ネット ワン システムズ。 千葉で板金の施工を行う株式会社ネットワンシステム

ネットワンシステムズ (7518) : 株価/予想・目標株価 [Net One Systems]

ネット ワン システムズ

IT業界で「実在性に疑義のある取引」が相次ぎ判明した。 ネットワンや日鉄ソリューションズ、東芝ITサービスなど5社だ。 複数社で売り上げなどを水増しする「循環取引」の疑いが浮上している。 発端は東芝の2020年1月18日の発表だった。 子会社の東芝ITサービスで「実在性に疑義のある取引」が複数年にわたって行われていた可能性があり、その規模は2019年4~9月期で約200億円を見込むとした。 東芝ITサービスの2019年3月期の売上高は440億円なので、実に半分弱を占める計算になる。 さらに衝撃だったのは、「東芝ITサービスの主体的な関与を認定する証拠はこれまで検出されていない」とした点だ。 複数の企業間で実態のない取引を繰り返し、売り上げや利益を不正に水増しする「循環取引」だったと明らかにした。 東芝ITサービスは他社に循環取引を持ちかける立場になく、巻き込まれたと弁明した。 [画像のクリックで拡大表示] ネットワン担当者が主導か 信用調査会社によると、東芝ITサービスの主要取引先にはネットワンシステムズや日鉄ソリューションズなどが名を連ねる。 折しもネットワンシステムズと日鉄ソリューションズは国税当局の税務調査で一部取引について実在性に疑義があるとの指摘を受け、それぞれ2019年12月13日に特別調査委員会を設置すると発表していた。 両社が東芝ITサービスの循環取引に関与していた可能性が俄然、高まった。 日経コンピュータの取材によれば「ネットワンシステムズで官公庁を担当していたX氏が循環取引を主導した」との指摘も出ている。 2020年1月24日には富士電機子会社の富士電機ITソリューション、みずほリース子会社のみずほ東芝リースの2社でも実在性に疑義のある取引がそれぞれ判明した。 富士電機は「取引の金額は軽微」、みずほリースは「1件の取引で判明」と説明。 そのうえで、両社とも「実体のない架空取引と認識していたことを示す事情や証拠は認められなかった」として、やはり巻き添えであると示唆した。 各社は弁護士や会計士などで構成する調査委員会で詳細を調べている最中であり、東芝ITサービスの循環取引への関与を含め、記事執筆時点で「回答できない」としている。 それぞれが2月中旬までに開く決算説明会で業績への影響や調査結果などを詳しく説明するとみられ、真相の解明はこれを待つことになりそうだ。 あしき慣習を改めるべき IT企業による循環取引はこれまで、ニイウスコーやアイ・エックス・アイ(IXI)、メディア・リンクスなどでも判明し、度々問題となってきた。 IT業界の「あしき慣習」がまたしても表面化した格好だ。 過去の例を見ると、動機は「業績不振の隠蔽」や「過大なノルマ」など様々。 ネットワンシステムズは営業の歩合が大きいことで知られ、担当者が「報酬目当て」で不正に及んだ可能性がある。 IT企業が提供するソフトウエアやサービスは目に見えない無形なものが多いうえ、多重の下請け構造で取引の流れも分かりづらい。 会計監査で不正を見抜くのが難しく、それだけに不正を誘発しやすいとされる。 SMBC日興証券の菊池悟シニアアナリストは不透明な取引が起こる根本的な原因として、ハードやソフトを何段階も経由して流通させる業界の体質を挙げる。 「ここを改めなければ同じことが繰り返され、ユーザーも不要な高いコストを払うことになる」と指摘する。 ニイウスコーの事件では元会長が逮捕された。 メディア・リンクスの循環取引では影響を受けた伊藤忠テクノサイエンス(現・伊藤忠テクノソリューションズ)が過去に遡って決算を修正し、親会社の伊藤忠商事まで修正を余儀なくされた。 今回、疑わしい取引が明らかとなった5社も少なからぬ影響を受けるのは必至だ。 東芝ITサービスをはじめ、一部の企業は複数年にわたることが判明しており、業績への影響額はさらに膨らむ可能性が高い。 詐欺罪や特別背任罪、有価証券報告書虚偽記載罪などで刑事事件への発展も考えられる。 顧客への心象も悪く、官公庁などの入札では指名停止措置も想定される。

次の

千葉で板金の施工を行う株式会社ネットワンシステム

ネット ワン システムズ

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

ネットワンシステムズ (7518) : 株価/予想・目標株価 [Net One Systems]

ネット ワン システムズ

ネットワンシステムズは2020年2月13日、循環取引に関する調査の中間報告書を公表した。 特別調査委員会は一連の循環取引について「組織的に実行されたものではなく、全容を把握して架空の商流取引であることを認識していたのはA氏のみであり、A氏が単独で行っていた」と指摘した。 ネットワンは当初、2019年4~12月期の連結決算を2020年1月30日に発表する予定だったが、2月13日に延期。 2月13日時点でも連結決算を開示できておらず、発表時期はさらにずれ込む見通しだ。 中間報告書によると、循環取引による売上高への影響額は、2016年3月期以降の累計で276億1500万円に上った。 同社で循環取引を主導したのは、東日本第1事業本部第1営業部営業第1チームのシニアマネージャー(当時)だったA氏。 A氏が所属していた営業第1チームは中央省庁を担当していた。 A氏は循環取引に関わった企業の担当者らと連絡を取り合いながら、不正行為を繰り返していた。 A氏が循環取引にのめり込んだのは、ある中央省庁の大型案件を所属チームが失注し、これを挽回するためだったという。 ただし、循環取引で支払われた金額の一部が流出しており、供述内容の信用性に疑問があるとした。

次の