ゲット アウト。 「ゲット・アウト」の伏線芸 どうして「鹿」で「綿」なのか

人種差別が主題?【ゲットアウト】感想と伏線解説

ゲット アウト

の紹介:2017年アメリカ映画。 今でもアメリカに残る白人と黒人の対立、そんな中、優しい白人女性と恋仲になった黒人の写真家クリスは、彼女の実家で両親に紹介されます。 歓迎する両親、しかし、クリスは催眠術にかけられ、不可解な体験をします。 それは黒人を標的に、異常な手術をする、秘密組織の狂気の世界でした。 果たして、クリスの運命は?伏線が綿密に張り巡らされている本作「ゲット・アウト」はアメリカで批評家から絶賛され大ヒットした映画です。 監督:ジョーダン・ピール 出演:ダニエル・カルーヤ(クリス・ワシントン)、アリソン・ウィリアムズ(ローズ・アーミテージ)、ブラッドリー・ウィットフォード(ディーン・アーミテージ)、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(ジェレミー・アーミテージ)、スティーヴン・ルート(ジム・ハドソン)、キャサリン・キーナー(ミッシー・アーミテージ)、ほか 目次• ゲットアウトのネタバレあらすじ:起・黒人に好意的な白人一家 ある住宅街、黒人青年アンドレは夜道を歩いていたところを誘拐されてしまいます。 数か月、黒人のクリス・ワシントンは若手の写真家。 白人で大学生の恋人ローズ・アーミテージは、ローズの両親のもとへ挨拶に行くことを提案します。 白人の両親が黒人である自分を歓迎してくれるか不安なクリス、しかしローズは、両親は人種差別なんてしないで歓迎してくれると言うので、ローズの実家、アーミテージ家へと向かいます。 その道中でシカと衝突、白人警官から聴取されるクリス。 運転していたのはローズだったが、警官のクリスに対する態度にローズは憤ります。 アーミテージ家に着いたクリスはローズの両親から歓迎されます。 ローズの母ミッシーは催眠療法を行う精神科医、ローズの父ディーンは神経外科医で、オバマ大統領支持者だと言ってクリスを安心させます。 そして黒人のお手伝いさんジョージーナや、黒人の庭師ウォルターもいますが、なぜかよそよそしい態度で不自然な印象を受けます。 クリスは禁煙できるよう催眠療法を勧められますが、その場は断ります。 ローズの弟ジェレミーも交えてディナーをした晩、よく眠れないクリスは煙草を吸うため外に出てみると異様な光景を目にします。 ジョージーナは窓に写る姿をじっと見つめている、ウォルターはなぜか陸上選手のように全力疾走するという、不可解な行動をとります。 クリスはこれに恐怖を感じて家の中に戻りますが、そこでクリスはミッシーの催眠術をかけられてしまいます。 深い眠りに落ちたクリス、翌朝目覚めたクリスは、悪夢を見たのだと思う。 ミッシーはクリスに禁煙できるようにしたと言う。 ゲットアウトのネタバレあらすじ:承・不可解なパーティ 翌日、アーミテージ家でパーティが開催されます。 招待客が集まり、みんなクリスに親しげに話し掛けてきます。 招待客のほとんどが白人であり、自分に対する態度に気持ち悪さを感じたクリスは気が滅入ってしまう。 盲目の画商であるジム・ハドソンも招待客の白人の1人で、ジムはクリスの目を羨ましく思っていた。 そして黒人の招待客であるローガン・キングは、年上の妻である白人女性と参加していた。 クリスはローガンに対してもジョージーナやウォルターのような不自然さを感じていた。 クリスは運輸保安局で働く友人ロッドに催眠術などの不可解な体験を相談します。 ジョージーナには携帯電話の充電を切られたりもします。 ロッドは、白人はクリスをセックスの相手として利用するだけだ、と警告します。 そして、ローガンの写真を撮って送るように言います。 そこで、クリスがローガンの写真を撮ると、ローガンは逆上し「Get out 出て行け!」と叫び、クリスに襲いかかってきました。 ローガンはミッシーの部屋に連れていかれ、催眠術によって落ち着きを取り戻します。 不可解な出来事が続き何かがおかしいと感じたクリスはローズと共にパーティから離脱し、もう帰ろうと話します。 その頃パーティでは、なぜかクリスの写真を使い、謎のオークションが行われています。 そして盲目の画商であるジムが落札するのだった。 クリスはローガンの写真をロッドに送ります。 するとロッドはローガンを知り合いのアンドレという行方不明の男では?と疑います。 クリスが帰り支度をしていると、ローズがローガンを含む多くの黒人男性や、ジョージーナと一緒に写った写真なども見つけ、ローズの行動について疑いを持ちます。 クリスは急いで逃げ出そうとしますが、アーミテージ家族に阻止されます。 ローズは車の鍵を渡さず、ジェレミーには襲い掛かられ、そしてミッシーにより催眠術にかけられクリスは眠りに落ちます。 ゲットアウトのネタバレあらすじ:転・狂気の手術 催眠から目覚めたクリスは椅子に縛り付けられていた。 そして分かったこと、それは、パーティは黒人を標的にした秘密の組織の会合だった。 ローズが黒人を恋人にして騙し、弟は誘拐をし、ローズの母が催眠術にかけ、父がビンゴオークション落札者である白人の脳みそを黒人に移植する。 それにより、白人は黒人の肉体を使い、永遠の精神、生命を得られるという手術を、アーミテージ家は祖父の代から続けていた。 全てはクリスを騙すための陰謀だったのです。 ローズの父はクリスに盲目の画商ジムの脳を移植しようとします。 オークションでクリスを手に入れたジムは視力を取り戻すために、クリスの肉体を望んだのです。 クリスは再び催眠にかけられそうになるが、催眠の合図となる音を聞かないようにしていたため、なんとか自力で脱出を図ろうとします。 ローズの弟ジェレミー、父ディーン、母のミッシーも倒します。 ゲットアウトのネタバレあらすじ:結末・狂気からの脱出 車で逃げようとするクリスに、ジョージーナとウォルターが襲いかかります。 ジョージーナにはローズの祖母、ウォルターにはローズの祖父の脳(精神)がそれぞれ移植されていたのです。 車中でクリスともみあいになったジョージーナは、木に衝突したことで死にます。 ローズとウォルターもその場に追いつき、クリスはウォルターによってライフルで襲われそうになるが、カメラのフラッシュによって催眠を一時的に解かれたウォルターは、クリスではなくローズを撃ちます。 祖父の意識にもどったウォルターは孫を撃った罪悪感で、自分にもライフルを向け命を絶つのでした。 まだ生きていたローズはライフルをもってクリスを殺そうとします。 しかしそれに抵抗しローズの首をしめるクリス、しかしローズを殺せません。 そこへ警察がやってきますがクリスは置かれた状況に、自分が悪者にされそうになります。 しかし警察と共に駆け付けたロッドによってクリスは救われるのでした。 ローズは去っていくクリスを見つめていました。 以上、映画『ゲットアウト』のネタバレあらすじと結末でした。 続いて、ゲットアウトの伏線について解説をします。

次の

映画『ゲットアウト』評価は?ネタバレ感想考察あらすじ/伏線の考察!GetOutの意味?黒人差別?

ゲット アウト

「ゲットアウト」が公開されました。 メインストーリーについてのネタバレは別記事に記載しているため、こちらでは触れきれなかったこと、および前回全く気づかなかった伏線について拾い書きしておきます。 とはいってもほとんどがブルーレイ版監督コメンタリーで触れられていることですので、更に詳しく知りたい方は輸入盤を買うか、日本盤でのコメンタリー収録を待つのがオススメではあります。 上記記事、及び本記事には物語の核心に触れる部分が多数含まれます。 「鹿」が意味すること 冒頭、鹿をはねて殺してしまうシーンでクリスの免許提示を求められるシーンにて、ローズは差別的待遇に反発したように見えます。 これはローズ=反差別主義者であるということを示す単純なキャラクター描写と黒人の地位についての描写ではなく、クリスの(一時的な)失踪後、「クリスとローズが2人でいた」ことが警察の証拠として残ってしまうことを危惧したものです。 更にはクリスが母親を思い起こし鹿にシンパシーを感じるのに対し、ローズはそれを気にもとめません。 またこのシーンで死亡している鹿はブラックバックのメスであり、 Black Buckは 「Token Black」、 「Magical Negro」に似た、粗暴さで白人の女性を襲う(といった偏見に基づいた)黒人男性に対するでもあります。 後述する映画 「國民の創生」では英雄であるが排除する悪辣な黒人たちとして、そのままのキャラクターが登場します。 …また鹿="Deer"は 「彼女を作ろうとして失敗する男」のであり、さらにより単純にいえば「鹿狩」=Deer Hunting、つまり「文化として殺される対象」という黒人の歴史に類似した存在でもあります。 クリスの部屋の写真について クリスの職業がフォトグラファーであることから、彼の部屋には多数のモノクロ写真が飾られています。 モダンな室内を彩る写真ではありますが、不吉な予感を漂わせながら… 3枚目。 白人の少女が黒いマスクを被っています。 登場する日本人は誰? カタコトの英語で笑顔を振りまく老人ですが、この手の映画では珍しく中国人や韓国人ではなく、氏という日本人です。 彼は役者ではありません。 最高師範というれっきとした空手家です。 彼が「入れ替わるため」にここに来たのか、それとも既に「 より強い人種に入れ替わっている白人」としての存在なのかは示されていませんが、彼がクリスに出す質問が黒人の「利点・欠点」であるところがまたそれを曖昧にしています。 黒人になることでより強くなれるか、を考えていたら面白いのですが。 大山氏は以下のブログにて映画撮影時の裏話を披露しています。 の台詞の断片 彼らがメインに動き始めてからがこの映画の恐怖となるわけですが、いくつかのセリフから今後の展開の伏線をびっしりと張っています。 「父と母が死んだとき、使用人を手放すことはできなかった」というセリフは当然その 中身が父と母に変わったからであり、で黒人に勝てなかった祖父はその後、使用人の姿となり 夜の走り込みに精を出すことになります。 また彼が語る 「地下室の黒カビ」とは当然その後のクリスの地下監禁を意味しており、「母の愛したキッチン」には、現在母そのものである使用人がいます。 この部分は英語版では"My mother loved her kitchen,so we keep a piece of her in here. 地下室に監禁されたクリスは縛られた椅子から綿をつまみ取り、ミッシーの催眠から逃れます。 これは picking cotton=すなわち19世紀初頭、大規模な農業によって酷使された黒人たちの綿花摘みの歴史を表しています。 車内の鉄兜 逃げ出したクリスが乗り込んだ車内に発見する銀兜ですが、これはオープニングの誘拐犯が着けていたものと同じです。 西洋甲冑の兜、そして乗り込んだ先が白い車、といえばもちろんこれが暗示するものは 白人至上主義団体・です。 ほぼそのまま、と言っていいのではないでしょうか。 またこのシーンで掛かっている曲はRun Rabbit Run。 「農夫がお前を狙ってる、パイにされるぞ、走れ、走れ!」という詞の並ぶ陽気さが歪な歌ですが、冒頭のシーンの奇妙さを引き立たせています。 このシーンで「誘拐」されたのは自称ローガンの彼ですが、使用人二名と同じく彼も劇中帽子をとることはありません。 ローズの夜食 黒いストローの突き刺さった牛乳と色とりどりのシリアルが 混ざることはありません。 このシーンの彼女の服装も含め、非常にわかりやすく白人至上主義のメタファーとして機能しています。 そのほか、変更された もうひとつのエンディング及びその理由、ならびにクレジットテーマ曲の解説、その他の伏線は以下の記事で触れていますのでそちらをご参照ください。 lovekuzz.

次の

ゲット・アウト

ゲット アウト

どうもー お盆休みに 塩原グリーンパークなるキャンプ場に行ってきました アスミです。 自然がキレイとっても楽しい! オススメです。 ニートの分際で何やってんだろう…。 さて、最近Amazonプライムで映画を鑑賞することが多いのですが、 今回「おっ!」となるものが新たに追加されました。 それがこちら。 【ゲットアウト】 ホラー好きには結構有名かな? 公開前から内容が伏せられて、予告だけで話題になった本作。 ローズの勧めもありローズの両親に挨拶に行くことに。 同じ黒人で親友であるロッドからの冗談交じりの反対をよそにクリスは ローズとその一家の家に向かいます。 仲良しカップルのクリスとローズ ローズの実家で白人の両親ミッシーとディーンに向かい入れられます。 紹介された使用人と庭師の二人が黒人であること、 またその使用人のジョージナと庭師のウォルターに何か異質な雰囲気を感じるクリス。 その夜ローズの弟ジェレミーも帰宅し一家と食事をすることに。 優しそうな夫妻 食事を済ませ就寝後しますが、付けずに家の周りを散歩しながら煙草を吸うことに。 しかし突然暗闇の奥から黒人庭師のウォルターが走ってきました。 突然のことに驚くクリスを尻目に再び闇の中へ消えていくウォルター。 怖すぎだろww 不気味に感じながら家の中に入ると母親のミッシーがリビングで待っていました。 催眠術が掛けられると言いクリスを椅子に座らせるミッシー。 過去の身の上を聞き出されながら徐々に体の変化に気が付くクリス。 突如体が沈み闇に閉じ込められる感覚に陥ります。 動けないクリス 気が付くと朝になりベッドで目を覚まします。 その日はパーティが開かれるということでぞくぞくと一家を訪れる白人の訪問者達。 白人の客人に挨拶をしていきますが、その失礼な対応にうんざりしていきます、 家に避難しますが、そこで充電中のスマホのプラグを使用宇人のジョージナに抜かれていたことに気が付きます。 そこへジョージナ登場。 不気味な笑みを浮かべながら突然涙を流しその場を立ち去るジョージナ。 笑いながら泣く怖すぎる使用人ジョージナ 不審に思いながらも外に戻りますが、再び白人達に質問攻めにあいます。 そこで唯一同じ黒人であるローガンを思わずスマホで撮影。 シャッター音に反応し突然ローガンが暴れだします。 様々な異変にこの家にはいられないと判断し、帰ることに。 しかしその夜、帰宅の用意中にローズのアルバムが出てきます。 そこにはローズと歴代に彼氏の写真が。 なんと歴代彼氏が全員黒人でした!! ローズも含めてこの家族はおかしいと気が付きます。 逃げようと玄関に向かいますが、一家に囲まれるクリス。 弟のジェレミーと取っ組み合いになりますが、母親のミッシーの催眠術によって気絶します。 どうやら最初にかけられた催眠術により簡単に気絶させられてしまうようになったようです。 そして謎の部屋に監禁されます。 一方これまでの異変の報告を随時受けていた親友ロッドは突然のクリスの音信不通に訝しがります。 ローガンの事も聞いていたので調べてみると、なんと彼は行方不明者として捜索届を出されていました。 クリスも誘拐されたと確信したロッドは警察へ。 見かけによらず超有能な親友ロッド 場面はクリス。 相変わらず拘束され、目の前のテレビからパーティで出会った白人の老人が映ります。 そこで老人の口から驚愕の真実が。 この家で捕まった黒人は手術により白人の脳を移植され、意識は移植した白人のものに。 つまり体を乗っ取られてしまうのです。 また、黒人側の意識は失われませんが、体は白人の意識が支配するので、まるで第三者の視点になるとのこと。 今まで出会った黒人達の不可解な言動の真相が判明しました。 彼らは乗っ取られた意識の中で懸命に戦っていたのです。 目の前の老人は目が見えず、クリスの体を乗っ取って健康な体を得ることが目的のよう。 絶望するクリスですが再び催眠にかかり意識を失います。 ついに手術開始です。 気絶しているクリスをジェレミーが手術室へ運ぼうと拘束具をとります。 しかしクリスは気絶していませんでした。 耳にソファの綿を詰め催眠術の音を遮断していたのです。 ジェレミーを鈍器で殴り、迎えに来た父親のディーン、リビングにいた母親ミッシーを殺害。 その後、追ってきたジェレミーを返り討ちにして殺害します。 急いで車に乗り込み警察に電話をかけるクリスですが、突然現れたジョージナをひいてしまいます。 急いでジョージナを車に乗せて再び走り始めますが、突然ジョージナが暴走! 車は気にぶつかり止まります。 怖すぎだよおばあちゃんwww そこへ一連の物音に気が付いたローズと庭師ウォルターがショットガンをもって迫ってきました。 どうやらジョージナには一家の祖母、ウォルターには祖父が乗っ取っていたようです。 ウォルター改めおじいちゃんがクリスに襲い掛かります。 とっさにおじいちゃんにカメラのフラッシュを焚くクリス。 ローガンがフラッシュで暴れだしたことを思い出したようです。 予想通りたじろぐおじいちゃん。 どうやら乗っ取られたもともとの黒人ウォルター?の意識が一瞬戻ったようです。 瞬間ウォルターはローズをショットガンで打ち抜きます。 そしてクリスの目の前で自害するのでした。 残されたクリスはローズにとどめを刺そうとしますが、ためらいから断念。 そこへロッドがパトカーで駆け付けます。 瀕死のローズを残しクリスとロッドはその場をあとにするのでした。 感想・考察 伏線のオンパレード! 本作は序盤から中盤に掛けてのキャラクターの一挙一同、服装などが終盤になって意味を 帯びていきます。 一回目と2回目ではまた違った見方のできる映画です。 僕も2回目の視聴で改めてあの描写はこういう意味があったのか!!など驚かされました。 1.不気味な黒人達の行動 作中に登場する黒人達。 登場時から異質な雰囲気を醸し出す彼らの言動にはそれぞれ意味があったんです! 使用人ジョージナ の意味不明な会話 彼女とクリスの会話の中で、クリスの「チクらない」との言葉を聞いたジョージナは 「チクる?あぁ、告げ口の事ね」と切り返します。 続けて彼女は「一家は家族のように接してくれる」とも言います。 そりゃそうでしょうね(笑)中身はおばあちゃんだもん。 庭師ウォルターの真夜中ダッシュ 夜中に家を抜け出したクリスの前に突然走って現れる庭師ウォルター。 そして作中序盤でローズの祖父が短距離の陸上選手で、オリンピックの 出場権を黒人選手に奪われてしまった過去も明かされます。 やはり手に入れた黒人の体を使って走りまわりたかったのでしょう(笑) ローガンの握手 クリスはローガンとの初対面時に拳を合わせようとします。 しかしローガンはそれには応じず拳を包むように握手をするのです。 これ、実は拳を合わせる挨拶は黒人の習慣であり、白人にはその習慣が無いのです。 つまり彼の中身が黒人ではないことをこのシーンで暗に表現されています。 2.黒人たちの頭 作中ジョージナはしきりに鏡の前に立って髪の毛をいじる姿が目撃されています。 そのシーンをよく見ればわかるのですが、彼女の髪、カツラなんですね。 そして、ほかの黒人達二人、ウォルターとローガンも帽子を被っていて 頭が見えません。 この描写、序盤なんの意味合いも感じなかったのですが、終盤まで行って わかりました。 黒人の体を乗っ取るためには脳移植が必要で、そのために頭を切開しなければなりません。 その傷を隠すための帽子、カツラだったんですね。 3.煙草 クリスは喫煙者です。 そして作中でやたらと煙草を批判される描写がありますが、これも所見では素通りする 描写ですが、実は意味があります。 彼らの目的はクリスの体を白人の顧客に引き渡すことです。 いわば商品。 したがって体が傷物(タバコの害)があっては困るため煙草を取り上げようとするのです。 4.冒頭の仮面の男の正体 クリスとアーミテージ一家の夕食シーンで、ローズの弟ジェレミーがふざけて クリスに後ろから柔術の絞め技を掛けようとしました。 このシーンも実は伏線。 物語冒頭、黒人男性が謎の仮面を被った男に後ろから首を絞められ さらわれるシーンがありました。 また物語終盤、クリスが逃げるために一家の車を奪って逃走するシーンで助手席に 仮面が見えます。 つまり冒頭の仮面の男はジェレミーであることが示唆されているのです。 細かいなぁ。 5.GET OUTの意味 パーティでのワンシーン。 フラッシュを焚かれたローガンが鼻血を出しながら突然暴れだしこう叫びます。 「Get out!(出ていけ!)」 タイトルにもなっているこのセリフ、初見ではクリスに言っているとも捉えられますが、 これはフラッシュを焚かれたことにより一時的にローガンの元の人格が解放され、 自分の体を乗っ取っている白人に対して吐いたセリフでした。 現代の人種差別 本作は簡単に言えば黒人差別問題にホラーテイストを絡めたサスペンスホラーです。 しかし僕には従来の差別表現とはまた違ったものを感じました。 具体的には弾圧する側である白人が逆に黒人の体になりたがるという設定。 そして作中でも白人が黒人を称賛する場面がしばしば登場します。 本来であれば黒人を使役、監禁、殺害するなどがわかりやすい差別方法ですが、 本作ではそれがありません。 そこで考えられるのは現代と昔のライフスタイルの違いです。 昔の奴隷は肉体労働がほとんどですが、機械が発達した現代に置いて、 その用途はあまり意味を持ちません。 医療の発達による高齢化の社会で求められるのは健康な肉体。 ならばそれを白人に提供するのは黒人だというわけです。 このような考えが起こり得るかはさておき、根強く残る差別意識を 今風に描きたかったのではと感じました。 ちなみに本作はエンディングがもう一つあります。 それはラストシーン、クリスを迎えに来たパトカーにはロッドではなく警官が 乗っていて、クリスは殺人容疑で逮捕されるというものです。 監督は現代でも残る差別意識を描いたそうですが、あまりに救いがないため 今のエンディングに変更になったようです。 総評 本作は公開されるまで内容に関する発表がされていなかったため、どのような映画か 全くわからないまま鑑賞しました。 そのため、前述の伏線の数々を華麗にスルーしていたわけです。 しかし真相が全く見えない中で不気味な登場人物や巧みな演出もあり、退屈はありませんでした。 それどころか真相がわかる終盤の怒涛の展開で、今までの伏線が回収されラストまでダレることなく鑑賞できました。 昨今の音でビックリ系のようなホラーでなく、緻密な脚本と演出が光る良作です。 皆さんも是非ご覧ください。

次の