アルキメデスの大戦 ロケ地 呉。 アルキメデスの大戦のロケ地や神戸・呉・横浜の撮影場所は?撮影秘話も【映画】

菅田将暉:「アルキメデスの大戦」ロケ地の呉に凱旋 「過ごした時間はすてきな思い出」

アルキメデスの大戦 ロケ地 呉

この頃、中国大陸への進出問題を巡り、日本とヨーロッパ・アメリカは国際的に対立していた。 この時、日本帝国の海軍上層部は、超大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていた。 大きな主砲を持つ巨大戦艦の建造計画を推進したい平山忠道の派閥が中心となり、「大和」の建造を進めようとしていたのであった。 そこに待ったをかけたのは、時の海軍少将・山本五十六。 山本五十六は、これからの戦争に必要なのは航空母艦であり、そして、高速で機動力のある対空戦闘可能な戦艦だと進言していたのである。 これまでのような、図体のでかい戦艦は、これからの戦争には必要なく、また、戦闘時に不利になると考え、機動的でよりコンパクトな戦艦を提案するのであった。 それに危機を感じた山本五十六は、なんとか巨大戦艦建造計画を阻止しようとするのであった。 そして、天才数学者と名高い櫂直を海軍に招き入れる。 五十六は、櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる費用を試算しする。 その膨大にかかる費用とその裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えた。 櫂は日本の未来を守るため、海軍入隊を決意。 持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていくが…。 彼は軍事会議直前に嶋田・平山案の見積もりが低過ぎることを証明する。 これで空母案が採用される流れだったが、押し黙っていた平山中将が、この低い見積もりは意図的なものだと説明するのであった。 大規模予算を他国が見れば、日本の本格的な軍拡の動きを察知されかねない。 そう考えた平山は敢えて、低い予算を提出したのだった。 この思慮深さを買って海軍大臣は大型戦艦建造案を採用することになる。 愕然とする櫂。 しかし、ここでも掲示された平山案の設計に欠陥があると指摘する。 その指摘を受けた平山は、その穴を認め、計画を下げるのであった。 大型戦艦建造計画は中止、山本派の航空母艦建造が決定する。 非戦派の山本だが、日米開戦が避けられないと考えていた。 軍事会議からしばらくして、櫂は平山に呼び出される。 そこにあったのは、巨大な戦艦の模型。 日本人の国民性からして、どれだけ不利になっても戦い続けると考えた平山。 そんな国民に、象徴的な戦力の確立とその敗北を用意する。 そのための巨大戦艦建造だと櫂に迫った。 返す言葉のない櫂。 やがて、彼も大型戦艦建造に深く関わっていく。 そして、巨大戦艦は後に「大和」と名付けられ、日本海軍の象徴となる。 html もう、監督デビュー作の『ジュブナイル』の頃から大ファンなんですけど、僕。 金城武さん主演の『リターナー』のDVD特典はなんども見た作品です。 それから、『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞の監督賞を受賞して、日本における映画監督としての地位を確立した印象があります。 しかし、山崎監督の得意分野はVFXや、CGとミニチュアやセットを用いた映像作品。 そして、ご本人も影響を受けたという『スターウォーズ』などのSF作品がより山崎監督らしい作品に思えますね。 そういう点では、今回のこの映画『アルキメデスの大戦』では、山崎監督の本領が発揮されている期待の作品だと思います。 また、冒頭にも紹介しましたが、ドラクエのフルCG映画も楽しみですね。 山崎ワールドにどっぷり浸れる2019年の夏がやってきそうです! スポンサーリンク 映画『アルキメデスの大戦』の原作について 原作は、ドラゴン桜などで有名な漫画家の三田紀房さん。 2015年からヤングマガジンで連載されていますね。 単行本は現在13巻まで発売されています。 特に、軍事用語の専門性の高い漫画作品でもある特徴的な漫画作品になっています。 そのため、連載における時に専門家の慣習を入れるため、3話程度先行して漫画制作が行われているといいます。 三田紀房さん自身も、マンガの格が上がるとして、専門用語を積極的に活用しているとおっしゃっていますね。 「役に立たない情報をきちんと入れる手法は、マンガ業界におけるすごく大きなイノベーションだと思う」ともおっしゃってます。 cinemacafe. html 『あぶない刑事』シリーズでも有名な館さん。 いつも貫禄のある役柄が多い館さんですが、今回も名将「山本五十六」に期待したいですね。 いや、渋い。 渋すぎる! スポンサーリンク 映画『アルキメデスの大戦』撮影ロケ地の紹介 ここでは映画『アルキメデスの大戦』のロケ地について噂も含めてご紹介してまいります。 東宝スタジオ 今回のセット撮影の中心として予想されている東宝スタジオ。 配給やエキストラ情報などから、かなりの確率でこちらは使われているでしょう。 ただ、なかなかその中を見る機会って少ないですよね。 今回の映画『アルキメデスの大戦』でもロケ地として撮影されたという情報が出ていますね。 〒678-0041 兵庫県相生市相生5292 呉市海上自衛隊 こちらも、菅田将暉さんの目撃情報などが流れていますね。 映画やドラマの撮影ロケ地としても有名な場所です。

次の

「微妙な時代」を描くために選ばれたロケ地は?菅田将暉主演『アルキメデスの大戦』

アルキメデスの大戦 ロケ地 呉

この頃、中国大陸への進出問題を巡り、日本とヨーロッパ・アメリカは国際的に対立していた。 この時、日本帝国の海軍上層部は、超大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていた。 大きな主砲を持つ巨大戦艦の建造計画を推進したい平山忠道の派閥が中心となり、「大和」の建造を進めようとしていたのであった。 そこに待ったをかけたのは、時の海軍少将・山本五十六。 山本五十六は、これからの戦争に必要なのは航空母艦であり、そして、高速で機動力のある対空戦闘可能な戦艦だと進言していたのである。 これまでのような、図体のでかい戦艦は、これからの戦争には必要なく、また、戦闘時に不利になると考え、機動的でよりコンパクトな戦艦を提案するのであった。 それに危機を感じた山本五十六は、なんとか巨大戦艦建造計画を阻止しようとするのであった。 そして、天才数学者と名高い櫂直を海軍に招き入れる。 五十六は、櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる費用を試算しする。 その膨大にかかる費用とその裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えた。 櫂は日本の未来を守るため、海軍入隊を決意。 持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていくが…。 彼は軍事会議直前に嶋田・平山案の見積もりが低過ぎることを証明する。 これで空母案が採用される流れだったが、押し黙っていた平山中将が、この低い見積もりは意図的なものだと説明するのであった。 大規模予算を他国が見れば、日本の本格的な軍拡の動きを察知されかねない。 そう考えた平山は敢えて、低い予算を提出したのだった。 この思慮深さを買って海軍大臣は大型戦艦建造案を採用することになる。 愕然とする櫂。 しかし、ここでも掲示された平山案の設計に欠陥があると指摘する。 その指摘を受けた平山は、その穴を認め、計画を下げるのであった。 大型戦艦建造計画は中止、山本派の航空母艦建造が決定する。 非戦派の山本だが、日米開戦が避けられないと考えていた。 軍事会議からしばらくして、櫂は平山に呼び出される。 そこにあったのは、巨大な戦艦の模型。 日本人の国民性からして、どれだけ不利になっても戦い続けると考えた平山。 そんな国民に、象徴的な戦力の確立とその敗北を用意する。 そのための巨大戦艦建造だと櫂に迫った。 返す言葉のない櫂。 やがて、彼も大型戦艦建造に深く関わっていく。 そして、巨大戦艦は後に「大和」と名付けられ、日本海軍の象徴となる。 html もう、監督デビュー作の『ジュブナイル』の頃から大ファンなんですけど、僕。 金城武さん主演の『リターナー』のDVD特典はなんども見た作品です。 それから、『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞の監督賞を受賞して、日本における映画監督としての地位を確立した印象があります。 しかし、山崎監督の得意分野はVFXや、CGとミニチュアやセットを用いた映像作品。 そして、ご本人も影響を受けたという『スターウォーズ』などのSF作品がより山崎監督らしい作品に思えますね。 そういう点では、今回のこの映画『アルキメデスの大戦』では、山崎監督の本領が発揮されている期待の作品だと思います。 また、冒頭にも紹介しましたが、ドラクエのフルCG映画も楽しみですね。 山崎ワールドにどっぷり浸れる2019年の夏がやってきそうです! スポンサーリンク 映画『アルキメデスの大戦』の原作について 原作は、ドラゴン桜などで有名な漫画家の三田紀房さん。 2015年からヤングマガジンで連載されていますね。 単行本は現在13巻まで発売されています。 特に、軍事用語の専門性の高い漫画作品でもある特徴的な漫画作品になっています。 そのため、連載における時に専門家の慣習を入れるため、3話程度先行して漫画制作が行われているといいます。 三田紀房さん自身も、マンガの格が上がるとして、専門用語を積極的に活用しているとおっしゃっていますね。 「役に立たない情報をきちんと入れる手法は、マンガ業界におけるすごく大きなイノベーションだと思う」ともおっしゃってます。 cinemacafe. html 『あぶない刑事』シリーズでも有名な館さん。 いつも貫禄のある役柄が多い館さんですが、今回も名将「山本五十六」に期待したいですね。 いや、渋い。 渋すぎる! スポンサーリンク 映画『アルキメデスの大戦』撮影ロケ地の紹介 ここでは映画『アルキメデスの大戦』のロケ地について噂も含めてご紹介してまいります。 東宝スタジオ 今回のセット撮影の中心として予想されている東宝スタジオ。 配給やエキストラ情報などから、かなりの確率でこちらは使われているでしょう。 ただ、なかなかその中を見る機会って少ないですよね。 今回の映画『アルキメデスの大戦』でもロケ地として撮影されたという情報が出ていますね。 〒678-0041 兵庫県相生市相生5292 呉市海上自衛隊 こちらも、菅田将暉さんの目撃情報などが流れていますね。 映画やドラマの撮影ロケ地としても有名な場所です。

次の

菅田将暉、『アルキメデスの大戦』ロケ地の呉に凱旋「お好み焼き最高です!」

アルキメデスの大戦 ロケ地 呉

ありがとうございました」と撮影協力への感謝を伝えた。 菅田さんは、昨年の夏に呉市に訪れ、同映画の重要なシーンを撮影し、オールアップを迎えたことから、「呉で過ごした時間はすてきな思い出になりました。 お好み焼きもおいしかったです。 大阪人の僕がこんなことを言うのも何ですが、呉のお好み焼き、最高です(笑い)」と話して、会場を盛り上げた。 この日のイベントでは、「大和ミュージアム」の館長で、海軍史研究家の戸高一成さんとの対談も行われた。 イベントの後には、「大和ミュージアム」の戦艦大和の資料展示ブースも見学した菅田さんは、「戦争について情報としては知っていても、遺品を実際に見てみるとやっぱり違いますね。 若い世代の人たちにとって過去の戦争というものが離れていく中で、僕たちと年の変わらない若い兵たちの遺書や手紙に触れ、少し近くに感じられたような気がします」と語り、「戦争のことを知らない若い世代にもこの映画を見てもらい、何かのきっかけになればいいなと思います」と話していた。 映画は人気マンガ「ドラゴン桜」などで知られる三田紀房さんのマンガが原作。 舞台は1930年代の日本で、米国との開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦・大和を建造し、日本の国威を世界に示す計画を立てていた。 計画に反対する海軍少将の山本五十六は、大和建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材で「アルキメデスの再来」と呼ばれる天才数学者の櫂直(かい・ただし=菅田さん)を引き入れる。 櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる大和建造費の見積額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとする……というストーリー。

次の