茨木市給付金まだ。 コロナ一律10万円給付【横須賀】の申請と支給の時期はいつ?手続きの方法は?

コロナ一律10万円給付【横須賀】の申請と支給の時期はいつ?手続きの方法は?

茨木市給付金まだ

売上の減少が分かる書類は以下のようなものが認められます。 〇試算表 〇ご自身で記録された売上台帳や帳簿 〇確定申告書の月別売上が分かるページ 〇令和2年4月または5月の売上と前年同月の売上を比較した書類 注意点 ・申請書類の混同を防ぐため、上記書類には「会社名または屋号」及び「代表者名」を必ずご記入ください。 ・該当する売上の部分をマーカー等で分かりやすくしておいていただくと、お手続きがスムーズになります(該当する売上や数字が分かりにくい場合、こちらから確認のご連絡をさせていただくことがございます)。 ・ 個人事業主の方で「事業収入」と「不動産収入」(大阪府の個人事業税の課税対象となる規模以上)の両方がある場合は、両方の金額が分かる資料をご提出ください。 直近の確定申告書 直近の確定申告書類の内、次に掲げる書類をご提出ください。 法人の場合 ・確定申告書別表1(税務署が受け付けたことがわかるもの) 1枚 ・法人事業概況説明書 2枚 個人事業主の場合 白色申告の場合 ・確定申告書第1表(税務署が受け付けたことがわかるもの) 1枚 青色申告の場合 ・確定申告書第1表(税務署が受け付けたことがわかるもの) 1枚 ・所得税青色申告決算書 2枚 税務署での受付について 電子申告で行った場合は、 メール詳細(電子申請を税務署が受け付けた証明となるもの)を併せてご提出ください。 メール詳細、または申告書に税務署の収受日付印がない場合、 納税証明書その2(税務署で発行)を併せてご提出ください。 上記書類についてはいずれも、法人の場合は 法人税、個人事業主の場合は 所得税のものをご用意ください。 創業後間もないため、まだ確定申告の時期が来ていない事業者の場合 一期目の確定申告を迎えていない事業者については、下記書類をご提出ください。 法人の場合…法人設立(開設)届出書のコピー 個人事業主の場合…個人事業の開業・廃業届出書(開業届)のコピー 上記についても、電子申請を行っており書類に税務署の受付印が押されていない場合はメール詳細を添付してください。 茨木市内事業所の所在地が分かる書類.

次の

【茨木市事業者応援給付金】申請書類について/茨木市

茨木市給付金まだ

売上の減少が分かる書類は以下のようなものが認められます。 〇試算表 〇ご自身で記録された売上台帳や帳簿 〇確定申告書の月別売上が分かるページ 〇令和2年4月または5月の売上と前年同月の売上を比較した書類 注意点 ・申請書類の混同を防ぐため、上記書類には「会社名または屋号」及び「代表者名」を必ずご記入ください。 ・該当する売上の部分をマーカー等で分かりやすくしておいていただくと、お手続きがスムーズになります(該当する売上や数字が分かりにくい場合、こちらから確認のご連絡をさせていただくことがございます)。 ・ 個人事業主の方で「事業収入」と「不動産収入」(大阪府の個人事業税の課税対象となる規模以上)の両方がある場合は、両方の金額が分かる資料をご提出ください。 直近の確定申告書 直近の確定申告書類の内、次に掲げる書類をご提出ください。 法人の場合 ・確定申告書別表1(税務署が受け付けたことがわかるもの) 1枚 ・法人事業概況説明書 2枚 個人事業主の場合 白色申告の場合 ・確定申告書第1表(税務署が受け付けたことがわかるもの) 1枚 青色申告の場合 ・確定申告書第1表(税務署が受け付けたことがわかるもの) 1枚 ・所得税青色申告決算書 2枚 税務署での受付について 電子申告で行った場合は、 メール詳細(電子申請を税務署が受け付けた証明となるもの)を併せてご提出ください。 メール詳細、または申告書に税務署の収受日付印がない場合、 納税証明書その2(税務署で発行)を併せてご提出ください。 上記書類についてはいずれも、法人の場合は 法人税、個人事業主の場合は 所得税のものをご用意ください。 創業後間もないため、まだ確定申告の時期が来ていない事業者の場合 一期目の確定申告を迎えていない事業者については、下記書類をご提出ください。 法人の場合…法人設立(開設)届出書のコピー 個人事業主の場合…個人事業の開業・廃業届出書(開業届)のコピー 上記についても、電子申請を行っており書類に税務署の受付印が押されていない場合はメール詳細を添付してください。 茨木市内事業所の所在地が分かる書類.

次の

コロナ一律10万円給付【横須賀】の申請と支給の時期はいつ?手続きの方法は?

茨木市給付金まだ

売上の減少が分かる書類は以下のようなものが認められます。 〇試算表 〇ご自身で記録された売上台帳や帳簿 〇確定申告書の月別売上が分かるページ 〇令和2年4月または5月の売上と前年同月の売上を比較した書類 注意点 ・申請書類の混同を防ぐため、上記書類には「会社名または屋号」及び「代表者名」を必ずご記入ください。 ・該当する売上の部分をマーカー等で分かりやすくしておいていただくと、お手続きがスムーズになります(該当する売上や数字が分かりにくい場合、こちらから確認のご連絡をさせていただくことがございます)。 ・ 個人事業主の方で「事業収入」と「不動産収入」(大阪府の個人事業税の課税対象となる規模以上)の両方がある場合は、両方の金額が分かる資料をご提出ください。 直近の確定申告書 直近の確定申告書類の内、次に掲げる書類をご提出ください。 法人の場合 ・確定申告書別表1(税務署が受け付けたことがわかるもの) 1枚 ・法人事業概況説明書 2枚 個人事業主の場合 白色申告の場合 ・確定申告書第1表(税務署が受け付けたことがわかるもの) 1枚 青色申告の場合 ・確定申告書第1表(税務署が受け付けたことがわかるもの) 1枚 ・所得税青色申告決算書 2枚 税務署での受付について 電子申告で行った場合は、 メール詳細(電子申請を税務署が受け付けた証明となるもの)を併せてご提出ください。 メール詳細、または申告書に税務署の収受日付印がない場合、 納税証明書その2(税務署で発行)を併せてご提出ください。 上記書類についてはいずれも、法人の場合は 法人税、個人事業主の場合は 所得税のものをご用意ください。 創業後間もないため、まだ確定申告の時期が来ていない事業者の場合 一期目の確定申告を迎えていない事業者については、下記書類をご提出ください。 法人の場合…法人設立(開設)届出書のコピー 個人事業主の場合…個人事業の開業・廃業届出書(開業届)のコピー 上記についても、電子申請を行っており書類に税務署の受付印が押されていない場合はメール詳細を添付してください。 茨木市内事業所の所在地が分かる書類.

次の