よりいち 名言。 鬼滅の刃の名前の漢字が難しくて読めないので読み方とかまとめてみた。

【鬼滅の刃】作中キャラクター最強ランキング|1位は意外なあのキャラ……!?

よりいち 名言

炭治郎の言葉が心に染みわたる 炭治郎の名言・迷言のポイントは、 ポジティブ、優しさ、天然、家族愛の4つです。 炭治郎は、どんな苦境に立たされても、諦めることはなく自分を鼓舞し、敵である鬼にすら優しい少年です。 おまけに山育ちで擦れていないせいか天然。 全く擦れていない炭治郎は、普通の人なら恥ずかしくって言えないような言葉をストレートに発します。 そんな炭治郎の言葉は、説得力があり、作者の言葉選びも秀逸で、読んでいる人の心に染みわたります。 真面目で心にささる名言だけでなく、思わず笑ってしまうような迷言も印象的です。 名言・迷言・名シーンまとめ 失っても 失っても 生きていくしかないです どんなに打ちのめされようと 出典:鬼滅の刃 2巻13話 吾峠呼世晴 株式会社集英社 2016年8月9日第1刷 鬼に婚約者を喰われた男性にかけた言葉です。 炭治郎は鱗滝の下で2年間修行しています。 その間、禰豆子は目覚めることなく眠り続け、炭治郎にとってはこのまま死んでしまうのではないかと不安になる日々でした。 何度も挫けそうになりながらも諦めない炭治郎だからこそ言える言葉です。 俺は長男だから我慢できたけど 次男だったら我慢できなかった 出典:鬼滅の刃 3巻24話 吾峠呼世晴 株式会社集英社 2016年10月9日第1刷 炭治郎がファンの間で「長男」という愛称で呼ばれるきっかけとなったセリフです。 アニメ化を記念して行われたセリフ人気投票で3位を獲得。 名言なのか迷言なのか迷ってしまいます。 長女だけど第二子の禰豆子はどうなんだとか、次男はどうなんだとか色々思ってしまいますが、めちゃくちゃ頑張ってる炭治郎だから許せるセリフではないでしょうか。 時代背景も考えると、この当時の長男と言うのは、「父親代理」「ポスト親父」の要素が非常に強いので、かなり厳しく育てられているのではなかろうかと。 頑張れ 炭治郎 頑張れ!! 俺は今までよくやってきた!! 俺はできる奴だ!! そして今日も!! これからも!! 折れていても!! 戦いで苦境に立たされる時、炭治郎が自分を鼓舞するシーンがよく見られます。 その中でも印象深い名言となっています。 この時の炭治郎は、前の戦いで折れた骨が完治していないにもかかわらず、強敵に会い心が折れている状況です。 そんな時思い出したのは、折れてる炭治郎ではダメだという善逸のこと。 炭治郎が逆に奮起するきっかけとなります。 何気に善逸がいい仕事しています。 足をどけてください 醜い化物なんかじゃない 鬼は虚しい生き物だ 悲しい生き物だ 出典:鬼滅の刃 5巻43話 吾峠呼世晴 株式会社集英社 2017年3月8日第1刷 那田蜘蛛山で累を倒した後、冨岡とのやり取りでの炭治郎のセリフ。 炭治郎の、鬼に対する思いがつまった名言です。 匂いから相手の感情まで読み取ってしまう炭治郎は、鬼の最期の感情がわかってしまうからこそ、その鬼が人間だったころのことを思い、非情になりきれないのかもしれません。 なんで急に そんな気持ち悪い 笑い方するんだ? どうした? 出典:鬼滅の刃 6巻48話 吾峠呼世晴 株式会社集英社 2017年5月7日第1刷 このセリフは、善逸に向けられたもの。 このシーンは、弱った伊之助が可愛いことで話題になりました。 伊之助の可愛さが目立ち、このセリフはあまり目立っていませんが、善逸へのストレートでシンプルな悪口になっています。 善逸、蜘蛛になりかけちゃったから…。 優しい炭治郎からの暴言に、善逸も傷ついています。 主要キャラ2人の意外な一面が見られるシーンです。 まとめ ・炭治郎の名言は数が多い ・他の人が恥ずかしがってしまうことをなんのためらいもなく言う ・炭治郎の迷言は、炭治郎が真面目で天然すぎることが原因 関連記事.

次の

努力について『三島由紀夫語録』より

よりいち 名言

この記事の目次• その一方で、戦闘においては鬼化が進みすぎてコントールが利かなくなったりと、ムラが大きいというマイナス面も目立ちます。 ただし「日光を浴びても消滅しない」という、鬼の唯一の弱点である日光を克服している飛び抜けた希少性を持つことから、総合評価を押し上げ15位にランクイン。 視力を犠牲にして動体視力を極限まで上げる「彼岸朱眼」が非常に有用で、能力としても特殊なことから希少性のスコアを少し高めにしてあります。 戦闘においては、他の鬼殺隊主力と比べると非力ではあるものの、類まれなる身体能力から高速な連撃を繰り出すことが可能です。 また、非常に良い動体視力を生かした判断能力が高く、戦闘において器用な立ち回りができることから、総合スコア31点(50点満点)を獲得し14位似ランクインしました。 しなる日輪刀でトリッキーな戦い方をしますが、あくまで筋力が主体となった立ち回りが多いため、スピードや器用さは一般的なスコアとしています。 ただし、8巻以降戦闘が発生していないこと、最後の戦いでも痣が発現していないこと、から真の実力を発揮しておらず未知数ということで12位としています。 炭治郎は、鱗滝左近次の元で水の呼吸を会得したものの、父親から受け継いだヒノカミ神楽も物語の途中から使えるようになります。 また、猗窩座戦においては「透き通る世界」を会得して、さらに闘気(気配)を完全に消すことができるようにもなっており、、義勇から見ても柱に迫る実力を身に付けています。 単独での戦闘能力も非常に高いですが、それ以上に共闘している際のサポートが秀でています。 炭治郎と共闘した猗窩座戦では、危なっかしい炭治郎を守りつつも猗窩座に着実に攻撃を加えていくという柔軟さを披露しました。 刀を握って2ヶ月で柱になったという天才で、実は継国縁壱や黒死牟の子孫です。 刀鍛冶の里を鬼が襲撃した際には、上弦の伍・玉壺に対して1人で立ち向かい、苦戦するものの勝利します。 上弦の鬼は100年顔ぶれが替わっておらず(つまり討伐されていない)、その上弦の鬼を単独で撃破するというのは、早熟なだけではなく実力も上位ということの裏付けでもあります。 ただし物理攻撃しかできないわけではなく、破壊殺と術式展開を行い、遠距離攻撃を行うことも可能です。 武術を扱う鬼として至高の領域に達しており、非常に高い戦闘能力を持ちます。 さらには頸を斬られても死なないなど、通常の鬼の常識を覆す立ち回りを見せました。 人間時代の回想を経て、自滅する道を選ばなければ、炭治郎と義勇は覚醒した猗窩座に勝てなかったのではないでしょうか。 この血鬼術は、ちょっとした霧状の氷でも吸い込んでしまうと肺を壊死させてしまう非常に強力なものです。 しのぶの攻撃を何度も食らうなど、スピードが遅い印象ですが、遠隔主体でなかなか近づけない戦闘スタイルはかなり厄介です。 また、「結晶ノ御子」という小さな氷の人形を扱うことができます。 この人形は、小さいにも関わらず童磨と同じ威力の血鬼術を使うことができ、2体出すと実質童磨を3人相手にしているのと同じ状態となります。 しのぶの犠牲を伴った作戦がなければ、カナヲと伊之助はおそらく勝てなかったことを考えると、黒死牟にも迫る強さを持つのではないでしょうか。 単純な戦闘能力だけでいうと悲鳴嶼に一歩劣る印象ですが、鬼を酔わせる非常に強烈な「稀血」を活かして戦うことが可能。 稀血を発動させるために傷を負う必要があるため、身体中に生傷が絶えず、かなりリスキーな戦い方をするのが特徴です。 黒死牟戦では痣を発現させるだけではなく、炭治郎と同じく「透き通る世界」を見ることができ、相手の動きを事前に予測できるようにまでなりました。 また、死亡したり深手を負った他隊士に比べて黒死牟戦で負った傷も浅く、それだけ戦闘能力が高いことの証明でもあります。 よって、現存する人間の中では最上位の5位となりました。 悲鳴嶼、実弥、無一郎、玄弥の4人がかりで挑みようやく討伐できたように、相当高い実力を持ち十二鬼月の中でも最上位というのは納得です。 頸を斬られてもなお復活し、身体中から刀を出してめちゃくちゃに高速で技を放てるなど、デタラメな強さを発揮して悲鳴嶼たちを苦境に立たせました。 1000年以上のときを生き、数え切れないほどの人間を食っているため、鬼の中で最も高い能力を持ちます。 また、生み出した鬼は一部の例外を除き無惨に逆らうことができないため、鬼の最上位と言っても過言ではありません。 作中でしっかりと戦闘しているシーンは未だ描かれていませんでしたが、181話で繭から復活し姿を変えた無惨は、瞬く間に鬼殺隊士たちを葬っていきました。 柱が全員集結してなお苦戦することが想像されることから、現存しているキャラクターの中では最強なのではないでしょうか。 7歳の頃には初めて刀を握るやいなや、剣技の師範を瞬く間に打倒してしまう天才。 さらには生まれた時から痣が発現しており、通常なら25歳までしか生きられない痣者にも関わらず、80歳過ぎまで生きているという異次元っぷり。 鬼になった黒死牟でも、縁壱が寿命で死ななければ自分が殺されていたと恐れるほど。 鬼舞辻無惨ですら縁壱を倒すことはできなかったと言われていることから、作中の登場人物としては間違いなく最強です。 1位:太陽(日の光) 太陽のレーダーチャート すべての鬼が恐れる絶対的存在 鬼滅の刃作中においては、禰豆子を除くすべての鬼を灰にしてしまう絶対的存在。 1日の内、決まった時間しか活動できないのが玉に瑕ですが、鬼舞辻無惨ですら恐れる太陽は間違いなく最強ランキング1位ですね。

次の

『鬼滅の刃』登場人物(キャラクター)まとめ

よりいち 名言

鬼滅の刃第145話「幸せの箱」 この技は善逸だけが使える特別な呼吸。 獪岳 かいがく を倒すために編み出した独自の技と言えるでしょう。 善逸は劣 勢を強いられていましたが、最後の最後で獪岳の頚を斬り落としたシーンはめっちゃカッコ良かったですね。 「これは俺の型だよ。 俺が考えた俺だけの型。 この技でいつかあんたと肩を並べて戦いたかった」 ってセリフ良かった。 嘴平伊之助 はしびらいのすけ の名言・名シーン 「てめェェ!!これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇ!!」 この「ホワホワ」っていう表現、中々好きなので名言として抜粋しました。 イノシシに育てられた伊之助は、誰かに優しくされる事に慣れていません。 、過剰に優しい炭治郎と接するとホワホワしてしまうようです 笑 意外と可愛い一面もあるのが伊之助。 っていうか被り物取ったら普通にイケメンだし。 しかし、真っ向から「俺は嫌われていない」と否定します。 この返しはちょっと予想できなかったですね。 しのぶの「いじり」だとは思うんですが、義勇は真顔で答えているので結構ダメージ受けていたのかも。 真剣に真顔で答えるところが義勇っぽくて良かったです。 胡蝶しのぶ こちょうしのぶ の名言・名シーン 「そんなんだからみんなに嫌われるんですよ。 」 シンプルに突き刺さるこのセリフを言えるのは胡蝶しのぶだけでしょう 笑 さすが「毒の使い手」というもあり、口の方もかなりの毒舌。 真顔で「嫌われていない」という義勇もちょっぴりお茶目でかわいい。 そんな義勇に対してさらなる追い打ちをかけるしのぶ。 かなりの上からの目線で義勇をいじり倒します 笑 この時しのぶは「なぜ義勇が鬼 禰豆子 をかばっているのか?」ということを理解していなかったので、致し方ない面もありますがとは言えひどすぎ 笑 「私の刀で一度に打ち込める毒の量はせいぜい五十ミリ。 しかし、今の私を喰った場合にその鬼が喰らう毒の量は私の全体重三十七キロ分。 致死量のおよそ七百倍です。 」 鬼滅の刃第162話「3人の勝利」 この名言は「童磨 上弦の弐 と対峙した時の戦略をカナヲに話すシーン」から抜粋。 しのぶは戦う前から既に、「童磨には普通に戦っても勝てない」ということを理解していました。 そこでしのぶが取った戦術は「自らの全身に高濃度の藤の花の毒を巡らせておく」というもの。 つまり、しのぶは自らの命を犠牲にして 童磨に喰われる でも「童磨を必ず倒す」と固く決意していたのです。 自らの命を投げ打ってでも「童磨を倒すためなら何でもする」というしのぶの確固たる決意に私は驚きました。 誰よりも鬼を憎んでいるしのぶだからこそできる「捨て身の戦術」ではないでしょうか。 そして最後にカナヲに自らの想いを託すシーンは感動的でしたね。 「柱は後輩のためなら盾になる」と言っていたしのぶもまさに煉獄さんと同じ。 「必ず私が鬼を弱らせるからカナヲが首を斬ってとどめを刺してね」 この言葉はカナヲの胸に深く深く刻まれ、後の童磨戦での大きな原動力となります。 しかし、それでも煉獄さんは不屈の精神力で戦い続けます。 なぜ煉獄さんがここまで強くいられるのか。 それは母との約束があったからです。 その約束とは「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務」というもの。 この母との約束を最後まで守り抜くためにも、煉獄さんは猗窩座に負ける訳にはいきませんでした。 煉獄さんは結果的には猗窩座に敗れてしまいましたが、「仲間を1人も死なせない」という責務は見事に果たしました。 「柱ならば後輩の盾となるのは当然だ。 柱ならば誰だって同じことをする。 若い芽は摘ませない。 竈門少年。 猪頭少年。 黄色い少年。 もっともっと成長しろ。 そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。 俺は信じる。 君たちを信じる。 」 猗窩座との激闘が終わり「自信の想い」を炭治郎に伝えるシーン。 「柱ならば後輩の盾になるのは当然だ」 「そして、今度は自分と同じように後輩を守ってほしい。 成長して強くなって欲しい。 これまで無一郎に散々酷い言葉を浴びせてきた兄有一郎ですが、最後は無一郎の事を思いやります。 「どうか弟だけは助けてください」 と。 そしてそこに鬼を倒した無一郎が重傷を負いながらも何とか家に辿り着きます。 そこで見た光景は死亡寸前の兄有一郎の姿…。 そして、有一郎の最後の言葉を聞く事に…。 このシーンで涙を流した方も多いのではないでしょうか。 回想シーンとは言えど、無一郎の由来がわかったのと同時に無一郎が見事に復活したので、衝撃的でしたよね。 そして無一郎の無がまさか無限の無だったとは。 記憶を取り戻した無一郎は、ここから覚醒し、上弦の伍である「玉壺 ぎょっこ 」をあっさり倒します。 無一郎は死後の世界で兄有一郎に「なぜこっちの世界にきた?なぜ無駄死にした?こっちに来るな戻れ!」と冷たくあしらわれてしまいます…。 しかし、無一郎は自分が今できる事を精一杯やり、仲間に全ての想いを託したので、「思い残すことはない。 どうして認めてくれないの?」と涙ながらに訴えます。 生きて欲しかった兄有一郎と弟無一郎の熱い対話。 有一郎は「こんなところで死んでどうする!無駄死にだ!これじゃあ何のために生まれてきたのかわからない!」と有一郎は言います。 そこで無一郎が返した言葉。 それは「僕は幸せだった。 」です。 有一郎は本当に本当に無一郎に死んで欲しくなかったからキツイ言葉を浴びせましたが、それでも無一郎は幸せだったと訴える姿がめっちゃ切ないし悲しい。 無一郎が死亡したのは本当に残念で仕方ありません。 ごめんなさい。 もう言葉はありません。 兄の想いと弟の想いが交差する名シーンでした。 無一郎の死亡シーンに関しては「」で詳しくまとめています。 不死川実弥 しなずがわさねみ の名言・名シーン 「テメェはどっかで所帯持って家族増やして爺になるまで生きてりゃあ良かったんだよ。 お袋にしてやれなかった分も、弟や妹にしてやれなかった分も、お前がお前の女房や子供を幸せにすりゃあ良かっただろうが。 そこには絶対に俺が鬼なんて来させねえから…。 この2人がコンビ技を見せてドヤります。 後ろから来る悲鳴さんの攻撃をさらりと交わす実弥。 黒死牟も驚きの表情を隠せません。 そしてこのシーンのポイントは悲鳴さんが最後に「うむ」ってさり気なく言ってるところ。 状況の変化・肉体の変化・感情の変化・あらゆる変化はほとんどの場合は"劣化"だ。 衰えなのだ。 私が好きなものは"不変"完璧な状態で永遠に変わらないこと。 」 「永遠」を夢見る鬼舞辻無惨らしい名言・名シーン。 無惨は全ての変化は「衰え」と忌み嫌います。 永遠に変わらない状態で生き続ける事を望む無惨ですが、敵対する 産屋敷耀哉 お館様 は「永遠とは想いである。 想いこそが本当の永遠。 」と言います。 「鬼滅の刃」という漫画の最大の見所はこの2人の対立、対決だと思うんですよね。 その他キャラクターの名言・名シーン 産屋敷耀哉 うぶやしきかがや の名言・名シーン 「人を襲わないという保証ができない。 証明もできない。 人を襲うということもまた、証明できない。 ねずこが2年以上もの間、人を喰わずにいるということ実があり、ねずこのために三人のものの命が掛けられている。 これを否定するためには、否定する側もそれ以上のものを差し出さなければならない。 永遠、すなわち不滅である事を目指している無惨。 そんな無惨に対し、お館様は本当の永遠は「人の想いだ」と言い切ります。 無惨は 理不尽にたくさんの人を殺したことにより、本来であれば眠っていた柱たちを目覚めさせてしまいました。 鬼滅の刃という漫画が最も読者に伝えたいメッセージ。 それはこの「人の想いは永遠、不滅である」ということでしょう。 栗花落カナヲ つゆりかなを の名言・名シーン 「ごめんなさい姉さん。 ごめんなさい。 私あの時泣けなくてごめんなさい。 」 カナヲは胡蝶カナエが死亡した時、泣く事ができませんでした。 なぜなら、カナヲは泣くと「暴力を振るわれる」という過去の経験が染み付いていたから。 それでもそんなカナヲを胡蝶しのぶは寛容な心で受け止めてくれました。 最後の最後でしのぶとの約束を果たし、自然に涙を流すことができたカナヲ。 このシーンに心を打たれた方も多いはず。 名シーンです。 鬼殺隊士達の名言・名シーン 「行けー!! 進めー!! 前に出ろ!! 柱を守る肉の壁になれ! 少しでも無惨と渡り合える剣士を守れ!! 今までどれだけ柱に救われた!! 柱がいなけりゃとっくに死んでたんだ!! 臆するな!! 戦えーっ!! 【鬼滅の刃の名言集】画像付きで名シーンを振り返る|まとめ 本記事では 【鬼滅の刃の名言・名シーン】をご紹介してきました。 漫画は完結してしまいましたが、今年の10月には鬼滅の刃の映画が上映されるので、そこでまた新たな名言・名シーンが生まれるといいですね。 映画だから漫画とはちょっと違う構成になると思いますし! それでは以上です! 人気記事: 人気記事:.

次の