反町隆史 結婚。 反町隆史と嫁・松嶋菜々子の今現在がヤバすぎるw子供や黒歴史とは?

【滋賀県】反町隆史が趣味のために購入した別荘を初公開【画像あり】

反町隆史 結婚

プロフィール 松嶋菜々子 名前:野口 奈奈子、松嶋 奈奈子(旧姓) 生年月日:1973年10月13日 42歳 出身:神奈川県横浜市 身長:172 cm 血液型:A型 配偶者:反町隆史 所属:seventh avenue ・ 1991年: 旭化成水着マスコットガールに選ばれる。 ・ 1995年:バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげです』のコント「近未来警察072」に ナナ隊員役として出演。 ・ 2011年:10月スタートのドラマ『家政婦のミタ』で平均視聴率25. 反町隆史 名前:野口 隆史(のぐち たかし) 生年月日:1973年12月19日(41歳) 出生地:埼玉県さいたま市南区 身長:181 cm 血液型:AB型 配偶者:松嶋菜々子 所属:研音 松嶋菜々子の子供の沙都の現在がヤバイ!? 松嶋菜々子さんは2001年に、俳優の反町隆史さんと結婚しました。 当時、人気絶頂だった2大スターの結婚は「世紀のビッグカップル誕生」と称され、各メディアが競って結婚報道を連日報じていたほどです。 結婚後、松嶋菜々子さんはNHK大河ドラマ「利家とまつ」に主演した後、2004年に第一子(女児)を出産、その後2007年に第二子(女児)を出産しています。 その計算からすると長女は11歳、次女は8歳ということになりますね。 そして、気になる子供達のことについてですが、松嶋菜々子さんは、夫の反町隆史さんと協力して子供のメディアへの露出を、神経質なほど厳しく規制しているという情報があります。 しかし、その努力が功を奏して、現在も2人の娘さんの画像すら流出していないようです。 このことひとつ取っても、いかにガードに慎重になっているかが伝わってきますよね。 そんな厳戒態勢の中、唯一スクープされた画像がこちら。 そして、娘さんに関する情報で、現在有力なのは性別と名前、そして通っている学校名でした。 とはいえ、名前だけでも2~3年さかのぼるだけで幾つも出てくる始末です。 スポンサーリンク ではネット上に「松嶋菜々子の子供の名前」として、どれだけの噂があったのかをご覧ください。 長女は、「雪乃(ゆきの)」「小夜(かなり)」「沙都(さと)」、次女「小夜(こと)」「麻耶(まや)」とありました。 現在、ほぼ確定しているのが長女は「沙都(さと)」、次女は「麻耶(まや)」だということです。 とはいっても、これらも正式に公表された名前ではないそうです。 ところで松嶋菜々子さんの長女・沙都ちゃんの現在に関して何がヤバイかというと、紆余曲折あって現在通っている学校がヤバイのです。 松嶋菜々子さんは子育てに、とても熱心で計画性も持っているママだそうで、沙都ちゃんが産まれてほどなくして様々な英才教育をしてきたのだそうです。 その中でもプレスクールと呼ばれるお受験のための学校にも熱心に沙都ちゃんを通わせ、一説によると年間の教育費が数百万だという噂もありました。 そこまでして松嶋さんが沙都ちゃんを入学させたかった学校というのが、慶応幼稚舎だったんですね。 慶応幼稚舎というのは、「幼稚舎」という名前ですが小学校で、その歴史とユニークで自由な教育方針と「慶応」というブランド力で、セレブママたちに絶大な人気を誇る学校です。 長らく「お受験の最高峰」と呼ばれている慶応幼稚舎は、いわゆるお金持ちの子息が入る学校としても有名で、実際にどのくらいの費用がかかるのか調べてみました。 すると、2013年から同じ付属小学校として慶應義塾横浜初等部が新設されていまして、こちらはザックリ言うと勉強をさせる小学校で、本家の方は勉強は家庭の責任で学校では個性を育てること重視という、もうなにがなんだか庶民にはサッパリ分からない方針が立てられていました。 それぞれの初年度の授業料は、慶応幼稚舎は154万円に対し、勉強を教える慶應義塾横浜初等部が186万円だそうです。 差額32万円は、塾に通わせる費用と思っていいのでしょうか? 庶民すぎる疑問でスミマセン。 けれど慶応幼稚舎と慶應義塾横浜初等部が凄いのは、入学するまでの経緯にありました。 なんと「裏金」や「コネ」が当たり前で、まず寄付金に数千万円が相場で、「コネ」は同学校卒業者が直系家族に何人いるか?ということらしいのです。 なんだかクラクラしそうな世界ですが、裏を返せば「幾ら寄付金を積んでも、どこの馬の骨とも知れない子供は入学させません」ということでしょうか。 松嶋・反町夫妻は、その牙城を目指したというわけですね。 そして、気になる結果なのですが、長女の沙都ちゃんはあえなく惨敗に帰してしまいました。 けれど松嶋さんは諦めず、長女の沙都ちゃんを東京女学館小学校へ見事入学させることができたのです! この東京女学館小学校とは・・・ 『明治時代中期の1887年、当時は軽視されがちだった女子への教育を普及するべく、「日本の貴婦人に欧米諸国の貴婦人と同等なる佳良の教化及び家事の訓練を受け」させることを目的として、女子教育奨励会が設立された。 同会の設立に先立ち、1886年には「女子教育奨励会創立委員会」が創立されたが、この会の委員長には伊藤博文が就き、委員には渋沢栄一、岩崎彌之助、外山正一、ジェームズ・ディクソンらをはじめとする多方面の人材が集まっている。 wikipedia. それだけに学費も非庶民的で小学校から高校までの12年間で、1人2千万円はかかるそうで、これにさらに寄付金が必要となります。 そしてその気になる金額ですが、東京女学館小学校の寄付金はひと口25万円で、最低10口以上が暗黙の了解となっているようです。 これは子供1人分の金額だけでも相当ヤバイですが、松嶋菜々子さんは次女の麻耶ちゃんも東京女学館小学校に入れて、今では姉妹揃って通学しているそうです。 やはり世紀のビッグカップルは、子育てもビッグだったんですね! スポンサーリンク 松嶋菜々子と反町隆史のフライデーを賑わした過去がスゴ過ぎる!? 松嶋菜々子さんの夫・反町隆史さんは、元はジャニーズに所属していたことをご存知ですか? しかし反町さんは16歳の時にジャニーズ事務所を解雇されていたのです。 その理由は「素行不良」とのことですが、噂ではケンカっ早く暴力沙汰が絶えなかったといいますが、確かな情報は見つかりませんでした。 ちなみに反町隆史さんの「反町」は、プロボクサーでチャンピオンの「龍反町(りゅうそりまち)」から取ったものだそうです。 その反町隆史さんを「フライデー」で検索してみると・・・ ・滋賀県の琵琶湖近郊に敷地400平方メートルの白亜の豪邸別荘 ・愛犬のドーベルマンが人を噛んで裁判 ・居住マンションは広尾で4LDK、家賃は月170万円 ・元カノ稲森いずみと不倫疑惑 などが出てきました。 中でも松嶋・反町夫妻が飼っているドーベルマンが、同じマンションの住人の太ももに噛みつき、全治11日の怪我を負わせてしまったことは有名なようです。 その裁判とは、被害者との抗争ではなく、マンションの管理会社が反町さんの飼育責任を問う形で5220万円の損害賠償支払を求め提訴したものだそうです。 スポンサーリンク 裁判の結果は二審まで進み、東京高等裁判所の判決は 「屋外の散歩が必要なドーベルマンを(十分な運動もさせず室内で)飼っていた夫妻の責任は大きい」 として、2013年10月10日に1725万円の支払い命令を出していました。 軍用犬にも使われたドイツ原産のドーベルマンを、マンションで飼えるとはなんともスゴ過ぎるライフスタイルですよね。 そして反町隆史さんの元カノ稲森いずみさんとは、ちょうど松嶋菜々子さんと出会った1998年にお付き合いをしていたそうで、当時は「ドロ沼三角関係」として報道されていたようです。 そんな稲森いずみさんとの再びの三角関係疑惑が出たのが、2008年前後でした。 2008年と言えば松嶋菜々子さんが次女を出産した年ですよね。 一時期は離婚説まで浮上した松嶋菜々子さんですが、現在ではそんな噂も過去のものとなり、家庭と育児そして女優業にと充実した日々を送っている様子です。 一方、夫の反町さんは松嶋さんとの結婚後、徐々に人気が低迷してきて「仕事に行き詰っている」「松嶋が反町の仕事を探している」などとも言われています。 反町隆史さんにとって、現在テレビ朝日で放送中のドラマ「相棒」は、起死回生となるのでしょうか? 松嶋菜々子さんと併せて、今後の反町さんからも目が離せません! スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!! ・ ・.

次の

【滋賀県】反町隆史が趣味のために購入した別荘を初公開【画像あり】

反町隆史 結婚

「ぶっちゃけ竹野内と俺、どっち派だったの?」 11月9日に放送されたラジオ番組『KEN RADIO』(ニッポン放送)でパーソナリティーを務めた反町隆史は、原沙知絵にそう質問をぶつけた。 このドラマで女優デビューした原は、「言えないですよ」とはじめは困惑するも、 「ぶっちゃけ、広海派ですよ!」と反町派だったことを告白した。 初回は、趣味でもある登山の話題、2回目は原をゲストに迎え、当時の撮影エピソードなどを披露した。 反町といえば今年5月に、体調不良により都内の路上で動けなくなった女性を知人男性らと救護したことが報じられた。 反町らは自宅まで送ったが、女性が家の中で再び倒れ込んだことに気づくと救急車を呼び、救急隊が到着するまで待っていたという。 そのときは名乗らずに立ち去ったが、女性が後に連絡がついた男性にお礼を伝えると、一緒に助けたのが反町であることを知らされたのだという。 ドラマスタッフやテレビ局関係者と関わる際にも、誰に対しても態度を変えることなく、いつも周りに気を遣い、男気があって、家族や友人を大事にするいい人です」(テレビ局関係者) 人のよさもあってか、7月にはドラマBiz『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京)で主演、そして10月からは『相棒』と、引っ張りだこの反町。 妻の松嶋菜々子とは愛娘の学校行事にも仲睦まじく参加し、「お互いの仕事のスケジュールに応じて家のことも、うまく分担している」(女性誌記者)と、まさに理想のパパであり、夫だ。 「水谷さんとは家族ぐるみのお付き合いで、クラシックバレエを習っている反町の長女は、バレリーナを目指していた水谷の娘・趣里から、いろいろとアドバイスを受けたりすることもあるとか。 良好な関係を保てている秘訣のひとつは、反町の明るくて、飾らない性格です。 水谷さんも、彼の周囲への気配りをいつもリスペクトしています」(同前) 冒頭のラジオ番組で原は、 「反町さんは変わらないですね。 (取材・文/小窪 誠子).

次の

結婚20年目の反町隆史と松嶋菜々子 夫婦円満の秘訣は「隠れた名曲」と「妻の我慢」にあり?(AERA dot.)

反町隆史 結婚

反町隆史と松嶋菜々子。 今年が結婚20年目という大物夫婦だ。 文春オンラインが2019年11月末に発表した「好きな夫婦ランキング」でもいまだ9位にランクインするなど、相変わらず好感度も高い。 そんなふたりにとって、ピンチと呼べるのはドーベルマン騒動くらいかもしれない。 これは2011年、家族で飼っていたドーベルマンが同じマンションの住民にかみつき、その住民や管理会社とのトラブルに発展したもの。 その後、示談や賠償などで決着したが、けっこう注目された。 おそらく、反町とドーベルマンという取り合わせがスキャンダル的に絶妙だったからだろう。 というのも、彼にはもともと「吠える」イメージがあった。 歌手としての代表作「POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜 」(1998年)などの影響が大だが、それをこのエピソードがさらに補強した感じだ。 ちなみに、やんちゃな男は強い犬や大きな車に愛着しがち。 前者が反町なら、後者には木村拓哉がいる。 そして、木村と工藤静香もまた、同世代の大物夫婦である。 しかし、反町・松嶋には木村・工藤ほどのやんちゃな印象はない。 妻のキャラの違いといえばそれまでだが、夫のキャラも比べた場合、反町が大きく変化したというのも見逃せないのではないか。 なにせ、彼は昨年、人命救助がニュースになるなど、すっかり「いいひと」ぶりが定着しているのだ。 その構図は一見、松嶋が反町を飼いならしたようでもある。 実際、そういう側面もあるだろう。 だが、それだけでもない気がするのである。 じつは反町、芸能史上まれな奇跡を実現した男でもある。 デビュー時の所属はジャニーズ事務所で「ポスト光GENJI」として結成された平家派のメンバーだった。 当時は本名の野口隆史で活動。 「明星」89年5月号付録のアイドル名鑑には、 「メンバーの特技を紹介すると、野口はサッカーで鍛えたスタミナ」 などと記され、城島茂や国分太一、山口達也、坂本昌行ら他7人とともにプロフィルと写真が掲載されている。 のちにTOKIOやV6のメンバーになってもおかしくない期待の若手だったわけだ。 しかし、そうなる前にジャニーズをやめ、モデル活動をしたあと、94年に俳優デビュー。 翌年、いしだ壱成や香取慎吾、そしてアイドル時代の浜崎あゆみも出演したドラマ「未成年」(TBS系)でブレークを果たした。 とまあ、若くしてジャニーズをやめた人が成功したケースは極めて珍しい。 大手事務所の研音に所属できたことも幸いしたが、そのブレークと生き残りには彼の「人徳」のようなものも関係していたように思われる。 言い換えれば「かわいげ」とでもいった魅力だ。 というのも、歌手・反町隆史に「ロイヤルミルクティー」という隠れた名曲がある。 シングル曲ではないが、ファーストアルバム(97年)のラストを飾る、尾崎豊風のバラードだ。 「POISON」などと同様、詞も本人。 「フレームの世界で生きている自分」が有名人ゆえの不安を告白しつつ、別れた彼女のことを切々と歌いあげている。 タイトルの「ロイヤルミルクティー」はその彼女が好きだった飲み物で、当時は「何の興味もなかったそれ」を今では自分も好きになり「安らぎ」になっているという内容だ。 これを聴いたとき、この人は恋愛によって変わるタイプで、そのことを喜べる人だと感じたものだ。 どちらかといえば、女性に多く見られる感性である。 そんなフェミニンな感性が「かわいげ」となり、芸能界を生きるうえでプラスになっているのではないか。 たとえば、彼はドラマ「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)に5年前から出演している。 4代目の相棒として、何かと気難しいことで知られる主演・水谷豊にも気に入られ、家族ぐるみのつきあいだという。 おそらく、人と合わせることも自然にできるタイプなのだろう。 そして何より、こうした感性は夫婦関係に役に立つ。 特に女優というのは意外と男っぽさを持つとされ、松嶋もおそらく例外ではない。 そういう意味では、妻が飼いならしたというより、夫がうまく合わせている関係に思えるのだ。 一方、松嶋はどうか。 彼女は最近、インタビューで「女優としての未来像」を聞かれ、こんな発言をしている。 「私は自分を俯瞰で見る癖があるんです。 人様に見ていただくお仕事をしているので、ときどき自分を俯瞰で見て、公私のバランスを整えながらやってきたのですが、生真面目にバランスにこだわりすぎると疲れてしまうこともあって。 なので、少しだけワガママに軽やかに生きていきたいなと思っています」(ハルメクWEB) その「お手本」として、ジェーン・バーキンを挙げていた。 英仏で女優、歌手、モデルとして活躍、ブランド「バーキン」の由来にもなったカリスマだ。 私生活では3度の結婚をして、娘のひとり、シャルロット・ゲンズブールも芸能界で活躍している。 そのマルチで奔放な生き方は松嶋とはやや異なるが、彼女にはそういうものへの憧れがあるのだろう。 とはいえ、そこに突き進むようなタイプでも立場でもないことから、ふだんは「生真面目にバランスにこだわり」ちょっとだけ我慢しながら生きていると考えられる。 そして、この二面性が「家政婦のミタ」(日本テレビ系)や「なつぞら」(NHK)といった対照的な役柄にもそれぞれにハマれる秘訣なのだ。 つまり、反町が結婚によってやんちゃからいいひとへとキャラ変して、持ち前の「合わせる」力をより発揮するようになったように、松嶋も自分を俯瞰しつつ、家庭人としての安定した日常を逸脱しないようバランスをとっているということだろう。 これをシンプルに表現するなら、ふたりとも調和を重んじるタイプということだ。 この協力関係は、ドーベルマン騒動を乗り越えるうえでも有効だったに違いない。 こうしたことが夫婦円満につながるし、仕事にも集中できるゆえんである。 非婚率や離婚率が上がって、少子化が進む今の日本で、子宝にも恵まれ、夫婦そろって公私ともに充実ぶりを示し続けるふたり。 しかも、それを派手にアピールすることもない。 高い好感度は当然のことかもしれない。 早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の