり期待せず行きました。 鬱病でいろいろ心療内科に行きましたが、先生と合わず心が摩耗されるだけだったのでどうしようもなかったときに、最後一軒だけ行って見ようと思ってネット検索でみつけた病院です。 あまり期待せず行きました。 担当医師は男性で年配の方ですが、優しい物腰で話しやすく私を救ってくれたと言っても過言ではありません。 2年ほど通い、日常生活がおくれるようになりました。 知人で産後鬱のひとにも紹介しました。 医師は何人かいるので先生によるかもしれませんが、他の先生もお話しましたがみなさん感じよくはずれがないかなと思いました 初めての心療内科の受診で緊張していましたが、受付の方もすぐに声をかけてくれ、問診を書いてるときも話しかけるときはかがんで目線を合わせてくれ、穏やかな雰囲気でした。 診察室は大きな窓があり、太陽の光が入っ... 初めての心療内科の受診で緊張していましたが、受付の方もすぐに声をかけてくれ、問診を書いてるときも話しかけるときはかがんで目線を合わせてくれ、穏やかな雰囲気でした。 診察室は大きな窓があり、太陽の光が入って明るく、先生もゆっくりと話を聞いてくれ症状に合わせたお薬についても詳しく説明してくれました。 男性と女性の医師が曜日により違うので、予約する際に先生の希望があれば伝えた方がいいです。 また、心理士によるカウンセリングも予約出来ます。 長年続く体の痛みに加え、夫の両親との同居の話や、娘の就職活動のあわただしさも加わって、うつ状態になってしまい、逃げ込むように職場近くのクリニックに受診しました。 当時、仕事も休みがちになり、同僚... 長年続く体の痛みに加え、夫の両親との同居の話や、娘の就職活動のあわただしさも加わって、うつ状態になってしまい、逃げ込むように職場近くのクリニックに受診しました。 当時、仕事も休みがちになり、同僚からも心配され、「せっかくの正社員雇用の話があってチャンスなのに…どうしてここで…」と家族にも話せず憂鬱な気分で毎日過ごしていました。 ここは利便がよく院内もきれいで、診察していただいた先生は親身になって長い時間、私の話を聞いてくださり、一度行っただけなのに気持ちが晴れ晴れしました。 軽いうつ状態だということで、2週間分のお薬をもらいました。 幸い、出された薬を飲んで1週間少しで気持ちの方は持ち直し、仕事にもきちんと専念できるようになりました。 本当に感謝しております。

次の

池袋西口メンタルクリニック(東京都東京都豊島区西池袋3丁目22

池袋 メンタルクリニック

池袋こころのクリニック 心療内科・精神科 | 診療のご案内 池袋こころのクリニック【池袋駅東口より徒歩2分 豊島区南池袋の心療内科・精神科】 心療内科・精神科 漢方 禁煙外来 プラセンタ療法 アメリカの精神分析家カレン・ホーナイは「結局、すべてのノイローゼには生命力に対する抑圧があるのです」と言っています。 「どんぐりが樫の木になるように」ひとにも自然から与えられた、生き生きとした「本来の自分」があります。 例えば、何かに熱中しているとき私たちは、何も余分なことを考えず、静かで、自由で、生き生きとした自分に気づく瞬間があります。 あるいは深い孤独の日々を過ごすとき、私たちは悲しみと絶望のなかでもがいた末のある日、自然の力によって「生かされている自分」に気づき、深く安堵(あんど)するかも知れません。 しかし日常の生活のなかで私たちは自分のなかのそうした生き生きした部分に触れることなく、言い換えれば本来の自分から遠く離れた、こころの浅いところで暮らしがちです。 そして人生に不可避のさまざまな不安を、自分が幼い時から慣れ親しんだ様々な方法で解消し、そこから逃れようとします。 そのような方策からは却っていろいろな弊害(へいがい)が生じることがあります。 強い不安あるいはうつなどの症状はその一部であるといえるでしょう。 私たちは自分のなかにある、ものごとを深く感じる力を大切に育てたいと願います。 そのための共同作業が精神療法(カウンセリング)です。 生命の声に耳を澄まし、自分らしく生きるとき、私たちは自分のもっている生き生きした部分に支えられ、様々な症状も徐々に軽くなっていくでしょう。 近年、薬物療法は大きな進歩を遂げています。 副作用の少ない、効き目の優れた向精神薬が数多く開発され、多くの人々がその恩恵を受けています。 向精神薬の作用の仕組みや神経新生作用の仕組みも徐々に明らかにされてきています。 しかし当然のことですが、薬物療法も決して万能ではなく、それだけでは場合により一定の限界もあります。 私たちのクリニックでは薬物療法に偏ることなく、精神療法と薬物療法のどちらも大切にして、バランスの取れた治療をこころがけています。 まず、お電話でご予約ください。 ご来院時には健康保険証をお持ちください。 時間の余裕をもってご来院ください。 診察時に次回の予約をしていただきます。 変更を希望される場合はお電話でお願いいたします。 初診・再診の予約変更やキャンセルをされる場合は、お電話でお知らせ下さい。 予約をそのままにしておきますと、その日に受診を希望される方の予約をお受けできなくなります。 ご理解とご協力をお願いいたします。

次の