ドコモ 海外 送金。 ドコモ、海外送金サービスを簡単に利用できるスマホアプリを提供開始

ドコモ、海外送金サービス「docomo Money Transfer」を提供

ドコモ 海外 送金

本日、NTTドコモによる海外送金サービスの報道発表がありました。 海外送金サービスの提供開始について -• 1回あたりの送金手数料は、一律1,000円で、送金先は、国内における外国人登録人口の8割を占めるフィリピン、ブラジル、韓国、および中国の4カ国からスタートし、順次拡大。 受取方法は、受取人がパスワードを確認し、海外の提携銀行口座への入金、提携受取金融機関窓口、SMART Moneyへ送金された金額を受取る方式となる。 が提供する電子マネーサービス このサービスの背景には、2010年4月施行の資金決済法により、ITでの活用が進んでいる資金決済システムの規制緩和と利用者保護のための法整備があります。 サーバで管理する前払式支払い手段に関する法の適用範囲を定め(デポジットする事業者をその内容によって法規制の対象とし、ユーザを保護する供託金制度などを整備)、更に銀行以外の一般事業者でも振込・海外送金と同様の為替業務を可能とする規制緩和がなされたことで、この資金移動登録事業者および廉価な海外決済手段が増加しているという現状です。 ・【金融庁】資金決済に関する法律 の概要 ・【金融庁】資金移動業者登録一覧(2011年5月末時点で14社) NTTドコモが、海外送金サービスに参入したことで、他の資金決済法活用の海外送金事業者(セブン銀行・SBIグループなど)との競争が激化する事が見込まれます。 この資金決済法以前は、銀行での外為送金により4,000円~5,000円/回という送金手数料が発生したため、少額の決済や個人による家族などへの仕送りなどの送金には向いていなかったわけですが、今後は、増加する資金移動業者による競争で、海外送金の手数料の価格競争が少なからずあるでしょうし、それによるユーザにとってのメリットは大きいはずです。 これら資金移動事業者各社によるサービスは、送金者の登録手続きや、受取者の登録手続きなどが必要となりますが、ケータイ事業者ならではの送金者側の手軽さや手間の少なさなどと、他の事業者に多く見られる送金額の差による手数料の違いが無いことなどが特徴となっており、他の事業者は、NTTドコモのブランド・知名度に負けない施策が必要になりそうです。 利用者サイドに立って考えると、事業者の選定にあたっては、送金の上限金額の違い(NTTドコモの場合は500,000円/月・450,000円/日)、送金する際の手数料の違い(NTTドコモの場合は1,000円/回)や受取に要する手数料の違い、最低送金額(NTTドコモの場合は7,000円/回といった違いも含め、他事業者と比較確認することで、自分に合った海外送金手段を選ぶ必要があるかもしれませんが、主なターゲットは外国人です。 多様な海外送金手段があっても、それらを知る手段や比較して判断することも必要となるため、「今まで通り」の方法を選ぶかもしれません。 となると、短期的には、震災の影響により帰国した外国人も多い状況ですが、中長期で考えると、外国人の増加による海外送金市場の拡大が想定されるため、外国人向けのPRをシッカリと行っている事業者がシェアを獲得していくという事になるかと思います。 - 今後の展望については、NTTドコモのプレスリリースでは触れられていませんが、NTTドコモという国内No1のキャリアが、どのような金融系サービスを拡張していくのか、非常に興味深く、かつ期待感があります。 長年のドコモユーザとして見ても、、ケータイ送金以外に、iDクレジットカード事業、おサイフケータイ関連事業(NFCとのハイブリッド化された電子決済を含む)というドコモ内で複数の金融系サービスがありますが、どうもうまく連携されていない気がします。 新たな金融商品・サービスも生まれるでしょうから、早々に、これらのサービスとの融合や連携をシッカリと図って頂き、ユーザ利便性の為にも、将来的に統合された金融サービスとなる事に期待しています。 - [オリジナルソース] NTTドコモは、資金決済法を活用した海外送金サービス『docomo Money Transfer(ドコモ マネートランスファー)』を2011年7月7日より開始する.

次の

国際送金(海外送金)は税務署に把握されてバレる

ドコモ 海外 送金

外国から日本に 国際送金( 海外送金)された場合や、外国から日本へ送金された場合は、税務署はその事実を把握しています。 そのため、例えば、日本の居住者である納税義務者が 海外の国から国際送金を受けた場合で、その金額が収入(所得)となるものであれば、必ず税務署に確定申告をするようにしてください。 税務署にはバレているので、申告しないでいると、後ほど税務調査が行われます。 この点に関しては簡単にばれることなので、税務署が見逃すようなことはないと考えて安易な 脱税は絶対にしないようにしたいところです。 ちなみに、 税務署にばれる理由で最も大きいのは、 100万円超の国際送金の場合には、金融機関が税務署に対して「国外送金等調書」という調書を提出するため、わかってしまうのです。 このように聞くと、100万円以下の送金であればばれないと考えがちですが、実際には、税務署がどこかから送金の事実を把握して 税務調査に来ることもあるので、注意が必要です。 100万円以下は 「国外送金等調書」の送金が免除されていますが、免除されているだけで、もしも提出されてしまうと、ばれることになります(理論的にはこういうこともあり得ます)。 いずれにしても、海外から日本に対して100万円以下の国際送金が行われた場合でも、税務署にはバレるという気持ちでいることが大切ですし、税法を 遵守する精神は持っておいてくださればと存じます。 日本から外国への海外送金を行った場合にも、100万円以下で免除制度を適用した場合を除いては、金融機関から税務署に対して「国外送金等調書」が提出されます。 もしも、国際送金をした人の 所得に対して過大な金額の送金記録が提出された場合には、税務署はこう考えます。 「どこでこの金額を手に入れたのだろうか?相続した事実、親等の親族から贈与を受けた事実も確認できないから、実は何か隠れた所得があるのではないだろうか?」 上記のように考えて税務調査に着手する可能性があります。 もしも、確定申告をしていない所得があるのであれば、税務調査がやって来る前に、無申告状態を解決してください。 大変危険な状態と言えますので。 また、以下のように考える可能性もあります。 「この海外送金をしたお金は、運用に回されるのではないだろうか。 その後にきちんと運用利益の確定申告が行われるかどうか、確認するようにしよう。 」 海外送金を運用目的と考えて、税務署が注意深くなることもあるのです。 海外投資の利益は申告しなくても大丈夫などとは安易に考えないようにしましょう。 国際送金で受け取った金額が無申告の場合、海外利息が無申告の場合にも、対応可能な税理士事務所ですので、もしもお悩みの方はまずはお気軽に 無料相談をしてくださればと思います。 もちろん、無申告の状態でなく、普段の確定申告の代行も非常に多く取り扱っておりますので、ご相談くださればと思います。 海外から送金された金額に関しては、そもそも申告をする 必要がなく、 確定申告が不要だと思われている方も多くいらっしゃいます。 たしかに、国内の所得ではないと勘違いしてしまうお気持ちもわかるところですが、日本の 居住者の場合には、海外から送られてきた金額に関しても申告する必要があるのです( 非居住者の場合は、原則、居住している国で確定申告します)。 そのような理由であっても、やはり罰金や利息の支払いは免除されませんので、必ず 確定申告(期限後申告)を行いたいものです。 また、繰り返しとなりますが、100万円以下の国際送金(海外送金)で得た所得も申告は必要なのでご注意ください。

次の

急ぎの海外送金方法

ドコモ 海外 送金

外国から日本に 国際送金( 海外送金)された場合や、外国から日本へ送金された場合は、税務署はその事実を把握しています。 そのため、例えば、日本の居住者である納税義務者が 海外の国から国際送金を受けた場合で、その金額が収入(所得)となるものであれば、必ず税務署に確定申告をするようにしてください。 税務署にはバレているので、申告しないでいると、後ほど税務調査が行われます。 この点に関しては簡単にばれることなので、税務署が見逃すようなことはないと考えて安易な 脱税は絶対にしないようにしたいところです。 ちなみに、 税務署にばれる理由で最も大きいのは、 100万円超の国際送金の場合には、金融機関が税務署に対して「国外送金等調書」という調書を提出するため、わかってしまうのです。 このように聞くと、100万円以下の送金であればばれないと考えがちですが、実際には、税務署がどこかから送金の事実を把握して 税務調査に来ることもあるので、注意が必要です。 100万円以下は 「国外送金等調書」の送金が免除されていますが、免除されているだけで、もしも提出されてしまうと、ばれることになります(理論的にはこういうこともあり得ます)。 いずれにしても、海外から日本に対して100万円以下の国際送金が行われた場合でも、税務署にはバレるという気持ちでいることが大切ですし、税法を 遵守する精神は持っておいてくださればと存じます。 日本から外国への海外送金を行った場合にも、100万円以下で免除制度を適用した場合を除いては、金融機関から税務署に対して「国外送金等調書」が提出されます。 もしも、国際送金をした人の 所得に対して過大な金額の送金記録が提出された場合には、税務署はこう考えます。 「どこでこの金額を手に入れたのだろうか?相続した事実、親等の親族から贈与を受けた事実も確認できないから、実は何か隠れた所得があるのではないだろうか?」 上記のように考えて税務調査に着手する可能性があります。 もしも、確定申告をしていない所得があるのであれば、税務調査がやって来る前に、無申告状態を解決してください。 大変危険な状態と言えますので。 また、以下のように考える可能性もあります。 「この海外送金をしたお金は、運用に回されるのではないだろうか。 その後にきちんと運用利益の確定申告が行われるかどうか、確認するようにしよう。 」 海外送金を運用目的と考えて、税務署が注意深くなることもあるのです。 海外投資の利益は申告しなくても大丈夫などとは安易に考えないようにしましょう。 国際送金で受け取った金額が無申告の場合、海外利息が無申告の場合にも、対応可能な税理士事務所ですので、もしもお悩みの方はまずはお気軽に 無料相談をしてくださればと思います。 もちろん、無申告の状態でなく、普段の確定申告の代行も非常に多く取り扱っておりますので、ご相談くださればと思います。 海外から送金された金額に関しては、そもそも申告をする 必要がなく、 確定申告が不要だと思われている方も多くいらっしゃいます。 たしかに、国内の所得ではないと勘違いしてしまうお気持ちもわかるところですが、日本の 居住者の場合には、海外から送られてきた金額に関しても申告する必要があるのです( 非居住者の場合は、原則、居住している国で確定申告します)。 そのような理由であっても、やはり罰金や利息の支払いは免除されませんので、必ず 確定申告(期限後申告)を行いたいものです。 また、繰り返しとなりますが、100万円以下の国際送金(海外送金)で得た所得も申告は必要なのでご注意ください。

次の