謎 解き は ディナー の あと で 8 話。 謎解きはディナーのあとで: 感想(評価/レビュー)[小説]

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

謎 解き は ディナー の あと で 8 話

9年越しの勘違い--------------。 あ、今回の事件、この一言で謎解きが終わってしまったようですよ、お嬢様(^^;) あまりに直球すぎて、捻りもなく、で、 勘違いにしては出来すぎな事件。 で、事件といえるのかって感じもしちゃったわ。 すべての原因はお嬢様のせいってことで。 う~~ん。 やっぱ当たり外れの激しい作品だ。 評価するのが難しいし、面白いのかすら分からなくなってきちゃった(^^;) 今日はTV局へ行くという麗子。 なんでも、染田松五郎という歌舞伎役者で、学生時代から親しくしている先輩が、今度ドラマに出演することになり、制作披露パーティが開かれることになったんだとか。 彼を「玉乃屋」の屋号を文字って「タマちゃん」と呼んでいた麗子たち。 でも、お嬢様、 車から降りてすぐに派手にこけた!! わはは!! こりゃ恥ずかしい。 中学からの友人たちと会うのは、これは同窓会感覚だろ。 でも、その中のひとりは、ずっと麗子にライバル意識を持っていた桐生院 綾華。 なぜかみんな狙ったかのように赤いドレスに宝石をつけた格好になってしまった麗子たち5人。 でも、松五郎、今度結婚するんだとか。 そこへ挨拶に現れた姉・瑞穂。 麗子と綾華は顔見知りだったようで、久しぶりと挨拶を交わしたよう。 でも、そこへ風祭まで現れたのだ!! なんでも、今度のドラマでリアリティを出すために、現職の刑事である風祭に演技指導してもらうんだとか・・・って、そこから人選すでに間違ってるわ。 さて、高1の時、クラスメイトで、今は松五郎の付き人をしてるという西山に声をかけられる麗子。 でも、印象が薄かった彼の事を全く覚えていなかった麗子。 それを本人に言ってしまうあたりがお嬢様だよなぁ。 普通は誤魔化すんだけど(^^;) ひとつお聞きしたいと言い出す西山。 雛子はまだ松五郎を好きなのか? 麗子の友人のひとり。 雛子のことをずっと想い続けているという西山。 だが、雛子はどうやらタマちゃんが好きだったのを思い出した麗子。 学生時代、雛子に頼まれてタマちゃんに手紙を渡してほしいといわれたからだ。 それに、先ほどもタマちゃんが結婚すると聞いて驚いていたようだし・・・。 その答えに落ち込む西山。 だがその時、瑞穂の悲鳴が聞こえたのだ!! どうやら何者かが、瑞穂に向け、セットの板を落としてきたよう。 下敷きになってしまった瑞穂。 幸い怪我は軽そうだけど、一体誰が? 瑞穂の目撃情報だと、赤いドレスに胸元に赤い宝石。 知らない女だけど、どこかで見たような気がするというのだ。 早速風祭が犯人を捜すと言い出す。 その捜査に協力を申し出る麗子と松五郎。 ブラインドーを下げて外見るやつ。 でも、今世代の人はきょとん・・・だろうね(^^) 風祭により条件に合う女性が集められる。 そこには4人の友人達と、永瀬千秋というモデルが。 でも、 彼女は、まだ公表していないけど、松五郎の婚約者だというのだ!! 知らない女性・・・それに赤い宝石をつけているのは後は麗子。 犯人は誰? そこで風祭はこれを事故だと断言。 ・・・また無茶な結論だしたねぇ。 そこで、風祭に待ったをかけて、優雅にアフタヌーンを楽しんでいた影山の元へ犯人を聞きに行く麗子。 犯人を一発で発見する方法はある。 それには麗子の協力が必要だという影山。 そして、 皆の目の前でまたもグキっとこけてみせたのだ!! 駆け寄った友人達と、笑った綾華。 その時、影山がライトを皆に当てたのだ!! そして・・・ 先ほどまで緑色だった雛子のネックレスが、赤く光っていたのだ!! アレキサンドライト。 光によって色が変わる宝石。 犯人は、雛子-----------!! 「本当にごめんなさい・・・」 涙を流して謝罪するしかできない雛子。 何故雛子はこんなことをしたのか? で、最初は麗子自身が答えを見つけるべきだという影山。 「今回の事件の発端はほかでもない、お嬢さま自身にあるのでございますよ」 そういわれてしまい、今回はもう従属するしかなくなってしまった麗子。 そこで、今回はディナーの前に謎解きを。 まず、瑞穂は雛子の事を西山から名簿で教えられていただけであって、面識はなかったのだということ。 挨拶はしていても、認識は出来なかった。 だからどこかで見たような気がするという話になったこと。 そもそもこの事件は9年前からの勘違いが原因で起こった事件だという影山。 雛子は松五郎の屋号を知らなかったのだ。 だから 麗子たちが呼んでいた「タマちゃん」というのを、身近にいる別の人だと思い込んでしまったというのだ!! それは------- 西山の下の名前!! 珠樹!! つまり、雛子にとって「タマちゃん」というのは、西山の事だったのだ。 「タマちゃんに渡して」 麗子に頼んだ雛子の手紙。 だが、それを麗子は松五郎に渡してしまったのだ。 結局それを受け取らなかった松五郎。 雛子の気持ちを思うと、渡せなかったことがいえなかった麗子。 結局雛子は手紙が渡ったはずなのに、返事が来なかったことで振られたと思ったのだろう。 その後、友人の麻衣とタマちゃんが付き合い始めたと聞き、ショックを受けるも、友人だからと気持ちを推しとどめていた雛子。 だが、今日タマちゃんが結婚すると聞き、相手は年上の業界の人。 それを、西山と親しげに話していた姉の瑞穂だと勘違いしてしまったというのだ。 積もった気持ちを抑えきれなくなってしまった雛子は、ついに瑞穂に向かってセットを・・・。 たったひとつの勘違いと、9年間の想い。 だが、 それは影山の想像ではないのか? それを確認できるものがあるという影山。 それは、 学生時代に雛子から預かって、「タマちゃん」に渡せなかった手紙。 机の奥にしまわれたそれを発見し、雛子に謝罪しながら開けた封筒。 そこには--------- 雛子の西山への想いが綴られた言葉が!! 雛子の想いにきづいてやれていたらこんなことにはならなかったのにと、悔やむ麗子。 結局友人の事を分かっているつもりになっていただけだったということ。 だが、そんな麗子に影山は言う。 「友達とは勘違いや擦れ違いから時に互いを傷つけてしまうものでございます。 しかしながら、その傷を癒やしてあげられるのも また友達だということをお忘れなきよう。 かけ違えたボタンは最初から直せばいいだけです。 そして、間違えを直すのに遅いということはございません」 今度こそちゃんと想いを届ける。 西山に手紙を届けるから車を出せと命じる麗子だった---------。 問題は麗子自身だったというこのオチ。 まぁね、教訓とかにはなるんでしょう。 でも、あまりに偶然頼りすぎて、どうにも納得できないんですよね。 「タマちゃん」って、好きな人の事あだ名で呼ぶ? まぁ、そんなの言い出したらキリがないんでしょうけど。 なぁんかもう少しなかったものか。 深いのか浅いのか、よく分からないお話でした。 すみません、こんな感想で。 あらすじ拾ってたら、結構そうなんだって所はあったんですけど、やっぱ「偶然」頼りがおおすぎなのも否めず・・・。 それが味といえばそうなのかもしれませんが。 評価に困る、このドラマ。 goo.

次の

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

謎 解き は ディナー の あと で 8 話

このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。 公式の表記では 「 謎」の 「 辶 」()の点が二つです。 謎解きはディナーのあとで 著者 発行日 (第一作) (第二作) (第三作) 発行元 言語 形態 並製本 ページ数 第一作 255(単行本) 348(文庫) 第二作 271(単行本) 381(文庫) 第三作 269(単行本) 388(文庫) 公式サイト コード 第一作 (単行本) (文庫) 第二作 (単行本) (文庫) 第三作 (単行本) (文庫) [ ] 『 謎解きはディナーのあとで』(なぞときはディナーのあとで)は、によるの(ユーモアミステリー)。 またそれを原作としたと、そののタイトル。 表紙および公式サイトの作画はが手掛けている。 概要 [ ] 東京都を舞台に世界的な企業グループの令嬢で、新人刑事の宝生麗子が遭遇した難解な事件を、彼女の・影山が、現場を見ずとも概要を聞いただけで事件を推理し、解決に導いていく、という作品。 の体裁を取りつつ、影山が執事の立場でありながら麗子に毒舌・暴言を吐いたり、上司である風祭と麗子のやり取りなどユーモアをふんだんに取り入れた作風となっている。 2007年に『文芸ポスト』で掲載後、同じ小学館の『』にて連載され、2010年9月に第一作となる単行本が刊行された。 初版発行部数は7000部だったが、発売当初より書店員から強い支持を受けて各書店で大々的に展開され 、発売から3日目で重版が決定。 以降、2010年11月にの書評コーナー「売りたい本」にて取り上げられたり、本作のCMの放映、2011年2月の『』で著者のインタビューが放送されるといった話題性もあり、発売後半年で100万部を売り上げ、4月12日にを受賞する。 2010年12月に発表されたのミステリランキングでは9位にランクインした。 発売から1年でも売り上げが伸び続け、2011年8月の時点で累積売上は135万部、10月の時点で160万部を突破している。 、から発表された年間ベストセラーでも総合一位となる(日販では第二作も合わせて発表している)。 そして181万4000部を売り上げた記録により『』を抜いて歴代売上部数総合3位及び文芸部門首位となる。 発行部数は2011年12月時で26刷り180万2000部。 2011年11月10日に、第二作となる『 謎解きはディナーのあとで2』が発売された。 『きらら』2011年1月号から10月号にかけて連載された5編と書き下ろし1編を収録。 発売初週で20万8000部を売り上げ、2011年11月17日に発表された11月21日付のオリコンBOOK(総合)週間ランキングで初登場1位を記録し、62万9000部の売り上げにより歴代売上部数は文芸部門で8位となった。 なお、発売売上20万越えは2011年に発売された文芸・小説ではこの第二作が初となる。 発行部数は2011年12月時で4刷り93万部。 2012年12月12日に第三作となる『 謎解きはディナーのあとで3』が発売された。 前作同様、『きらら』2012年1月号から10月号にかけて連載された5編と書き下ろし1編を収録。 2012年12月20日に発表された12月24日付のオリコンBOOK(総合)週間ランキングで11万1000部の売り上げより初登場1位を記録し、これで三作全て初登場首位を獲得する実績を残した。 本作は、女性が主な読者層である小説誌『きらら』への掲載作品を依頼された著者が、女性読者を意識し、「ミステリーを読み慣れていない人向け」に考え出されたという経緯があり、「安楽椅子探偵の執事と新米刑事のお嬢様」という設定は、著者がのニュースを見たことから生み出されたものである。 タイトルは著者の70もある案の中から決定したものであり、『きらら』掲載時のタイトルは『宝生麗子の謎解きはディナーのあとで』だった。 麗子と風祭が事件を捜査をし、その詳細を聞いた影山が、麗子への暴言の後に推理を語り、その終了と共に話が締めくくられる、というのが基本的なパターンとなっており、犯人や証拠の確保といった描写は(一部を除いて)ない。 また、その影山の暴言が、謎を解くのに十分な全ての手掛かりが提示されたことを示す、「読者への挑戦状」と同じ役割を担っている。 作中でも「影山が麗子に対して丁寧かつ無礼な暴言を吐くときは、彼の頭の中で推理が確信に変わったときだ」という一文がある。 なお、本作での国立署は国立市のみならず、やも管轄しているが、現実には国立市は立川市(ごく一部は)と共にの管轄であり、国分寺市はの管轄である。 第三作でシリーズ終了を窺わせるエンディングとなっていたが、7年以上のブランクを経た後、『きらら』2020年1月号から第四作となる『 新 謎解きはディナーのあとで』の連載が開始された。 第三作と第四作の間にも新作短編は発表されており、アンソロジー『VS. こち亀』(2016年9月 )にはの漫画『』とコラボした「謎解きは葛飾区亀有公園の前で」が収録されている。 更に、傑作選『謎解きはディナーのあとで ベスト版』(2019年12月 小学館文庫)には自選3編 の他に書き下ろしの「殺意のお飲み物をどうぞ」が収録されている。 また、著『判決はCMのあとで ストロベリー・マーキュリー殺人事件』(2014年9月 )の解説「解説は本編の前に」には麗子が、著『黒後家蜘蛛の会3【新版】』(2018年8月 )の解説には麗子と影山が登場している。 メディアミックス [ ]• Web朗読:2011年4月12日の本屋大賞授賞式にて特別劇場が放映され、宝生麗子をが、執事・影山をが演じた。 また、2011年6月より、動画サイトにて第1話「殺人現場では靴をお脱ぎください」の特別朗読バージョンが公開されている。 ナレーションはが担当している。 漫画:『』(小学館)にて2011年5月号より作画で漫画化される。 コミックス1、2巻が発売されており、本誌では不定期連載中。 :で化、2011年10月18日から同年12月20日まで連続ドラマを、2012年3月27日に特別編が放送された。 また、2013年8月には劇場版が公開された。 :劇団「」主宰の脚本・演出により舞台化され、2012年8月31日から9月9日の間にで公演された。 :にて化され、2017年5月27日より配信開始された。 登場人物 [ ] 宝生 麗子(ほうしょう れいこ) 主人公。 国立署の新米刑事。 その正体は世界的な企業グループ「宝生グループ」の総帥の一人娘で、一流大学を優秀な成績で卒業した正真正銘の「お嬢様」。 卒業後、父親の意向に沿った花嫁修業や、グループ企業での腰掛け就職を潔しとせず、警察官になる。 職場ではこのことを秘密にし、のシンプルなパンツスーツを地味に着こなし、の黒縁をかけるなど刑事らしい堅実な印象の維持に努めている。 彼女がお嬢様だとは知らない上司の風祭警部の迷推理に振り回されつつも、刑事としての仕事は真面目にこなしているが、時々ムキになって風祭と言い合いをすることもある。 プライベートでは主にワンピース姿を基調とした服装で、お嬢様として振る舞っており、非番の日はパーティや買い物に出かける。 おしゃれ欲求が強く、ファッションでは特に帽子に目がない。 衣装選びの長さで影山を呆れさせることもしばしば。 ファッションに限らず買い物が好きで、熱を上げるあまり、後でどうして買ったのかわからないものを買ってしまうことがあるほか、買い物のために八時間も影山を車で待機させたこともある。 苦手なものは風祭警部と煙草の煙、そして影山の毒舌。 事件のことを影山に話した時は決まって影山の毒舌・暴言により散々にこきおろされ、初めの頃はを宣告し、以降も怒りのあまりワイングラスを割ったり何か物を投げつけようとするなど憤慨することがしばしばだが、影山の推理の腕だけは確かだと信頼しており、刑事として事件が迷宮入りになることは避けたいので、結局解雇することはできず、彼の推理を聞いて事件を解決している。 激昂すると一人称が普段の「わたし」から「あたし」に変わり、「~だっつーの! 」が口癖となる。 「2」の頃になると不意を突いた暴言に椅子から転がり落ちる、美術品を割るなど、リアクションが大きくなっている。 学生時代はモテていた(本人談)が、現在恋人はいない様子。 後輩が先に結婚した際には密かに嫉妬し、卒業後の進路に問題があったかと悩んだこともある。 風祭警部から何度も食事やドライブなどの誘いを受けているが、すべて断っている。 彼に好意がないこと以上に、彼の愛車ジャガーに乗ることが敗北だという彼女独自の理屈による方が大きく、宝生家のガレージにはジャガーは一台も置いていない。 麗子は彼の分身のようなそのジャガーが、「発情したオス」のような気がしてならないと思っている。 風祭警部以外にも、軽薄な男性には嫌悪や不信感をあらわにする事が多い。 ただし、ある事件の際に、犯人の襲撃から自分を身を挺して守った風祭を、彼のジャガーで病院に送ったことがある。 風祭は麗子を庇った直後に寝てしまっていてその時の記憶が無く、麗子自身もこの出来事をとしている。 また、食事に関しても「この人とのディナーは、食事だけでは終わりそうにない」という考えから拒んでいたのだが、一度だけある事情を考慮してを一緒に食べに行ったことがある。 影山(かげやま) 名前は不明。 年齢は30代半ば。 麗子に仕える執事兼専属運転手。 ダークスーツと銀縁眼鏡に、スマートな体型が特徴。 一見、謹厳実直を絵に描いたような性格で、常に感情を表に出さないが、麗子に対して慇懃無礼な態度を取っている。 日々の給仕や麗子のエスコートをこなし、時に麗子を諫めたりするなど執事らしくきちんと麗子を立てることもある反面、丁寧な言葉使いながら、歯に衣着せぬ物言いで、下記のように執事にあるまじき暴言を吐いては、麗子の逆鱗に触れる。 そのため麗子には執事としてはかなりインチキくさい人物と評されており、後述の推理力以外では日頃の信頼が薄い。 推理力に長けており、麗子が持ち帰った事件を、話を聞いただけで解決してしまう、いわゆるで、この事は彼自身も認めている。 ただし、麗子と出かけた際に事件に遭遇したり、必要に応じて麗子と事件現場に出向くこともある。 犯人と対峙する際は、護身用の武器としてを用いる。 物的証拠を見つけることは「それこそ警察の仕事」と割り切り、第2の事件が起こる可能性がある場合などを除けば、推理以上のことはしない。 自らの素性や執事の仕事に就いた理由は不明だが、本人曰くかプロのになりたかったと語り、推理と野球の方面での自信と知識を誇る。 麗子がいない間はワイドショーに興じており、麗子が捜査する事件をそれで知ったりすることから、麗子に呆れ気味に見られている。 また、麗子の父の宝生清太郎を侮辱するシーンもある。 風祭(かざまつり)警部 32歳独身。 警視庁国立署の刑事。 麗子の直属の上司。 自動車会社「風祭モータース」創業者の御曹司。 麗子に言わせれば成金趣味。 いつも愛車である自社製ではないシルバーメタリックのを乗り回して事件現場に駆け付ける。 警察官になった理由は不明だが、彼も以前はプロ野球選手を目指しており、高校野球では有名な存在だった。 主に白いスーツを着ているが、その姿はヤクザの若頭やチンピラに形容されている。 捜査の指揮を取ってはいるが、何事にも自分本位で、部下の話に謙虚に耳を傾けず、さらに協調性と慎重さに欠ける粗忽者の面もある。 自分の推理が外れたり否定されるとムキになって怒ったり、有利な情報が出るとすぐに機嫌が治ったりする。 誰でも一目でわかるような事柄や誰でも思い付くような推理を、さも自分だけの発見や名推理のごとく得意げに述べるのがお約束で、その際麗子に問いかけを発し、彼女が答える前に「判らないなら教えてあげよう」と自分で答える。 また、部下の推理であろうと容疑者の考えであろうと、自分の見解として取り込んでしまう(麗子曰く「タダ乗り」)。 捜査中にも何かにつけて自分の自慢話やジョークを披露することが多いので麗子はうんざりしている。 派手好きな性格ゆえ、地道な捜査は好まない。 子供に「おじさん」「おじちゃん」と言われると怒ったり不満を漏らしたりする半面、老人の目撃者を「じいさん」「ばあさん」と呼んで怒らせてしまい、慌てて低姿勢になることもある。 自分への陰口には地獄耳かつ粘着質で、肩書きを背景に目下の人間や一般人を恫喝することもある。 以上のような性格や、麗子を「お嬢さん」扱いするなどまがいの発言から麗子に「苦手な上司」扱いされているが、全く気付いていない。 推理の的中率は低く、ましてや彼の推理で事件が解決した例はなく、影山に「風祭警部が冴えているのはむしろ危険な兆候」と言われるほどである。 そのため麗子は「風祭警部の裏をいく(彼の披露する推理の逆を考える)ことが真相への近道」と称するが、彼の推理は状況次第でコロコロ変わるため、麗子は混乱し、結局何が正しくて何が間違いなのか分からなくなる。 部下の麗子のことを気に入っており、何かにつけて食事に誘ったり、家まで送ろうとしたり、移動時にジャガーに乗せようとするも、頑なに拒否されている。 しかし、玉砕にめげる様子は全く無い。 劇中設定 [ ] 宝生グループ 金融・電気・鉄道・不動産・ミステリ出版などありとあらゆる業種を手掛け、世界中に名をとどろかせる巨大複合企業。 総帥は麗子の父である宝生清太郎。 劇中では登場しないが、会話に度々現れる。 影山によれば、麗子が凶悪犯と銃撃戦になっていないか、身代金の入った鞄を手に市街地を駆け回ってはいないか、カーチェイスの真っ最中ではないかと仕事が手につかないほど心配している模様。 また自分以外のセレブのゴシップが非常に好きな悪趣味を持ち、影山に吹き込んでいたりもしており、これを麗子は極度に恥じている。 の某所に西洋風の屋敷・宝生邸があり、建物は本館と別館、離れの東屋以外にも両手で数えられないほどあり、敷地面積もを除いて国立市郊外で凌駕する建物はないとのこと。 麗子の部屋からは街並みを一望でき、夜にもなると蝋燭をともしたような景色が広がる。 数え切れないほどの部屋の数を有する。 ごくごく軽い一日の夕食にエビとレンズ豆のサラダ、魚介のスープ、チキンのトマト煮込み、ラム肉のローズマリーグリルが登場、宝生家オリジナルメニューとして子羊の鉄板焼き、合鴨の蒸し焼き、白身魚の香草焼きからなる「焼きもの三連打」が存在する。 また、麗子が「アートの墓場」と呼ぶ、清太郎が買い漁った美術品・骨董品が納められている部屋があり、それらは一旦仕舞われると価値の良し悪しに関わらず日の目を見ることはなく、影山は「死蔵」と形容している。 風祭モータース 「最高のデザイン」と「最悪の燃費」を特徴としたスポーツカーを開発している自動車会社。 しかし、企業の規模は中堅で宝生グループにはるかに及ばず(宝生家の薔薇園やガレージは、風祭家の3倍はあると麗子は語る)、その気になれば買収によって「宝生モータース」にも出来るらしい。 故障しやすい車の数もダントツで、自動車整備工場の仕事にも貢献している模様。 収録作品 [ ] 謎解きはディナーのあとで [ ] 殺人現場では靴をお脱ぎください 初出:『文芸ポスト』2007年冬号 の一室でこの部屋に住む女性・吉本瞳の絞殺体が発見された。 部屋は散らかり、洗濯物が干されたままになっていた。 死体は玄関の近くにうつぶせの状態で、なぜか外出用の服装とを履いたまま倒れていた。 部屋にブーツの足跡がなかったことから犯人が殺害後、死体を運んだと推理した麗子たちは、部屋にあった合鍵から元交際相手の田代裕也に接触し、部屋に新しい恋人のものと思われる白い靴を発見する。 しかし、田代には完璧なアリバイがあり、犯行は不可能だった。 田代の犯行の可能性がなくなったことで、事件は犯行の動機などが不明のまま振り出しに戻る。 宝生邸に戻った麗子は流れから執事・影山に事件の概要を話してしまう。 すると話を聞いた影山は麗子に、「 この程度の真相がお判りにならないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか? 」と、失礼極まりない言葉で自らの考えを伝えた。 激怒した麗子は影山にクビを言い渡すが、刑事としては貴重な意見を聞き逃すわけにはいかない。 屈服した麗子に影山は自身の推理を語り始める。 田代 裕也…瞳の元交際相手。 33歳。 瞳が派遣された中堅の機械メーカーの総務部の課長。 吉本 瞳…現場となったアパートの三〇四号室に住む25歳の女性、職業は。 杉村 恵理…瞳と同じアパートの現場となったアパートの三〇一号室に住む25歳の女性、瞳の飲み友達で事件の第一発見者。 河原 健作…瞳の住むアパートの大家。 生前にアパートから帰ってきた瞳と挨拶を交わしたと証言。 森谷 康夫…瞳の住むアパートの二〇一号室に住む大学生。 部屋の中で犯人のものと思われる足音を聞いたと証言する。 殺しのワインはいかがでしょう 初出:『きらら』2009年2月号 - 3月号 前日の真夜中に1時間42分停電が発生した日、の院長・若林辰夫がを以て死んだ事件が発生。 現場の状況から辰夫は青酸カリ入りのワインを飲んで自殺したと推定されたが、辰夫の恋人の家政婦・藤代雅美の証言から、事件は何者かが雅美の名を騙って毒入りワインを辰夫に差し入れて殺したという見解が浮上する。 だが、ボトルやグラスなどから青酸カリは検出されず、ワインボトルに痕跡を残さずに毒物を仕掛けるのは容易ではなかった。 宝生邸で麗子から事件の概要を聞いた影山は「 失礼ながらお嬢様、ひょっとしてお嬢様の目は節穴でございますか? 」の一言で麗子の怒りを買った後、ワインに毒物を混入させた手口及びその犯人を解明するのだった。 若林 辰夫…62歳、「若林動物病院」院長。 雅美との結婚を考えているが、生前家族に結婚を猛反対された。 潔癖症な一面がある。 藤代 雅美…辰夫の豪邸で家政婦をしていた三十代の女性。 辰夫の恋人でもあるが、輝夫を始めとした若林家には財産目当てだと思われている。 若林 輝夫…辰夫の一つ下の弟。 職業は獣医で「若林動物病院」を兄と切り盛りしていた。 でを過ぎてからを愛用している。 若林 圭一…36歳、辰夫の長男。 職業は内科医で、市街地にある総合病院勤務。 喫煙者で百円ライターを所持。 若林 春絵…37歳、圭一の妻。 圭一の勤める病院の看護師をしていた縁で圭一と結婚した。 雅美と昼ドラのようなやり取りを展開する。 若林 修二…24歳、辰夫の次男。 医学生。 兄や叔父と同様の喫煙者でを所持。 若林 雄太…10歳、圭一の息子。 夜中に辰夫の部屋で明かりを見たと証言する。 綺麗な薔薇には殺意がございます 初出:『きらら』2009年4月号 - 5月号 老舗「藤倉ホテル」の創業家・藤倉幸三郎の豪邸の薔薇園で、幸三郎の息子・俊夫の恋人で居候の高原恭子の死体が発見された。 恭子は別の場所で殺された可能性があったが、犯人がわざわざ薔薇園まで遺体を運んだ理由は分からなかった。 さらに恭子の住む離れが犯行現場かのように荒れていた形跡が発見され、車椅子で死体を運ぶ犯人の人影を見たという目撃証言まで挙がるのだった。 麗子との帰り際に物置で恭子の飼っていた猫を見つけた風祭は、猫が負った怪我から犯行現場は離れだと確信するが、結局その日の捜査では犯人とその目的は分からずじまいだった。 麗子から話を聞いた影山は「 それでもお嬢様はプロの刑事でございますか。 正直、ズブの素人よりレベルが低くていらっしゃいます」と麗子に屈辱的な暴言を述べた後、犯人が遺体を薔薇園に運んだ意図を紐解いていく。 高原 恭子…25歳、俊夫の恋人で藤倉家の居候。 高級クラブで働いていたが、店が閉まってから住む所も無くなったため藤倉家に転がり込んできた。 利発でとても気が利く女性。 黒い猫を飼っている。 藤倉 幸三郎…多摩地区にある老舗ホテル「藤倉ホテル」の創業家で現在は名誉会長。 事件現場になった薔薇園の手入れを趣味とする。 藤倉 文代…70歳、幸三郎の妻。 足が不自由で車椅子を利用している。 藤倉 美奈子…35歳、幸三郎と文代の長女。 藤倉 雅彦…45歳、美奈子の夫で藤倉家の婿養子。 幸三郎に代わり、「藤倉ホテル」社長の座に就いている。 藤倉 俊夫…34歳、幸三郎と文代の長男。 「藤倉ホテル」の社員。 恭子との結婚を考えているが、周りから難色を示されていた。 藤倉 里香…5歳、美奈子と雅彦の娘。 物置で足を怪我していた猫の治療をしていた。 寺岡 裕二…俊夫の大学時代からの友人で、藤倉家の親戚筋。 恭子と学生時代から知り合いだったため、俊夫の頼みで藤倉家に彼女の良さを売り込もうと事件前夜に麻雀をしていた。 花嫁は密室の中でございます 初出:『きらら』2009年6月号 - 8月号 麗子の後輩でにある多くのレストランを手掛ける名門、沢村家の長女・有里の結婚式に出席した麗子と影山。 しかし披露宴が始まってしばらくすると、有里が姿を消したため、麗子が有里の部屋に向かったところ、部屋から有里の悲鳴が聞こえ、駆けつけると有里が背中を刺され、重傷を負っていた。 三浦警部の指揮の元で捜査が始まるが、犯人は有里が悲鳴を上げてから沢村家の関係者が有里の部屋に集うまでの短時間のうちに姿を消し、しかも部屋のには犯人の足跡は発見されなかった。 現場が完全な密室となり、あろうことか麗子は三浦警部に犯人を逃がした共犯者として疑われてしまう。 三浦警部に、麗子への疑惑を向けられても仕方のない証言をした不忠の執事・影山は一旦は自身の推理に核心を持つが、アテが外れ「 お嬢様は、本当に犯人を逃がしたりなさらなかったのですか?どうか、わたくしだけには本当のことを…」と麗子に確認する始末。 しかし、彼のある一言を発端に事件は意外な展開を見せていく。 沢村 有里…麗子の大学時代の後輩で沢村家の長女。 学生時代からドジを踏みやすいところがある。 父親を早くに亡くした影響から30代以上の男性が好み。 年は麗子より3歳年下。 西園寺 琴江…かつて鉄工会社「西園寺製鉄」を経営していた名家だった西園寺家の最後の一人。 還暦を迎えているが、結婚はしていない。 西園寺家の屋敷は琴江一人では維持が困難なため、沢村家が住むようになったという背景がある。 沢村 孝子…有里の母親。 娘が重傷を負った状況であっても、沢村家の体面を重視する。 沢村 佑介…有里の弟、大学生。 有里の結婚を細山が沢村家の財産を狙っているとして良く思っていない。 披露宴中に酔っ払った状態で麗子に言い寄ってくる。 沢村 美幸…有里の妹、高校生。 明日試験を控えているが、事件当時、自分の部屋で勉強と偽って音楽を聴いていた。 吉田…西園寺家に50年以上仕えてきた執事。 物腰穏やかで冷静。 細山 照也…有里の結婚相手。 西園寺家の顧問弁護士で、西園寺家と沢村家の法律関係の仕事を引き受けている。 三浦警部…港区の管轄にいる中年刑事。 有里が刺された事件を担当する。 二股にはお気をつけください 書き下ろし 野崎伸一という男性が自身の住むの一室で全裸の状態で死亡していた事件が発生。 野崎の隣の部屋の住人の証言から死亡推定時刻以前に野崎が自分より10cm背の低い女性と一緒だったことが判明し、麗子と風祭は野崎と頻繁に連絡を取っていた本命の彼女を含む4人の女性に目星をつける。 ところが彼女たちは隣人の証言する女性の特徴とどこかしら不一致で、最後の一人が条件に当てはまると思われたが、そこに野崎の部屋から野崎より10cm背の高い女性が出ていくのを見たという目撃証言が現れてしまう。 容疑者の女性の実像が掴めなくなり、犯人候補の4人の女性のいずれも決め手に欠ける中、麗子は影山に事件の概要を話しつつも、刑事やお嬢様としての面子から自力で謎を解こうとするが、影山は「 失礼ながらお嬢様、やはりしばらくの間、引っ込んでいてくださいますか? 」といつもの暴言で、ヤマカンで推理しようとする麗子を制し、自らの推理を話し出す。 野崎 伸一…マンション「ハイツ武蔵野」に住む小柄で童顔の男性。 保険会社「三友生命」の秘書課職員。 彼女以外にも3人の女性と親密な関係にあった。 澤田 絵里…21歳、野崎と交際している女子大生。 事件の第一発見者。 大学のサークルの先輩の結婚披露パーティで野崎と知り合った。 身長は160cm程。 斉藤 アヤ…野崎と親しかった女性の一人で野崎の幼馴染。 言動、容姿共に男勝りの雰囲気があり、身長は170cm程。 役者志望で、のバイトで生計を立てている。 黛 香苗…野崎と親しかった女性の一人で、の娘。 父親の支援者のパーティがきっかけで、社長の代理で参加した野崎と1か月前より交際している。 身長は160cmちょうどで、清純なお嬢様タイプ。 森野 千鶴…野崎と親しかった女性の一人で、野崎の同僚。 秘書課に配属されてから3年間野崎と交際しており、野崎が他の女性と交際していた事実に動揺する。 身長は150cmぐらい。 宮下 弘明…野崎の隣の部屋に住む男性。 で野球中継を見ている最中に、に見舞われ、病院に向かう途中で女性と一緒にいた生前の野崎を目撃する。 無類の。 杉原 聡…野崎の隣の部屋に住む太った男性。 職業はミステリ作家。 宮下とは全く食い違う特徴の女性を野崎の部屋から出ていくのを見たと証言する。 死者からの伝言をどうぞ 書き下ろし 金融会社社長・児玉絹江が自宅の屋敷で撲殺された。 現場には絹江が残したであろうが犯人によって拭き取られてしまった跡があり、犯人はなぜか庭から2階の部屋に凶器のを放り投げていた。 風祭はこれをアリバイ工作と判断し、アリバイのある人物こそ犯人とにらむが、関係者には全員アリバイがなかった。 唯一トロフィーを放り投げられる腕力の無い絹江の従兄弟の娘・児玉里美は聴取中に気絶してしまう。 何かを知っているかのような里美からは何も聞き出せなかったが、一人アリバイのある人物が現れ、風祭は目をつける。 しかし、の中で麗子から話を聞いた影山は「 お許しください、お嬢様。 わたくしチャンチャラおかしくて横っ腹が痛うございます」と犯人の行動に先入観を抱く麗子を嘲笑し、自らの推理を語る。 そして、その続きは屋敷へと持ち越される…。 児玉 絹江…52歳、「コダマ・ファイナンス」社長。 親切丁寧な接客と安心安全な金利を謳う反面、冷酷非情な取り立てを行っているため恨みを買うことも多く、彼女が殺された事件はでも取り上げられている。 みたいな体型。 児玉 宗助…50歳、絹江の2番目の夫。 「コダマ・ファイナンス」の取締役。 実生活でも絹江の尻に敷かれていそうなタイプで、家族内でも軽んじられている存在。 自身の部屋に凶器のトロフィーを犯人に投げられる。 児玉 和夫…絹江の長男。 「コダマ・ファイナンス」の重役を任されている。 真面目な性格で頭も切れ、社内でも人望がある。 事件前に会社の方針を巡って絹江と口論をしていた。 児玉 明子…絹江の長女。 で典型的なのような風貌。 ファッションと芸能ニュース、にしか興味がない。 昔はの選手だった。 児玉 吾郎…絹江の次男で三兄弟の末っ子。 都内の大学に通っている。 高校時代は成績優秀で野球部のという優等生だったが、肩を壊してしまってから放蕩な生活を送っている。 凶器のトロフィーは自身がで優勝した時に貰ったもの。 児玉 謙二郎…絹江の従兄弟で、「コダマ・ファイナンス」の関西支店長。 絹江に似た体型の持ち主。 児玉 里美…中学一年生の謙二郎の娘。 華奢な体型で腕力が無いことから容疑者から除外される。 前田 俊之…絹江の秘書兼運転手。 寡黙な男で、風貌や明子に対する辛辣な評価から麗子に影山を思わせている。 宝生家の異常な愛情 文庫版書き下ろしのショートショート ある夜の宝生家、麗子宛に段ボール箱に入れられた黒い仔犬が送り届けられた。 自分へのプレゼントだと直感し、「バトラー」と名付け仔犬を気に入る麗子だが、影山はバトラーの首輪に超小型盗聴器が仕掛けられていたことに気付く。 自分のファン、果ては風祭の仕業かと勘繰る麗子を「 お嬢様。 残念ながらお嬢様のお考えは犬に食わせるほどの値打ちもございません」と一蹴し、麗子への偏愛を向ける真犯人を推理するのだった。 謎解きはディナーのあとで2 [ ] アリバイをご所望でございますか 初出:『きらら』2011年1月号 - 2月号 立川駅南口のビルの踊り場で菅野由美という女性の刺殺体が発見された。 由美の住む国分寺のアパート周辺の聞き込みや現場検証の末、麗子と風祭は死亡推定時刻から換算して、午後七時半にアパートを出た由美が、午後七時四十五分から午後九時の間に殺されたという犯行時刻を割り出す。 容疑者として由美との恋人関係の清算で揉め、最も由美を殺す動機のある男・江崎建夫に目星をつける麗子と風祭だが、江崎には完璧なアリバイがあった。 捜査は振り出しに戻ったが、江崎への疑念を捨てきれない麗子は影山に今までのあらましを話す。 そして影山は「 失礼ながら、お嬢様は相変わらずアホでいらっしゃいますね。 しかし一通りの謎が判ってワイン片手に上機嫌の麗子に「 失礼ながら、お嬢様。 先ほどからのうのうとソファでくつろいで、高いワインをがばがば飲みながら、これにて一件落着みたいな顔をしていらっしゃいますが、本当にそれでよろしいのでございますか? 」と影山が問いかけるように、推理の最中にも事件は最悪のケースに進んでいた。 江崎 建夫…立川の有名企業「望月製菓」に勤める男性で、由美の交際相手。 由美と7年間交際していたが、重役の娘と結婚して逆玉の輿に乗ることを理由に由美に別れを切り出していた。 事件当時は喫茶店にいて、それ以前に後輩の友岡弘樹の家にいた。 菅野 由美…にある古アパート「若葉コーポ」の二〇二号室に住む女性で事件の被害者。 経理部所属の江崎の同僚で交際していたが、別れを切り出されたことが納得いかず、江崎と揉めていた。 松原 久子…50歳、「若葉コーポ」に住む太り気味の中年女性。 近所のスーパーでパートとして働いており、大酒飲み。 戸田 夏希…21歳、由美の隣の部屋に住む大学生。 間延びした陽気な関西弁が特徴。 由美とは何度か食事をし江崎と由美の間にある悶着も知っていた。 文庫版での名前は「美幸」。 権藤 寛治…67歳、事件現場となった「権藤ビル」のオーナーで第一発見者。 日課のジョギングをしようとした時に、死体を発見した。 殺しの際は帽子をお忘れなく 初出:『きらら』2011年3月号 - 4月号 ある殺人事件に関する意見を求めるため、影山と行きつけの帽子店を訪ねた麗子。 それは女性が裸のまま風呂の中で死んでいた事件で、当初は風呂の中で溺れた事故死と思われていたが、現場からは、なぜかクローゼットの端の棚から彼女の帽子一式が無くなっていた。 帽子が無くなった謎を残しつつ殺人として捜査が始まり、犯人候補として彼女の生活と密接に関連していた3人の男性が浮かび上がる。 しかしいずれもアリバイが無く決め手には欠けていた。 美羽は帽子屋としての知識から自らの見解を述べ、美羽に意見を伺うという体で麗子から話を聞かされていた影山は、合間に「 失礼ながら、お嬢様。 お嬢様は冗談をおっしゃっているのでございますか、もしそうだとすれば『ウケる〜』でございます」と、ピントのずれた推理をした麗子への暴言を挟みつつ、無くなった帽子の謎と真犯人を暴いていく。 藤崎 美羽…麗子行きつけの帽子店「CROCHE」の女主人の一人娘。 基本的に明るい人柄だが、商魂たくましい一面も垣間見せ、麗子をうっかりカモ呼ばわりしたりとやや失言も多い。 麗子は影山が彼女の推理には暴言を吐かないことに不満を抱いた。 神岡 美紀…「米山自動車工場」の旧工場2階に住む女性。 カラオケボックスでバイトをしており、3人の男性から援助してもらって生活している。 久保 早苗…美紀の大学時代からの友人。 美紀と同じカラオケボックスでバイトをしている。 男勝りな口調の活発そうな女性。 米山 正一…「米山自動車工場」社長。 自身が世話になった恩人の孫である美紀が住む所に困っていたため、「米山自動車工場」の古い工場を住居として与えた。 薄い頭髪の日焼けした50歳前後の恰幅のいい男性で、黒縁眼鏡を掛けている。 安田 孝彦…美紀の元彼で、早苗曰く美紀のストーカー。 地元の府中市の印刷工場勤務の30代の会社員で、無精髭を生やしている。 美紀に散々貢いだあげくに捨てられた。 やがて地獄に落ちると美紀に警告するため、付け回していた。 増渕 信二…美紀が通っていた大学の文学部教授。 安田によると美紀の愛人であり一緒にいるところを目撃されるが、本人は否定する。 白髪と銀縁眼鏡を掛けた知的そうな60代の男性。 麗子たちの事情聴取に神経質な態度を見せる。 殺意のパーティにようこそ 初出:『きらら』2011年5月号 - 6月号 桐生院家当主・桐生院吾郎の還暦祝いのパーティに出席した麗子と影山。 会場となる「ホテル港区」には麗子と綾華を含む季節毎のスポーツを楽しむ大学のサークル「シーズンスポーツ同好会(通称:SSD)」のメンバーとその関係者達も出席していた。 そんな中、SSDと親しくしているホテル王の娘・瑞穂が屋上庭園で植木鉢で殴られ重傷を負う事件が発生、瑞穂は救急車に運ばれる直前、「赤いドレスを着た、どこかで見たことがあるような知らない女性に殴られた」と証言する。 だが、会場内にいた証言と一致する格好をした女性はSSDメンバーも含め全員面識のある者ばかりだった。 事件の真犯人に気付いた影山は、詳しく説明すると日が暮れると言い、早期解決のため麗子にあることをさせ、後に「 お言葉を返すようで恐縮ですが、お嬢様のほうこそ、どこに目ン玉お付けになっていらっしゃるのでございますか」と、真実を説く。 事件の鍵は人間関係の盲点にあった。 桐生院 綾華…SSDのメンバーで桐生院吾郎の娘。 桐生院家は旧華族で、「宝生グループ」と似通った事業を展開する「桐生院財閥」の総本山である。 得意種目は水泳。 親の事業内容が近いからか、麗子とは犬猿の仲。 宮本 夏希…SSDのメンバー。 一流企業の会社員を父に持ったやや裕福な女性。 得意種目はテニス。 文庫版での名前は「香織」。 森 雛子…SSDのメンバーで麗子達の1年後輩。 裕福な歯科医を父に持つ。 得意種目はスキー。 手代木 瑞穂…全国の高級ホテルを手掛けるホテル王・手代木幸作の娘SSDが従弟の和也と親しいことからSSDはリゾートでの宿泊先に手代木家のホテルを利用していた。 手代木 和也…SSDメンバーの大学時代の友人で瑞穂の従弟。 瑞穂とは姉弟同然に仲が良い。 SSDの一人だった木崎麻衣と交際していたが、自身に新しい恋人が出来て、彼女が自殺未遂で入院してからSSDとは浅からぬ因縁がある。 真山 信二…瑞穂の会社の同僚で恋人同士の間柄である男性。 瑞穂と屋上で待ち合わせをしていたが、そこで倒れている瑞穂を見つけ、第一発見者となる。 永瀬 千秋…バー「歩阿路」で働く女性で和也の恋人。 瑞穂の語る犯人と同じ格好をしているが和也と一緒に瑞穂と食事をした経験がある。 三浦警部…港区の管轄にいる中年刑事。 前回の事件で麗子と面識を持っているが、本人は麗子のことを忘れてしまっていた。 瑞穂が殴打された事件を担当する。 聖なる夜に密室はいかが 初出:『きらら』2011年7月号 - 8月号 昨夜に雪の降った12月24日、自身は恋人と過ごすクリスマスイブの予定はないのに、今夜予定があるという影山への八つ当たり的な怒りから、いつものリムジンではなくバスで国立署に出勤した麗子。 慣れないバス通勤で国立ではなく西国分寺病院前に降り立った麗子は三角屋根の住宅に住む松岡弓絵という女性が死んでいるという知らせを受け、その現場に駆けつける。 当初はロフトから転落しての事故死と判断されかけるが、死亡後に人影を見たという証言から殺人事件の可能性が浮上する。 だが現場には第一発見者である弓絵の友人・里奈の今朝方の足跡と弓絵の自転車のタイヤ痕以外犯人の足跡は一切存在しなかった。 そして里奈を含む4人の容疑者が割り出されるが、それぞれが指し示す怪しい人物は4人の間で堂々巡りするばかり。 風祭のイブの誘いを躱し、バスの終点からの帰路についた麗子は、知り合いのケーキ屋との賭けに負けてケーキの路上販売を手伝っていた影山と遭遇。 麗子から事件の概要を聞いた影山は単純な推理を展開した麗子に「 大変失礼ながら、お嬢様の単純さは、まさに幼稚園児レベルかと思われます」と言い放ち、聖なる夜の謎解きを展開する。 松岡 弓絵…事件の被害者、「日吉茶房」のバイト。 スポーツ万能で特にウィンタースポーツを得意としていた活発な女性だったという。 中沢 里奈…弓絵の大学の友人で喫茶店「日吉茶房」のバイト仲間で、事件の第一発見者。 弓絵を「誰からも愛されるタイプ」だと語るが、未だに弓絵への未練を引きずる大沢に好意を抱いているため、弓絵が邪魔な存在だったらしい。 大沢 正樹…「日吉茶房」のバイト。 弓絵とは1年間交際していたが、弓絵が高野と交際することを理由に別れる。 里奈曰く「プライドが高く、思いつめるタイプ」。 高野 道彦…弓絵と同じ大学の学生で、弓絵の新しい恋人。 茶髪にピアス、肌は日焼けしており、態度は軟派という典型的なチャラ男。 神崎 綾香…「日吉茶房」のウェイトレス。 弓絵が高野と付き合っているのを知りながら、高野と朝まで一緒にいたという。 佐々木 時子…弓絵の隣の家に住む老婆。 弓絵がロフトから転落したと思しき音と、その後人影を見たと証言する。 髪は殺人犯の命でございます 初出:『きらら』2011年9月号 - 10月号 有名な家電量販店「家電のハナヤギ」の経営者一族で、現在当主の死後、妻と愛人による遺産問題で揺れる花柳家で、その血縁者である寺田優子という女性の刺殺体が発見された。 花柳家では深夜に殺害された優子の来訪を誰も知らない上に、しかも優子のロングヘアーの髪はハサミで切られ、暖炉で燃やされていた。 犯人は髪へのフェチシズムを持つ男、あるいは優子の長く綺麗な髪への嫉妬心を抱いた女なのか?という見解が錯綜する中、麗子と風祭は花柳家の関係者達への聞き込みを開始する。 その後、犯人が優子の髪を切った理由が依然としてわからないまま、麗子は当主の清太郎から優子のことを聞いていた影山に、これまでの顛末を語る。 それを聞いた影山は「 これだけの情報を得ておきながら、まるで真相に辿り着けないとは、お嬢様は、頭がお悪いのではございませんか? 」と、事件の謎とそれに纏わる意外な真実まで紐解いていく。 花柳 夏希…19歳、花柳家長男。 大学生。 髪型は短髪だが、顔の作りややや声が高いと女性的な容姿をしている。 顔は春菜とよく似ている。 花柳 春菜…23歳、花柳家長女。 「家電のハナヤギ」本社総本部勤務。 髪型はショートヘア。 賢治が死んだ日に芙美子の所へ怒鳴り込んできたことがある。 寺田 優子…春菜と夏希の従姉妹に当たる女性。 大学生。 2年前に両親を亡くしてから、花柳家に通うようになる。 腰まで掛かる長くて綺麗な黒髪が特徴。 花柳 雪江…当主・花柳賢治の妻。 優子を殺したのは芙美子で、芙美子が優子と似ている自負する後姿を見て勘違い殺人を犯したと主張する。 人の話を遮り語りだす傾向がある。 伊藤 芙美子…花柳賢治の愛人。 賢治が書き換えた遺言状から遺産相続の権利を主張している。 中野の一階がラーメン屋のマンションに住む。 田宮 芳江…花柳家の住み込みの家政婦。 朝食を作ろうとした途中に、優子の遺体を発見する。 発見当初は優子を夏希と見間違えている。 完全な密室などございません 単行本のみの書き下ろし 著名な画家・松下慶山が屋敷の別館のアトリエで刺殺される事件が発生。 現場となった天井の高さが4、5mはあるアトリエには松下が制作中だった、ベッドでまどろむ女性とその周りを囲む妖精が描かれた「眠り姫と妖精」という巨大な壁画と横たわっていた一本の梯子があった。 第一発見者の証言では、慶山の悲鳴を聞いてアトリエのドアまで駆けつけたところ、途中で梯子の倒れる音がし、その後刺された慶山を見かけたという。 それまでの間、犯人の逃走経路並びに脱出した痕跡は無いに等しい密室の状態だった、そして慶山は今際の際に、「眠り姫と妖精」を指差していた。 麗子と風祭は改めて犯人がアトリエから脱走した謎を検証するも、めぼしい結果は得られなかった。 麗子は影山の気を惹きつけて事件の概要を語り、影山に促されるまま、話すほどではないと前置きしながらとっておきの閃きを披露する。 影山は「 まさに、お嬢様のおっしゃったとおりでございます。 確かに、お嬢様の凡庸な閃きなど、誰かに話すほどのものではございません。 聞くだけ時間の無駄でございました」と麗子の推理を一蹴。 そして自ら安楽椅子探偵のルールを破り、麗子と共に現場に赴き、密室の謎を解き明かす。 だがその現場で思わぬ非常事態が麗子と影山を襲う。 中里 真紀…フリーライター。 雑誌で美術関係の記事を書いており、慶山とは3年前から一緒に仕事をしている。 事件当時は慶山と会う約束をしていた。 相原 美咲…美大生。 母親が松下家の遠縁という関係から、松下家に下宿している。 生前の松下が「眠り姫と妖精」を書き始めている場面を目撃している。 松下 友江…55歳、慶山の妻。 慶山の異変を知った後に広明と現場に駆け付けた。 平然と自分の発言を翻意する図太い性格。 松下 広明…30歳、慶山の息子。 職業は彫刻家だが、麗子は彼の作品を見たことがないため、対外的にそう呼んでいると見ている。 友江には従順で、すぐに掌を返す友江の発言に振り回される。 松下 慶山…西洋画の大家と言われる高名な画家。 幻想的な絵画からリアルな人物画まで幅広い画風が特徴。 アトリエに書いた「眠り姫と妖精」の美女のモデルは真紀か友江かだといわれる。 忠犬バトラーの推理? 文庫版書き下ろしのショートショート 謎解きはディナーのあとで3 [ ] 犯人に毒を与えないでください 初出:『きらら』2012年1月号 - 2月号 37度2分の自称「高熱」をおして国立署に出勤した麗子はに居を構える元農家の桐山家当主・健作が青酸カリによって自室のベッド内で死んだ事件の捜査にあたることに。 ペットボトルの水と青酸カリを湯呑みで飲んでの自殺の線が濃厚だが、風祭が筋の通る推理を展開したことも相まって念のため関係者に話を聞く。 しかし彼らは一様に聞かれてもいない自分のアリバイを口にし、それが無意味とわかると健作が自殺であることを強調するという怪しい態度を見せる。 1週間前から愛猫の白猫・シロがいなくなったことが自殺の原因と目されるものの、誰もが死亡推定時刻以前に毒を仕込める可能性があり、現場に落ちていた切れた輪ゴムの謎を残したまま自殺か他殺どちらなのか判別出来ずにいた。 捜査が終わり、熱がわずか2分上がってベッドで寝込んだ麗子は、事件の判断を聞きたいと、これまでの概要を影山に話していく。 そして話を聞き終えた影山は「 なぜ、お嬢様は数多くの事件を経験しながら、一ミリも進歩なさらないのでございますか?ひょっとして、わざとでございますか?」と麗子を熱から飛び起こさせる暴言を吐いた後、事件の真相を突き止めていく。 桐山 健作…恋ヶ窪で先祖代々から農業を営んできた桐山家の当主を務める老人。 年齢は70代程。 自身も農業に従事していたものの、年には勝てず息子も後を継ぐ気がないため昨年に農業を引退した。 だが畑を手放す気は無く、農大を卒業を控える遠縁の男性に継がせようとしていた。 桐山 信子…69歳。 健作の妻の老婦人。 事件の第一発見者。 桐山 和明…健作の息子。 信子の連れ子であるため健作と血の繋がりは無い。 父の後は継がずに国分寺で無農薬野菜をウリにしたオーガニックレストランを経営しているが、経営は火の車だったとのこと。 桐山 貴子…和明の妻。 専業主婦だが、自身は趣味と茶の稽古事に熱中し、家事の大半を信子に任せている。 桐山 美穂…和明と貴子の娘。 今年入学したばかりの女子大生で、サークル活動と合コンに明け暮れる毎日を送っている。 相川 早苗…桐山家の通いのお手伝い。 辛辣な性格。 彼女の目には和明たちが言うほど健作がシロを可愛がっているように見えなかった。 自室に向かう前の健作から、輪ゴムを求められた。 この川で溺れないでください 初出:『きらら』2012年3月号 - 4月号 沿いの土手の藪の中で、若いチンピラの石黒の遺体が発見された。 しかし、遺体は陸で発見されたにもかかわらず、監察医が導き出した死因は溺死だった。 第一発見者で石黒の子分格の芝山の証言から、石黒が成城にいる親戚の世話になっていたことを知った麗子と風祭は、その親戚である神崎家の許に赴き聞き込みを開始するが、神崎家には死亡推定時刻に自宅に客を呼んで花見をしていたというアリバイがあった。 やがて麗子と風祭は、石黒の住むアパートの浴槽の中から多摩川での溺死に見せかけようとしたと思しき藻草を発見、さらに石黒と神崎家の思わぬ人間関係を突き止める。 捜査後の宝生邸、庭で桜を満喫する麗子は影山に捜査の一部始終を伝える。 そして「 お嬢様はわたくしと比べて目だけはよろしいものと思っておりましたが、どうやら見当違いでございました。 目の前にあるヒントにまるでお気づきにならないとは……わたくしお嬢様には心の底からガッカリでございます」と麗子を桜の幹に突っ込ませる暴言で見過ごされたヒントの存在を指摘し、陸に上がった溺死体の謎を紐解いていく。 神崎 正臣…成城の地元で代々から続く不動産業を営む神崎家の主人。 神崎 佐和子…50歳、正臣の妻。 世間体を気にしてパトカーを門前ではなく敷地内の駐車スペースに止めるよう麗子たちに要請する。 事件があった日の翌朝、コンビニに醤油を買いに行っていた。 神崎 祐次…25歳、神崎家長男。 父親の会社で社長補佐を務めている。 境遇の違いからか石黒に対して関心を示さない。 神崎 詩織…21歳、神崎家長女で祐次の妹。 4月に4年生になったばかりの女子大生。 境遇の違いからか石黒に嫌悪感を示す。 石黒 亮太…事件の被害者。 学生時代から手をつけられなかったという立川の地元では有名なチンピラで、服装のセンスもチンピラと相違ない風祭と似たり寄ったり。 親戚の正臣の世話になってから羽振りが良くなった。 芝山 悟…事件の第一発見者で、石黒の弟分。 石黒を兄貴と慕い、石黒のファッションセンスを忠実に受け継いでいる。 怪盗からの挑戦状でございます 初出:『きらら』2012年5月号 - 6月号 仕事を終え、宝生家でディナー中の麗子宛に、「レジェンド」と名乗る人物が明日の深夜0時(一応厳密に言えば明後日の深夜0時)に清太郎のコレクションの一つで、死後に作品の評価が高まった・高森鉄斎による数百万の値打ちがする「金の豚」を盗むと予告状が送り付けられた。 宝生家令嬢の身分が発覚する恐れから管轄の国立署に相談できずに悩む麗子は、事情を聞いた清太郎の薦めで宝生家かかりつけの私立探偵・御神本光一に警備を依頼することに。 「金の豚」は同じ作者のものでありながら出来はイマイチな「銀の豚」と共に清太郎の書斎に飾られていた。 御神本は日頃より麗子からの人望が無い影山を外し、唯一の出入口である書斎のドアに鍵と閂の2重ロックを施した上で麗子と部下3人の計5人で書斎内に籠城し監視する。 しかし麗子達は自分達で用意したコーヒーに仕込まれた睡眠薬で眠らされ、その隙に「金の豚」ではなく「銀の豚」が盗まれ、怪盗レジェンドは麗子達の目の前で逃亡してしまう。 その後、麗子達の中に内通者がいるという見解が濃厚となるが、麗子達が目覚める間に密かに影山が見張っていた書斎のドアからは誰も出入りしていなかった。 幾重の包囲網を潜り抜けた手際を前に怪盗レジェンドを奇跡の大泥棒だと観念する麗子。 だが、影山は「 お嬢様、いま少しばかり脳みそをご使用になられてはいかがでございますか」と暗に頭を使えと発言した後、麗子と御神本達の前でレジェンドの正体とその完全犯罪の全容を明かしていく。 御神本 光一…3代に亘って宝生家に仕えている「御神本探偵事務所」3代目所長の私立探偵。 麗子も今までその存在を知らなかった。 白黒のドット柄のジャケットを羽織った遊び人風の気障な男性で自信家だが、実力には疑問符が付き、レジェンドを前では後れを取ってしまう。 朝倉 美和…御神本の助手。 御神本とは対照的に地味な装いながら、女性の魅力も振りまく女性。 大松、中園…「御神本探偵事務所」所属の探偵で、御神本が特に成績優秀と太鼓判を押す2人である。 大松は筋骨隆々の体型、中園は謹厳実直そうな中肉中背の男性。 怪盗レジェンド…麗子に「金の豚」を盗むと予告状を出した怪盗。 麗子や影山もレジェンドの名を聞いたことはなく、新手の怪盗とみられる。 「は、はは、ははは、はははは」と「は」の数が一個ずつ増えるような独特の哄笑が特徴。 殺人には自転車をご利用ください 初出:『きらら』2012年7月号 - 8月号 ディナーの後、自転車を見たいと影山に清太郎が収集した数多くの自転車専用のガレージへと案内させた麗子。 その理由はで老婦人が殺害された事件の捜査が難航しているためだった。 被害者の資産家・佐々木澄子は死者を冒涜するかの如く、自宅の屋敷で子供用の椅子に座らされた状態で発見された。 遺産絡みで澄子を殺す動機のある人物として、彼女の甥で元の平沢健二が捜査線上に浮上するが、平沢には死亡推定時刻の午後9時頃には自宅で友人や家族と一緒に過ごしていたというアリバイがあった。 しかし唯一彼らの目から15分姿を見せない時間があったため、麗子と風祭はその時間の間に自宅から澄子の家まで往復10kmの道を往来したロードバイクの目撃情報を得ようと聞き込みを開始、コンビニでたむろしている若者達からその証言を得る。 しかし彼らによるとそのロードバイクに乗った人物は立川方向に向かってからわずか5分で引き返してきたとのことで、競輪選手でも出せない時速約100kmの速さが無ければ往復は不可能だった。 ガレージ内で麗子の話を聞いていた影山は退屈さを露わにし、「 失礼ながらお嬢様。 どーでもいいアリバイ崩しに血道を上げる警部も警部ですが、それにお付き合いするお嬢様も風祭警部とどっこいどっこいでございますね」とこの場にいない風祭を貶しつつ、麗子に最も屈辱的な暴言を浴びせた後、平沢の犯行時の行動を推理していく。 平沢 光一…国分寺北市に住む無職の男性。 かつて競輪選手だったが、4年前の落車事故で腰を痛めてから成績不振に陥り、2年前に引退した。 澄子の甥で唯一の近親者だが、澄子からの愛情は淡白で、娘の美奈がいる関係から遺産を譲り受ける権利を得ている。 平沢 江里子…平沢の妻。 叔母にあたる澄子の死に対して、夫と同様やや芝居掛かった反応をする。 平沢 美奈…平沢の一人娘、「かもめ幼稚園」に通う幼稚園児。 光一と対照的に澄子に可愛がられていた。 一目見た風祭を「変なおじちゃん」と称する無垢な鋭さを秘めている。 佐々木 澄子…72歳、日本家屋に住む被害者の老婦人。 亡くなった夫が不動産業を営む資産家だったため、年金暮らしだがその遺産もあり裕福な暮らしをしていた。 丸山 美鈴…佐々木家の通いの家政婦。 澄子やその周辺の人間を持ち上げる証言をするが、風祭と麗子の「で、実際のところは?」の念押しで態度を一変する。 彼女は何を奪われたのでございますか 初出:『きらら』2012年9月号 - 10月号 マンション建設現場で女子大生の木戸静香の絞殺遺体が発見される事件が発生。 だが被害者は着衣のワンピース以外、靴やベルト、掛けていた眼鏡等々、身に着けていたものを一切合財犯人に盗まれていた。 唯一残された大学のハンカチを頼りに被害者が通う私立カトレア大学へ聞き込みに当たった麗子と風祭は事件前日の目撃証言から犯人が彼女の私物全てを盗んでいたことに確信を抱き、木戸と親交のあったOBの寺岡浩次から風祭と話を聞いた麗子は寺岡に疑念を持つ。 その夜、いつものように麗子を促して捜査の話を聞いた影山は、犯人の真意を見抜けないでいる麗子に「 失礼ながら、お嬢様。 この程度の謎で頭を悩ませておいでとは、お嬢様は本当に役立たずでございますね」と言い放ち、犯人が本当に盗みたかったものを推理する。 その後、影山の推理によって犯人に目星をつけた麗子は、確固たる証拠を掴むため、影山の協力を得て犯人に対してカマを掛けていく。 木戸 静香…以前は女子大だった「私立カトレア大学」の文学部3年生で映画研究会所属。 眼鏡を掛けた清楚な雰囲気を漂わせる女性。 寺岡 浩次…「私立カトレア大学」OBで元映画研究会部長。 現在は銀行勤務で、静香とは休日に一緒に映画を観に行ったりしていた。 水野 理沙…「私立カトレア大学」文学部2年の映画研究会所属で、静香の後輩の女子大生。 夏物一掃バーゲンセール帰りの喫茶店で生前の静香と遭遇、上目遣いの視線を向けられを受け入れかけた後、去り際の静香の不可解な行動を目撃した。 なお、その後、影山を伴い、同じくバーゲンセールの買い物をしていた麗子を見ていた。 杉原 俊樹…「私立カトレア大学」文学部3年で映画研究会所属。 静香とは中学時代から親しく「サークル公認の仲」だが、静香には男女の関係を否定されている。 西田 真弓…「私立カトレア大学」経済学部2年の映画研究会部長。 短い茶髪で活発な雰囲気のある女性で、さっぱりとした性格。 さよならはディナーのあとで 書き下ろし アパート経営者の清川隆文が国立市の邸宅内で自前の木刀で撲殺される事件が発生。 現場の廊下に面した清川の妻・芳江の部屋と清川家の書斎が荒らされていたことから1ヶ月前より発生していたピッキングによる連続窃盗事件の窃盗犯による犯行説が浮上。 とはいえ窃盗犯の犯行に見せかけた殺人の可能性も否定できないため、清川の家族にアリバイを確認するが、全員事件前のアリバイが無いに等しい状態だった。 だが、部屋の中に人影を目撃したという隣に住む老人からの証言により、風祭は窃盗犯の犯行に確信を持つ。 一方、犯人は窃盗犯か清川家の人間なのか、判別できない麗子から詳細を聞いた影山は「 失礼ながら、お嬢様は無駄にディナーをお召し上がりになっていらっしゃいます」と意図不明の言葉を告げ、続けさまに「無駄飯食い」と直訳して麗子を激怒させながらも、事件の真相を推理し解決に導いていく。 しかしこの事件の後、影山と風祭を巻き込みながらの、麗子の謎解きに纏わる生活に、一つの終わりを迎える出来事が起きる。 清川 芳江…隆文の妻。 きつめの性格で、風祭にぶすっとした態度で応じる。 事件当時は結婚する知り合いへのお祝いの品を見に新宿にいた。 隆文との夫婦仲は冷え切り、若い男性と浮気をしていたらしい。 新島 喜和子…40代、清川家の居候。 離婚して住む場所が無くなったため、親戚である隆文に自宅に住まわせてもらっていた。 事件当時は国分寺にスロットをしに出かけていた。 芳江との折り合いは悪く、麗子達に芳江の浮気を暴露し、芳江と取っ組み合いの喧嘩を繰り広げる。 清川 智美…24歳、清川家長女。 有名保険会社の国立支店に勤務する。 事件当時は交際相手と目される同僚と立川で映画を観ており、その同僚との関係を否定している。 清川 雅美…20歳、清川家次女。 「私立カトレア大学」の2年生。 事件当時は洋服を買いに朝から吉祥寺に出かけており、自宅に帰った時に父の遺体を発見した。 清川 隆文…50代、清川家主人。 国立市に幾つかのアパートを所有する資産家でもある。 趣味はゴルフ。 剣道の心得があり、庭で毎日木刀で素振りをしていた。 野崎 亮吉…清川邸の隣に住む老人。 家の2階のガラス窓越しから、芳江の部屋にいた人影の姿を目撃した。 探偵たちの饗宴 初出:『』2014年5月号 『』とのコラボレーション短編。 文庫版にのみ収録。 テレビドラマ・映画 [ ] 詳細は「」を参照 舞台 [ ] 劇団「」主宰・の脚本・演出により舞台化、2012年8月31日から9月9日までで上演された。 西山は今作で舞台初出演となる。 舞台化はドラマ化が決まる前から決定していたという。 出演 [ ]• 影山 -• 宝生 麗子 -• 風祭警部 -• スタッフ [ ]• 脚本・演出 -• 美術 - 秋山光洋• 照明 - 斎藤真一郎• 音響 - 尾林真理• 映像 - ムーチョ村松• 衣装・宣伝スタイリスト - 山下和美• ヘアメイク - 川端富生• 作曲 -• 音楽 -• 振付 - EBATO• アクション - 梶武志• 演出助手 - 山崎総司、松倉良子• 舞台監督 - 村岡晋• 宣伝 - ビーオネスト• 宣伝美術 - 川瀬豊(LOGGIA)• カメラマン - 本多大介• 宣伝ヘアメイク - KEN• キャスティング協力 - 河村剛史(ビーオネスト)• 票券協力 - サンライズプロモーション東京• 票券 - 渡部愛• 制作 - 笠原健一• アシスタントプロデューサー - 安希京、西脇彩香、大前典子• プロデューサー - 周防彰悟、松田誠• 特別協賛 -• 主催 - 、 オーディオブック [ ] の「」(現在の名称は「audiobook. jp」)にて2017年5月27日より第1巻の内容がオーディオブックになった。 キャスト• 宝生麗子 -• 影山 -• 風祭 -• 朗読 -• 脚注 [ ] []• - BOOK. asahi,com:朝日新聞社の書評サイト 2010年11月7日• - 日経BP 2011年4月13日• - 2011年12月1日• com(朝日新聞社)2011年12月2日• - MANTANWEB(まんたんウェブ) 2011年11月17日• - オリコン 2012年12月20日• 『日経おとなのOFF』2011年9号11頁及び第一作文庫版解説でのの書評より• 第一作より「二股にはお気をつけください」、第二作より「アリバイをご所望でございますか」、第三作より「犯人に毒を与えないでください」• 『』2012年4月16日• animate Times. 2017年5月26日. の2017年7月21日時点におけるアーカイブ。 2019年4月1日閲覧。 audiobook. 2019年4月1日閲覧。 外部リンク [ ]• 関連項目 [ ]• - ドラマ版において同作を意識したネタが登場している。

次の

謎解きはディナーのあとで

謎 解き は ディナー の あと で 8 話

概要 [ ] からまで系で放送された。 第1話は21時 - 22時9分までの15分拡大、第5話は「第3戦 対戦」の中継延長のため21時50分 - 22時44分の50分繰り下げ、第6話は「男子・日本対キューバ戦」の中継延長のため21時10分 - 22時4分の10分繰り下げ、第7話は「2011年ワールドカップバレーボール男子・日本対アメリカ戦」の中継延長のため21時15分 - 22時24分までの15分繰り下げ15分拡大、最終話は21時 - 22時24分までの30分拡大放送。 最終話の放映に合わせ、からまで15時57分-16時53分の枠で第1話から第9話が再放送された。 影山役をが演じている。 放送終了後ににて放送の『』(本作と同じ原作者のテレビドラマ化作品)にも本役でゲスト出演した。 宝生麗子役のは原作の企画に携わり北川と旧知の仲だったフリーの編集者の推薦でキャスティングされた。 撮影中、その人物が櫻井の愛読書である絵本『』の原作者の息子である事が分かり、櫻井と北川はその話で盛り上がったという。 原作の主人公は宝生麗子であるが、ドラマでは影山の活躍を前面に出す形を取り、「として主の事を常に見守る」という部分を強調している。 初回は原作に沿っているが、2話以降は犯人や登場人物の設定を変更する、原作通りの真相にたどり着いたと思ったらどんでん返しが入る、などのオリジナルの仕掛けも盛り込んでいる。 随所に風の演出が入るのが特徴で、他にも北川は劇中でも担当する。 また、の隣にあるの洋館がロケ地(宝生の住居)となっている。 略称は「 謎ディ」。 にスペシャル版が放送。 「完全な密室などございません」を原作としたストーリーで、国立以外にも沖縄と香港を舞台とし、影山のラブロマンスも描かれる。 なお、冒頭には「聖なる夜に密室はいかが」でのトリックを応用したオリジナルの事件が挿入されている。 また、から映画も公開、それに先駆けて - に『スペシャル〜船上探偵・影山』、2日に『スペシャル〜風祭警部の事件簿〜』が放送された。 『』の「ドラマ部門」優秀賞を受賞。 キャスト [ ] 主要人物 [ ] 影山(かげやま) 演 - () 物語の主人公で宝生家。 前任の執事・唐沢から交代したばかり。 「お嬢様を陰からお守りするのが執事の最も重要な務め」と称し、唐沢がしてきた様に、時に様々な職種に変装し、捜査中の麗子の側に潜伏して見守っている。 そのために様々な特技を披露する。 だが、仕事や麗子をそっちのけで自分の趣味や関心事(漫画や、ミステリーなど)に耽ったり、如何なる時でも「執事の権利」としてティータイムを優先させたり(野球好きの血が騒いだときは例外)、果ては現場から興味を惹かれた物を持ち帰ったりと相当マイペースなところがある。 しかし執事としての仕事もちゃんとこなしており、時折本心から麗子を気に掛ける一面もある。 毎回、麗子に顔を近づけて浴びせる屈辱的な暴言で彼女の逆鱗に触れた後、麗子を屈服させてから番組タイトルの通り、「謎解きはディナーのあとに致しましょう」と麗子に未だ済んでいないディナーを勧めることが、推理を始める合図となっている(しかし、例外的にこのパターンが崩れることもある)。 基本的に麗子が暴言に対し意地を張ると、突き放すような態度をとり、麗子が屈服すると初めて推理を語りだすため、麗子に「ドS執事」と言われる。 逆に麗子が暴言を警戒し、事件の概要を語ろうとしない場合は、興味や良心、刑事としての職務を天秤にかける言葉で彼女を巧みに刺激する。 基本的に自分では捜査を行わないため、麗子から聞いた情報で推理をする所謂である(が、時々潜伏先で事件と関連のあるものを見つけていることもある)。 そのため麗子の情報伝達に不備があると真相に辿り着けないという弱点も持つ。 宝生麗子(ほうしょう れいこ) 演 - (幼少期:) 物語のヒロインで宝生グループ令嬢・警視庁国立署刑事。 24歳。 の黒縁眼鏡をかけた刑事の姿のときは、地味で堅実な性格で風祭警部のツッコミ役だが、お嬢様としての地の性格は世界的グループの令嬢だという自負から、非常にプライドが高く負けず嫌い。 加えて職場では風祭警部の自由奔放ぶりに終始振り回され、彼を慕う同僚達からは逆恨みも甚だしいに遭うなどして、を溜め込んでおり、プライベートの場(特に影山と二人きりの時)では必要以上に高飛車でワガママに振るまう事で日々のフラストレーションを発散させている。 毎回のように影山の暴言に激怒し「クビよクビ! 絶対クビ! 」などと大声で連発する。 しかし事件を迷宮入りさせるわけにはいかないため、いつも影山に屈服している。 誰よりも純粋なまま大人の女性になった、天真爛漫な性格。 そのため「人間の心に潜む闇」や人間心理の機微を理解できないところがあり、そうした時に影山から「お忘れなきよう」と忠告を受けている。 影山の推理後は、全ての真相を確かめるため、影山を伴いお嬢様としての姿のまま自ら犯人の元に赴き、事件を解決に導くが、事件の関係者や風祭は、この時の麗子が刑事の宝生麗子と同一人物ということに気付くことがない。 お調子者で美人に弱い風祭警部に刑事としては振り回され、令嬢としては好意を寄せられるのを迷惑に思っており、彼との電話をいつもブチッと切るのがお約束になっている。 健在が語られる家族は原作では父・宝生清太郎のみだが、ドラマでは母親も健在で、夫婦ともに世界を飛び回っている様子である。 風祭京一郎(かざまつり きょういちろう) 演 - (少年期:) 40歳独身の警視庁国立署警部・風祭モータース御曹司。 所持する高級品を誇示し、自分の推理に酔いしれたり、事件解決時にも真相は最初からわかっていたようなことを嘯くなど、原作以上にナルシストかつ見栄っ張りな性格で、刑事姿の麗子を毎回の如く振り回している。 美人に弱く事情聴取中も何かとすぐアプローチする。 現場検証時の「はいはいはいはいはい! 」、捜査終了時の「お疲れちゃん」が口癖。 また、事情聴取の際によく疑問形の語尾(「〜でした か? 」など)を強める癖もある。 刑事としての麗子には捜査における相方としては非常に気に入っている一方で、女性としては見ていないのか、ほとんどモーションはかけないが、お嬢様としての姿の麗子に何度も出会っていながらも自分の部下だとは気付かないまま惚れており、影山の機転で麗子を香港出身の令嬢・「ホウ・ショウレイ」だと思い込み、ショウレイのフィアンセで通っている影山にライバル心を燃やしている。 しかし事件現場に必ずショウレイの姿があること、入国ゲートに記録がないことには少なからず不審を感じてもいる。 推理力は麗子が「小学生レベル以下」と評するほど乏しいが、ごく稀に、彼のどうでもいいような行動から得られた情報が影山の推理に活かされ、事件解決の糸口になることもある。 この点で影山には「ミラクルなお方」と讃えられている。 聞き込み中などでも、食べる機会があれば何かしらの料理や菓子を頬張っており、特に甘い物やなど子供向けの食べ物を好む傾向が見られる。 国立署 [ ] 並木誠一(なみき せいいち) 演 - 国立署刑事。 新人にも関わらず、上司の風祭からお気に入りとされている麗子に嫉妬して、「まだまだ駆け出し」と一方的に目の敵にして、蔑視や嘲笑などのに事欠かさない。 風祭に便乗して、麗子を「お嬢さん」と呼んだりする等、基本的には麗子には徹底して冷たく、皮肉かつ淡々とした態度を向けるが、彼女以外の警察メンバー(特に風祭に対して)には面倒見がいい。 山繁悟(やましげ さとる) 演 - 国立署鑑識員。 並木同様、風祭に重宝されている麗子を快く思っておらず、彼女に対して馬鹿にした態度をとっており、並木と共に風祭から「お嬢さん」と呼ばれる麗子をからかっている。 風祭に影響されているのか、節々に擬音や身振りが混じる鑑識報告が特徴。 宗森あずみ(むねもり あずみ) 演 - 江尻由香(えじり ゆか) 演 - 上記2名は国立署の女性警察官。 「風祭シスターズ」として二人とも風祭に惹かれ、二人で色仕掛けで風祭に言い寄っている。 二人で風祭に自分たちのどちらを選択するかを迫り、結局どっちつかずな回答を風祭に返されてうやむやにされるのがお約束。 「ホウ・ショウレイ」について調べるなど、風祭の手足として動くこともある。 二人共、並木と山繁同様、何かと風祭から優遇されている麗子に嫉妬しており、特に江尻は麗子の事を一方的に嫌っている。 一方、宗森は他の三人に比べ、露骨に嫌悪する様な描写は少なく、ある程度は友好的に接している。 ゲスト [ ] 第1話 [ ] 唐沢 演 - 影山の前任である宝生家執事。 執事としての業務を蝶ネクタイと共に影山に託した。 幼児期の麗子に襲い掛かった野良犬をで追い払ったり、小学生の麗子が遠足の時に弁当を落としたら、新しい弁当を拵えたり、と麗子が生まれてから常に麗子について見守っており、麗子が写っている写真には唐沢も心霊写真のように写っていた。 劇場版にも登場。 麗子に対する愛情ゆえのストーキングぶりは健在だが、影山に対しては少々先輩面になっている。 田代博之(たしろ ひろゆき) 演 - 吉本の元恋人・大手IT企業のエリート社員。 1年程前に派遣された瞳と交際するが、瞳が別の会社に派遣されたのをきっかけに自然消滅していた。 吉本瞳(よしもと ひとみ) 演 - 「コーポ国立」に住む派遣社員。 自身の部屋でブーツを履いたままの遺体となって発見される。 河原健作(かわはら けんさく) 演 - 「コーポ国立」の大家。 白井靴子(仮名)(しろい くつこ) 演 - 田代の彼女。 「白井靴子」という名は、麗子が彼女のことを「白いを履いている女性」と証言したことから、影山が付けた暫定的な呼称。 最後まで名前は明かされなかったため本名不明。 プライドが高い人物像と伺える。 杉村恵理(すぎむら えり) 演 - 「コーポ国立」の住人で瞳の飲み友達。 事件の第一発見者。 森谷康夫(もりたに やすお) 演 - 「コーポ国立」に住む大学生。 第2話 [ ] スナックのママ 演 - 辰夫が死ぬ前に飲んでいたスナックのママ。 1か月以来店に来た辰夫が、十八番の「赤いスイートピー」の歌い出しと共に泣き出した場面を目撃している。 経費削減に苦心し、おしぼりを煮沸したり手作りでからしを作ったりしている。 若林辰夫(わかばやし たつお) 演 - 62歳、「若林動物病院」院長。 青酸カリを入れたワインを飲んで自殺したと見られるが、影山は殺人だと断定する。 雅美との結婚を考えているが、輝夫達から猛烈に反対された。 若林輝夫(わかばやし てるお) 演 - 辰夫の弟・獣医。 若林圭一(わかばやし けいいち) 演 - 辰夫の長男・内科医。 若林春絵(わかばやし はるえ) 演 - 圭一の妻・看護師。 若林修二(わかばやし しゅうじ) 演 - 辰夫の次男・医大生。 藤代雅美(ふじしろ まさみ) 演 - 若林邸の家政婦。 近藤雄太(こんどう ゆうた) 演 - 若林邸の向かいに住んでいる少年。 夜中に若林邸から火の玉を見たと証言する。 辰夫をおじいちゃん先生と呼ぶ。 第3話 [ ] 小林忠彦(こばやし ただひこ) 演 - 野崎が殺されたホテルのボーイ。 野崎の部屋から鞄を持って出ていった身長180cm前後の男を目撃した。 黛香苗(まゆずみ かなえ) 演 - 民友党幹事長黛弘蔵の娘。 野崎の婚約者で、父親の地盤を継がせることを前提とした付き合いをしていた。 澤田絵里(さわだ えり) 演 - 東都テレビアナウンサー。 野崎とは取材を通じて知り合ってから交際しているが、野崎の浮気癖を知っても容認している割り切った関係性に甘んじている。 斉藤アヤ(さいとう アヤ) 演 - 野崎の選挙運動学生ボランティアスタッフの女子大生。 野崎とは自身の進路について相談していた。 野崎を学生スタッフとのボウリングに誘うが断られた。 野崎伸一(のざき しんいち) 演 - 民友党所属の国会議員。 大物政治家の闇献金疑惑を追及していることで話題を集め、民友党の若手のホープとしても注目されていたが、泊まっていたホテル内でパンツ一丁のままで殺害された状態で発見される。 ルックスの良さから女性からもモテる。 宮下弘明(みやした ひろあき) 演 - 野崎の第一秘書。 事件の第一発見者で、野崎が闇献金絡みで殺されたと確信している。 杉原聡(すぎはら さとし) 演 - 野崎のボディガード。 小林の目撃した男の特徴と一致しているが、本人は犯行を否認し、野崎の部屋に身長160cmの女性が入ったと証言する。 影山の解説用ビデオの出演者。 その最中でも自分達の持ちネタ 「幽体離脱〜」など を交えていた。 第4話 [ ] 在園寺琴江(さいおんじ ことえ) 演 - 在園寺家当主。 在園寺家は明治から続いていた名家だったが、没落して屋敷の維持が困難となったため沢村家に援助を求めたという背景がある。 年齢は50過ぎだが、未だに独り身である。 影山の執事としての質を認めている。 有里の結婚式では、の香水をつけ、チュールのドレスで出席する。 吉田 演 - 在園寺家執事。 50年の間、在園寺家に仕えており、琴江との信頼関係は深い。 沢村有里(さわむら ゆり) 演 - (幼少期:) 沢村家長女。 麗子とは幼稚園以来の幼馴染で、麗子にはお嬢様としての格は下に見られているが、自身の結婚によりひがまれている。 部屋の中で休んでいたところをナイフで刺され重傷を負う。 琴江を慕っている。 三浦 演 - 現場付近の交番勤務の巡査。 有里が刺された事件の捜査のために風祭に呼ばれた。 影山が余計な証言をしてしまった事も相まって、現場の状況から麗子を犯人だと推理し、彼女を窮地に立たせる。 細山照也(ほそやま てるや) 演 - 42歳、有里の結婚相手・在園寺家の顧問弁護士。 有里とは18歳も年が離れている。 在園寺家の顧問弁護士となったのは財産目当てで、有里との結婚は沢村家に乗り換えるためだったという。 風祭の先輩という間柄。 沢村孝子(さわむら たかこ) 演 - 有里の母親。 沢村佑介(さわむら ゆうすけ) 演 - 有里の弟。 沢村美幸(さわむら みゆき) 演 - 有里の妹。 第5話 [ ] 江崎建夫(えざき たてお) 演 - 「国立ち日記」作画担当。 「国立ち日記」が売れてから増長しており、デビュー前から交際していた由美と女遊びを理由に破局している。 最近由美とは「国立ち日記」の方向性を巡り喧嘩が絶えず、最終回を目前にコンビを解消して他の原作者と組もうとしていた。 菅野由美(かんの ゆみ) 演 - 「国立ち日記」原作者。 江崎とは対照的に質素に生活し、自分の作品である「国立ち日記」の事を考えていた芯の強い女性だった。 江崎との揉み合いの中でナイフに刺され死亡。 「国立ち日記」は連載12年発行部数3000万部以上の人気コミックで、バンドを組んだ国立在住の男女の物語は国立市民にバイブルとして愛されている。 松原久子(まつばら ひさこ) 演 - 「河井荘」住人・パート勤務。 事件当夜、アパートで生前の由美を目撃している。 権藤寛治(ごんどう かんじ) 演 - 国立神社宮司。 事件の第一発見者で、事件のあった夜、女物のバッグを持った二枚目風の優男を見たと証言する。 友岡弘樹(ともおか ひろき) 演 - 「国立ち日記」編集者。 事件当夜に江崎と仕事の打ち合わせをしていたと証言する。 大家 演 - 由美の住む古びたアパート「河井荘」の大家。 マスター 演 - 喫茶「ルパン」のマスター。 犯行推定時刻に店の中にいた江崎を目撃している。 第6話 [ ] 店員 演 - () 薬屋の店員。 恭子が突如として笑い出している場面を目撃する。 藤倉文代(ふじくら ふみよ) 演 - 藤倉家当主・幸三郎の妻。 「国立七不思議」の一つとして語られている「紅バラの祟り」の存在を信じる迷信深い性格。 藤倉幸三郎(ふじくら こうざぶろう) 演 - 「藤倉ホテル」会長。 藤倉家には婿養子として迎えられている。 薔薇の栽培が趣味。 恭子が住み着いてから、彼女が住んでいる離れに近づくと具合が悪くなったりしている。 藤倉雅彦(ふじくら まさひこ) 演 - 「藤倉ホテル」社長・婿養子。 俊夫とは折り合いが悪く、恭子との結婚も反対していた。 藤倉美奈子(ふじくら みなこ) 演 - 藤倉家長女・雅彦の妻。 ずっと実家から離れていたにもかかわらず、恭子を伴い突然戻ってきた俊夫について「藤倉家を乗っ取るつもりだ」と邪推している。 藤倉俊夫(ふじくら としお) 演 - 藤倉家長男・恭子の恋人。 寺岡の仲介で恭子と知り合い、彼女との結婚を認めてもらうために恭子を藤倉家に住まわせていた。 寺岡裕二(てらおか ゆうじ) 演 - 藤倉家の親戚。 恭子は大学時代の後輩。 高原恭子(たかはら きょうこ) 演 - スナック「菓子」ホステス。 1か月前から藤倉家に居候していた。 「紅バラの祟り」が噂されている薔薇園で遺体となって発見される。 黒川紅子(くろかわ べにこ) 演 - 明治時代、藤倉家に仕えていたメイド。 当時、藤倉家の長男と身分違いの恋に落ちたが、それを快く思わない藤倉家の人間にペットの黒猫を殺され、その後薔薇園で自殺。 以降薔薇園の薔薇に手を出した人間には不幸な出来事が起きることから「紅バラの祟り」として伝えられている。 辻本郁子(つじもと いくこ) 演 - スナック「菓子」のママ。 昔はグラビアをしていたという。 藤倉里香(ふじくら りか) 演 - 美奈子と雅彦の娘。 物置小屋で、怪我をしていた黒猫の介抱をしていた。 第7話 [ ] 藤咲孝太郎(ふじさき こうたろう) 演 - 帽子専門店「Cloche」店主。 うっかり口を滑らせ麗子を「カモ」呼ばわりしてしまう事があるものの、彼女が小学生の頃から懇意にされている親しい間柄。 ぎっくり腰の麗子の依頼で新作の帽子を宝生邸に持参し、その後、麗子と影山と共に捜査映像を鑑賞する。 帽子への造詣も深く、帽子に対して一際の愛情を抱く温厚な人物。 米山昇一(よねやま しょういち) 演 - () 43歳、「米山自動車整備」オーナー兼修理工。 美紀の住んでいた家の大家。 2年前に車の修理に来た美紀と知り合った。 増渕信二(ますぶち しんじ) 演 - 57歳、国立市立大学教授。 美紀はかつての教え子という間柄で、美紀に貢がされていた。 興奮すると声がのようになる。 安田孝彦(やすだ たかひこ) 演 - 31歳、無職。 美紀の元彼で、給料を始めとした全財産を貢ぎ車も買わされていた。 久保早苗(くぼ さなえ) 演 - 美紀の同僚。 美紀と服の貸し借りをしていたため、美紀の家を訪ねた際に美紀の遺体を発見する。 上司 演 - 「Harmony Clothes」社員で美紀の上司。 終始ノリが軽い。 藤咲幸代(ふじさき ゆきよ) 演 - 藤咲の娘。 洋服のデザイナー。 父親の帽子と、自身がデザインした服でお客をトータルコーディネートすることが夢。 神岡美紀(かみおか みき) 演 - 「Harmony Clothes」デザイナー。 社内では後輩をいびっており、私生活では複数の男性に貢がせていた。 風呂の中で溺死していた。 第8話 [ ] 森雛子(もり ひなこ) 演 - 麗子の高校時代からの友人。 商社マンを父親に持つ。 麗子らが高1の秋に海外の高校から麗子が通う高校に転入してきた。 おっとりした性格で、麗子らに敬語を使う。 麗子に「タマちゃん」宛のラブレターを託したことがある。 桐生院綾華(きりゅういん あやか) 演 - 高校・大学時代の麗子の友人。 歴史ある桐生院財閥の令嬢で、何かと麗子と張り合い喧嘩している。 高飛車なお嬢様タイプ。 宮本夏希(みやもと なつき) 演 - 麗子の中学時代からの友人。 家族が代々から続く医者の家系である。 さばさばした姉御肌。 木崎麻衣(きざき まい) 演 - 麗子の高校時代からの友人。 父親が日本画の巨匠・木崎観山、母親が書道家・木崎万葉という芸術家一家の身の上で育った。 メンバー内では控えめな性格。 染田松五郎(七代目)(そめだ まつごろう) 演 - 歌舞伎役者・麗子の先輩。 麗子達からは屋号の玉乃屋から「タマちゃん」と呼ばれている。 自身が主演の刑事ドラマの警察監修を務める風祭をなぜか信用しきっており、彼の言動を終始真に受ける。 学生時代から女性からの人気が高い。 西山珠樹(にしやま たまき) 演 - 松五郎の付き人。 麗子が高1の時のクラスメートだが、女子とあまり話さなかったため面識が少なく、顔も覚えられていなかった。 雛子に9年間片思いをしており、雛子が憧れている松五郎に近づくために付き人になった。 手代木瑞穂(てしろぎ みずほ) 演 - 松五郎の姉でマネージャー。 麗子と綾華とはパーティを通じて面識がある。 永瀬千秋(ながせ ちあき) 演 - モデル。 松五郎の婚約者で瑞穂とも面識がある。 会社員 演 - () 影山の推理シーンに登場。 麗子を知り声を掛けるが、麗子は彼のことを知らない。 第9話 - 最終話 [ ] 佐藤武雄(さとう たけお) 演 - 天童静子の担当編集者。 長年に渡り静子を担当し、外部の人間との橋渡し役も担っている。 少年野球の西東京リーグで最優秀投手としてトロフィーを送られているが、高校時代に肩を壊して野球を断念している。 天道静子(てんどう しずこ) 演 - 売れっ子ミステリー作家。 ミステリーの女王として名を馳せ、ミステリ好きの影山からも敬愛されている。 10年前から作風が変わっている。 人嫌いで他者との関わりを避けており、執筆のために屋敷に籠ることが多い。 現在体調を崩している。 娘の里美の父親に当たる男が財産を全て売って姿を消している。 宮地沙織(みやち さおり) 演 - グルメミステリー作家。 最近、文学賞果ては男を留美に取られており、怨恨がある。 立花邦夫(たちばな くにお) 演 - ハードボイルド路線のミステリー作家。 事件前は留美と一触即発寸前の喧嘩をしていた。 川俣宗助(かわまた そうすけ) 演 - トラベルミステリーの名手と言われるミステリー作家。 国岡次郎(くにおか じろう) 演 - ユーモアミステリーの旗手と言われるミステリー作家。 剣持留美(けんもち るみ) 演 - 新進気鋭の若手ミステリー作家。 第2の天道静子として注目されており、自分より売れていない先輩の作家を見下す強気で傲慢な性格。 他のミステリー作家が集った静子の家で撲殺され、現場にはと思しき「x」の文字が書かれている。 田口米子(たぐち よねこ) 演 - 天童家の家政婦。 容疑から外れていることもあり、風祭にないがしろにされている。 天道里美(てんどう さとみ) 演 - (幼少期:) 静子の娘・中学1年生。 静子から直接面倒を見て貰っていないため、親子としての関わりは少ない。 店主 演 - 影山が行きつけにしているケーキ屋「Noel」の店主。 かつては有名なだったと語る。 宝生清太郎(ほうしょう せいたろう) 演 - (最終話) 「宝生グループ」総帥・麗子の父親。 純粋な麗子を可愛がる子煩悩である一方で、麗子の成長を認めている。 留置所に入ることになった影山を宝生グループの力で早期に釈放させ、影山に麗子の「重大な秘密」を伝える。 なお、スペシャルでも回想でわずかに出演している。 留置所の男 演 - (最終話) 影山と同じ留置所に入った男。 いかにも強面な風貌で影山に恐れられていたが、影山とキャッチボールを通じて親しくなる。 スペシャル [ ] 鈴木元気(すずき げんき) 演 - 流しの絵描き。 自由を謳歌する陽気な性格で、風祭と意気投合する。 中里真紀(なかざと まき) 演 - 居酒屋「うちなー料理 あんまー」の女将。 鈴木とは一年前に彼の絵を買った縁で知り合い、居酒屋に間借りさせている。 田沼郁夫(たぬま いくお) 演 - 真紀の元夫。 粗暴な男で、離婚後も真紀に金をせびりにやってきては暴力を振るう。 手塚道則(てづか みちのり) 演 - ホテル内のバーの店主。 有名人のサインを集めるのが趣味。 島袋俊一(しまぶくろ しゅんいち) 演 - 風祭の従兄弟。 風祭と似通ったノリの持ち主で、お嬢様としての装いではない麗子をしきりに誘う。 服部祥子(はっとり しょうこ) 演 - 美術雑誌のライター。 取材のために松下慶山の家に来たところで、家が燃えていることに気づき通報した。 相原美咲(あいはら みさき) 演 - ファッションモデル。 慶山の絵のモデルもしていた。 為永友江(ためなが ともえ) 演 - 「為永画廊」のオーナー。 慶山と親交があり、画廊には慶山が注目され始めた時期に描かれた唯一の自画像も飾っている。 パンチアウト・ジョー 演 - 政府と繋がっている何者かが開催している闇ボウリングのチャンピオン。 全米プロでの優勝経験もある。 パスポートを無くしたレイコウの新たなパスポートを発行してもらうため、影山と勝負する。 記者 演 - 、 松下慶山焼死事件の取材にやってきた記者。 レイコウ 演 - 北川景子 影山が清太郎への年次報告のために立ち寄った香港で出逢った麗子と瓜二つの女性。 婚儀を迫るマフィアのボスの元から逃げたという事情から追われる身となり、影山と共に父親のいる沖縄まで目指す。 麗子とは対照的に淑やかな性格。 スペシャル 船上探偵・影山 [ ] 2013年7月30日 - 8月2日に放送された。 『映画 謎解きはディナーのあとで』では描かれない、スペシャルドラマ。 映画の舞台となるアジア最大級の豪華客船・プリンセスレイコ号。 あることから、探偵をすることになった宝生家執事・影山(櫻井翔)。 持ち前の冴えわたる名推理で、乗客たちの依頼を次々と解決していく"船上探偵・影山"の知られざる活躍を描かれた。 CASE1 船上泥棒にはご注意ください 7月31日水曜日(火曜深夜)0時45分 - 0時55分• CASE2 王子様をお探しでございますか? 8月1日木曜日(水曜深夜) 1時5分 - 1時15分• CASE3 絵筆はどこできえたのでしょうか? 8月2日金曜日(木曜深夜) 0時45分 - 0時55分• CASE4 秘め事には暗号をお使いください 8月3日土曜日(金曜深夜)1時5分 - 1時15分• スペシャル〜風祭警部の事件簿〜 [ ] 光川 演 - 風祭モータースに使えるメイド。 風祭にジェントルマンの真髄を教える。 風祭の推理の補足説明と称して風祭を立てながら謎を解いた本作の探偵役。 影山とは逆に、「褒めて伸ばす」方針。 佐藤夏希(さとう なつき) 演 - 「浦島本陣」宿泊客。 他の面々から佐藤薫だと思われていたが、本当は国立市の市長。 児玉絹江(こだま きぬえ) 演 - (青年期:) 竜宮温泉「浦島本陣」女将。 密室状態の納戸で殺害される。 資産家から得た慰謝料で負債を抱えていた安城家から旅館を買い取る。 阿部豊(あべ ゆたか) 演 - 風祭の同期。 国立警察署竜宮温泉駐在所巡査部長。 前田俊子(まえだ としこ) 演 - 「浦島本陣」中居兼女将の付き人。 女将に厳しく躾けられ、女将業務の大半を押し付けられていた。 実は、「浦島本陣」の跡取りになるはずだった安城美穂子その人。 児玉和美(こだま かずみ ) 演 - 児玉家長女。 「浦島本陣」客席主任。 琴美とは父親違いの姉妹に当たり、母親との血縁関係はない。 児玉琴美(こだま ことみ) 演 - 児玉家次女。 「浦島本陣」営業主任。 長女と同じく母親とは血が繋がっていない。 旅館が置かれている状況から将来の展望を考え、リゾート開発会社の佐藤を呼び寄せる。 手塚聡(てづか さとし) 演 - 「浦島本陣」板長。 金森秀太郎(かねもり しゅうたろう) 演 - 半海一晃 「浦島本陣」番頭。 安城淳子(あんじょう じゅんこ) 演 - 「浦島本陣」元若女将。 綿貫(わたぬき) 演 - () 国立市の飛地・竜宮温泉に暮らす芸術家。 国立市の依頼で黄金の彫像「国立ライオン」を制作する。 小山田信治(こやまだ しんじ) 演 - 国立市市長の秘書。 佐藤薫(さとう かおる) 演 - アルゴリゾート社員。 風祭がひょんな事から標識の向きを変えてしまったせいで、「浦島本陣」に行く途中の林道で迷子になる。 演 - 実在の幕臣。 国立小判を竜宮温泉のどこかに隠したらしい。 スタッフ [ ]• 編成企画 - 成河広明、佐藤未郷• 企画統括 -• 企画協力 -• 脚本 -• 音楽 -• 技術プロデュース - 市村雅彦• 撮影 - 栗栖直樹、後藤継一郎• 照明 - 田頭祐介• 映像 - 服部正邦• 音声 - 島田隆雄• 主題歌• オープニングテーマ - 「」()• エンディングテーマ - 「」()• VTR - 吉田崇• 音楽プロデュース -• 選曲・効果 - 亀森素子• 編集 - 河村信二• ライン編集 - 勝又秀行• MA - 藤井啓介• 美術プロデュース - 杉川廣明• デザイン -• 美術進行 - 村上勇人• 大道具製作 - 内海靖之• 大道具操作 - 小野将志• 装飾 - 錦織洋史• 持道具 - 武藤浩一• スタイリスト - 野村昌司• 衣装 - 細谷恵子• ヘアメイク - 増田佳代、對馬晶子(5-話)• アクリル装飾 - 中村哲治• 建具 - 三田村賢• 電飾 - 寺田豊• 植木装飾 - 津山洋• 生花装飾 - 牧島美恵• フードコーディネーター - 住川啓子• 警察監修 - 杢尾尭• 広報 - 為永佐知男(フジテレビ)• 広告宣伝 - 平井隆(フジテレビ)• ホームページ - 丸谷利一• スチール - チャールズ村上• CG - 朝倉怜、中村明博• オープニングタイトル - 上田大樹• カースタント -• 劇用車 - エルエーカンパニー、広島自動車• 車両 - ショウビズクリエイション、ファン、コマツサポートサービス• スケジュール - 谷口和彦• 演出補 - 、後藤庸介• 制作担当 - 加藤誠、増子美和• 制作主任 - 飯盛雄仁、岩崎亜衣子• 記録 - 島田伸子、稲田麻由子• プロデューサー補 - 鈴木里佳子• プロデュース - 永井麗子• 演出 - 、、村谷嘉則• 制作 -• 制作著作 - スタッフ(船上探偵・影山) [ ]• 脚本:黒岩勉• 監督:石川淳一• 音楽:菅野祐悟• プロデューサー:金井卓也、成河広明、永井麗子• 製作:フジテレビ• 制作協力:共同テレビ 放送日程 [ ] 連続ドラマ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2011年10月18日 殺人現場では靴をお脱ぎください 土方政人 18. 謎解きはディナーのあとで• prologue• 影山のテーマ• 凶悪な事件• 風祭警部• 迷宮入りの臭い• 失礼ながらお嬢様• わたくしの推理• 事情聴取中• 犯人の目星• お嬢様はアホでいらっしゃいますか? クビよ、クビ! 影山の知恵• 宝生グループの力• 伝えられない想い• 正真正銘のお嬢様• 残る謎• 謎解きはディナーのあとで 〜真実〜• 死者からの伝言• お嬢様の目は節穴でございますか? 浮かび上がる犯人• 優しいまなざし• 影山のテーマ 〜お嬢様を守るため〜• ディスク枚数: 1枚(ポニーキャニオン、2014年2月19日発売、94 分) 原作との相違点 [ ]• 影山は前任者の引継したばかりの新米執事となっているが、原作は特に前任者の存在は語られていない。 8話のパーティー参加者の名簿で、麗子の年齢が24歳となっているが、原作では主要人物3人の中で唯一年齢がはっきりしていない。 一方で、影山は唯一年齢に触れられる場面がまったくないが(8話で麗子と世代が違うほどの年齢差があることは示されている)、原作では30代半ばほどとなっている。 風祭の年齢が40歳となっている。 原作は32歳。 麗子は初登場時から職場では伊達眼鏡をかけているが、原作では最初の事件を影山が見事に解決したことから、「知性と眼鏡の関係」を考え、次の事件以降着用するようになっている。 影山は大抵麗子が屈服して「自分にもわかるように話してほしい」などと低姿勢になってから推理を語りだすが、原作では暴言を受けた麗子は一応の反論をしたのち、「そこまで言うならあんたには真相が見えているんでしょうね」などと高飛車な態度を崩さないことがほとんどであり、影山もその際突き放すような姿勢は見せない。 麗子は影山を伴い事件現場に赴く際、令嬢の格好で出向いているが、原作では影山を伴い出向く事はあっても、令嬢の姿では行かない。 また、原作では令嬢の姿で風祭と対面することはないため、彼に名乗る「ホウ・ショウレイ」という偽名もない。 映画 [ ] 映画 謎解きはディナーのあとで 監督 脚本 原作 製作 出演者 音楽 主題歌 「」 撮影 栗栖直樹 編集 河村信二 製作会社 映画「謎解きはディナーのあとで」製作委員会 配給 公開 上映時間 121分 製作国 言語 興行収入 32. 5億円 『 映画 謎解きはディナーのあとで』(えいが なぞときはディナーのあとで)のタイトルで映画化され、に全国系で公開された。 2011年に連続ドラマ、2012年にスペシャルドラマが放送された系ドラマ『謎解きはディナーのあとで』の劇場版。 監督は本作が映画初監督である。 原作を使用したドラマ版に対して、本作は映画オリジナルのストーリーを採用、を舞台に容疑者3000名の中での謎解きが展開される。 登場人物(映画編ゲスト) [ ] 海原真之介(かいばら しんのすけ) 演 - スーパースター・ヴァーゴ(別名プリンセス・レイコ号)船長。 59歳。 アジア最大の豪華客船の運航と乗客乗員の安全を第一に考えるプロフェショナル。 その適格な判断力で船員からの信頼も良好で人望があり、また客室支配人の藤堂とは10年前から共に船で仕事をしており藤堂との信頼も厚い。 今回、最後のクルーズで殺人事件が発生し海原はクルーズを中止にして最寄りの港に寄港しようと考える。 藤堂卓也(とうどう たくや) 演 - スーパースター・ヴァーゴ客室支配人。 常に笑顔を絶やさず乗客達に社交的なスマイルを振る舞う。 一人娘の凛子を大切に育てたために船の歌姫として活躍する彼女を温かい目で見守っている。 麗子とは18年前に面識があり彼女のために毎年招待状を送っており最後のクルーズで麗子と再会した際はとても喜んでいた。 藤堂凛子(とうどう りんこ) 演 - スーパースター・ヴァーゴの女性シンガー。 21歳。 船内ステージでジャズナンバーを披露しており、その美しい歌声で乗客達を魅了する。 父である藤堂を尊敬している素直な性格で、クルー達に愛されている。 調理スタッフの石川と恋人同士であり、石川を心から愛している。 物心ついた頃から船におり、時々、同じ年の乗客と仲良くなり、別れの際は「ボンボヤージュ」と笑顔で送り出す。 松茂準一(まつしげ じゅんいち) 演 - スーパースター・ヴァーゴ警備主任。 39歳。 乗客の安全や警備のセキュリティを管理している。 また風祭がシンガポールに届けようとしている有名芸術家のアート作品「Kライオン」の警備も担当している。 今回、最後のクルーズで殺人事件が発生したため名刑事と呼ばれている風祭と共に事件を捜査する。 結城千佳(ゆうき ちか) 演 - スーパースター・ヴァーゴ船医。 35歳。 船が航海中の間は乗客乗員の健康を管理する。 クールでさっぱりとした性格で風祭の誘いも冷静に受け流す。 今回、最後のクルーズで殺人事件が発生した際は遺体を調べて殺害方法を調べる。 バラジ・イスワラン 演 - () スーパースター・ヴァーゴランドリーマネージャー。 30歳。 世界一裕福な国「ダワネル王国」出身の外国人男性。 カタコトな日本語で喋りスマイルな表情で船内のシーツを清潔にしている。 今回、同じクルーで船内新聞編集者の美月に恋しており最後のクルーズで彼女にプロポーズをする。 枕崎美月(まくらざき みつき) 演 - スーパースター・ヴァーゴ船内新聞編集者。 スーパースター・ヴァーゴ号通信でクルーの特集や世界のセレブ達のインタビューを記事にして船内新聞で発表している。 そのため、どんなスクープでも見逃さないプロ魂がある。 今回、最後のクルーズで起きた事件の事を麗子達に証言するがその際に風祭に執拗に誘われる。 また特集でバラジにプロポーズされる。 石川天明(いしかわ てんめい) 演 - スーパースター・ヴァーゴ船内コック見習い。 32歳。 半年前からコック見習いとして調理場で旅を彩るディナーを作っている。 藤堂の娘である凛子とは恋人同士であり仕事をサボって彼女とデートを楽しむ事もしばしばである。 美しい容姿をした女性で一見我がままでかなり派手好きなようにも見えるが実際は姉御肌気質の婦人。 またギャンブル好きで「イチかバチかがギャンブルの醍醐味」とカジノで影山に教える。 高円寺健太(こうえんじ けんた) 演 - 最後のクルーズの乗客で自称脚本家で高円寺兄弟の兄。 48歳。 アロハシャツの恰好から弟の雄太と共にバカンス気分で旅を楽しんでいるようだが、スイートルームに保管されている「Kライオン」にやたら執着しておりその警備をしている風祭を警戒している。 大ヒット映画の脚本家をしているというが言動が何かと胡散臭い人物であり弟の雄太と共にKライオンを盗もうとしていた。 高円寺雄太(こうえんじ ゆうた) 演 - 最後のクルーズの乗客で自称監督で高円寺兄弟の弟。 37歳。 兄の健太と同じようにアロハシャツで共に船でのバカンスを楽しんでいるようだが、常に背負っているリュックにノートパソコンを入れている。 兄の健太と同じく大ヒット映画の監督をしているというが挙動不審で間の抜けたところが多い人物で兄の健太と共にKライオンを盗もうとしていた。 電子ロックを解除するなど、コンピューター関連の専門知識も持っている様子。 京極天(きょうごく のぼる) 演 - 最後のクルーズの乗客で醤油メーカーの御曹司で若社長。 46歳。 クルーズのゲストでシンガポールの資産家であるレイモンドとポーカーをする約束で船に乗船した。 ギャンブル好きであり船内ではカジノを楽しんでいるがレイモンドとの約束が無くなりポーカーが出来なくなったため、現金を持つ代わりの乗客を探していた。 オールバックに派手なスーツといった姿でカッコつけた性格だが、風祭から「駄目なボンボン」と言われている。 大阪弁口調が特徴的。 レイモンド・ヨー 演 - 最後のクルーズの乗客でシンガポール人投資家。 68歳。 グローバルエコノミーが発表した世界の富豪トップ100にも名を連ねる資産家で同じ金持ちであっても風祭のような印象は全くない人物で風祭とは対照的な長い髭の特徴的で恰幅のいい熟年男性であり時に不敵な表情を見せる。 過去に詐欺まがいのM&Aで巨万の富を築いたと言われているために自分を恨んでいる敵が多いらしい。 また海運業で世界を制した香港「リー財閥」を破綻に追い込んだのも彼の仕業と噂されている。 タマロ 最後のクルーズの乗客で麗子が風祭に自分の部屋と偽った609室の乗客で世界最富国ダワネル王国人の男性。 事件が発生した時に風祭が彼の部屋に向かったために影山と麗子が先回りして部屋に入って風祭をやり過ごすが、その際にタマロ自身は剣で影山達を威嚇していた。 キャスト(映画) [ ] ドラマ版からのキャスト [ ]• 影山 - 櫻井翔(嵐)• 宝生麗子 - 北川景子• 風祭京一郎 - 椎名桔平• 並木誠一 - 野間口徹• 山繁悟 - 中村靖日• 宗森あずみ - 岡本杏理• 江尻由香 - 田中こなつ ゲスト(映画) [ ]• 藤堂卓也 - 中村雅俊• 藤堂凜子 - 桜庭ななみ• 石川天明 - 要潤• 結城千佳 - 黒谷友香• 松茂準一 - 甲本雅裕• 枕崎美月 - 村川絵梨• 京極天 - 生瀬勝久• 京極天の秘書 -• 高円寺健太 - 竹中直人• 高円寺雄太 - 大倉孝二• 海原真之介 - 鹿賀丈史• 唐沢 - (特別出演)• パラジ・イスワラン - 児嶋一哉 アンジャッシュ• プリンセスレイコ号カジノのディーラー -• プリンセスレイコ号機関員 -• プリンセスレイコ号調理部員 -• レイモンド・ヨー - 団時朗• 18年前の客船警備員 - スタッフ(映画) [ ]• 原作 -• 監督 - (共同テレビ)• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• 製作 - 、、、、、• 企画 - (フジテレビ)• プロデューサー - 金井卓也(フジテレビ)、成河広明(フジテレビ)、永井麗子• ラインプロデューサー - 武石宏登• 撮影 - 栗栖直樹• 照明 - 平野勝利• 映像 - 服部正邦• 美術 -• 録音 - 田中靖志• 編集 - 河村信二• 音響効果 - 亀森素子• スクリプター - 島田伸子• VFX - 朝倉怜• 美術進行 - 村上勇人• 監督補 - 舟橋哲男• 助監督 - 後藤庸介• 制作担当 - 加藤誠• 協力 -• 制作プロダクション -• 配給 -• 製作 - 映画「謎解きはディナーのあとで」製作委員会(、、、、、、) 製作(映画) [ ] 本作ではで初の日本国外ロケを敢行、物語の舞台となる「プリンセスレイコ号」の撮影はアジア最大の豪華客船であるで行われた。 なお、日本映画の撮影でスーパースター・ヴァーゴが使用されるのは本作が初となる。 2012年5月31日クランクインし、7月末にクランクアップした。 撮影はスーパースター・ヴァーゴが通常通りに運行される中、期間約10日で総移動距離2615キロに渡る撮影が敢行された。 そんな中、櫻井は嵐でメインパーソナリティを務める2012年度の『』の収録のため、1泊2日と2泊3日に分けて参加、ヴァーゴ号の寄港地であるのから小型ボートや車・飛行機を乗り継ぎ16時間以上を掛けて帰日、らの選手達とで亡くなったサッカー少女への追悼試合を行う24時間テレビの企画の撮影後に、先のルートを通じて再び乗船するという過酷な移動ロケを行っていた。 封切り [ ] 全国306スクリーンで公開され、2013年8月3、4日の2日間で興収3億9,883万2,200円、動員32万2,162人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった。 また、ぴあ初日満足度ランキングでは第1位となっている。 2014年1月に発表された最終興収は32. 5億円。 さらに、日本以外での公開も決定。 ロケ地となったシンガポールをはじめ、台湾と香港でも公開される事が決まった。 2013年から4日間は映画のスピンオフとして『謎解きはディナーのあとでスペシャル 船上探偵・影山』が放送された。 テレビでの放送は、火曜21時 - 23時24分に系で放送された ()。 ディスク枚数:2枚(ポニーキャニオン、2014年2月19日発売、121 分) スタンダード・エディション• ディスク枚数:1枚(ポニーキャニオン、2014年2月19日発売、121 分) 脚注 [ ] []• 小学館「本と人」 2012年8月 より• REPORT. cinemacafe 2013年8月13日. 2018年11月4日閲覧。 これらのほとんどは、椎名桔平自身のアイディアによるもの。 - 書き込みはディナーのあとで(番組公式ブログ) 2011年10月27日• Sponichi Annex. 2012年1月19日時点のよりアーカイブ。 2012年5月15日閲覧。 「死者からの伝言をどうぞ」を基本に一部「聖なる夜に密室はいかが」の場面を取り入れた前後編の話であり、一部のシーンに「完全な密室などございません」の場面が織り込まれている。 Sponichi Annex 2012年3月28日. 2014年2月28日時点のよりアーカイブ。 2018年11月4日閲覧。 - シネマトゥデイ 2012年6月4日• - Movie Walker 2012年6月4日• 『日刊スポーツ』2012年7月20日• 『スポーツニッポン』2012年7月20日• 2013年1月28日. 2013年1月28日閲覧。 このドラマには麗子、風祭警部は出演していない。 「」()2014年21号 50頁 外部リンク [ ]• テレビドラマ• [ ]• - (英語) 前番組 番組名 次番組.

次の