おおい ちょう。 戸籍関係証明の郵送請求

戸籍関係証明の郵送請求

おおい ちょう

更新日平成30年12月18日火曜日 コンテンツID010747 戸籍証明は、本籍地でしか請求できません 相続・パスポート・身分証明書など、戸籍に関する証明が必要になった方へ 遠隔地であるために役所まで行けない。 多忙なので時間がない。 といった場合に便利な郵送請求をご利用ください。 郵送請求を行う際に必要となるもの 申請書 このページ下部でダウンロードできます。 電話番号を忘れず記入し、氏名欄の印には必ず押印して下さい。 手数料 定額小為替を郵便局にてご購入ください。 切手は利用できません。 返信用封筒 宛名を書き、切手を貼って下さい。 (原則、請求者の住所地宛にしか返信できません。 ) 本人確認資料(官公署交付の証明限定、コピーを入れて下さい。 代理人選任届(委任状) このページ下部でダウンロードできます。 請求先 本籍地 がおおい町の場合の宛先は次のとおりです。 〒919-2111 福井県大飯郡おおい町本郷第136号1番地1 おおい町役場住民窓口課 郵送係.

次の

大銀杏(おおいちょう)|宇都宮市公式Webサイト

おおい ちょう

文/矢島裕紀彦 今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。 漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「おうい雲よ/ゆうゆうと/馬鹿にのんきさうぢやないか/どこまでゆくんだ/ずつと磐城平の方までゆくんか」 --山村暮鳥 詩人の山村暮鳥は、明治17年(1884)、群馬の榛名山麓にある棟高村の大きな農家に生まれた。 本名・土田八九十。 長男だったが、婿養子の立場である父が未入籍だったため、役所には母方の祖父の次男として届けられた。 他にも、この家には何やら複雑な事情があったらしく、後年、暮鳥自身がこんなふうに語っている。 「父は婿であった。 母は泣いてばかりいた。 自分が姉さんとよんでいた母の妹は真赤な血嘔吐をはいて自分の四つの春に悶死した。 自分にはおばあさんと呼ばねばならぬ人がかわりがわりに幾人もあった。 大きな家は陰鬱でいつもごたごたしていた。 他家のように自分の家では笑い声一つ立てるものがなかった」(『半面自伝』) 小学校中退後、暮鳥は10代前半で家を出た。 さまざまな職場を転々としながら放浪。 「肉から皮を剥ぐような暮らし」の中で、物を盗み、一椀の食物を乞うたことさえあったという。 キリスト教と出会ったのは、両親のもとに戻り、小学校の臨時雇として働きはじめた17歳の頃。 教会で英語夜学校が開校されたのを知り、往復7里の道を冒して、毎夜欠かさずに通った。 燃えるような向学心が暮鳥を突き動かしていた。 翌年、受洗すると、すぐに伝道師となることを志願し、伝導学校へ入学。 そこで抜群の成績をあげ、別科生として東京の築地聖三一神学校への編入を許された。 同校卒業後、秋田、仙台、磐城平、水戸などの各教会に勤務した。 暮鳥は、文学への思いも早くから有していた。 神学校在学中から短歌をつくりはじめ、まもなく詩作に移行した。 詩表現の中に真理を追い求める物狂おしいほどの情熱は、時に、そのまま伝道師としての激越な行動にも結びついた。 仙台では、教会の長老の言行不一致を厳しく指弾する説教を一般聴衆の前で繰り広げ、騒動になったこともあった。 解任覚悟のこの事件のあと、許されて転任し伝道師をつづけながら、暮鳥は以前にも増して文学活動に力を入れた。 事件から3年後の大正2年(1913)、処女詩集『三人の処女』を出版。 翌大正3年(1914)には、萩原朔太郎、室生犀星と、詩、宗教、音楽の研究を目的とする「人魚詩社」を設立した。 その後さらに、第2詩集『聖三稜玻璃』の刊行で、先鋭な表現意識による前衛的挑戦を繰り広げ、詩壇に大きな波紋を投げかけた。 多くの非難を浴びる半面、「日本立体詩派の祖」とも呼ばれた。 大正9年(1920)、胸を患った36歳の暮鳥は、職を解かれる形で教会を離脱。 暮らしを立てるため、童話や童謡にも手を染めていく。 長からぬ余命を自覚することで、詩風も自ずと変化し、枯淡の中に清明の味わいを醸した。 掲出の『雲』と題する詩がその典型。 ここには、無垢なる童心にも似た、東洋的な無の境地さえ感じられる。 かつて先鋭的技巧に突っ走った暮鳥が、この頃は「だんだんと詩が下手になるので、自分はうれしくてたまらない」とも語っていた。 大正13年(1924)師走、暮鳥は41歳の誕生日と詩集『雲』の刊行を目前に、生涯を閉じた。 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。 ノンフィクション作家。 文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。 著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『』(監修/宝島社)などがある。 2016年には、『サライ. jp』で夏目漱石の日々の事跡を描くを年間連載した。

次の

大銀杏(おおいちょう)|宇都宮市公式Webサイト

おおい ちょう

地理 [ ]• 北陸地方の最西端にある若狭(若狭地方)大飯郡に町の主要な建物があることから、若西(じゃくせい)とよばれる地域である。 行政区域は、の続くの支湾の南部と上流部およびに連なっている。 であり、となっている。 大飯地区にはであるの先側が含まれるがで町中心部と直接接続しており、半島の付け根部分を有するを通らず往来できるようになっている。 名田庄地区と大飯地区の間は峠道で、大型車の通行ができない。 両地区間の連絡は一旦を経由した方が便利である。 山:、、三国岳(福井県・滋賀県・京都府)776m - 福井県おおい町・滋賀県高島市・京都府南丹市に跨る。 河川:、南川• 半島:• 湾:小浜湾• 入江:• 島: 隣接している自治体 [ ]• 福井県• 歴史 [ ]• 名田庄地区にはとを結ぶルートの一つが通り、かつては魚介類や塩がこの道を通り運ばれていた。 室町中期から戦国期にかけて、将軍家の縁戚だった武田家の領国若狭には、飛鳥井家など、都から多くの公家が下向したことが知られるが、中でも、のの直系子孫であるは、応仁の乱を避け、京都からこの地に移り、乱が収まるまで数代にわたり居住した。 京都と同名の社寺が残り、かつての屋敷跡一帯には、の風情がある。 このような正統な意味での小京都は、一条家のや、高倉家の秋田角館など、全国でも例が非常にかぎられ、貴重な存在である。 本家は秀吉や家康によって京都に呼び戻されたが、現代も若狭に残った庶子の子孫がの流れを受け継いでいることで知られている。 おおい町石山の 石山武田氏遺跡は終焉の地として有名である。 元後瀬山城主で、最後の若狭武田氏当主となったは越前朝倉氏の滅亡後、より石山に於いて3000石を与えられた。 正室である(のちの松丸殿)とともに石山において平穏に長らく暮らしたとされる。 もともと石山は武田家の重臣の居城があった場所であり武田家に縁の深い土地であった。 しかし信長没後、に同調した元明は武田家遺臣を糾合し、の本城・近江を攻めたため、丹羽長秀により自刃させられた。 元明が没することにより若狭武田家は滅亡した。 おおい町名田庄地区にある三重城(城跡)はのとして著名なの居城として有名である。 曽我氏はの近習として京都において代々が活躍したが、曽我氏の本領は三重村(久坂)であり、むろん在地の武士としても活躍した。 三重村を見下ろせる三重山に三重城を築き、南川の水運をも支配したと思われる。 沿革 [ ]• (18年) - ・のにより、大飯郡の自治体として発足。 福井県内ではに次いで郡を越えた合併となった。 郡の所属については、名田庄村が「名田庄村をイメージするような名前の新郡を新設する」という構想を持っていたが、かつて小浜市が大飯郡を合併したときのいきさつのほか、大飯郡が郡の新設に難色を示したために断念し、大飯郡に属することとなった。 また、名田庄村の各地区には地名の頭に「名田庄」がつくこととなった。 (平成21年) - グランドオープン。 (平成24年) - 竣工。 町長職務執行者:下中昭治(名田庄村廃止時の村長、2006年3月3日 - 2006年4月1日)• 初代:時岡忍(大飯町廃止時の町長、2006年4月2日 - 2007年3月31日 1期(辞職))• 2代:時岡忍(2007年4月22日 - 2014年4月1日)• 3代:中塚寛(2014年4月2日 - 現職) 財政 [ ]• 旧大飯町は(普通交付税)の不交付団体であったが、合併後はおおい町が旧名田庄村の交付額に相当する額の交付を受けている。 町議会 [ ]• 議員数 14人(任期満了2023年4月29日)• 町新設から2007年4月29日まで合併時在任特例適用(26名) 経済 [ ] 産業 [ ]• 名田庄地区はかつてが主幹産業であったが衰退し、現在の特産品には、 名田庄漬のブランドで生産・販売されているがある。 大飯地区には原子力発電所があり、これにより財政は豊かである。 産業人口(2005年国勢調査、旧町村分の合計)• 第一次産業:447人• 第二次産業:1,195人• 第三次産業:3,039人 漁港 [ ]• (第2種)• (第1種)• (第1種) 原子力発電所 [ ]• 4基 地域 [ ] 若狭本郷駅 鉄道路線 [ ]• 中心となる駅:• 隣接市町村への連絡• (JR西日本)• :() - 若狭本郷駅 - ()• 都道府県庁への連絡• 小浜線にて約1時間20分の()乗換、約32分、普通列車約52分の()下車。 福井よりも京都の方が近い。 広範囲な連絡• 小浜線約27分の()、東舞鶴駅からを経て約30分の(京都府)、または敦賀駅にて特急列車に接続 バス路線 [ ]• 若狭本郷駅・おおい町役場を拠点に2路線を運行。 また、との共同運行で内へ向かう高速路線バスが若狭本郷駅に停車する。 (福井鉄道グループ)• 「流星」 - 名田庄地区の南川に沿った集落と小浜市内を結ぶ路線を運行。 途中を経由する。 名田庄総合支所前から小浜駅までは約30分。 道路 [ ]• 高速道路• 一般国道• 主要地方道• 一般県道• 通信 [ ]• 公営のケーブルテレビ局 おおい町は山と海で囲まれているため、一部地区を除き県外波はケーブルテレビ局加入による視聴となる。 観光・祭事 [ ] 名勝・史跡 [ ] (松ケ瀬台場跡)• - 国の 寺社 [ ]• 宝楽寺 - 町指定のが有名。 の第29番札所。 おおい町大島• 清雲寺 - に作られた立像が国の。 - 木造の立像が重要文化財。 長楽寺 - 風の坐像などが重要文化財。 常禅寺 - の坐像が• 潮音院 - 若狭観音霊場 第28番札所 おおい町本郷• 海元寺 - 若狭観音霊場 第27番札所 おおい町本郷父子• 檀渓寺 - 若狭観音霊場 第26番札所 おおい町本郷納田終• - の日に行われるかぼちゃしるこの接待で知られる。 自然・景観 [ ]• - その名が示す通り、若狭国・丹波国・近江国の交わる場所に位置する山• 野鹿の滝• 不動の滝公園• 施設・公園 [ ]• - をテーマとする総合• - 土御門家遺跡関連の陳列• プレーパーク大飯 - 総合、(スポーツロッジ栄光)、(イベントワークステーション「悠久館」、・・松木庄吉)がある。 きのこの森• 久田の里森林公園 - 南川の支流の久田川に場やフィールドアスレチック施設、、や、などが整備された森林公園。 - 赤礁崎参照• 赤礁崎ベイサイドパーク• 赤礁崎オートキャンプ場• あかぐり海釣公園• 塩浜海水浴場• 袖ヶ浜海水浴場• 温泉 [ ]• 祭事・催事 [ ]• (おおがせ、8月上旬) 巨大なを回す伝統行事の「大火勢」を観光イベント化したもので、約20m、重量1tに及ぶ松明から火の粉が降り注ぐ。 名田庄 星のフィエスタ その他 [ ]• 同町がに、などを持つリゾート施設・「」の事業に絡み、約25億円に及ぶ虚偽の予算を国に申請し、その結果交付金(交付金)が認定されていたことが、に判明している。 出身著名人 [ ]• (最後の当主・おおい町石山の領主)• (武田元明の正室)• (彫刻家。 第6回に「逆風」を出品して特選。 で)- 旧新道(現在の新道)生まれ。 初代おおい町長)• 元代表取締役社長。 (国文学者。 名誉教授)• (政治家。 おおい町議長)• ()- 生まれ、旧出身。 (アナウンサー)- 旧名田庄村生まれ、旧育ち。 (お笑い芸人)- 旧名田庄村出身。 堂前透()• ()- 旧名田庄村出身。 村本大輔() ゆかりのある人物 [ ]• (初期の)- 後、本郷のに任じられ同地に下向した。 (鎌倉時代中期の、)- 佐分郷を本拠にした。 (の)- 佐分利郷に住んでいた。 のメンバー)- 1969年12月16日から1982年までの約12年間、旧名田庄村に住んでいた。 ()- から高浜町にかけて地質調査を行っていた時期がある。 国民健康保険名田庄診療所所長。 制作のドラマ『ドロクター』のモデル)• ()- 両親が旧名田庄村出身。 旧三方町、小浜市育ち。 脚注 [ ] [].

次の