選挙 マッチング。 政党相性診断 ボートマッチ2019 参院選

政党のチラシのポスティングは違反にならないのか?

選挙 マッチング

第25回参議院議員通常選挙の執行について 第25回参議院議員通常選挙については、次の日程で執行しました。 告示日 令和元年7月4日(木曜日)• 選挙期日 令和元年7月21日(日曜日) 投開票の結果については、以下のとおりです。 投票状況 開票状況 選挙公報については、以下のとおりです。 平成31年4月7日執行兵庫県議会議員選挙について 令和元年6月10日任期満了に伴う兵庫県議会議員選挙については、次の日程で執行しました。 告示日 平成31年3月29日(金曜日)• 選挙期日 平成31年4月7日(日曜日) 投開票の結果については、以下のとおりです。 兵庫県議会議員再選挙・補欠選挙の記録• 海区漁業調整委員会委員選挙の記録• 海区漁業調整委員会補欠選挙の記録• 関連メニュー.

次の

政党相性診断 ボートマッチ2019 参院選

選挙 マッチング

選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の

第25回参議院議員通常選挙

選挙 マッチング

クリックすると、投票マッチングのページに飛びます 質問数は20問で、賛成、やや賛成、中立、やや反対、反対 の5つの回答をすることができます。 各質問には、メリット、デメリットが簡潔に書いてあって、質問に対するやや詳しい(200字~300字程度)の解説も書いてあります。 回答が終わったら、20問の中でも特に自分が重要だと思う項目を3点選ぶことができます。 項目を選んだら、性別と年代(30代、40代とか)を入力して、自分の選挙区を選ぶと、投票マッチングの結果が表示されます。 政党と、候補者も表示されますよ。 回答結果に対しても、各党の主張が表示されますので「この党はこういう主張なんだ」という勉強にもなります。 えらぼーと クリックすると、マッチングサイトに飛びます 毎日新聞社のサイトです。 質問数は24問で、「賛成、反対、無回答」の三択式か、個別の設問に対する代表的な意見から選ぶことができます。 やや賛成、やや反対、が無いので、日本政治. comよりは、明確な回答をする必要があります。 各質問には解説がついていて、その問題に対する毎日新聞の過去記事を読むこともできるようになっています。 この辺は、新聞社さんの強みですね。 回答が終わったら、24問の中で、特に自分が重要だと思う項目を3点選ぶことができます。 項目を選んだら、性別と年代(30代、40代とか)を入力して、自分の選挙区を選ぶと、投票マッチングの結果が出てきます。 政党と選挙区の候補者に対して、それぞれ何%一致しているか、棒グラフになって出てきます。 政くらべ クリックすると相性診断のページに飛びます おなじみYAHOOの相性診断です。 質問数は10問で、賛成、やや賛成、中立、やや反対、反対の5択です。 各質問にはメリットとデメリットが書いてあります。 回答結果は、政党ごとに棒グラフが出てきますが、選挙区の候補者は出てきません。 各質問の回答結果に対して、主張が一致している政党のコメントが出てきます。 まとめ 設問数と内容の親切さからすると、「」と「」の2つが充実しています。 どっちが良いということはなく、それぞれ質問項目が違うので、どちらもやってみることをおすすめします。 私もここ10年来、第一党と第二党に一票ずつ入れるようにしていましたが、実際に政策から選ぶと違うものですね。 今回の参議院選挙では、投票行動を見直してみます。 こういったマッチングサイトも上手く活用して、知名度だけじゃない投票行動ができる世の中になればな、と思います!.

次の