バブ エルマン デブ。 【グラブル】『バブ・エル・マンデブ(バブ斧)』の評価/最終後のスキル性能【グランブルーファンタジー】

先物コラム[原油・ゴム・金銀・プラチナ]

バブ エルマン デブ

[東京 26日 ロイター] - アジア時間の取引で、原油先物は3日続伸。 サウジアラビアがバブ・エルマンデブ海峡を通るすべての原油出荷の一時停止を発表したこと、米原油在庫が3年半ぶり低水準に落ち込んだことが材料。 0019GMT(日本時間午前9時19分)時点で北海ブレント先物は0.66ドル(0.9%)高の1バレル=74.59ドル。 前日は0.7%上昇していた。 米WTI原油先物は0.22ドル高の69.52ドル。 前日は1%超上昇していた。 サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は26日、「サウジアラビアは、バブ・エルマンデブ海峡経由のすべての原油出荷を一時的に停止している。 停止期間は、状況が明らかになり、同海峡の運航の安全が確認されるまでとする」と発表。 紅海上で25日午前に原油タンカー2隻が親イランのイスラム教シーア派武装組織フーシ派に攻撃されたことを受けた措置という。 また、米エネルギー情報局(EIA)が公表した週間統計(20日まで)によると、原油在庫は610万バレル減の4億0490万バレルと、2015年2月以来の低水準を記録。 減少幅はアナリスト予想(230万バレル)を上回った。

次の

武器/バブ・エル・マンデブ (SSR)

バブ エルマン デブ

7月27日 原油市場パート3 サウジアラビアのハリファ石油相は26日、バブ・エルマンデブ海峡経由の原油輸出をすべて一時的に停止することを発表しました。 この発表の直後にイラン革命防衛隊のスレイマーニ司令官は、「米艦隊がいようとも、紅海は今後安全なルートではないとトランプに警告した。 米国は戦争を始められるが、その終了は米国の手中にはない。 」と述べております。 また、アルジャジーラテネットは、「フーシ派によるサウジアラビアのタンカーに対するロケット砲攻撃は、米国の警告に対するイランの返答であり、この攻撃は世界の注目がホルムズ海峡に集まっていた状況を変えた。 バブ・エルマンデブ海峡の重要性は、日量500万バレルの石油、液体ガスが同海峡を通っていて、世界の海上輸送の12%が通っていることにある。 」とコメントしております。 イランのロウハニ大統領は22日、「トランプ大統領よ、獅子の尻尾で遊ぶな。 後悔するだけだ。 米国はイランとの和解があらゆる和解の母であり、イランとの戦争があらゆる戦争の母であることを知るべきだ。 」と述べ、サウジアラビア東岸に位置するペルシャ湾のホルムズ海峡を封鎖する可能性を示唆する発言を行いました。 そして、サウジアラビアのハリファ石油相は26日、フーシ派によるタンカー攻撃を受けて、サウジアラビア西岸に位置する紅海のバブ・エルマンデブ海峡経由の原油輸出をすべて一時的に停止することを発表しました。 イラン要人がペルシャ湾のホルムズ海峡封鎖を示唆するような発言をした数日後に、イランから武器提供を受けているフーシ派が紅海のバブ・エルマンデブ海峡でサウジアラビアのタンカーを攻撃しました。 こうした一連の「ペルシャ湾のホルムズ海峡に関するイラン要人発言」と「紅海のバブ・エルマンデブ海峡でのフーシ派によるタンカーへの攻撃」が関連していると考える方が妥当かもしれません。 バブ・エルマンデブ海峡でのフーシ派によるタンカー攻撃は、イランの米国に対する警告だと指摘しているアラブ関係者も多いようです。 今週の原油市場は、週の前半でペルシャ湾のホルムズ海峡問題が注目され、週の後半で紅海のバブ・エルマンデブ海峡問題が注目されました。 それでも先週末の終値からNY原油とブレント原油が1.4ドル程度しか上昇していないだけに、原油市場の上値が重くなってきたように感じられます。 しかも、サウジアラビアがすでに石油関連施設のセキュリティーを強化し、バブ・エルマンデブ海峡周辺の全ての石油輸送船に対して警備船を付けたので、事態の鎮静化に伴い原油市場が下落に転じる可能性もありそうです。 重要事項 免責事項 *掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。 *弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。 *本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。 *本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。 *投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 以上の点をご了承の上、ご利用ください.

次の

www.styleawards.com : イエメン沖に放置された老朽タンカー、「壊滅的な爆発」の恐れ

バブ エルマン デブ

7月26日 原油市場 サウジアラビアのハリファ石油相は26日、バブ・エルマンデブ海峡経由の原油輸出をすべて一時的に停止することを発表しました。 原油タンカー2隻がイスラム教シーア派武装組織であるフーシ派に攻撃されたことにより措置だそうです。 バブ・エルマンデブ海峡は、アラビア半島南西部のイエメンと東アフリカのエリトリア、ジブチ国境付近の海峡であり、海峡の幅は30㎞ほどしかなく、しかも東部にはペリム島(イエメン領)、西部にはサワビ諸島(ジブチ領)があり、航路はさらに限られております。 サウジアラビアを中心としたアラブ連合とイエメンのフーシ派との戦闘は、3年間も続いております。 この3年間でフーシ派は、イラン製とされる弾道ミサイルを100発強もサウジアラビアに対して発射しております。 しかし、その大半がサウジアラビアのパトリオットミサイル(PAC3)に迎撃されております。 アラブ連合は25日、イエメン沖の紅海でフーシ派がササウジアラビアのタンカーを攻撃し、軽微な損害を受けたことを発表しました。 数日前に、フーシ派が小型漁船からなる海軍を創設したニュースが報道されておりました。 その小型漁船からなる海軍による攻撃であったことから、被害が軽微であったようです。 しかし、問題は、フーシ派がイランからの武器援助を受けていることでしょう。 イランのロウハニ大統領は22日、「トランプ大統領よ、獅子の尻尾で遊ぶな。 後悔するだけだ。 米国はイランとの和解があらゆる和解の母であり、イランとの戦争があらゆる戦争の母であることを知るべきだ。 」とも述べ、ホルムズ海峡を封鎖する可能性を示唆する発言も再び行いました。 それに対してトランプ大統領は自身のツイッターで、「イランのロウハニ大統領へ:アメリカを再び脅したりするな。 さもなければ何度か過去苦しんだような事になる。 アメリカは、もうイランの暴力と死の狂った言葉の脅しに我慢するような国ではない。 アメリカに気をつけよ。 」とコメントしております。 そして今回、イランから武器援助を受けているフーシ派がサウジアラビアのタンカーに攻撃したことで、サウジアラビアとイランとの関係悪化も更に悪化しそうです。 そして、米オ国とイランとの関係も更に悪化しそうです。 しかし、フーシ派の海軍規模が極めて小さいことから、バブ・エルマンデブ海峡の安全確保にそれほど時間はかからないと思われます。 重要事項 免責事項 *掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。 *弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。 *本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。 *本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。 *投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 以上の点をご了承の上、ご利用ください.

次の