スプラ トゥーン 2 チャージャー コツ。 スプラチャージャーベッチューの立ち回りとおすすめギア! ウデマエを上げる3つのコツ!

ガチマッチで勝てない方向けスプラトゥーン2上達のコツ・攻略法をご紹介

スプラ トゥーン 2 チャージャー コツ

チャージャー スプラトゥーン2でのスナイパー的ポジションである武器「チャージャー」 インクをチャージし遠くの敵をブチ抜いていこう!! チャージー一覧 スプラトゥーン2でのチャージャーブキには以下の様な種類があります。 一番扱いやすいのはスプラチャージャーコラボです。 初心者の方はスプラチャージャーコラボを使いましょう。 特徴 インクをチャージして1発で敵を倒すことができるブキです。 スナイパー的なブキなので射程が長いブキが多いです。 スコープがついている物とついていない物があります。 遠距離から敵を狙撃し、敵の動きを制限しながら戦いましょう! スコープなし スコープなしチャージャーの特徴として「チャージキープ」が使える点が上げられます。 チャージキープとはインクをチャージした状態のままイカ移動することができる動きのことです。 前作では射程が原因で誰もスコープなしを使っていませんでした。 地味な差ですが、こちらもデメリットになります。 スコープあり スコープありチャージャーの特徴として、「エイムの際にスコープを覗き込む」、「スコープなしチャージャーより射程が長い」という点が上げられます。 試し打ち場のライン0. 5本分程度ですがこの差が大きいです。 スコープなしチャージャーを一方的に倒すことができます。 チャージャーはエイムが必要なのでこの点はとても大きいです。 フルチャージした状態だと索敵することは殆どできません。 敵の出てくるタイミングと位置を把握できないと敵を倒すことが難しくなります。 その為安全な位置でフルチャージする必要があり、敵に接近することが難しくなります。 スコープなし、スコープありどっち? 現段階ではどちらが強いのか賛否両論あります。 ステージの構造上スコープなしのチャージキープや視界の良さは強みになります。 しかしスコープありの射程とエイム精度の強さもあります。 私はスコープありを使っていますが、前作で使っていたからという理由がほとんどです。 現在チャージャーでカンストしている人にはスコープありなし共にいるので、どちらが強いかはまだ分かりません。 〜追記〜 現在スコープなしの方が強いという人が多いです。 私もスコープなしを使うようになりました。 チャージキープと視界の良さが今作のステージにマッチしていることや、スコープの射程の長さを生かせるステージが少ないという点からスコープなしが人気です。 チャージャーの基本技術 チャージャーを使う際に覚えておく必要がある基本技術をまとめました。 チャージャー初心者の方は覚えておきましょう。 射線隠し チャージャーを使う際には必ず覚えておかなければならない技術です。 その他のゲームのスナイパーとは違いスプラトゥーン2でのチャージャーは射線が敵に見えてしまいます。 その為射線を隠す必要があります。 壁や地面に射線を当てておき敵を見つけたらそこにエイムを合わせましょう。 その他にもドラッグショット(下記)で一瞬で敵にエイムを合わせることでも射線に気付かれず敵を倒すことができます。 この様に射線を隠す方法を考えながらプレイしましょう。 ずっと敵目掛けて射線を出していては直ぐに逃げられてしまいます。 ドラッグショット エイムを素早く相手に合わせてインクを放つ攻撃です。 ドラッグショットは難しいので初めのうちはしっかり相手を狙って撃ちましょう。 エイムに慣れてくるとドラッグショットを使えるようになります。 ドラッグショットを習得するには「試し打ち」がおすすめです。 試し打ちについてはこちらの記事で詳しく書かせていただきました。 チャージャー使いの方は是非読んでみてください。 ………………………………………………………………………………………… ・ ………………………………………………………………………………………… ジャンプ撃ち ジャンプをしてインクを撃つ技術です。 ジャンプして攻撃することで高いところにいる敵に攻撃を当てやすくなります。 ジャンプすることで自分の位置が高くなり、少し敵が見えやすくなります。 しかし、ジャンプ中はエイムの速度が通常よりも早くなります。 慣れていないと当てるのがとても難しいです。 左壁 スプラトゥーン2のキャラクターは全て右に武器を構えています。 その為自分の体の左側に壁がある状態で右側から少しだけ武器を出して攻撃することができます。 これを利用します。 右側から少しだけ武器を出し、一発で敵を仕留める。 そうすることで相手からは攻撃を受けずに一方的に攻撃することができます。 これは特に対チャージャーの時には必須の技術です。 体を殆ど出さずに攻撃するので敵を一方的に倒しやすくなります。 チャージャー以外でも使える技術なので覚えておきましょう。 まとめ どうでしたか?今回はチャージャーの特徴と技術について書かせて頂きました。 文章だらけの長い文でとても疲れたと思います。 知らなかったことがあればできるだけ覚えてください!!絶対役に立ちます!! チャージャーを使う際に特に重要なのは「射線を隠すこと」です。 射線を隠せる場所を考えながら使いましょう。 他の技術は後回しでいいのでとりあえずこの技術を習得しましょう。 他の記事でチャージャーの心得を書かせて頂きますので、完成したら読んでいただけると嬉しいです。 追記:完成しました。 気になる方はこちらのリンクを是非。 ………………………………………………………………………………………… ・ ………………………………………………………………………………………… ご観覧ありがとうございました。 ………………………………………………………………………………………… おすすめの記事• ………………………………………………………………………………………….

次の

スプラチャージャーの立ち回りとおすすめギア! ウデマエを上げる3つのコツ!

スプラ トゥーン 2 チャージャー コツ

チャージャーの基本情報 遠距離から狙い撃つスナイパータイプ チャージャーは、遠距離から相手を狙い撃つスナイパータイプの武器です。 一定時間チャージして直撃させれば、ほぼ間違いなく一撃で相手を倒すことができます。 塗り性能は基本的に低いのでキル力が必要 チャージャーの塗り性能は基本的に低く、チームに貢献するにはキルをとっていく立ち回りが求められます。 エイム力が必要な武器なので、多少慣れが必要な武器といえます。 チャージャーの立ち回り・戦い方 壁や障害物に隠れて一瞬で仕留める(射線隠し) チャージャーの技術として重要なのは、まず【射線隠し】という技術です。 チャージャーは弾が飛んで行く方向が射線で表示されていますが、この射線は相手からもみえてしまいます。 露骨に狙っていると、相手に気が付かれて隠れられてしまうので、撃つ瞬間以外は射線を壁などに向けて隠しておきましょう。 体の左側を隠すように壁を使おう チャージャーを持って壁に隠れる場合、体の左側を隠せるような角を利用しましょう。 スプラトゥーンのキャラは、基本的に右利きになっています。 そのため、体の左側を隠しておくと、体の大部分を隠したままチャージャーの弾を撃つことができます。 瞬間エイム力を鍛えよう チャージャーの立ち回りで最も大切なのは、最終的にはエイム力になります。 チャージャーを使って手っ取り早く強くなるなら、瞬間エイム力を鍛えましょう。 マップをよくみて裏取りを警戒 チャージャーで後衛から敵を狙っている場合、裏取りに来る相手をしっかり警戒しておきましょう。 定期的にマップで相手のインク状況を確認して、敵の動きを予測しましょう。 チャージャーの立ち回りまとめ チャージャーの立ち回りには、様々な技術が必要になります。 エイム力も重要ですが、相手の予測の範囲外から狙えればエイム力が無くても当てやすい状況を作り出すことができます。 射線隠しや左壁など、細かい技術をまずは身につけて相手の裏をかけるように練習していきましょう。 関連リンク その他の武器の立ち回り• チャージャーの立ち回りと戦い方• その他の関連リンク• 掲示板 雑談コミュニティ• 対戦・協力コミュニティ• 速報・最新情報 アプデ・新要素の速報• amiiboの最新情報• フェスの最新情報• ランキング ルール別• 武器種別• オクトエキスパンションの攻略情報• お役立ち情報• お役立ち情報人気記事• 基本操作方法• テクニック集• アイテム・ポイント稼ぎ• 武器ごとの基本操作• 武器ごとの立ち回り方• オンラインプレイ関連• その他お困りの方へ• メンテナンス・エラー関連• ブキ(武器) メインウェポン• サブウェポン• スペシャルウェポン• その他武器情報• ギア おすすめのギア• 部位別の一覧• ブランド情報•

次の

スプラトゥーン2でチャージャーのコツを教えてください。

スプラ トゥーン 2 チャージャー コツ

チャージャー スプラトゥーン2でのスナイパー的ポジションである武器「チャージャー」 インクをチャージし遠くの敵をブチ抜いていこう!! チャージー一覧 スプラトゥーン2でのチャージャーブキには以下の様な種類があります。 一番扱いやすいのはスプラチャージャーコラボです。 初心者の方はスプラチャージャーコラボを使いましょう。 特徴 インクをチャージして1発で敵を倒すことができるブキです。 スナイパー的なブキなので射程が長いブキが多いです。 スコープがついている物とついていない物があります。 遠距離から敵を狙撃し、敵の動きを制限しながら戦いましょう! スコープなし スコープなしチャージャーの特徴として「チャージキープ」が使える点が上げられます。 チャージキープとはインクをチャージした状態のままイカ移動することができる動きのことです。 前作では射程が原因で誰もスコープなしを使っていませんでした。 地味な差ですが、こちらもデメリットになります。 スコープあり スコープありチャージャーの特徴として、「エイムの際にスコープを覗き込む」、「スコープなしチャージャーより射程が長い」という点が上げられます。 試し打ち場のライン0. 5本分程度ですがこの差が大きいです。 スコープなしチャージャーを一方的に倒すことができます。 チャージャーはエイムが必要なのでこの点はとても大きいです。 フルチャージした状態だと索敵することは殆どできません。 敵の出てくるタイミングと位置を把握できないと敵を倒すことが難しくなります。 その為安全な位置でフルチャージする必要があり、敵に接近することが難しくなります。 スコープなし、スコープありどっち? 現段階ではどちらが強いのか賛否両論あります。 ステージの構造上スコープなしのチャージキープや視界の良さは強みになります。 しかしスコープありの射程とエイム精度の強さもあります。 私はスコープありを使っていますが、前作で使っていたからという理由がほとんどです。 現在チャージャーでカンストしている人にはスコープありなし共にいるので、どちらが強いかはまだ分かりません。 〜追記〜 現在スコープなしの方が強いという人が多いです。 私もスコープなしを使うようになりました。 チャージキープと視界の良さが今作のステージにマッチしていることや、スコープの射程の長さを生かせるステージが少ないという点からスコープなしが人気です。 チャージャーの基本技術 チャージャーを使う際に覚えておく必要がある基本技術をまとめました。 チャージャー初心者の方は覚えておきましょう。 射線隠し チャージャーを使う際には必ず覚えておかなければならない技術です。 その他のゲームのスナイパーとは違いスプラトゥーン2でのチャージャーは射線が敵に見えてしまいます。 その為射線を隠す必要があります。 壁や地面に射線を当てておき敵を見つけたらそこにエイムを合わせましょう。 その他にもドラッグショット(下記)で一瞬で敵にエイムを合わせることでも射線に気付かれず敵を倒すことができます。 この様に射線を隠す方法を考えながらプレイしましょう。 ずっと敵目掛けて射線を出していては直ぐに逃げられてしまいます。 ドラッグショット エイムを素早く相手に合わせてインクを放つ攻撃です。 ドラッグショットは難しいので初めのうちはしっかり相手を狙って撃ちましょう。 エイムに慣れてくるとドラッグショットを使えるようになります。 ドラッグショットを習得するには「試し打ち」がおすすめです。 試し打ちについてはこちらの記事で詳しく書かせていただきました。 チャージャー使いの方は是非読んでみてください。 ………………………………………………………………………………………… ・ ………………………………………………………………………………………… ジャンプ撃ち ジャンプをしてインクを撃つ技術です。 ジャンプして攻撃することで高いところにいる敵に攻撃を当てやすくなります。 ジャンプすることで自分の位置が高くなり、少し敵が見えやすくなります。 しかし、ジャンプ中はエイムの速度が通常よりも早くなります。 慣れていないと当てるのがとても難しいです。 左壁 スプラトゥーン2のキャラクターは全て右に武器を構えています。 その為自分の体の左側に壁がある状態で右側から少しだけ武器を出して攻撃することができます。 これを利用します。 右側から少しだけ武器を出し、一発で敵を仕留める。 そうすることで相手からは攻撃を受けずに一方的に攻撃することができます。 これは特に対チャージャーの時には必須の技術です。 体を殆ど出さずに攻撃するので敵を一方的に倒しやすくなります。 チャージャー以外でも使える技術なので覚えておきましょう。 まとめ どうでしたか?今回はチャージャーの特徴と技術について書かせて頂きました。 文章だらけの長い文でとても疲れたと思います。 知らなかったことがあればできるだけ覚えてください!!絶対役に立ちます!! チャージャーを使う際に特に重要なのは「射線を隠すこと」です。 射線を隠せる場所を考えながら使いましょう。 他の技術は後回しでいいのでとりあえずこの技術を習得しましょう。 他の記事でチャージャーの心得を書かせて頂きますので、完成したら読んでいただけると嬉しいです。 追記:完成しました。 気になる方はこちらのリンクを是非。 ………………………………………………………………………………………… ・ ………………………………………………………………………………………… ご観覧ありがとうございました。 ………………………………………………………………………………………… おすすめの記事• ………………………………………………………………………………………….

次の