パグ 里親。 パグの里親募集&迷子情報|ペットの命

保護されたパグを迎えよう!里親募集サイトまとめ

パグ 里親

飼い主の事情で放棄だそうです。 1歳過ぎとの事ですが、ペットショップでの購入だとしたら、たった10ヶ月程度しか飼育していないでこの有様です。 犬種の特性も分からず飼ってしまった結果、持て余したのかもしれません。 1歳とまだ若いので、結構アクティブです。 元気な若いビーグルとは格好の遊び相手です。 お調子者のビーグルが度が過ぎた遊び方をすると、最近はイエローカードを出せる位になってきました。 フガフガいいながらも、動くスピードは大したものがあります。 フリーにすると、月齢通りジッとしている事はありません。 が、どんな犬とも問題を起こす事は皆無でしょう。 多少顰蹙を買う事はあっても・・・。 しかし、パグだからか、この子だからなのか、ホントに気のいい奴です。 怒る・唸るといった行為はこの子の辞書にはないのかもしれません。 現在は、保護当時から悪かった皮膚と目のケアを継続中です。 投薬の結果か、脱毛の部分から新しい毛も生え、目も毎日の点眼で順調に回復傾向にあります。

次の

犬の里親募集検索サイト

パグ 里親

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• ハバニーズ• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル系• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タバコ• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• ハバナ・ブラウン• ハルクィン• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レディッシュ・ブラウン• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛 パグにはこんな病気が!「パグ脳炎」について 「パグ脳炎」という病気をご存知でしょうか?正しい病名は「壊死性髄膜脳炎」と言います。 病名にパグという名前が入っていることからわかるように、パグがなりやすい病気です。 もちろん、パグだけに限らずチワワやマルチーズ、ポメラニアンなど比較的小型の犬種が発症することが多いと言われています。 パグ脳炎は脳のあちこちが壊死してしまい、慢性的な脳疾患を起こす病気で、一度発症してしまうと根本的な治療法はありません。 原因は先天的な遺伝子によるものではないかと言われていますが、ハッキリとした原因はわかっていないのが現状です。 発症してしまった場合は、ステロイド剤などを使いながら延命治療を行うしかありません。 パグ脳炎の初期症状として「同じところをずっとぐるぐる歩き回る」などのいくつかの特徴があります。 発見が遅れてしまうと、意識を失ったり、立ち上がることができなくなってしまうこともありますので、愛犬がおかしな行動をしていないか、日頃からよく観察しておくことが大切です。 ぬいぐるみみたいに愛らしい!パグの子犬の魅力 「ブサカワ犬」として熱狂的なファンを持つパグは、そのブサイクなのにどこか愛嬌のある顔が人気の犬種です。 特に子犬の頃はまん丸コロコロとした姿に、思わず「かわいい~!」と声が出てしまうことでしょう。 真っ黒な目はとても大きく、その目を見ていると吸い込まれてしまいそうです。 感情が目に現れやすい犬種なので、目を見れば考えていることがだいたいわかると言われています。 つぶれた鼻は、とても短く、まるで顔に埋まってしまったかのように平らになっています。 常にフガフガッと鼻息を荒げながら歩く姿は、なんとも愛らしいです。 尻尾は短いながらもクルリと丸まり、歩くたびにプリプリと揺れてなんとも言えない可愛さがあります。 パグは後ろ姿がどっしりとしていて、子犬でも不思議な貫禄があります。 そしてパグの最大の魅力は顔の眉間部分にある無数のシワです。 このシワがあることで、パグのブサカワ度がアップしていると言ってもいいでしょう。 普通にしていてもまるで困っているような面白い表情に見えてきます。 このシワの微妙な動きが、表情をコミカルに伝えてくれるのです。 パグってどんな犬?こんな性格の子たちです パグは比較的落ち着いた性格の犬種だと言われていますが、時には無邪気に大騒ぎしたりする元気な一面もあります。 とても素直で、飼い主に対する愛情が深い犬なのでしつけもしやすいです。 ただ、頑固なところもあるので、子犬の頃に可愛いからと言って甘やかし過ぎてしまうと、全く言うことを聞かなくなってしまう場合もありますので注意しましょう。 しつける時には毅然とした態度で、根気よくしっかりしつけることが大切です。 基本的に甘えん坊で、飼い主と遊ぶことが大好きです。 飼い主以外の人やほかの動物にもおおらかな態度で接するので、あまりトラブルも起きないでしょう。 とても温和で攻撃性も少なく、きちんとしつけていれば飼い主の言うことをよく聞く素晴らしい犬です。 またパグは「忠犬」というよりは、「親の言うことを良く聞くいい子」という表現がぴったりです。 常に飼い主に寄り添い、遊んで欲しくて甘えます。 しかし、しつこく甘えてくる訳ではなく絶妙な甘え方をしてくれるので、一度パグを飼うときっと虜になってしまうことでしょう。

次の

パグ 里親

パグ 里親

できればストレスのない元気な可愛い子犬達を見ていただく為にも、見学をお勧めいたします。 遠方の皆様には、画像・動画でお届けいたします。 是非、ご覧ください。 24時間いつでもメールにてお問い合わせください。 また、お電話でもお待ちしております。 掲載している子犬情報は、里親様が決まった子犬もいますので、確認の上でお問い合わせください。 ご了承ください。 ) 返信したメールが届かずに戻ってきてしまう場合や、ご連絡先のお電話とつながらないことがございます。 情報が届いていない方は恐れ入りますが、お電話からお問い合わせください。 もしつながらない場合、留守番電話にメッセージをお残しください。 (折り返しご連絡させて頂きます) 住所:埼玉県久喜市東大輪2092-1 TEL:0480-58-2992 080-5196-9211 担当:西村潤子.

次の